タグ:相撲 ( 10 ) タグの人気記事

タイガーマスク運動

去年のクリスマスから各地に出現している伊達直人。
今夜はNHKニュースでかなりの時間を割いて放送していました。
不景気で世知辛い世の中なので、こういった良い話があると和みますよね。うふふ。(←梶原一騎の登場人物で良い人は「うふふ」と笑います。これマメ知識ね。)
タイガーマスク運動が毎年恒例になるともっと嬉しいのですが。

漫画の「タイガーマスク」はワタシが初めて買ってもらったコミックスで暗記するほど繰り返し読みました。
確か小学校に入学したかしないかくらいの時期だった記憶があります。
字もあまり読めなかったのに、絵だけ見ても話の内容が伝わってきました。
今の少年漫画からは想像できないことです。

プロレスなんか観たことないのに、中学生になって初めてテレビで観たプロレスで
「あれがテリーにドリーだね。」とかプロレス技も知っていました。
漫画しか知らないのに実物のプロレスを知っている、というのも凄いことだと思います。
それだけ辻なおき先生の漫画が実際のプロレスを漫画で表現していたということですよね。
自分の中では昭和プロレスの教科書みたいな位置づけです。

そういえば自分はコミックス派で新刊が出る度、買ってもらいましたが当時は漫画が掲載されている漫画雑誌の存在を知りませんでした。(その後3年生くらいから叔父さんの家で「週刊少年チャンピオン」と「ジャンプ」を読み、自分は「週刊少女コミック」「別冊マーガレット」を買うようになり5年生からは「週刊少年ジャンプ」「月刊ジャンプ」を買って友達と「マガジン」を交換して読んでました。子供だったせいか漫画が一番面白かった時代と記憶しています。)
おまけに古本、貸本を知らずに育ちました。

で、「タイガーマスク」といえばほとんどの人はアニメの方を思い出すのでしょうが
ワタシは根っからの原作主義で(原作者と漫画家を尊敬していましたから・・・)、途中でアニメと漫画がなにやら違う展開を見せていることに気づき
「原作と違うじゃん!」と最後の方は見るのを止めてしまいました・・・・
後から聞くとアニメはアニメで面白かったとか。残念。
でもワタシは原作の最後の方が好きなんですよね。

今読めば大人の事情でいきなり最終回になってしまった、いわばやっつけみたいな終わり方だったんですが
最後まで健太たちに伊達直人の正体を知られずに、ひっそりと死んでしまうという悲劇のほうがずっと暗いトーンだったタイガーマスクに合ってるんじゃないかと思って。

でもでも全国の伊達直人さんには良い事がありますように!





ーーー全然関係ない話ですが、今日テレビで大相撲をチラ見したら初場所二日目祝日だというのに
向正面の枡席Cの辺りがガラガラなんで思わずほくそ笑んでしまいました。
思えば去年の初場所初日観戦したんですよね。
その時枡席には新成人らしき若者が多数いて「えっ?今時の若い子が相撲、しかも枡席で観るの?」と驚きました。昔のラグビー日本一決定戦みたいに成人記念かしらね?と。
そんでその子達は唯一知っている朝青龍に声援を送っていたんですがねーーーー。
そんなことを思い出して思わず「グフフ。」とほくそ笑んだ訳です。(←梶原一騎の悪役は「グフフ」と笑います。これマメ知識ね。)


今年は良いことが沢山あるといいなぁ!!っと。
by mieru1 | 2011-01-10 23:55 | 梶原一騎 | Trackback | Comments(2)

ガンを飛ばす幼児

いや〜〜、今日の朝青龍対把瑠都。凄い闘いでしたね。
組み止められると弱いと言われる朝青龍がその上手さと執念で勝利をもぎ取りました。
無差別級の闘いで小兵と呼ばれる朝青龍が重量級の把瑠都に勝つ。
体重差26キロ、身長差14センチ。
把瑠都を抱え上げる時、押し出すときの必死の形相が素敵でした。

ところで人間は、いつから人を睨みつける怖い顔をするようになるのでしょうか?

b0013305_23404772.jpg

これは家の次男がもうすぐ二歳の時の写真です。
それが
b0013305_2341851.jpg
b0013305_23411321.jpg


こ、こんなチビこい幼児がこのようにガンを飛ばすんですよ!きょわいよ〜〜〜〜〜!!

