タグ:自分のこと ( 76 ) タグの人気記事

模写

実はワタシ、漫画の模写ってしたことないんです・・・
似顔絵もあまり描かなくて、今まで描いた似顔絵で記憶にあるのは
ドラえもん、Qちゃんとその仲間、パーマン、ウメ星殿下、ニャロメ、ケムンパス、ベシ、こまわりくん、東大通、カントク、うる寅満次。あと「リンかけ」の主人公くらい?・・・・だと思う。
だいたい人に「○○先生の絵に似てるね。」と言われるのがイヤだったから、尚更漫画のコピーに抵抗感があった。(それでも若いときは当時の流行の絵柄に影響されていた)

今でも自分のペンタッチが嫌い(どうしてこう頼りなくて汚いんだろうと)で、理想と思える漫画の模写を思い立ちました。

b0013305_028677.jpg


ええと、理想と思える村野守美先生と、ついでに色々描いてますが、やっぱり村野先生のタッチが自分に一番しっくりきます。
で、今回模写をしてみて思ったのが、ただ絵を真似するだけでなく、ペンタッチまで模写してみると面白いことに気づきました。

ペンの強弱によって、その先生の力の入れ具合とシンクロできるのです。
ただ、平田先生みたいに筆とペンと併用している・・というか、技術が高度すぎてシンクロできない場合もありますが・・・(ううっ、どうせワタシは劇画なんて描けませんよぅ。描けても仕方ないけど。)
ここ数日、ずっと描線の練習をしているんですが、模写をすることによって自分の悪い癖も同時に発見できました。特に「入り」と「抜き」がいい加減でした。
最初から最後まで「均一」に描くというのがダメダメで。(初心者レベルだね!)
自分の場合、仕事でペン入れしているだけではダメでした。いろいろ試行錯誤してどこが悪いのか、他の先生と何が違うのかよく考えないと・・・

まぁ、普通、漫画家っていうのは無意識に上達していくものなんでしょうが。(何で自分はこうも遠回りしているのかと思う、まったく)

村野先生の絵は、白黒のバランスがとっても好きで、線もトーンも必要最低限。
「省略の美」というのでしょうか。
元々漫画の絵ってそういうところがあると思います。
そして子供向け学習まんがの場合、丁度見やすい絵柄だと思います。

いつもこういうタッチで完成をイメージしているのに、一向に上達しないのは、やはりお手本を見て練習しないでイメージしているだけだから、とつくづく思いました。
もちろん村野先生の絵も達者だしセンスも抜群なので、自分なんかが追いつけるものではないですが。
少しでも近づけたらなぁと。

自分の絵に自信が持てる人が羨ましいです。
by mieru1 | 2008-12-10 00:36 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(2)

痩せてきた?

ダイエットを始めて丸3ヶ月。
間食、夜食、飲酒はなるべくしないで毎日3回黒酢を飲む。
体重も4キロ減った!

そして今日、久しぶりにジーンズをはいた。
「おお、ファスナーが簡単に上がるよ!」と腰回りが細くなったんだとちょっと嬉しくなる。
気のせいかジーンズが下がってくる感じがする。

そのまま買い物、散歩に行き、エプロンをつけて夕飯作りにとりかかる。
なんだかジーンズがどんどん下がってきた。
まるでだらしない学生の「腰パン」みたいに。

「えええ〜〜?腰パンになるくらい細くなってきたってこと?やったね!066.gifそうか〜〜〜、痩せたとなると今までのズボンは買い替えなくちゃいけないんだなぁ。困ったなぁ〜〜。」と一人ほくそ笑むのであった。

でもシャレにならないくらいズリ落ちてきたので、エプロンをめくってジーンズを上げようと覗いてみたら

ファスナーが下がって落ちて来ているだけでした。

ファスナーが勝手に下がるって・・・・・やっぱり下腹が出ているからなんでしょうか?(;´д`)トホホ…

ああ!早く腹がへこまないかなぁ!!ピスタ!(怒)
by mieru1 | 2008-12-05 23:18 | 近況報告 | Trackback | Comments(2)

できたでござる

♫やーーーったやったたった で・き・た
やーーーったやったたった で・き・た
(何故か頭に浮かぶのはその昔、教育テレビでやっていた「なっちゃん」のテーマソング)

ついに30ページ+表紙の保健漫画完了。
ネームからデータ入稿まで10日間!よくできたもんだ。
ねぎらいの杯を一人であげています。
明日の事は今は考えない!
「ちゃぐりん」のネームもきっと出来る!
出来なきゃ困るんだけど・・・・

なんか必死に絵を描いていたせいか上手く言葉が出てきません。
今日はこれまでにしておきます。
by mieru1 | 2008-11-17 22:25 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

よ〜〜し よし!

