<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

スケジュールとノルマ

明日締め切りと思っていた下書きの締め切りが今日だった!
原因は昨日締め切りだった「いのちの歴史」を今朝まで引っ張ってしまったため勘違いを起こしたのです。
お昼前にデータを送り、お風呂に入ってサッパリして、これからご飯を食べたらひと寝して明日下書きに取りかかろう、とホッとしていたら
催促の電話がかかってきて急遽仕事の続きを。
「えっ?今日でしたっけ?(汗っ)」と完全に忘れてました。
本当に締め切りが続くと気が抜けないのでキツいです。

とにかく今月中に納める仕事はこれで終わったのでホッとしましたが
月明けすぐにまた下書きの締め切りと今日入れた原稿で間違いを発見してしまったので修正を描かなくてはいけません。

五月雨状に締め切りがあるので、やっと休みになってもすぐに次やるべきことを考えてしまいます。
だもんで、「この日にやらなければならない」というスケジュール管理が無意識のうちに
「今日中にノルマをこなさなければ!」というプレッシャーになっています。
アシスタントは使わないのでスケジュール通りにいくかは全て自分次第なのです。これが結構キツい。

子供に手がかかっていた時期にはここに学校関連のスケジュールが加わっていたので本当にイライラしました。足を引っ張られるような感じで。
一日のうちに家事を含めしなければいけないことが細々とあると、それをこなす手順を考え、次々と「あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ」という思考回路になってしまって特に忙しい時は誰も手伝ってくれないし!と自家中毒気味にヒステリーを起こしていましたね。
毎日のことですし、全部自分がやらなくちゃいけない、と逃げ場が無くなるからですね。
ここで我慢して溜め込むタイプだと絶対鬱病になると思います。
ヒステリーも自分が壊れないための安全弁の一つとして必要なのです。(笑)
今の状況で子供が小中学生でなくて本当に良かった・・・家庭崩壊になるところだ。

今はかなり仕事を優先してできるので以前と比べれば全然気が楽になったはずなんだけど
年のせいか、集中できなかったり体調が今ひとつだったりと思うようにことが運ばないことへのいら立ちが出てきました。
これが体力気力の減退なのかと・・・(スポーツ選手が引退する気持ちがわかります)

晴耕雨読の生活に憧れる・・・・・
by mieru1 | 2010-07-29 21:29 | 仕事 | Trackback | Comments(9)

最後の追い込み

今日締め切りの「いのちの歴史」、これから最終段階のデジタルトーン処理です。
明日の朝までには送信できるでしょうが、ここ一週間寝不足でいつ力尽きるか心配です。

毎日午前3時過ぎに寝て、朝は明るいのと同居している両親が6時台から活動を始めるので
どうしても目が覚めてしまいます。
夏休みに入ったので少しはゆっくり寝ていたいけど、子供も夏期講習があるし
「ゲゲゲの女房」を観がてら起きてしまいます。

今日は締め切りだというのに日中眠くて仕方なく、夕方カフェインのタブレット「エスタロンモカ」を飲んだらやっと目が冴えてきました。これでなんとか乗り切れそう。
(使用期限が2008年6月1日になってますが気にしないっ!!おかしいな。以前飲んだ時は効果がないから使っていなかったのだが。体質が変わったのか?)

加藤清正効果かわかりませんが、「いのちの歴史」も楽しく作業できています。

先月号からロングショットを今までより多く描くように心がけています。
それまでは顔の表情を入れたくてある程度より小さな絵は描かないようにしていたのですが
それだとどうしても画面が単調になるので、描くのは面倒だけどなるべく全景を入れて
舞台の雰囲気を出せるように・・と思っています。(画力不足ですが・・・)

こういう細かい絵っていうのは描くのが大変なので時間がない時はどうしても避けてしまいたいものですが
そういう気持ちになった時は「逃げたらダメ逃げたら負け」と心の中で唱えながら描いています。
そうして逃げない漢・朝青龍を思い浮かべながら「ワタシも負けない!」と気合いを入れます。(朝青龍信者ですので)

