<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

我が家の激安マップ

今日は駅前にできたTHE PRICE(前身はイトーヨカードー)に行ってきました。

最近さかんにスーパーの安売り合戦が取り上げられていますが
万年ボンビーな我が家にはありがたいことです。
(っていうか対応がちょっと遅くない?)
今は99円じゃなくて87円が安売りの目玉なんですね!
よくもそんなに価格を抑えられるものだ。(税金も見習ってほしいですね)

ところでありがたいことに我が家の周辺には激安店が乱立していましてワタシが利用する店を今回新しくエキサイトブログに追加された「地図機能」を使って紹介してみようと思います。

赤いアイコンは食料品店
ピンクのアイコンは菓子店
黄緑のアイコンはJA農協直売場
緑のアイコンは生協(ここは特に安売り店ではないですが)
青のアイコンは古書店
紫のアイコンは衣料品店


(ああ、マップ制作に疲れた・・・・もうやらね)

野菜は安くて新鮮な農協で買うのが一番お得。
その他の生鮮食料品は赤いアイコンの場所で買い物。
なるべく用事が一回で済むように店を選びます。
一回の買い物につき買い物かご山盛り2杯分は買います。
育ち盛りがいるのでおやつ(カップラーメン、菓子パン、コーンフレーク等)もあっという間になくなってしまいます・・・(T_T)
親はツバメさんになった気持ちですよ。まったく。

それにしても生活圏にこんなに安売りショップがあると東松山はこれで町おこしができるんではないかと思うくらいです。(駅周辺の密集度といったら!)
現に市外から買い出しに来るお客さんも多いそうです。
家が引っ越してから安売り店が建つようになったんですが、まるで我が家の懐具合に合わせてできているようでありがたいやらなんやら・・・・
「シルピア」は開店した当時、よくテレビ局が取材に来ていたんですが、今じゃそんなお店ばかりになってしまって取材なんて見なくなってしまいました。

ーーーしかし見事に文化圏から外れていますな。
家計にはありがたいのですが、やっぱり創作活動をする身にとっては刺激が足りません。
大きな本屋さんもないし・・・(蔦屋は本屋としては物足りません)。できれば嬉しいけど、あっという間に閉店しそうです。

でもまぁ、毎日リゾートで生活していると思えば・・・・・
少しはリッチな気分になれるかも??(どこがリゾートだ!)
by mieru1 | 2009-04-28 23:22 | 貧窮問答歌 | Trackback | Comments(2)

アップまでもう一息!

キング牧師、あとはアメリカ合衆国の地図をはめ込むだけになりました。
b0013305_520282.jpg

水野晴郎ぢゃないんだよ。(←ある方からご指摘ありましたが「ぢ」はわざとなので)
キング牧師なんだよ。

今回はホワイトの修正が少なかったので、トーン処理に入るのが思ったより早かったです。

それと気づいた事・・・・

以前、オードリー・ヘップバーンは描いていてあまりテンションが上がらなかったと書きました。
先月号の津田梅子も同じような感じでした。
これは仕事に対する慣れか倦怠感なのか???と危惧していたのですが
今回、キング牧師はいつものように楽しく作業できました。

やっぱりブ○イクな男を描くのが好きなのでしょうか・・・?

整った顔を描くより個性的な顔立ちのほうが描いていて楽しいですよねっ???(←誰に問うておる)
えっ??そんな人はマイノリティー???
でもね、老人を描くのが上手い人とか面白い顔した人が得意な漫画家はそういう質だと思いますよ〜〜〜〜。

さてさて、これから地図製作にとりかかります。
もう一息だっ!ファイト、オ〜〜〜〜〜〜ッ!!