別にムツゴロウさんになったわけではありません。

30ページの保健漫画、カラー用イラストと表紙の2ページのペン入れが終了。
これから怒濤の取り込み。(スキャン)
半日ほど予定がずれているけど(買い物やら家事があるため)予定では今日からデジタル作業。
明日はホワイト修正とレイヤー化、明後日から月曜日いっぱいの丸二日間でトーン処理と着色予定。

うん、いけるいける。
出来る!出来るのだ!Yes.I can!!
きみなら出来る!

自己暗示自己暗示。
今のところ自分の予定通りだ。

デジタル作業の威力を発揮できるのは、このレイヤー処理が終わってから。
ベタはクリック一つで塗りつぶし完了だし(もちろんはみ出すこともない)、トーンを探して貼って切ってこすって、という過程もなし。
アナログ作業に慣れているとここへ至るまでがスキャンなど行程が増えて挫折しがち。

とにかく月曜日には終わらせないと、「ちゃぐりん」の仕事が資料読みからネーム切りとそれこそ新記録に挑戦なのだ。(こっちのほうが危ういです、Cさん。。。。。)
by mieru1 | 2008-11-14 21:08 | 仕事

混み混みである

今日は保健漫画のネーム(34ページ)を渡す日。
保健漫画は病気がテーマなだけにシリアスな展開になりがちだが、今回はあえて明るいストーリー作りを狙った。
今回は歯周病がテーマなのだが、ストーリー、キャラクター設定と、本当に久しぶりにのびのびと楽しくできた。(10ページの伝記漫画に比べたらなんと苦労が少ない事か!)
キャラクター造型も、普段自分が描かないようなデザインの女の子で(落ちに繋がるので)意外にもこの娘がいい味を出してくれた。
おかげでプロローグからすんなりお話に効果的に入れる作りになった。
歯周病は口臭が強くなる、という症状を効果的にストーリーに練り込み、さらにそれを印象づけるようなプロローグになった。
予想外の展開に、久しぶりにネームを描きながらワクワクしたね。
犬の散歩に行ってもその気持ちは納まらず。
オリジナルの漫画では絶対に描かないストーリーに仕上がったなぁ。(これも「保健学習まんが」という枷があるため)
こういう創作の意外性も面白い。

たかだか漫画のネーム作りでワクワクするなんて、人って不思議だな、と思う。
だって何もないところから自分の想像(創作)だけで幸せな気分になれるんだから。
これだから漫画家稼業は面白いんだよな。
モノがなくてもこれだけ幸せになれるなんて何て目出たいんだろうーーーとつくづく思う。
モノがなくたって人は幸せになれるのだ。想像力があれば。


で、一所懸命ネームを仕上げていたら、いつもの仕事のチェックバックと、イラストの下書きの催促を受けた。
「えっ?今日なんか締め切りありましたっけ?」とすっかり忘れていた・・・・(汗)

スケジュールをもう一度確認のためカレンダーを見ると今月はやたらと締め切り(ラフアップとデータアップの2種類の締め切りが書き込んである)がある。
よく考えたら今月は全部で5本で、うちサイン色紙2枚の仕事もある。
締め切りが交錯しているので、マジックで締め切り日をぐるぐる目立つように書いた。

「ちゃぐりん」の締め切り日をまだ聞いていない。
第三週目以降の時間配分を考えたくない予定表だ。
ああ、これが暇になる来月に等分できたならどんなにいいか。

明日も午前中に打ち合わせがあるので、それまでに下書きの書き直しをしなければならない。
時間に追われる毎日だけど、そういう生活が好きです。燃えてきたよ。
うん、確実に白髪が増えるね。
by mieru1 | 2008-11-04 23:48 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