この顔、実はある人の真似なんです。
それは

「横綱・曙」

この時期、大相撲を観ていた記憶はないんですが、多分テレビのニュースを見ていて覚えたんだと思います。

立ち合い前の曙をイメージして「アケボノノメ。」と言いながら得意になって真似する次男。恐ろしや。。。。。。
(ちなみに武蔵丸のことは「マシュマル」と呼んでいました。)

この子、保育園時代から帰宅すると祖父母の部屋で相撲観戦していまして
羨ましいことに朝青龍が大関に駆け上がる頃を観ていました。
ワタシは夕飯の支度でこの時代の朝青龍は観ていません。(涙)
先日あの頃の朝青龍を覚えているのか尋ねたところ
「朝青龍はあっという間に大関になって横綱に昇進したよね。」と、しっかりと記憶していました!くそ〜〜〜、羨ましい!

そして今、朝青龍の真似をする幼児はいるのだろうか?
まわしをポンッ!と叩いて睨みつける所作までトレースするような幼児が!
(多分ワタシが幼児だったらやっていると思います。)

そして成長した次男ですがこんなんなりました。

b0013305_23592335.jpg


ものっすごく愛想がありませんっ!
睨みつける目はそのままに成長いたしました。
怖いよ〜〜。
でもやっぱり可愛い我が子なのであった。
by mieru1 | 2009-03-24 00:22 | 本読み/こども | Trackback | Comments(0)

ブログ検索で人気なのは

去年からなんですが、エキブロの使えないアクセス解析で毎月一位になるのが実は意外な人物です。

b0013305_13141755.jpg

大相撲の本場所が始まると相撲ブログに変身するんですが
こんなに朝青龍のことを書いているのに検索ワードランキングの一位が
朝日山親方ってどういうことよ???

だいたい「朝青龍」で検索かけて来る人なんて滅多にいないってのに。

大相撲の人気は実は朝日山親方でもっている?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

始めの頃は「朝日山親方、一体なにをやらかしたんだ?」と思ったんですが、多分相撲中継を観ていて多くの人が「あの人は誰っ?」と思うんでしょうね。(よく名前までチェックできると思いますが)

グーグルの画像検索にかけると4番目に上がってくるよ・・・・(;´д`)トホホ…
ここは朝日山親方ファンブログではないのに。

ーーというわけで「大相撲力士名鑑」を見て朝日山親方の似顔絵を描いてみました。

b0013305_13144734.jpg
b0013305_1315188.jpg

どういう人か知らないんですが、優しそうな親方です。
どなたか朝日山親方情報がありましたら教えてくださいませ。(笑)
全くといっていいほど親方のことは知らないんですが、シリコンを除去できないと知りながら新弟子検査に臨んだ朝日山親方のことはリスペクトしております!
審査が通って翌日除去した舞の海とは覚悟の度合いが違います
(というかそんな偽装して審査が通るってなんていい加減な団体でしょうか。舞の海サンも偽装して合格したのなら引退するまで貫いて欲しかったなぁ。)

初めて見たときはこのくらいのインパクト。
b0013305_13152364.jpg


相撲協会よ、朝日山親方を是非広告塔に!
朝日山親方が大ブレイクすること間違いなし!(親方がブレイクしてどうする)
by mieru1 | 2009-02-01 13:22 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

終わった終わった

やっと伝記漫画のネームが終わる。
予定より半日も遅れてしまった。

昨日は昼から役員の引き継ぎがあり、最後までいると4時間も拘束されるので早々と退散。
帰ってプロットを書こうとするも、この日の大相撲の解説はデーモン小暮閣下に黄金の左腕、ゴールデンアームボンバーの輪島大士
なんで皆でワタシの邪魔をするんだっ!

