<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

男女の指の長さの違い

今週、たまたま「ためしてガッテン!」を見た。
テーマは「甲状腺が引き起こす病気」だったがその中で興味をひいたのが
この「男女の指の長さの違い」だ。

なんでもホルモンの影響で男女の指の長さに違いが生まれるという統計があるそうだ。

男性ホルモンが多い人(男性)は薬指が人さし指より長く
女性ホルモンが多い人(女性)は薬指と人さし指の長さが等しい、あるいは人さし指のほうが長い
というものだった。

働けど 働けど なお 我暮らし 楽にならざりな手をじっと見る。

薬指のほうが長いんじゃワレーーーーー!!(7ミリほど)

いや〜〜〜、ワタシ、性同一性障害のヶがあるんじゃないかと密かに思っていたんですが
やっぱりですかーーーー?
と思い、旦那の手を見ると

こっちは人さし指のほうが長いんじゃワレーーーー!!!

ホントなの?この統計。
それともたまたま2人で例外だっただけ?

気になりネットで検索すると出て来ました。「ガッテン!」を見て衝撃の事実を知った女性達のブログが!
う〜〜〜ん、益々胡散臭い。

で、「指の長さ」で検索するといろんな研究があるようで

薬指が長めだと数学、短めだと言語の能力に優れていると科学者は報告しています。とか

人差し指と薬指の長さが同じ男性は暴力的—米研究より。

薬指の長さはスポーツ能力との関連性がある

というもので、共通して言われているのは
「胎内にいる時に受ける男性ホルモンの影響が反映されやすいのが人さし指と薬指の長さ」というものだった。
性同一性障害も胎内にいる時のホルモンに影響されるというので、さもありなん、と思った。

が、「指の長さ」で占いみたいなサイトもあって、やにわに信じられなくなってきました。
性格

性と愛研究所・番外編「指の長さの比率と性的嗜好」


で、もう一度旦那の手を見ると逆の手は薬指のほうが長い!


きゃ〜〜〜〜っっ!
このあしゅら男爵〜〜〜!

へへ、変態よ〜〜〜〜!!

ーーーというわけで、この指の長さの統計、ますますトンデモ統計なのでは?と思った次第でした。

あなたの指は統計通りですか?

(ちなみに義母も「男指」でした。この統計、逆じゃないの????)
by mieru1 | 2008-05-31 00:16 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(4)

畑その後

仕事やその他の用事で世話ができなかったお弁当のおかず畑。
気になって日に一度見に行くたび、ミニトマトの苗は大きくなり、小さな青い実が少しずつなり始めている。
野菜って生りはじめるとそれこそ処分に困るほどドッと採れるんだけど、収穫までが長い。
早く赤くなってくれないとお弁当に使えない。
猿カニ合戦のカニの気持ち、よくわかります。

ところで同じ畝のスティックブロッコリー。
見るたびに苗がちょん切られている! 
始めはたまたまかと思ったけど今日で4本目、つまり8株中半分が切られてしまったのだ! 想定外の自体である!

時間ができたので、早速ホームセンターに行き、農薬オルトランを買う。
おのれヨトウムシ!シネ!
と呪を込めてまきました。
そんでもって追肥に有機肥料をパラパラ。
農薬が溶けるように念入りに水をまきました。(黒い笑い)

本当は無農薬でいきたいところですがヨトウムシは夜、土中から現れて茎を食べていくという夜型。ちょっと見張れません。
安上がりにおかずを増やそう、と思っていたのにいらぬところでお金を使うはめになりました。

そうそう今度はタダでジャムを作ろうと企んでいます。

ジャムの材料は目の前の林と化した休耕田にある桑の実「ドドメ」。(なんちゅう下品な響きの言葉だ。第一不味そうだ。)
一回桑の実ジャムを作ったことがあるんですが、ブルーベリージャムに負けないくらいの味でした!
見た目はアレだけど・・・・
埼玉県は養蚕が昔盛んだったそうで、そのせいか至る所に桑の木が生えています。
オスとメスの木があるそうで、ちょうど夫婦そろって生えています。

ーーーしかし家事はあまり好きでないくせに「タダで作れる」となると俄然張り切るのはいつの頃からだろうか・・・・
思えば小さい時から自然遊びやら紙工作やらお金をかけないでものを作ったり遊ぶことが大好きだった。
このセコさは生まれついてのモノみたいです。
by mieru1 | 2008-05-27 22:31 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(2)

