<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

絵は大事

今月の仕事を終えたのですが、今月は不規則な生活がダイレクトに体調に来ました。

いつもなら締め切り前、朝食抜きで仕事をしても夜更かししても緊張感があるせいか何でもなかったのですが、今月は頭がフラフラしたり胃に不快感があったり貧血みたいに血の気がひいて体温が低い感じがしたり・・・
何とかデータを送った後もなかなか目の疲れが取れませんでした・・・。年だなぁ・・・(´Д⊂グスン

ところで今月入れた「井澤弥惣兵衛」は我ながら久しぶりに良い出来なのではないか?と満足していたのですが先月入れた最新号が送られてきて自分がイメージしていた出来上がりと全然違って極度に凹んでおります・・・
何で毎度こうなのか・・・
本当に印刷物になった自分の作品が直視できません。

新しいMacにしてパワートーンが不具合だらけなので、この回はグレーを網トーン代わりに多様したのがまずよくなかった。画面が暗く平面的になりすぎました。コミスタ導入を真面目に考えた方がいいのかも・・・
そして何よりも表情が良くない。どうしてこうなっちゃうんだろう。
自分の頭の中でイメージしている絵が全然描けてないもどかしさ。
そして描いている最中に何故気がつかないのか・・・

そこで自分の絵の成長の無さの原因を考えてみる。

小さい頃からわりと最近まで何も考えずに自分の好き勝手に描いていた。
一番絵を描いていた時期が小学生時代までで(中学以上はクラブがあるため)、とにかくずっと我流で描いていた。
模写も写生もほとんどしなかった。
もちろんデッサンの勉強もしなかった。
好きな物を好きなように描いてきただけ。
子供向けキャラの仕事は長い間してきたけれど、それ以上の難しい絵に挑戦してこなかったのも成長の機会を無くしていたと思う。
そして何よりも結婚後すぐ子育てに入り「絵をほとんど描かない」時期が長くあり、
今は仕事で以前に比べたらずっと絵を描く時間はあるけれど、やっぱり仕事以外で絵を描く時間がほとんどない。
仕事以外は家事、息抜きにネットという感じ。外出もほとんど出来ないくらい時間が足りない。
落書きなんてし始めるとそれこそ時間がいくらあっても足りないので他の事ができなくなるから絵に当てる時間がない。


つまり練習時間がなくていつも本番なのだ。これじゃ上手くなる訳がない。
しかも伝記漫画は登場人物含め初めて描く題材ばかり。手に馴染む間もない。

これからはネットの時間を絵を描く時間に充て、家事は更に手抜きの方向でいくしかない。
う〜〜ん、どんどん情報から取り残されそうだ。
まぁ、二兎追う者は一兎得ずですから仕方ない。

ワタシは今まで何度も「漫画は絵とネームが大事」と書いてきたけれど、絵はお店で例えたら
店構えや店のイメージに関わる大事な部分。
「ここ面白そう。入ってみるか。」とお客さんが興味を持ってもらうために外観に気を配るのと同じだ。
人に例えればずばり「顔」に当たる部分。
自分は人の外見にこだわりはないけれど、こればっかりはイケメン目指していかないと自分の漫画家生命に差し障りが出てきてしまう。


人間の脳の約八割が視覚に関する情報を処理しているという。
それだけ人間が目から得る情報は重要なのだ。
もっと読者の目を喜ばす絵を描かなくては、と最近ひしひしと思う。
それまでの自分は「とにかく中身重視」だったから。

自分としてはずっとこの絵に関して引け目を感じてきたのでその分、ネーム力で足りない分を補っていこうと思ってきた訳だけども、人は読まなければわからないネームよりも絵の第一印象で判断する。

ここへきて本当に絵の大切さを実感しています。

もっと楽しい絵が描けたら。
もっと魅力的な絵が描けたら。
もっと華のある絵が描けたら。
もっと読者が喜ぶ絵が描けたら。

無いものねだりしていても始まりません。
他の漫画家さんのようにもっと絵の勉強もしていかないとこの年になっていけないと切実に感じています。
とにかく「ぶっつけ本番」は避けなければ。
幸い来月はここしばらく続いた忙しい状態がやっと落ち着くので落書きの時間が取れそうです。