終わりました。
上のコマの完成はこのようになりました。
b0013305_0212598.jpg


地名も間違っていたので修正しました。

しかし、こういった修正も原稿時代は返却→修正→届ける(または宅急便)だったのよね。
デジタルは時間が短縮できるのが最大の利点ですね。
締め切りもギリギリまで延ばせるし・・・・

まっ、間違えないのが一番なんですが、絵が入ってからの修正って結構あるので
こういう時はやっぱりデジタルの便利さを感じます。

それにしても
眠い。
飯食って洗濯物干したら寝ます。
ぐんない。
by mieru1 | 2009-04-27 05:26 | 仕事 | Trackback | Comments(12)

キング牧師の似顔が・・・・

キング牧師がどうしても水野晴郎になってしまう・・・・

この人はキング牧師!キング牧師よっ!!!
わかって子供達〜〜〜〜〜!(って誰も知らんか)

しかも水野晴郎を意識してしまうとイメージがそちらに引っ張られてしまう・・・・涙。
(それにしても水野氏は日本人らしい顔立ちではないですよね。←言い訳)

今回もまた締め切りギリギリになりそうです・・・・
by mieru1 | 2009-04-25 02:27 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

読み聞かせが子供にとって大切なことは

小学校での読み聞かせボランティアも早いもので、もう丸10年も経っていました。月日が流れるのはなんと早いことか。驚いた。
我が子が卒業してからは、一年に数回だけ、という年も増えてきましたが自分なりに読み聞かせの大切さについて感じることが出てきました。

「お話を聞いて内容を理解できること」
人にとってとても大切なことなんではなかろうか?ということです。

お話を聞く、という行為はテレビや漫画と違ってビジュアル面の補助がありません。
つまり耳から聞いて自分の頭の中で話の内容を想像する行為です。
これは人の話を聞いて理解するということです。
聞きっ放しで頭の中で考えないと理解できないということです。

読み聞かせのボランティアが始まって2年目の年、高学年で続き物の話を読んだのですが
低学年から「お話を聞く」という習慣が出来上がっていなかったせいか、高学年にもかかわらず
クラスのあちこちでおしゃべりをする小グループが発生していました。
当然真面目に聞きたい子の邪魔にもなっていますが、クラスの中でそういうグループが複数いると場の雰囲気も悪い方へ流されてしまいます。

「こんな調子じゃ授業中もうるさいんじゃないか。」と想像がつくのですが、この子達が中学に上がると
偶然なのかこの学年は荒れていた、ということです。

「お話を聞いて理解できる習慣」ができていると授業中の先生の話も理解できるはず、と思うんです。
理解できなくて面白くないから友達とおしゃべりしたり居眠りしたりするんじゃないでしょうか。
読み書き計算を教えることよりも先に人の話を聞く大切さを私たちは忘れていないだろうか?
そんなことをこの10年間で感じ取りました。

そして普段当たり前すぎて意識しない「話を聞く」ということは「相手を理解する」ことにも繋がると思います。
相手が何を考えているのか、何を自分にして欲しいのか、つまるところコミュニケーションの前提なのです。
いい年した大人が人の話をちっとも聞かないで自分の言いたいことばかり話す人の相手をするのって疲れるじゃないですか。(結構いますよね。)
あれはコミュニケーションがとれないストレスからくるんですよね。「なんだ、ちっともこっちが言ってることを理解してないじゃないか。」って。

そして読み聞かせから読書へ発展していくと、また新しい世界が広がります。
(読み聞かせは読書への橋渡し)
読書は物語に限らず写真集や図鑑、絵本、漫画等も含みます。
それは自分一人では経験できない世界を本を読めば読むほど知れる、ということ。
(これは本に限らず人付き合い、テレビ、ネット、映画などあります。
もちろん実体験のほうが強く身に付きますが全てを体験できる訳ではないんでそこを補う訳です。)
子供達にとって手軽に色んな世界が知れて人の気持ちを知る事もできます。
興味のあるものを発見すれば、そこから更に読書が広がります。つまり自分の世界を広げて構築していくことになります。
そして物語は文章だけで表現する分、感情表現に優れています。
そういうことの積み重ねでいろんな立場の人間の気持ちを知ったり想像できるようになると思います。

そして読書に慣れれば、文章を読み取る力もつきます。

例えばテストの問いが何を求めているのかがわかるか。
それが理解力に繋がっていると思います。(国語力が大切、というのもこの読解力のことでしょう)
読書から語彙が増えれば表現する幅も広がって、自分の考えを表現しやすくなります。