右脳左脳 その2

さて、以前投稿した「右脳左脳」のエントリーですが、重要な抜けがありました。

15個の問いに答えて右脳型か左脳型か診断するものですが、得点には次のような意味がありました。

>>得点は100点満点で、得点の高いほど右脳型で、低いほど左脳型となります。
50 点付近だと、右脳と左脳のバランスの取れた人間として診断されます。


アインシュタイン型の点数の上限はいくつかわからないのですが、「ふじやまごときに点数で負けた!」などと思ってしまった方、50点前後だととてもバランスが取れているそうですよ!
勘違いを起こすようなエントリーで申し訳ないでした。

さて、今日は以前おーつるりーこさんより教えてもらった元祖?右脳左脳診断サイトの紹介です。
うさうさ脳診断

これは「手を組む、腕を組む」の診断の他に「性別」が加味されていますが、改めて読んでみると思わずうなずくことばかり。

インプットもアウトプットも左脳で行う「ささ」のあなたは女性の中でも最も男らしいタイプ。(中略)反面、「鉄の女」と呼ばれることも・・・・・。
(中略)クレームをつけさせたら天下一品です。まじめであるがゆえに愛想笑いが苦手なのでつねにクールな印象を人に与えることでしょう。


ーーーううっ、なんておっかない女なんだ。(;´д`)トホホ…
「理不尽だと思ったこと」「疑問に感じたこと」は口に出さないと気が済まないタイプなのはきっと「ささ脳」のせいなのね。(クレーマーと呼ばないで・・・・・)
男勝りなのも少年漫画が好きなのも女っぽいものよりも男っぽいものが好きなのも「ささ脳」のせいなんだ!!男女じゃなかったんだ!

そこでワタシは思いました。
この性格だからこの脳タイプなのか、こういった脳タイプだからこういう性格になったのか?と。
「卵が先か、ニワトリが先か」じゃないけど、性格っていうのは生まれついてのものと環境によって出来上がるということだけれど、生まれついてのものが「脳のタイプ」によるものならば、それが土台になってその後の環境に影響をうけつつ育つ・・・と思うと面白い。
結局放っておいてもヒマワリはヒマワリに、月見草は月見草に育つ。
けれどその花の大きさや色、姿は環境によって変化する。そういうことになるのかな?
そして月見草を無理矢理ヒマワリに育てようとするとネジレが生じてしまう。(逆もまたしかり。)
親は子供が何の花を咲かせるタイプか見守るのが大事ではないかと。

職業でも、「男脳」タイプの女性は男性が働く現場で活躍する人が多いと聞いたけれど、脳がそう生きるように道をつけているのかもね。

それと面白いのがもう一つ。
先日の白髪染めの時に花王のサイトを調べたら自分に似合う色を診断する「パーソナルカラー診断」というのがありまして、何の気無しにやってみたら、知らず知らずのうちに自分が似合う色を普段身につけていた、という発見でした。
自分としては無意識に好きな色を選んでいたと思っていたのですが、ちゃんとパーソナルカラーを選んでいたという不思議。(もちろん毛染めのカラーも自分のタイプに合ってました)
これも脳が無意識に自分の好みの色を選んでいるのか(先天的)、はたまた今までの経験で似合う色を選んできたのか(後天的)、と疑問に思う訳です。

脳みそのことを自分に当てはめて考えるといろいろな発見があって面白いなーーーー。
by mieru1 | 2008-10-31 00:56 | いろんな感想 | Trackback | Comments(0)

レス遅れます

すみません。
実は暇人ではなく、現実逃避していたんです。
昨日中に締め切りの作業がまだ終わっていません。
今日の午前中にあと4ページ分のトーン処理をすませないと、午後2時にある打ち合わせと重なってしまってヤバいのです。

そしてその後入れ替わりに保健学習まんがのネームを切る、いや、資料を読み込むところから始めなければいけません。
つまり今の仕事をアップしたら2本新しく仕事に入る訳です。

今月は大出費なので、仕事が立て続けにあるのはありがたい。
ギャラが入るのが早いともっとありがたいが、それは贅沢。

ですので、コメントに対するレスが遅くなってしまいますが、また今夜。
by mieru1 | 2008-10-30 01:52 | 近況報告 | Trackback | Comments(0)

偽装工作

ずっと前から気になっていた白髪。
仕事に集中できない時、よく鏡とにらめっこして切っていたんですが、その数が膨大になりすぎて、いくら切っても終わらない!
集中どころか白髪カットに費やす時間がバカにならん!本末転倒!