なんだかんだと偉そうに能書きばかり垂れていて本当に恥ずかしいばかりですが
言い訳をしていても始まらない。読者には作者の都合なんて知ったこっちゃないですから。
ダメな点を洗い出して少しでも良くなっていくよう改善しなければ。
しばらくはネットを控えて稽古の貯金を少しでも増やしていこうと思います。(いや貯金なんてなかったんだ)
結局は自分のためなんですから。


ということでネットは当分控えます〜〜。
ではでは。
by mieru1 | 2010-05-29 21:16 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(4)

DIO様

今日カラー漫画の締め切りなんだけど終わるのかしら・・・?(汗)
扱っているテーマは義経なんだけど・・(面倒)
馬は出てくるし、たった4ページなのにワタシにしてはペン入れに時間がかかった気がする。

それにしても眠いんだけど、昨日からずっと頭の中でDIOのWe Rockが流れてるんです。
DIOって言ってもJOJOに出てくるディオじゃないよ。
キャラクターの名前の元になった人だよ。
新聞で訃報を知って何故だか軽くショックを受けてた自分が意外でした。(ご冥福をお祈りします)
別にロニー・ジェームズ・ディオのファンでもないんだけど
ヘビメタのボーカリストの中でも歌の上手い人なので結構気に入ってました。
迫力ありますよね。



逆にオジー・オズボーンの気の抜けた歌い方が嫌いでしたが年を取ったらオジーの方が良くなってきました。
年を取ると気合いの入った歌い方よりも「ハハハ〜〜ン」という緩さのほうがしっくりするみたいです。
あ〜〜、オジーの気の抜けた歌い方に癒される〜〜〜〜〜。(癒される意味が違っている気がする)
オジーのイメージって自分の中では故・赤塚不二夫先生なんだよね。共通点は狸顔でアル○というところしかないのだが。(これでいいのだ、に通じる歌い方?)

で、頭の中ではヘビメタがリプレイされているのですけどワタシは今SADEのニューアルバムが欲しいのdeath。
SADE大好き。女性ボーカリストでは一番好きかも。
あの真夏の午後、日陰でまどろんでいるような気だるい雰囲気の音楽、ハスキーボイス、皆好きdeath。
先月買ったスーザン・ボイルと同じように買ったらヘビロテ間違い無しdeath。(death deathうるさいよ)
by mieru1 | 2010-05-21 02:19 | いろんな感想 | Trackback | Comments(8)

マイナー漫画家が仕事をもらうためにはどうしたらいいのか?

先日ブログを通して知り合った、おちゃずけさんとホタルさんと初めてお会いしました。
(短い時間でしたがとっても内容の濃いお話ができて楽しかったです!)

おちゃずけさんは結婚前に少女漫画系雑誌で長い間連載されていて
育児が一段落したところなので漫画界に復帰すべく努力しているのですが
中々現状は厳しい、という話をしてくださいました。

出版業界の不振で昔と違って雑誌に載るのも難しいし、かといってweb では原稿料が激安な所ばかり、色々営業しても中々仕事に結びつかない、とても職業として成り立たつものではない、という話に・・・
そして落ち着いたのは「今はwebへの移行の過渡期という大地震の最中だから、今は焦らずに地震が落ち着いた頃に動いた方がいい。そしてその間地道に漫画の力をつけておく。」というものでした。



ワタシはいわゆる普通の漫画雑誌で仕事はしていませんが、ずっとこの仕事をして自分が経験した
仕事のパターンがあります。
そして今の段階で行き着いた経験談をまとめてみたいと思います。




*だいたい40歳前後で今までの仕事が途切れる。
理由としては雑誌の休刊だったり、よくしてくれた担当さんが異動してしまう。
あるいはリニューアルと称して若い漫画家さんに仕事が行く。