あしたば

今日は農協の直売所へ野菜の買い出しに。
車で5分という近さと安さ(こちらの理由が大きい)と新鮮さがイイ。
たとえば長さ1メートルの細めの長ネギ6本で80円。
ブロッコリー100円。
キュウリ4本160円。
筍2本(米ぬか付き)350円。
壊れせんべい1袋189円。
花束(カラー2本とシャクヤク3本)230円。(いずれも税込み)
近所の野菜置き場では100円均一で農協よりも安いものがある。
これぞ地生地産。 田舎の恩恵にあずかっています。

その他にも手作りのパンや饅頭、五目寿司などもあるけど、添加物などの心配もない。
味も素朴で美味しい。

店先には苗や鉢植えもあるんだけど、今日は「あしたば」の苗を見つけた。(100円)
先日農家のおばちゃんが「あしたばって言うくらいで明日には葉になっちゃうくらい繁殖力が強いのよ。」と言っていたのを思い出した。
そういえばブロッコリーを植えた横に野生のセリが生えていたので同じセリ科なら
きっと上手く繁殖してくれるに違いないと思い、買いました。

植える時、ついでだからセリを刈って茹でてみました。
口に入れると「まごうことなくセリの香りがするわい。シメシメ。」

ところが時間が経つとものすごく苦い!
その苦さはまるで苦瓜。ちょっと収穫の時期を逸したか?
しかも刈り取った時、葉の裏を見たらオレンジ色の卵がいっぱい産みつけられていた。
そういえばおおいわさん宅のあしたばもキアゲハの幼虫が涌いたと言ってたっけ・・・・・

はたしてこのあしたば、食べられるようになるのか?
はたまたものすごい勢いで増殖して草刈りしなくちゃいけなくなるのか・・・・
それとも野生のセリに駆逐されてしまうのか。
今後がものすごく楽しみです。
(なんか役に立つのか立たないのかわからない畑だなぁ・・・)(´・ω・`)ショボーン
by mieru1 | 2008-05-13 21:40 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(0)

シャーペンと鉛筆

落書きや下書きにはここ数年、B や2Bの柔らかめの鉛筆を使っている。
鉛筆だとすぐに芯が減るので、0、9ミリのシャーペンで代用したりもする。
0、5ミリだと鉛筆と違って細い線がいつまでも引けるのと軽い描き心地が、鉛筆で描く絵と違ってくる。(気分によって使い分ける)

気に入ると予備に2本は欲しくなるので安いダイソーのシャーペンを2本買って愛用してました。(芯もダイソー)
が、少し前、立続けに壊れました。(;´Д`)
他メーカーの0、5ミリのシャーペンも壊れました。

呪われているのだろうか?と勘ぐりましたが
もしかするとワタシの筆圧が高いせいかもしれない・・・・・
0、5ミリは熱が入ってくると折れてしまいます。

筆記用具は安いので、結構気分転換がてら買うのですが、今回は安物買いの銭失いに凝りたのでパイロットの廉価版を買いました。(オイ)
が、今は0、2とか0、3ミリのシャーペンがあってビックリ!
一体どういう筆圧の人が使うんだ?とネットで調べてみたら
何とこの細いシャーペンで漫画(イラスト系?)の下書きをするそうな。

しかも線の太さによってシャーペンを数本取り替えることにビックリ!
ミリペンを使ったペン入れで線の太さに合わせて取り替えるのは当然としても
まさか下書きでシャーペンを使い分けるとは思いもしませんでした。

当然こんな細い線で下書きをするんだから、かなり細かい絵なんでしょう。

最近の神経質な漫画の画面はこういった筆記用具を使いこなしているんだと知って納得しました。

でも漫画の線って一所に時間をかけると勢いのある線は引けなくなっちゃいますよね・・・
自分も悩みながら描いている時はたいてい一所に時間をかけているので、気付いたらササッと描くように頭を切り替えます。

そういう時、やっぱり鉛筆が頼りになります。
by mieru1 | 2008-05-11 21:33 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(8)

弁当代を浮かせるために野良仕事

今日は昨日とうって変わって寒いですね。
昨日、畑仕事をしておいて良かったです。

最近はめっきり土いじりをしなくなってしまったんですが
息子の弁当を2つ作るようになって、おかずの彩りのために赤と緑があるとカラフルになって手抜き弁当もそれらしく見えるので、ミニトマトやブロッコリーなどを入れるようにしてるんですが、これ、いつも単体で買うとバカにならないじゃないですか。