ネームだけでももちろん意味は通じるのですが、ラクして描いてると
やっぱり読者に伝わるものも半減してしまうんですよ。

例えば今回の例では

「1924年 大阪市立ろうあ学校の校長に就任します。
『ろうあ者が幸せになる教育をしていくぞ!』」


という一コマに高橋潔校長がアップで決意表明している絵を描いていたんですが
子供達に囲まれて同じ台詞を言う絵に換えました。


この場合は人物が最初より小さめになって子供を4人書き足しただけで大した労力ではないですが
最初の時より主人公の子供達に対する愛情が絵で伝わってきますよね?

「どういう絵を描いたら一番効果的に伝わるか」を考えながら構図を考えます。
で、忙しいとどうしても顔だけのコマを無意識に描いてしまうので、そういう時は一歩引いて
客観的に自分の漫画を見て「逃げたらダメ逃げたら負け」と思い直して書き直すようにしています。

もちろん顔だけの一コマでもロングショットで背景を書き込んだコマを描いても原稿料は変わりません。(笑)
労力は増えるけど、そのかわり漫画の完成度は高くなるのでその方がいいです。

ネームだけ読んでも意味が通じるからと、そのまま何も考えずに絵を入れていくと
漫画の場合往々にして面白さが今ひとつ足りなくなってしまうので、注意したいところです。


さてさて、目が覚めているうちに残りの作業を片付けに入ります。
これが終わっても翌日小さい締め切りがあるので気が抜けませんが
早くゆっくりしたいです。
(そういえばずっと頭洗ってなかったなぁ・・・髪も切りたい・・・・。)
by mieru1 | 2010-07-28 21:34 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

ネームのOKをもらう

「ちゃぐりん」のネームの返事が来た。
監修者さんからお褒めのお言葉をいただき気持ちもアップ。058.gif
こういう学習関係の仕事は読者からの反響は全く無く仕事に対するモチベーションは常に自分でコントロールしなくてはいけない。
読者はサイレントマジョリティー。
本当に自分の漫画を読んでもらえているのか、はたまた途中で読むのを放棄されていないか
気になるけれど真実はわからない。
作品の出来不出来は自分の手応えで判断するしかない。

なので、こういうふうに時々監修者や編集者からもらうお褒めの言葉が唯一の反響。(涙)
漫画家のモチベーションアップが読者からのファンレターというのが普通ですが反響が無くったて頑張る!
だって学習漫画家だもん!
来ない物に期待していても始まらない。

それと反響が無くても仕事の依頼があるのも反響の一つと思うようになったら気がラクになった。
依頼があるということは版元にとって評判は悪くはないということだろうと。
だから忙しいことは喜ばしいこと。
これからも自分で納得、合格できる作品作りをしていこう。
仕事の一つ一つに心を込めて取り組みます。

(それにしても最近は寝付きが悪い上に早朝から明るいので自然と寝不足です。
日中眠いのに夜寝付きが悪いとはこれいかに?体調管理だけはいつまでたってもコントロールが利きません。)
by mieru1 | 2010-07-22 23:56 | 仕事 | Trackback | Comments(6)

下書き三昧

昨日偉人伝のネームのオーケーが出たので下書きに取りかかる。
同時に加藤清正と「あそびんぴっく」の特集ページの下書きもあるので
三本合わせて金曜朝には終わらせたい。その後偉人伝のペン入れ、完成まで突っ走る。

それにしても加藤清正は描いていて面白い。
小さいコマ(4段に切ったコマを1段2〜3に切ってある)にほぼ全身が入るような小さい絵で
なおかつ鎧を着ていたりしてハッキリいって描くのは大変なんだけど、キャラクターが豪快な上に
動きのあるシーンが多いので描いていて楽しいのである。

漫画って描いていて退屈なのはキャラクターが二人で並んでおしゃべりしているような顔ばかり続いて動きのないシーン。
眠くなります。
やっぱり人物が生き生きと漫画の中で活動しているシーンを描くのが楽しいですね。
そういう時は書き手もその人物にシンクロしているから余計面白いのでしょう。
当然絵にもそういう気持ちが表れるので、これはいい傾向です。