朝青龍は安美錦を会心の相撲で下し、ストレートで勝ち越しを決める。
誰だ、今場所は○退場所だなんて言ってたヤツは。(←オマエだ)
でもこれから毎日難敵相手。最後まで油断はできない。
一番一番、大事に勝ってくれぃ。

で、ネームを深夜2時半までやり、なんとか五合目まで行く。
この日は一日中、頭の中で「14番目の月」がエンドレスで流れていた。
ふとんに入るも足が冷えててなかなか寝付けず、朝7時前に目覚める。
そのままぐずぐずしてギリギリに起きて朝食、弁当を作り小学校へ本読みに。

帰宅してからご飯を食べて残りのネーム作業。
今回は五合目まで行ったらスムーズに進んだけど、プロットのページ配分をいい加減にしていた部分で1ページ余ってしまい、あわてて直し、午後1時半にやっとファックスした。

はぁ〜〜〜〜〜、えらい疲れたよ〜〜〜〜〜。
なんか頭使いすぎてくたびれた〜〜〜〜。
チョコレート食べれば良かったかも。
今日の相撲観戦までに復活するかしら〜〜〜〜。

と思っていたら、今日はカラー原稿のゴーサインの返事が返ってくる日。
それとイレギュラーの学習まんがの資料が届く日。
来月末まで仕事の休みは無い。
おまけにぶん太が散歩の催促。

戦士には休息はなかったのだ。がくっ。

お散歩、行ってきます・・・・・・・
by mieru1 | 2009-01-19 15:19 | 近況報告 | Trackback | Comments(0)

4コマ漫画追加しました。

先日のエントリー「旧姓」に4コマ漫画を追加しました。

大相撲ファンの人は見てね♡。(あっ、過大な期待しないでね)
by mieru1 | 2008-12-16 17:08 | 近況報告 | Trackback | Comments(0)

旧姓(4コマ漫画付き)

ずっと面倒くさくて放置していた「ねんきん特別便」をやっと返信しました。
それと以前一回だけ「春野れんげ」名義で描いた宙出版さんから作家登録の書類がきていたので、それも出しました。(ていうか数年前たった一回しか描いていないのに、またここで仕事をすることがあるのだろうか・・・?と思いながら個人情報を送りました)

「ねんきん特別便」も、特に問題はなかったんだけど、旧姓を書く欄で「いつから変わりましたか?」というのがあって、結婚式は月末だったので、婚姻届けを出したのがその前か後ろかで月が変わってしまうので、そのままにしていたのもありました。
(思った通り新婚旅行後だったので、これはいわゆる「婚前旅行」だったんですね?←どうでもいい)

旧姓を書くのも久しぶりで、なんだか不思議な気持ちでした。
今じゃすっかりこっちの姓になじんでしまいました。
ワタシは自分の旧姓が好きなので寂しい気持ち。
五十音でいうとドベから始めから5番目に繰り上がったんですがね。(当時は出席番号が若い人が羨ましかった)

旧姓は好きでも下の名前は好きでないのですが、このとき
「そうだ、臆面無く『美しく恵まれた子』なんて言うからいけないんだ。
これからは『美しさに恵まれない子』と名乗ろう。」と思いついたら妙に納得出来た。
我ながらナイスアイデアだ。

次からはこう教えたら相手はびっくりして引いてしまうだろうか・・・・?
でもそうやって相手の反応を見るのも面白いかも、と底意地の悪いことを想像してニヤケるのでした。