とにかく「読み聞かせ」を小さい頃から習慣づけて人の話を聞ける人間に育てればその子にとって善い人生になるはず。というのがワタシの言いたいことでした。

小さいお子さんを持つ方は、読み書きや英語を教える前に読み聞かせで土台を作ってあげましょうよ。
字が読めなくてもお話は聞けますから。
図書館を利用すればお金もかからないし。
親子のコミュニケーションにもなっていいですよ。
by mieru1 | 2009-04-21 15:52 | 本読み/こども | Trackback | Comments(7)

春の金魚まつり

春めいた陽気になると「そういえば加須の水産試験場でやる金魚まつりっていつだったっけ?」と
毎年終わってから気づくのですが、今年はなんと前日に気がつきました。
しかもこのお祭り、大々的に広告をうつ訳でなく、ネットで調べても上がって来ないので毎度調べるのに苦労します。

調べたら毎年
春は4月の第1日曜日
秋は11月3日(文化の日)
と決まっていたのでした。
場所も名称が変わって今は「水産流通センター」となっております。(←実は自分用のメモ)
b0013305_0213281.jpg

b0013305_0231372.jpg

喜び勇んで入るも秋と比べて出品者が少ない。
もしかすると、この不景気と後継者不足で廃業した養魚場も多いのかもしれません。
金魚の産卵も今の時期なので、当歳がいないのも出品者が少ないせいなのかも。
秋は柵の周りぐるりに品評会に出した金魚の水槽が置いてありました。
消息を聞かない川原魚苑さんについて尋ねてみましたが、相当なお年なので今回は(これからも?)出品されないとのこと。
欲しい人は坂戸のご自宅へ、ということでした。
川原さんの天女が欲しかったんだけどな〜〜〜〜。残念。
b0013305_024162.jpg
b0013305_0241911.jpg

3年ほど前日本に入って来て注目された尾ひれがハート形のブリストル朱文金も一匹1000円からとお安くなっておりました。
近所のホームセンターじゃ一年以上売れ残ってるけど1万2千円だったかな?
もう売れないだろうな・・・・・
b0013305_0254982.jpg

             平賀養魚場↑
b0013305_026032.jpg

こちらは養魚場名がわかりませんが、珍しい京錦の稚魚(明け二歳?)。
同じくらいの地金も売っていました。
ワタシはこちらの↓「東海錦」が気になりました。
なんて見事な尾ひれなんでしょう・・・・
b0013305_028325.jpg

もみじ和金かと思うほど真っ赤で鮮やかな和金。
b0013305_028504.jpg


東海錦が気に入ったけど、あの小ささで三千円を出すのはセコいワタシには無理。
落とした時のショックを考えたら・・・・・・
せっかく来たので3匹で千円の金魚を買いました。
この即売会で楽しいのは数ある金魚の中から好みのものを「自分で」掬って選べるところです。
洗面器に取ってじっくり眺めて選べるのは普通のお店じゃできません。
しかも店で売れ残って色が褪せたような個体はいませんから、金魚そのものの色がわかっていいです。

ただし池の中で沢山の金魚(当然病気持ちも一緒)と泳いでストレスも受けていますから家に帰ったら一週間は塩水とメチレンブルーで藥浴させて病気を防ぎます。

ワタシは尾開きに惹かれてまたも茶金一匹と、水泡眼二匹を買いました。
水槽を小さなもの一つにしてしまって今はジャンボプラ船なので上から見て面白い金魚ということでほっぺたがボヨンボヨンと揺れてユーモラスな水泡眼を初めて買いました。

それにしても「水泡眼」というと男性はあのボヨンボヨンと揺れる水泡を見ると巨乳を連想するそうです。
あんなものがオッパイに見えるなんて男ってアホ可哀想・・・・(T_T)

↓これが水泡眼だ!