このまま清正につられて他の漫画もノリノリで描けますように。
by mieru1 | 2010-07-21 09:41 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

ボールをくわえるぶん太

b0013305_13462322.jpg

b0013305_13465844.jpg

b0013305_13475758.jpg

b0013305_13482793.jpg




「モッテコイ」遊びをしたら持って来ないで自分のクレートに入って出て来ない悪のぶん太。
でもこのボールをくわえてグニュッとなった口元がおかしくて思わずカメラを取りに行く。
ぶん太はビビリのくせにカメラと雷は平気なのだ。
最後はフラッシュのせいかタイミングのせいか目をつぶってしまったけれど
これも愛嬌があって可愛い。

エキサイトブログの画像投稿がデータサイズを気にせずにできるのでラクチン。
ただそのままアップロードするにはデータが重いせいか中々反映されませんでした。
アドバンスユーザーは画像の編集もできるというので試してみました。
初めてのことで手間取りましたが次からはもっとラクに投稿できそう。
以前はフォトショで500KBにサイズダウンして文字を入れたり加工にひと手間いりましたが
これは便利です。
ただまだ完璧な機能ではなくて再編集したりはできないみたいです。
アップロードする前にプレビューでよく確認しないといけないですね。

あれ?最後の一枚には文字を入れたのに(もちろんプレビューで確認済み)入っていませんね?
今もプレビューなら出ているのになぁ。

by mieru1 | 2010-07-17 13:54 | ぶん太 | Trackback | Comments(6)

必死のココロ

今日締め切りのネーム、早くも白旗宣言を担当者に連絡するも
そうすると監修者からの返事が来週の22日(木)以降になるという。
つまり一週間後。
もちろん締め切りは動かない。

そんなに時間を無駄にできないーーーーー!!
ということで午後1時30分の段階で5枚目(全12ページ)が描きかけなのに
6時までの4時間半で送らなければ間に合わないとのこと。

明日の朝イチで渡そうという目算から一気に完成まで突っ走る!

できるのか?いや間に合わせる!


ーーーということで、とりあえずこんな内容で、というネームをギリギリで送れました。(ホッ)
これぞ必死のココロ、必死のチカラ。
これで何とか週明けに返事がもらえる・・・
と思ったら月曜日が休みなので校正なんか入れるとやっぱり限りなく木曜日に近いんじゃないですか!!
これだから祝日は迷惑なんだ!祝日、休日のせいで作業が止まってしまうから。
ぬわにが「ハッピーマンデー」だ!こっちは忙しいんだ!休んでられっか!
漫画家には土日も朝も夜もないというのに。 すごく羨ましいんですけど・・・・・・・


ーーーまぁ、空いた時間は加藤清正その他の仕事を進めなきゃいけないから構わないんだけども。

仕事が終われば終わったで家事が待ち受けてるし、どのみち休みなんて無いのであった・・・(涙)
by mieru1 | 2010-07-15 21:53 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

万能薬を切らして

万能薬「命の母」を二回分切らして昨日は一日中頭が冴えず夕方までゴロゴロ。
「ちゃぐりん」のネーム締め切りは今日だというのに!

で、重い頭と体を引きずってクスリを買いに行く。
特に効き目があるとは思えないんだがもしも体調不良の原因がコレならばと藁にもすがる気持ち。
遅い昼食後から飲み始め今は普段通りの頭になった。(って遅すぎ!)