スーパーでこの2点を買うたび(350〜400円する)、こういう小さな詰み重ねの出費は痛く感じます。
せこさがモットーの主婦としてここは一つ家の隣にある畑で弁当のおかずを作ろうじゃないかと思い立ちました。

一つはONE DAYの光子さんが教えてくれたスティックブロッコリー。
これは種(一袋198円)を買って培養土で8株分作っておいてから植えました。
b0013305_16165973.jpg

ミニトマトは苗を二種類買いました。
1本はお馴染みの苗で68円。もう1本は新顔のイチゴ型のミニトマト298円です。
b0013305_16182679.jpg

しかし、畑って畝を作るのが難しいですね。
もともと平らな所を山にするんだから、土を足さなきゃいけないよね?
土を耕し水をまき、その上から培養土を山盛りにして苗を植え込みました。
何か変だけど、野菜が無事育てばそれで良し。
ていうか、これでちゃんと育つのか心配だ・・・
それにしても土が粘土質なので、石ころみたいにゴロゴロしてます。
手で少し砕いたけどキリがないので止めた。
b0013305_16211447.jpg


ワタシが作った畝のすぐ右には野生のセリが。
b0013305_1622179.jpg

これを弁当に入れるか・・・・?
山岳部の兄は何も言わないだろうが好き嫌い王子の次男はまず手をつけないだろう・・・

また別の所にはこれまた花壇からこぼれて野生化したカモミールが。
b0013305_16252095.jpg


素敵な畑ね、なんて思ったりしてませんか?


セリのすぐ後ろは日本兵が潜んでいそうなんですYO!((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
b0013305_16292985.jpg

一体どんな所じゃい?と言いますとこんな感じ。
b0013305_16302460.jpg

なんか雑然とした畑です。

さぁこれで準備万端!あとは野菜ができるのを待つのみ!
最低でもミニトマトとブロッコリーと卵焼きで彩りだけはバッチリのお弁当になるわよ!(子供の怒る顔が浮かぶ)
しかし待てよ?
収穫できるのってもしかして「夏休み」?
by mieru1 | 2008-05-10 16:53 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(2)

命を吹き込む

ここしばらく時間があるので絵を描いています。
ホームページやブログにアップするイラストを、と思いましたが全然気に入らない。
というか、前から一枚絵って苦手で、描いていても漫画を描くほど面白く無い。

どうしてか、と思い当たったのが
漠然と描いているキャラクターに特に思い入れがないからだと気付いた。

以前、漫画を描く楽しみの一つに、
「そのキャラになり切って描く。
何人もの人物に自分が変身できる楽しさがある。」
と書きましたが、漠然とイラストを描いていても初めて描くどんなヤツかよくわからないキャラクターに感情移入できるわけもないので今一つ描いていて面白くないと気付きました。
同じイラストでも自分の馴染みのキャラだと気持ちの入り方が違うでしょう。
あるいは小説や映画などで愛着のあるキャラだとか。

そういえば今、漫画の現場では
絵は描けないけど原作からネーム起こしまでやる「原作者」が重宝がられていると聞きます。(そういう原作者を募集する賞もある)
そしてその原作者が描いた通りに絵を描く(これがいわゆる「絵師」というのでしょうか?)漫画家。
指定された設計図通りに家を完成させるのと似ています。

ここで原作者と漫画家(絵師)はお互い一番オイシイところをやっていないな、と思ったのです。

原作者はキャラクターに自己投影して面白いネームを切ったとしても、漫画家のほうが特にその原作に共感できない場合・・・・
(例えば熱血スポーツ漫画の原作をスポーツなんて興味ない漫画家が描くことを想像してみてください)
本当は編集者がそのへんのコラボレーションを上手くやるのが、コンビの肝になってくると思いますが、だいたいこういう場合、編集者の手ゴマの中から絵が上手い人を採用するだろうから、相性は二の次三の次になってしまいます。
その原作が興味のない人まで巻き込むほど面白いものならともかく、原作者の世界が全面に出るような原作だったら・・・(諸星大二郎とか)