[水泡眼]2008年度 第26回日本観賞魚フェア 水泡眼親魚の部 優勝:金魚の吉田持魚


しかし、せっかく選んだ水泡眼。
今まで眼中になかったのでどういう個体がいいのかわからず、池の中の金魚が皆尾ひれが閉じていたので「この尾ひれが標準なの???」と疑問に思いつつ選び、帰宅後調べてみると
やっぱり駄金でした。
まぁいいや。色の入り方とかオッパ、じゃなかった水泡の大きさが気に入って選んだんだし。
これは「フナ尾の水泡眼」だと思えばいいんだわっ!(;´д`)トホホ…

元気に泳いでいる姿を見ながら「水泡眼だから名前はホーガンとアホーガンにしよう。」
と思いついたんだけど同時にワタシがペットに付けた名前って
ブッチャー、ホーガン、カメリン(カレリン)、ミヤビン(雅山)、文太(第二候補は「段平」)・・・・・・・・

「何でもっとオシャレで可愛らしい名前が思いつかないんだ?」と己の限界というか好みを思い知ったのでした。orz

つ、次はどんな名前かしら?おほほほほ。
by mieru1 | 2009-04-07 01:26 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(2)

寒がりぶん太

春になっても寒い朝が続きます。
ぶん太も我が家の生活時間帯に合わせて朝は静かにしていてくれますが
どちらかというと寒いから寝床から出てこないだけの気がする今日この頃。

短毛種だから余計寒いのが苦手だと思いますが(犬は実は寒さよりも暑いほうが苦手です。)
ぶん太は一歳の頃から器用に毛布を被って眠るのです。

b0013305_11475940.jpg

「呼んだ?」
b0013305_11481896.jpg

このように器用に毛布を被ります。
もちろん自分で。

初めてぶん太のこの姿を見た時、偶然なのかと思いましたが毎日毎日寒いと毛布を被っています。
実際毛布を被る瞬間は見たことないんですが、まさか人間みたいに手でめくる訳ではあるまいし、
どうやっているのかと想像すると可笑しい。
(クレートに入るとガタガタと音がするので頭から突っ込むのかな?)

で、朝起きてぶん太が寝床で毛布から顔を出して寝ているところを見ると
「オマエは人間か?」と思ってしまうんです。037.gif
b0013305_11483497.jpg


真冬になると顔まで隠して寝ていますのでミイラみたいです。(笑)
寝床にはペットヒーターが入れてあり、このチェックの毛布を上に敷いているんですが
今年になってから外に出してしまうようになりました。
多分そのほうが直にヒーターが身体に触れて暖かいとわかったんでしょう。
そのくらいの工夫は犬もするんですねぇ。


昨日は4月になったので獣医さんで今年の分のフィラリア予防薬とフロントライン(蚤・ダニの予防薬)をもらってきました。
ぶん太は10キロ未満なので一番少ない量なのですが、それでもまとめて13419円。
今月は狂犬病の予防接種もあるし、その他にも混合ワクチンがあります。
これで体重が何倍もある大型犬になると予防薬だけでもバカにならない金額になります。
餌代、トイレシート代もありますんで犬一匹といえどもお金がかります。

毎日ペット里親会さんのブログをチェックするんですが、気軽に犬を飼って「気軽に捨てる」飼い主の多いことにショックを受けます。
え〜〜〜と、話がそれてしまいましたが、生き物に時間とお金をかけられない人は気軽に飼わないでねっ、てことでした。

ーーーそれにしてもぶん太にじっと目を見つめられると、いつになったらこの子は言葉をしゃべるんだろうか?と錯覚してしまう時があります。
そういう犬らしくないところがフレブルの魅力でもあるのかな?
3歳にしてやっと最近、ビクビクしていきなり噛み付くようなことがなくなりました。
一時期ノイローゼになって手放そうかと思った日々もありましたが、何とかお互い乗り越えることが出来て
本当に良かった・・・・・
これからは癒される日々になるんだろうか?

いや、毎日楽しくぶん太と暮らしているんだから、これはきっと癒されているんだろうな・・・・・
by mieru1 | 2009-04-03 12:37 | ぶん太 | Trackback | Comments(11)