追加の4コマ漫画 12月16日

この人の場合・・・・・

b0013305_11175779.jpg


<ワタシの工夫>
はじめは役所の無愛想なおじさんを相手役に考えていましたが、それではワタシがただの凶暴なクレイマーになってしまうじゃないか!と思い、誰か殴られ慣れていそうな人・・・と想像を巡らせ、「バスガイドが超ブサイク」発言をしたこの人こそ正に適任!と思い当たり採用いたしました。
おめでとう、千代○海関!026.gif
別に握手のことを恨んでいる訳じゃないんだよ。 本当だよ。(許されて)

いや〜〜〜、しかしこんなふうに納得されると腹を立てるんでしょうかね。(逆ギレじゃん)
本当は「ははは・・・」と乾いた笑いが出そうです。
by mieru1 | 2008-12-13 13:10 | 雑記 | Trackback | Comments(6)

柔道と相撲・ショック二連チャン

NHKの午後7時のニュースを見ていたら「柔道金メダリスト石井選手がプロ格闘家へ転向」の一報が!
え〜〜〜〜っ?昨日団体戦に参加していたばかりなんでビックリなんですけど・・・・042.gif
全日本柔道連盟も特に引き止める気配もないようで、まぁ性格的にプロ転向はしっくりするんですが、やっぱり総合格闘技へ移るっていうと、引退したり、大会で勝てなくなったりした選手が第二の人生としてやむを得ず?進む感じがするので、現役でしかも金メダルを獲りたての選手がってところに衝撃が走りました。

柔道や相撲とかから打撃技のある総合格闘技って、すっごくハードル高いと思うんですよ。
掴む物がないのはもちろん、
今までは一本取れば、あるいは土俵から出す、足以外の身体をつければ勝ち、というルールだったのが、相手が立ち上がれなくなるまで勝ちにならない、しかも持久戦になったりと、どんだけハードなんだと。
同じ格闘技といっても中身もリズムも全然違うし。
「勝つための目的と手段」が全然違う。
しかも相撲はともかく、柔道なんてお互い殴ったり殴られたりなんかしない競技だし、それだけで怖さ倍増な気がするんです。痛さに関しても全然違うと思うし・・・・
誰だったか忘れたけど、殴るのを躊躇していた元柔道選手もいた。(そう見えた)もちろん負けちゃったけど。
だからあえてそういう世界に挑戦するのに無理(疑問)を感じちゃって。

最近の石井くんの言動を見ていると、内柴選手が激怒したくなる気持ちもわかりますし、大相撲と一緒で日本の古いしきたりに耐えきれなくなったのかもしれません。
まぁ、総合への憧れがそのまま強さに反映されるのか、さっぱりわかりませんが・・・・

と、そんなことを悶々と考えていたら
朝青龍、モンゴルへ帰国、治療へのニュースが!
そのまま秋巡業、九州場所も休場の可能性も、って
ワタシが五月から楽しみにしていた熊谷巡業で朝青龍と握手っ!はどうなるとですか〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
ヽ(`Д´)ノウワァァァン
朝青龍のバカバカ!このイケズ!
ワタシは一体何を楽しみに、どの面下げて巡業へ行けばよかとですか!?
と、栃乃洋かしら?それとも玉乃島の尻からふくらはぎへの筋肉鑑賞?(変態か!)
ええええ〜〜〜〜ん。朝青龍以外アウトオブ眼中なので何に楽しみを見い出せばいいのかワカラナ〜〜〜〜イ!

ただ心配なのは、モンゴルへ帰ってまで治療に専念するんだから、本当に次の場所が正念場ってこと。これで白鵬と対等に闘えないようだったら・・・・008.gif
土俵から遠ざかって相撲勘は鈍らないの?あぁ心配だ心配だーーーーー!