偶然のように昨日の朝日新聞には朝夕共にこの「命の母」の広告が出ていた。
大きな文字で「更年期」と書いてあるのが余計なお世話だ!と腹立たしく思うのも更年期のせいなのか?
イライラするのも体が冴えないのも全て原因は更年期のせい!にすれば全てオッケーみたいな。
なんでもかんでも更年期のせいというのなら一足飛びに50代になりたいぞ。
50代になればこんなホルモンに体を支配されているような状態でなく
頭がスッキリクッキリになるのだろうか? それならば早くそうなりたい。
だいたい体調不良の原因は何なのか、ハッキリしてないのだから。(ただの寝不足生活のせいかもしれないし)
その年齢になっても今と変わらないというのなら原因は違うということになる。


まぁとにかく健康に一番大事なのは「自律神経を正常に保つこと=規則正しい生活」
なので、万能薬は気休めということで頼らないのがいいのだが、仕事に支障が出るのがイヤなので
少しでも障害を減らすために飲んでいるという感じ。

とにかく締め切り生活なので、これを守っていかないと全ての歯車が狂うというストレスが常にあります。

ああ、予定通りにできるのだろうか。  多分できない。
by mieru1 | 2010-07-15 02:53 | 近況報告 | Trackback | Comments(2)

うおおお〜〜!来たっ!来たぞ〜〜〜!!

ずっと気分が停滞してやる気が出なかったここ一週間。
原因はあまり得意でない歴史の漫画にマンネリ、限界を感じていたのです。
世界中の偉人を扱うので日本史だけでなく世界史も勉強しなくてはいけません。
無知なのでその範囲は無限です。

そして学習漫画家なので、そういう仕事がメインになります。
「元々歴史は得意ではないのに、こんな自分に描く資格はあるのだろうか・・?」と自問自答。
特に興味のある人物ばかり描く訳ではないので、オリジナルキャラを駆使して描ける漫画家さんが羨ましく思える。
オリジナルキャラなら自己投影して描く楽しみもあるのですが、実在の人物には(扱う人物によるが)枷がある。
そして下がりまくるモチベーション。

が、しかし。
知らない事を勉強して発見があるというのは面白いことです。
つまらないな、と思う仕事の中でも少しずつ我慢して歩み寄ることで面白さを掴んでいくのです。
面白さを掴めばそれが漫画を描くモチベーションに繋がっていきます。

歴史は苦手ですが、人物を調べ、どんな人だったのか想像することは大好きです。
一人の人物を切り口にしてその時代を知り、その人がその時代、何を思い、考え、生きていたのか。
年表を追うだけの歴史はつまらないけれど、一人の人物を掘り下げてそこにどんなドラマがあったのかを考察するのは面白い。
ワタシは人間ドラマが描きたいのです。

そして苦手だからこそ、自分が知って面白いと思う事を、自分と同じように知らない人へ「この人のここが凄いよ!偉いよ!面白いよ!かっこいいよ!」ということが伝えられるんだと思う。
自分が感じた面白さや感動を読者にダイレクトに伝えたい。
それが自分の漫画の仕事の意味だと思うから。

今回は加藤清正を描かなくてはいけないのですが(「ちゃぐりん」の仕事ではない)
ついに何かを掴みました!
子供向けのパンフレット内の伝記漫画ですが、子供達に勇ましくて忠誠心の強い清正を
「かっこいい武将だな!」と感じてもらえたら!と燃えています。(←これが今回のメインテーマ)
そうだよ、ワタシはこういう勇ましい男が描きたかったんじゃないの!!そんな人物が描ける絶好のチャンスじゃないか!(たった8ページだけど・・・)と久しぶりにネームを描いていて体が熱いです。

前向きに考えると短ページでも様々なタイプの人間の一生を描けるというのは普通の漫画連載ではできないので
そういう意味ではものすごく欲張りな仕事だと思っています。
シャネルを描いたり牧野富太郎を描いたりと、個性豊かな面白い人間を知り、描けました。

そして清正の勇ましさを引き立てるためにも馬や武具もキチンと描ければグッと漫画も盛り上がるのに・・・
何でも描ける画力が欲しい!とこういう時、切実に思います。
あ〜〜、描けたらいいのに。悔しいです。(涙)

あっ、でも8ページなので大ゴマ使ったり派手なシーンは描けず、小さなコマに人間を詰め込まなくてはいけないので、絵も小さくなるし思ったような大活躍は描けないんですが・・・・(涙)