自分ではまだまだヤング!(死語)、と思っていたけど最近の白髪の増え方は気になります。
家族はそんなの気にし過ぎ、と言いますが、髪をめくるとあるわあるわ。
しかも白髪が固まって生えているんですよ。
美容師さんいわく、「固まって生えている白髪は『ストレス性』なんですよ。ほら、円形脱毛症と同じ。」とのこと。
日々の苦労がこんなところに現れているのね。しくしくしく・・・・・
でも!仕事で忙しい苦労ならいいんだわ!もっともっと忙しくなって白髪だらけになってもいい!

ーーーというのは心意気だけで、やっぱりハンパにある白髪は自分としてはみっともない。
今まで化粧っけなしのナチュラリストでありましたが、アンチエイジングにいそしまないととんでもないことになりそうな予感。(シミ、毛穴、小じわ、たるみetc.....)

で、白髪染めを決行いたしました!

b0013305_074187.jpg


花王から新発売の泡で染める白髪染め。(なんか宣伝しているみたい)
今までブラシのついたヘアマニュキアなど試してみましたが、髪が細くて白髪がまばらだと、染まってほしいところに塗れないことがわかりました。
シャンプーみたいに髪の毛をワシワシする毛染めなら、今までのような塗り残しはないんじゃないかと狙っていたのです。

結果ですが・・・
塗り残しは思ったほど無くて良かったんですが
白髪ってまるっきりそのカラーになるわけじゃないんですね・・・
何度も塗り重ねることで同じ色になるのかな?
白髪だと思って抜いて白い紙に乗せるとほんのり黒くなっていて、まぁ以前と比べれば色が着いているみたいなので、白髪のコントラストも弱くなったみたいです。
きっと望み通りに染めるには、やっぱりプロにやってもらうのが確実なんでしょうね。
(そのかわり薬剤も強力そうです)

さてさて、もう一つ、こちらは偽装ではなく本物。
ダイエットですが、9月から始めてゆるやか〜〜〜に減っています。
途中何度もこれで下げ止まりか、と心配になりましたが。
体重は目標値まであと4キロ。(3キロ減)
問題の腹回りが・・・・まだ10センチもあるとよ!orz
体重があと4キロ減ったところで腹回りが10センチも少なくなるとは考えられません。
もちろん断酒・・・はしてませんが、週に一回程度で、夕食時に飲む、という決まりを作って守ってます。

禁酒は酒代がもったいないのと、この頃寝しなに飲むと朝起きたとき、まぶたが小沢一郎になっている気がして。
そこでダイエットと節約をかねてやっと断酒に踏ん切れました。

節制もしてるし偽装もしたし、これからきっと本名通り
「美しく恵まれた子」になるとよ〜〜〜〜!(;´д`)トホホ…

ああ、なんでこんな名前をつけてくれたんだか。(涙)どんな漢字か教える度に恥ずかしい思いをしていることを親は知らない・・・・
by mieru1 | 2008-10-25 00:33 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

右脳左脳

先日、シートンの伝記をまとめるに当たって、悩みまくった話を書きましたが、
ネームが上がってようやく気が抜けたと思っていたら、なんだか右半身がむず痒い。
「あれ?思考を司るのって左脳だっけ?」とネットで調べてみたらそうでした。
しかも左脳はデータ処理の許容量も右脳に比べるとぐっと少ないそうで、きっとこれは足りない頭を酷使したせいなんだ、と勝手に納得したのですが・・・・
「身体の痺れを感じる場合は脳梗塞の恐れがあるので早めに診察を受けましょう」だって。
うーーーーん、「むず痒さ」は「痺れ」と違うよね・・・。

ところで大分前に流行った「右脳・左脳のおもしろ診断」

ワタシは「左脳左脳」タイプなので

『論理力に優れた、賢く頼れる存在の先輩タイプ』
論理的にとらえて論理的に伝えるので、本人もまわりのひとも、ものごとを的確に理解できる!ただし、堅い感じがしないでもないが。。。 左脳左脳の人はイメージや感覚・感情を研ぎ澄ましてみるとよいでしょう。

■このタイプの上司・部下 / 先生・生徒 / 先輩・後輩 とのコミュニケーションは...
  ⇒ 何か聞いてもらうときは、論理的・分析的に訴えよう。
     このタイプの人に感情に訴えても、あまり通用しないのでご注意を。
  ⇒ 何か聞かされるときは、論理的にうまく伝えてくれるはずなので、問題はないでしょう。