原作者が思い入れたっぷりでネームを切ったとしても、演技をつける作業は他人任せ。
映画監督ならば役者の演技についてあれこれ注文できるけど、漫画を描く作業はそれが出来ない。
で、漫画家のほうも宛てがわれたキャラクターに絵コンテ通りの絵を描くだけだったら・・・・
きっと完成した原稿を見て「私の言いたかったことの半分も表現できていないじゃないか!」ということだってあるはずだ。

キャラクターが魅力的かそうでないかが漫画の面白味を決めるとしたら
一番大事なところがなおざりになってしまうわけだ。

20年近く前、「マガジンの漫画はどうも企画ものくさくってキャラクターも魅力なくて面白くないなぁ。」と思っていたけどそういうことだったのか。
いかにも「描かされている」感が伝わってくる。
当時、サンデーのほうはまだ漫画家の描きたいことを尊重していたけど、マガジンは原作をあてがってコンペにかけ、誰に描かせるか、という感じだった。
あるいはハッキリと「話はオレが考えるからお前は絵だけ描いてろ。」という場合もあった。

特に週刊連載は分業しないと成り立たないほど過酷な労働環境だ。
絵を描くだけの「仕事」は週刊連載では辛いだろうな・・・・

今は現場がどうなっているのか知らないが、漫画界の元気のなさは、こういった制作現場と関係ないとは言い切れまい。

お話とキャラクターに命を吹き込む作業。
これが漫画を描く一番の楽しみなんだと思うワタシには
一番オイシイところができないなんて、モッタイナイ!と思う。
by mieru1 | 2008-05-08 20:56 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(0)

ネイルアート

NHKでネイルアートの特集をしていたが、ああやって長い爪を維持できるっていうのは
独身女性か主婦でもお手伝いさんがいるような家庭なんだろう。
長い爪ほど家事で邪魔なものはない。
垢も溜まりやすく不衛生だ。

ワタシの爪は長方形はおろか、ほとんど円に近い。(;´Д`)
これは遺伝なのだと思っていたが、息子達はそれこそネイルアートが似合うような長い爪だ。
深爪を習慣にしていると必然的に短い爪になるそうだ。 ガーーーン。
そういえば小さい頃、母が爪が伸びると痛いくらい短く切ってくれた。
それが当たり前と思って長い間短く切っていたのだが、ある時婦人雑誌で爪を長くする方法が載っていた。

爪を伸ばしたら丸く切るのではなく、スクエアにカットする。
これを2年間は続けること。
マニュキアの似合う爪に憧れていたワタシは早速実行しました!

実行して見ると、意外や爪のカドがぶつかるぶつかる!
子供の柔い肌に突き刺さる!
子供のお肌に優しくないと結婚指輪さえしなかったワタシが! ガーーーン。
しかしここは我慢のしどころと思って耐えました。
爪の間に垢が溜まりやすくなろうと辛抱辛抱。
物にぶつけて捲れようと欠けようと長い爪になるまでの我慢だ。

こうして2年が過ぎました・・・・・
結果はいかに。

円がほんの少し、気持ちばかり縦に長くなったようになりました・・・・・
爪の断面図もアーチを描くようになりました。(それまでは平ら)
あまりにバカバカしいので止めました。

今は伸びたらすぐに短くカット。
家事にさしつかえず、わずらわしくありましぇん。
あ〜〜〜、スッキリ、せいせいした。
b0013305_16575347.jpg


それにしても爪がアクセサリーになっている若い女性達は、自慢のネイルが服の着脱で引っ掛かって取れたりしないんだろうか・・・・?
カリスマネイルアーチストの作は両手で約17000円と言っていたけど、爪が伸びて来たらもうお終いなんだよね・・・・

あと気になるのは、この爪素敵だな〜〜、と思っているのは当人だけで、彼氏や男性陣から見たらどうなんだろうか?怖くないですか?
スパンコールやら可愛い素材が付いているのは行き過ぎに見える・・・

女性の思惑と男性の感じ方が絶対ズレてると思うのはワタシだけだろうか?
by mieru1 | 2008-05-08 01:08 | いろんな感想 | Trackback | Comments(6)

元気が出ない

数年前から頭がフラフラしたり、寝つけなかったり倦怠感が取れなかったり肩凝りが・・・と不調が続いていて、
ここ数日間はまるで二日酔いがずっと続いているようなピリッとしない状態が続いています。