そしてもう一つのキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

横綱朝青龍の引退相撲のチケット販売の告知が来ました。
一体イス席でいくらするのか恐怖ですがゲットするつもりです。

そしていつか朝青龍の伝記漫画が描けるといいな〜〜、なんて思ってます。(笑)
だってこの上なくドラマチックな人間なんですもの。
こんなオイシイ題材ありません!
ワタシなら!ワタシなら朝青龍のカッコ良さ、苦悩、喜怒哀楽をたっくさん描ける!ーーーと思いつつ、
上記>>「何でも描ける画力が欲しい!とこういう時、切実に思います。」に戻リマス・・・・orz
by mieru1 | 2010-07-09 19:44 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(2)

にっき

きょうは あたらしい メガネとケータイを とりにいきました。

どちらもワインレッドです。

いままで つかっていた メガネの ふれーむが あかから おれんじいろになっちゃって

さすがに かいかえないと いけなくなっちゃいました。

めがねの どすうは いままでと おなじにしてもらいましたが メガネやさんに

「ろうがんが はじまってますね。」って いわれちゃったYO!

きょう あまぞんから とどいた おおたじろうせんせいの 「さいごうたかもり」が おもしろおかしくて

ほのぼのしました。

つきはじめは ゆったりしてますが こんげつは にほん おおいので

あんまりのんびりしていたら またじごくに なってしまいます。

きあいをいれて しゅうちゅうしなくちゃいけないのに ゆるみまくってます。

だめですね。

あんまりものを かんがえたくなくって ひらがなにしちゃいました。


おしまい☆
by mieru1 | 2010-07-05 21:26 | 近況報告 | Trackback | Comments(4)

マエケンと琴光喜

マエケンーーーー。

ワタシはてっきり松平健のパチもんでも現れたのかと思っていました。

はい、プロ野球を見ないもんで知らなかったんです。
前田健太。
広島カープのエースで大人気なんですってね。

で、何でマエケンを知ったのかというとヤクルトファン歴数十年の父が
「孫(次男坊)に似ている!」と騒いでいるうちに姉まで応援するようになり、
結局実家のメンバー全員でマエケンを応援しているという話を聞いたから。
今じゃすっかりカープファン?
(つまり滅多に実家に遊びに行かない次男の代用となっているのであった・・・)

そんな大騒ぎするほど似ているのかと期待を込めて画像検索するも似てない。

どこがマエケンなんだ。
我が息子のほうがずっと可愛いじゃないか。
似ている所といえば輪郭と目が吊り上がっている所くらいしかない。

でもそれ以来気になってニュースなんかで活躍を知ると嬉しく思ったり。
頑張れマエケン!
う〜〜ん。何となく我が子を応援しているような気になるから不思議だ。(親近感か。)


だいたい父は旦那のことを「琴光喜に似ている」などと言い
二人で「はぁあああ〜〜〜?????」と呆れるくらい見る目がない。
(共通点は顔が丸くて細目でつり目というだけ。で、やっぱり琴光喜を応援しているという・・・)

でも人間の目って不思議なもので顔の一カ所でも知っている人と似てると思うと
脳内で補正してその人と似ていると感じちゃうみたいなんだよね。

ワタシは家族からよく「次男と似ている」と言われるんだけど、それも不思議。
自分では似てると思わないんだけどなぁ。自分の顔と並べて見比べることがないからかな?
(つ、つまり間接的にマエケン似ということなのか??
ちなみに今まで有名人で似ていると言われたのは中島みゆき、山田邦子、名取裕子、山本美憂、江川紹子、アンジェラ・アキ、「魔法使いサリー」のよし子姉ちゃん。
ーーーー一体どんな顔なんだよっ!!アンジェラ・アキに至っては共通点は髪型とメガネだけ。決して顔ではない。(´Д⊂グスン)


それにしても家族にマエケン似と琴光喜似がいるというのは
今話題の人の組み合わせとしてすごいコントラストで笑ってしまった。


ーーーでも琴光喜は正直、嬉しくないッス・・・・・・・・( ̄↓ ̄)
by mieru1 | 2010-07-03 00:27 | 雑記 | Trackback | Comments(0)