漫画家にとっての定期収入とは連載にあたります。
連載以外にイレギュラーで入る仕事は臨時収入にあたります。
連載が無くなるととたんに無職=無収入になります。
もちろん失業保険など出ません。
これまでに単行本が出ている漫画家ならまだ印税に期待できますがワタシのような学習漫画家は一気に死活問題になります。
少しでも早く仕事を取らなくてはいけないのです。
もちろん欲しい仕事は定期収入になる連載ですが、この場合臨時収入のほうが仕事を取る確率が高いのは言うまでもないでしょう。
新規参入で連載を取りやすいのは、雑誌の新創刊で人数が欲しい時でしょう。
あとから連載を勝ち取るのは本当に至難の業です。


そこでまず簡単にできる営業活動として
*漫画家募集のサイトで自分に合いそうな仕事にアタックする。
*漫画家登録サイトにエントリーしておく。(仕事は派生しないに等しいと思いますが応募しないというのはそれだけ仕事が来る可能性がなくなってしまうので藁をもすがる気持ちです)
*自分のHPやブログを作り、作品見本を展示しておく。連絡先(メールアドレス)も書いておく。
ネットを通じて営業するとき、これがあると便利ですので自分の漫画や自分をアピールする文章も入れておくといいと思います。
お金のかからない宣伝です。

*新規開拓で雑誌に連載をすべく持ち込みに行くも持ち込み先ではまったく実績がないので今までの作品が判断基準(肩書きみたいなもの)になるが特にヒット作もないと苦しい。
今はどこも雑誌経営が難しいので新作が載るのもままならない。
とにかく担当と話し合ってその雑誌が欲しいと思う作品を面白くなるように努力する。
もちろん自分に合わない作品を要求されるようならその編集部を去る勇気も必要だと思います。
そして掲載されるまでに途方もない時間と労力を払う覚悟(もちろんノーギャラ)が必要です。

*掲載されるまであてがないので賞金稼ぎもいいかもしれません。
(もちろんその雑誌で仕事を取るのが前提)
ですがこれも応募から発表、賞金が手に入るまでかなりのタイムラグがあります。(たいてい雑誌発表から1、2ヶ月後なので持ち込み後3ヶ月はかかります。)
すぐに収入には結びつきません。
これは賞に限らず、本にしても雑誌にしても掲載後にギャラが支払われる仕組みなので、漫画を描き始めてから手元にお金が入るまでとても長い時間待たされます。漫画も入稿したらギャラが入ればいいのに・・・
ーーーここで漫画を描くことに挫折しそうになります。
漫画を描いていても食っていけなくなるからです。
漫画を描く時間をその他の仕事で埋めなくては日干しになります。

*広告絡みの仕事はたとえ自分でいい仕事をしたと思っても大抵一回こっきりで次々に仕事があることは無いと思えます。あったとしても忘れた頃だったりします。(収入のあてにならない)
たいてい採用者であるクライアント(漫画の素人)は漫画の総合力で判断できないのでどうしても
見た目優先、流行の絵が描ける人の所に仕事が集まってしまいます。
広告業界も厳しいと聞きますのでギャラも安いし仕事もそんなに派生しなくなるのでは?と思います・・・・

*結局一番仕事がもらえる確率が高いのが今まで一緒に仕事をした人を訪ねる事になります。
相手もすでに仕事をしたことのある漫画家だったらどんな人間かわかっているし、締め切りは守るか
作品の完成度などもわかるので使う人も安心感があります。
もちろんそれまでの仕事ぶりを判断されたり、今任せられるような仕事がなくて使われないこともあります。(そううまくハマるような仕事はない)
ワタシの場合は編集プロダクションさんになりますが、版元だと担当者が異動して漫画の部署にいないこともあります・・・・。

同じように確率が高いのが
*知人に仕事を紹介してもらうです。
普通だったら新作を描いて面接から始まるところを顔パスしてしまうようなものです。
これは知人と自分の信頼関係でもらえる仕事なので、もしも仕事を請け負うことになったら一所懸命やらないと知人の面目、信頼(友情、それに知人と編集者との信頼関係)を失うことになってしまいます。
せっかく編集者に「この人なら大丈夫ですよ。」と知人が薦めてくれたのだから相手の顔を潰す訳にはいきません。
ーーーーこれもすぐにでも仕事がある、という状態ではないです。(当たり前ですが)

結局漫画家と言っても「人付き合い」が最後は大切になってくるなぁ、とつくづく人の力を感じます。(もちろん実力も備えていることが前提になります)
そしてそう簡単に仕事が派生するものではないということです。時間がかかって当たり前の世界です。

さらに若い漫画家と比べて新鮮な感覚は否が応でも対抗できなくなっていきます。

では中堅マイナー漫画家として対抗できるものは何か?