こういう結果です。
確かに道理がわからないとイヤなタイプです。
Macをいじっていてもすぐに「何でこうなるの?その意味は?理由は?」とつまずいてしまいます。
そんな時旦那からは「考えるな!適当にクリックするんだ!理由はわからないんだから!」と言われます・・・・
だってテキトーにやって壊れないか不安になっちゃって益々自分がフリーズしちゃうんだもん。

年をとったせいか以前ほど「頭が固い」のは無くなってきたと思います。(ある程度ゆる〜〜くいい加減でないと生きにくいですよね)
アホ話、好きだし。
でもなーーーー。女・星一徹だからなーーー。
あっ、それは頭の固さでなくて「厳しさ」か。

で、この簡単なテストだけではどうしても納得いかない。
一応漫画描きなので「右脳」だってよく使っているはずだから。
でも自分は芸術家の右脳型とは明らかに違うとも思う。

そしたらこんなサイトがありました。

右脳左脳おもしろ診断プログラム

15個の質問に答えると診断されます。

で、その結果。

あなたの得点は65点です!
■解説
素晴らしい!右脳と左脳がうまくかみ合っています。あなたが考えたことを誰にでも納得させる力があります。なぜなら、あなたは右脳で全体を捉えることが出来、しかもこれを誰にでも分かるように理論付けできるからです。
まるで、あのアインシュタイン博士のようだ!



随分レベルの低いアインシュタインだな!(涙)
65点というびみょ〜〜に中途半端な点数が泣ける・・・・・(´Д⊂ク゛スン

後で知りましたが点数にはこんな意味があるそうです。

>>得点は100点満点で、得点の高いほど右脳型で、低いほど左脳型となります。
50 点付近だと、右脳と左脳のバランスの取れた人間として診断されます。


でもま、学習まんがの目的である「人にわかってもらう」能力はありそうなのでヨシとしよう。(信じていいのか、このテスト。)

その他にも脳について、ちょっと勉強しましたが、男の脳は右脳左脳を切り替えて考えるのが苦手なので、すぐに行き過ぎて思考停止になる、とあり
アインシュタインは思案中によく楽器演奏をして右脳を使い脳を広く使っていたとか。
脳を休ませるのではなく、別の刺激を与えることで活性化させるんですね。
その点女はフレキシブルに右左に切り替えられるそうです。

かくいうワタシもネームを描いてノってきている最中、何故か中断して家事をしてまたネームに取りかかるということをしていましたが、これはもしかすると左脳がパンクしないように自己防衛していたのかもしれませんね。(沸騰した頭を冷やす)
自分では何で集中してできないんだ、と不満に感じていたんですが。
(もちろん家事をしつつ頭の底で考えている)
その結果、いいアイデアが浮かぶので、きっと家事がいい刺激になるのでしょう。

一つの問題をず〜〜っと考えてしまう方なので、頭が沸騰状態になりやすく、睡眠中も夢の中で考えていてうたた寝状態、あるいは興奮して寝付けなかったりして不便なんですよ。
最近は市販の睡眠導入剤を飲んだりしますが、逆に絵の作業中は眠くなって今度は眠気覚ましの薬を飲みたくなるという矛盾。
ほんっと〜〜〜に不便な脳みそであります。
by mieru1 | 2008-10-24 00:59 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

シートンのネーム

今回はえらい難産だった・・・・
シートンの盛りだくさんな人生をいかに削るか。
彼のナチュラリストとしての先見の明、思想面での成長など、農協が母体の「ちゃぐりん」読者にとってとても重要な人物だと思うので、ストーリーを編むのに四苦八苦しました。
ちょうど昨夜教育テレビで「オオカミ王ロボ」をやっていて参考になりました。
ロボの件はたった2ページ(それでも全体の五分の一を占める)だけど、描いていて泣けたよ。

ここ三日ほどずっと悩み続けて寝不足で頭が痛いです。
目も痛いしさぁ〜〜〜〜〜。集中力は落ちるし。
来月はアインシュタインだってさ。
理解できるのか、このワタシに。

そんなワケで未だ巡業の画像整理もしていません。
多分ピンぼけ画像だらけだと思う。

これから買い物に行きますので、コメント放置になりますが、今しばらくお待ちください・・・・
安全運転心がけなきゃ・・・・・
by mieru1 | 2008-10-16 14:37 | 近況報告 | Trackback | Comments(0)