今日は暗い記事になりますが、ゴールデンウィーク突入で浮かれている人達への当てつけではありません。(汗)
自由業者にまつわる暗い話です・・・・・

オフになると気が緩むせいかとも思いましたが、ネットで調べるとどうも
「自律神経失調症」がピタリと来る。
「病気」には当たらないとのことで、自律神経が正常に働いていないから不調になるわけで、原因として考えられるのは不安定な職業に毎年の役員などの重責(←勝手に重責に感じているといえばそれまでだけど、これがプレッシャーになる性格なので)、いつまでたっても気が抜けない困った犬・ぶん太の存在等等・・・・・
なんかずっと精神的に疲れてます。 きっとこれが原因。

漫画家家業なんて、有名所でない場合、安い原稿料で働いている人が多いと思うんですが、そういう仕事をしている人(生活にゆとりがない)は多かれ少なかれ精神的に病んでいる場合があると思うんですよ。
仕事自体も孤独な作業だし、どんどん内に籠っちゃう。
忙しいと外出もままならないし自由になる時間もない。
貧しければ外で遊ぶお金も惜しい。
外からの刺激が少ない。
ますます孤独に追いやられ、袋小路に入ってしまう。

家の旦那みたいに布団に横になればあっという間に熟睡できて(ワタシはこれを「ロケット睡眠」と呼ぶ)、読書や映画鑑賞して気分転換が上手い人は関係ないみたいですが・・・・
男と違って主婦は家事というものに毎日時間が取られるしね。趣味は二の次です。

でも、何だかんだといいながら、世の中の大人達はこういった状況で歯を食いしばって生きているんですよね。辛いのは自分だけじゃない。

次々と物の値段が上がるのに、原稿料はウン10年前から据え置きだったり、流用分を払ってくれなかったり、印税は入らなかったり、歴史の教科書を見るたびに、下請けの生活って江戸時代から(いや、それ以前から)変わってないじゃないか、と不満がつのるところで何も変わらず。
しかも子供が大きくなるにつれて教育費やらの出費が格段に多くなるし。
こういうことの積み重ねがボディーブローのように漫画家やフリーの人間の心に効いてくる気がします。
生存の危機に常に晒されている。大袈裟に言えば毎日がサバイバル。

イラストレーターの稿料は漫画1ページ当たりに比べるとヒト桁違うのが当たり前みたいで、以前書いたように漫画っていうのは総合芸術で、特殊な能力を使うのに安く見られてるな〜〜、と思ったり。
でもイラストの仕事ってだいたい派生する点数が少ないから食べていくには漫画の仕事と比べて沢山仕事を取らなくちゃいけないだろうし・・・
隣の芝生が青く見えるだけで、やっぱり自由業者の苦労は変わらないんだろうな〜〜。
と、何の解決にも至らないことをグダグダと考えて今日も終わっていくのでした。
ああ、暗い。
ネガティブなことばかり考えるのはきっと自律神経失調症のせいだ。
イヤ、考えるからいけないんだ。
全てを忘れてしまう状況になれば楽になるのかも。

ーーーこれって、つまり余計なことを考える暇もないほど仕事しろってことじゃ?_| ̄|○
いつ心が休まる時が来るのやら。 因果な商売です。
by mieru1 | 2008-05-04 00:05 | 貧窮問答歌 | Trackback | Comments(12)

小判を拾いました

今日は犬の散歩でとってもラッキーなことがありました。
それは大好きな植物を発見したからです。
b0013305_13255276.jpg

コバンソウです。 知ってますか?
なかなか生えている所にお目にかかったことがなく、近所で見つけたのは初めてです。
b0013305_13262626.jpg

イネ科の雑草みたいなものでしょうが、この不思議な花穂が面白いし、ゆすると花穂同士がぶつかってカサカサ音を立てます。
何となくサナギに似ている・・・・
そういえばドライフラワーのアレンジメントで使われているのを見たことがあります。
タイツリソウとか、小さな花が茎からぶら下がっている草花に惹かれます。

そういえばフクシャも好きです。初めて見たときは妖精のモデルはこの花なんじゃなかろうかと思いました。
b0013305_13505462.jpg
b0013305_1351727.jpg
b0013305_13512149.jpg

↑コレ、絶対踊って見えますよね?

家に持ち帰って机の横に飾りました。
b0013305_1352512.jpg

小判のなる草。   ーーーー金のなる木を思い出しました。
by mieru1 | 2008-05-02 14:05 | 雑記 | Trackback | Comments(0)