続きを読む
by mieru1 | 2010-05-17 02:03 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(13)

息子の就活報告

息子の就職活動、結果が出ました。

先ほど内々定が出て親子共々胸を撫で下ろしました!

就職「超」氷河期と言われる中、内定をもらえるのだろうか?と本人もとても気にしていて
受かるはずのない大手は一切受けず、堅実そうな会社を当たっていました。
四月の段階で二社から最終面接の前段階までいき、そのうち一社から内々定をいただきましたが
もう一社の面接が昨日あり
返事は昨日の夕方から遅くても今朝までにあると言われたのに待てど暮らせど返事が来ない・・・
最終面接前の段階ではすぐに返事をくれたのに・・・
人事担当者さんからは「多分大丈夫だから。」って言われたというのに・・・・・
最終面接時の重役さんが気に入らなかったのか?
何で返事が来ないの???と不信感はつのるばかり。
嫌な空気と時間が流れます。

そして「どうかお祈りメールが来ませんように。」とお祈りしていた次第。

*お祈りメールとは、会社側から不採用の連絡時に「貴殿の益々のご健勝・ご活躍を祈念しております。」等で末尾がくくられるのでそう呼ばれる。
なので「お祈り返し」をしているという変な状況に。

親としても何で返事が来ないのか気になりはじめ、ネットで情報を集める始末。(おかげで仕事に集中できません)
結果、返事が早くても遅くても合否の決め手にならないということでこちらのイライラも全然解消されずにいましたが、本人はもう悲壮感が漂って気の毒でした。
お昼になって息子から電話があったときは本当に明るい声ですぐに内々定が出たとわかりました。

予想外に早く決まったことで肩の荷が下りると共に残りの学生生活が充実できるので、本当に良かったです。本人もこんなに早く決着するとは思っていなかったのでちょっと気が抜けてしまったようですが。
(内々定が出ましたが、正式に内定が決まるのは10月に入ってからです)

で、息子の就職先ですが・・・・

鉄分の濃い子らしく、機械製造の会社でございます。
来年は静岡の独身寮で生活が始まります。
振り返れば高校時代から女っ気のない環境ばかりです・・・
嫁取りは当分先・・・・って、いくらなんでも気が早すぎますね。(汗)

親っていうのは子供がいくつになっても
「這えば立て、立てば歩けの親心」なんですね・・・・。

とにかく息子よ、おめでとう!(涙)
by mieru1 | 2010-05-11 12:57 | 近況報告 | Trackback(1) | Comments(12)

外国のぶん太

You Tubeでフレンチブルドッグを観ていたら外国にぶん太みたいな子がいた!
ぶん太と同じような声で唸ります。
これを聞いて普段我々が感じる恐怖を味わってください。
観ていて思わず「あっ、あぶない〜〜〜!!」と言ってしまいました。
こ、怖いっ!!怖すぎる!!




ぶん太のように口元にしわが寄らないからまだ噛まないのかな?
このお兄ちゃんが勇者に見えたよ!よく撫でられるなぁ。
でもこの子、どういうつもりで唸ってるの?
やっぱり不快感?
それとも猫が思わず「気持ちいい〜〜。」とゴロゴロ声を出すようにしたいのに
ボキャ貧のため唸り声になっているのか・・・?






こちらはうって変わっておしゃべりするぶん太犬。珍しい。
目も子供っぽい無垢な感じで性格も良さそう。赤ちゃんみたいでかわいいです。



二匹ともぶん太と同じ所に同じ柄があるので親近感が。

できれば下の子みたいなぶん太が良かったなぁ・・・・・・。

あなたは上のぶん太がいいですか?
それとも下のぶん太?
by mieru1 | 2010-05-02 22:43 | ぶん太 | Trackback | Comments(20)