いいかドルジ!ワタシとの握手をさぼって帰国するからには絶対に次の場所は優勝しないと許さないよ!
ああ〜〜〜ん、巡業のチケットの価値がワタシの中で零円に等しいものになってしまった・・・・チケットの大暴落!
8000円の大損だ・・・・(´Д⊂ク゛スン


ーーーというわけで石井くんのことはもうどうでもいいです。新しい世界でがんばってね。
by mieru1 | 2008-10-06 22:12 | スポーツ | Trackback | Comments(9)

引退

現役続行か引退か、オリンピックはその区切りにもなりやすい。

柔道の鈴木の引退はまぁ、早い気もするけど本人に続ける気力がなくなっているので仕方ないか。でもあんなに強かったのになぁ。短かったな。
上野選手も引退するんだろうな。最後に力を出し切って、きっと満足していることでしょう。
YAWARAちゃんも、今回で限界かな?

それにしても水泳の北島選手の引退表明には驚きました。
まだ若いのに・・・
でも速さを競う、一発勝負の競技は精神面、肉体面での頂点がすごく短い期間で終わってしまうので、有終の美を飾れた今回で引退というのも当然か。
(スピードを技や水着で補うにも限界があると思うので)
今回、勝ったときの少し抑えめな表情も「何でだろう?もっと大喜びすると思ったのに。」と不思議に思ったけれど、今となっては「北京が最後のレース」と思って臨んでいたので、金メダルを取れた達成感とこれでレースに臨むことは無いという寂しさとで、ああいった静かな喜びの表情になったんでしょうね。
(どちらかというと寂しそうだった)

そして今回のオリンピックでこの人も引退する。

b0013305_2293286.jpg


大相撲でも有名な「扇子おじさん」。

>>「日の丸おじさん」44年の応援人生に幕、北京限り引退へ (読売新聞)

 北京を最後に五輪応援を引退する山田さん(12日、豊台ソフトボール場で)=佐藤俊和撮影
 金帽子に羽織はかまで五輪選手を応援する自称「国際オリンピック応援団長」の山田 直稔 ( なおとし ) さん(82)(東京)が、北京五輪での“引退”を表明、「44年間の集大成に」と北京の会場で声援を送っている。

 東京五輪から12大会連続で観戦。メキシコ五輪(1968年)の陸上五千メートルで、帽子のソンブレロに着物姿で周回遅れのメキシコ人選手を応援していた時、現地の人から「ナイス、ジャパンボーイ」と拍手された。以来、派手な衣装で、日本人も外国人も関係なく応援してきた。

 15日まで柔道や野球などを観戦する。「『平和の祭典』の理念の裏で大会がビジネス化したり、開催中に戦争やテロが続いたりすることに疑問も感じています」と、寂しそうな表情も見せた。

[ 2008年8月14日22時57分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/top/story/20080814_yol_oyt1t00833/


ーーーニュースになるなよ・・・
オリンピックは引退でも相撲観戦は続行か。
国技館へ行ったらこの人の切手が売っていて何か公私混同していないか?と思いました。
by mieru1 | 2008-08-15 10:08 | スポーツ | Trackback | Comments(6)

ココ・シャネル

今、次号「ちゃぐりん」の仕事の真っ最中。
取り上げる人物はココ・シャネル。
その他にも来月中旬までの学習漫画の単行本の仕事があり(こちらは旦那と合作)
その間、次男坊の高校受験、合格発表、総会へ向けての役員会、地元の集会のお手伝いともう泣きたくなるようなスケジュールです・・・

ここへ越して来て役員をやらない年のほうが圧倒的に少ないんですが
ここでは女は「仕事・家事・役員」と男の3倍は働いているんですねぇ。
もっとヨメを大切にせんかぁ〜〜〜〜!!
「父兄会」という言葉にいつも苛立つワタシです。(どこに「父」と「兄」がいるんじゃい!と)

ーーーと、いうわけでココ・シャネルなんですが
ワタシ、ブランド物って全然興味なくって(買う予算がない、着る機会がない=無駄な物。
なんたってヴィトンのモノグラムが家紋が並んでいるみたいでダサく感じてしまうようなセンスの持ち主なんで・・・・汗)
今回の人物はどうかな〜〜〜、と思っていたんですよ。

がっ!
シャネルったら現代の働く女性のシンボルみたいな人だったんですね!
そして服のデザインコンセプトがまた共感できました。
「女性が動きやすく(活動しやすく)、機能的でシンプル、かつ女性の美しさを引き出す実用品」

当時の女性服は男性デザイナーが作ったもので
あの「コルセット」など、女性の美(といっても肉体の美)を強調するための物でした。
実際着ている人間にしてみれば苦しい、重い、一人で自由に動けない、という
女性から「自由」を奪う象徴みたいな服だったんですね。
中国のてん足みたいに。

そこから女性の視点からこのような服をデザインして女性から支持されるようになったわけです。

シャネルの性格はすごくハッキリしていて、これまた描きやすいキャラクター。
誇り高く、自立していて、自由が好き。反逆精神が強くエネルギッシュ。
そして仕事人間。 いわゆる「可愛げのない女」。
でも一流の男達からモテモテ。
こういう人だから、新しいファッションを切り開いていけたんでしょうね。
そしてつき合った男性から新しいファッションのアイデアを吸収して自分の物にする。
もう、「シャネル」という人物の中に「デキる女」の全てが詰まっている感じ。
男社会の常識から真っ向対立していくところは同性として小気味よいです。

「いのちの歴史」の連載も4年目に入りますが
やっぱり自分が描いていて一番燃えるのが、シャネルのような今までの常識という壁を打ち破っていく女性を描いている時ですね。
荻野吟子、人見絹枝、マザー・テレサ、ナイチンゲール。
特に最初の2人は同じ日本人として本当に描いていて力が入りましたね。
「女性の行く道は全て袋小路」ーーーーなんて悲しい時代でしょう。

まさかの相撲の話に続く
by mieru1 | 2008-02-24 02:06 | 仕事 | Trackback | Comments(6)

真剣な顔

うへぇええ〜〜〜。
また朝青龍、負けちゃった。
今回は取り組み後のインタビューも荒れていたらしい。
でもそこが彼らしくて私は好きなのだが、横綱的にはまずいんでしょうね〜〜。
若くて負けず嫌いな人が潔く負けを認めちゃうのなんてイヤだなぁ。
そうなるのはまだ5年くらい先でいいんじゃないか、と個人的に思う。(それでも29歳か)
横綱になったんだから全てにおいて出来た人間になってしまうより、そういった青い部分がまだあっていいと思うんだけど・・・(そんな今から老成した朝青龍なんて面白くないしね)
でも朝青龍、最後まで手をつかないってすごいよね。この前も頭から落ちても手を先につかなかったし。普通反射的にかばおうとするけど、そういうところまで鍛えるのが相撲取りなんでしょうね。危ない・・・・

今日はその他にK-1MAXもチラと観た。
あんまりK-1は興味ないのだが、たまたま観たムエタイのヴアカーオとボクシングのクラウスの試合が良かった。(ヴアカーオって黒くしたリー・リンチェイみたい)
何が良かったかっていうと、ヴアカーオ(馬鹿王みたいでヤダ)の表情!
絶対に負けるかっ!って闘争心と集中力が生む気迫のこもった顔!
あんな顔つきって滅多にお目にかかれません。しびれました。
特に日本人選手でこういう顔する人って最近見ないな・・・なんかすぐ疲れた顔しちゃうんだよね・・・

そして、前にも書きましたが私、ああいう真剣な表情を見るのって大好き。
必死になって全ての神経を勝負だけに注いでいる、ああいう姿を観ると
「あぁ、私も頑張ろう。」って気持ちにさせられるんだよね。
だから朝青龍が怖い顔してくれると嬉しくなっちゃうんだよね。

ーーーということで朝青龍、借りは絶対に返す、とか今度はもっと稽古して来場所リベンジすると息巻いているそうなので、今度こそ(今日から?)怖い顔に期待してます。
私もダルイなどと言ってないで鬼の形相でがんばらなきゃ〜〜〜。
by mieru1 | 2005-07-21 09:00 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(2)