<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日本植物学の父とその妻

今回「ちゃぐりん」2月号で取り上げた
牧野富太郎サンはほぼ一人で植物学を極められた人です。

明治初期、日本ではまだ植物学がメジャーでなかったので
研究のために内外を問わず学術書を買い求め、全国に植物採集に出かけ標本にし
植物画に表し、自分で印刷まで携わるこだわりの人でした。
採集した植物は40万とも50万種とも言われます。
植物画はアートと呼ぶにふさわしい完成度で、研究者で絵描き、という両方の才能を
持ち合わせていました。

本来なら大学でサポートされる研究を全て個人でまかなうのですから
いくらお金があっても足りない生活です。
(富太郎の学歴は小学校中退なので待遇が悪い)
家族も多く、当然のように借金生活ですが、本来楽天家なのか
植物さえあれば幸せな人だったようです。

ただ端から見ればお金もなくて子供も沢山いるのに
植物を採集するために旅に出かけるわ、高い学術書を買い集めるわ、
草木の絵を描いている「道楽者」と思われていたようです。

野口英世も借金の人でしたが
この時代はこういった俗に「困ったチャン」と呼ばれるような人を助ける人も少なからずいて、
人情が日本の学問発展の手助けになっていたんですね・・・

今回は、背景の書き込みも多かったわりに定規を使ってきっちり描かないといけない
機械や建物が出て来ないので、時間のわりには早くできました。
何よりも描いていて親近感を覚えるような絵が多かったんですよ・・・
b0013305_2143276.jpg

何かどっかで見たことがある部屋だ・・・・
そうだ、これって家じゃん!!  
ってことでした・・・・
(家は漫画本関連とビデオとLDとCDと・・・・ですが)(;´Д`)

b0013305_21304523.jpg

この見取り図も見事に人間の居住スペースを食いつぶしています。
子供達は荷物や家具の隙間で寝ていたそうです・・・・

本が多くて棚に収まりきらないと、こういうふうに横積みになるんですよね・・・・
とてもイメージしやすい部屋なので、とっても描きやすかったです!

しかし、富太郎サンの奥方・壽衛(すえ)さんは出来た人です喃。
私だったらブチキレて家を飛び出してしまうこと間違いなし!
しかも旦那さんの研究費用を必ずどこからか工面してきて研究に支障を出さなかったとか・・・
立派な貢献者ですよね。

壽衛さんがいなかったら「日本植物学の父」は存在してなかったでしょう。
by mieru1 | 2007-11-28 21:36 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

あともう少しで休み!

「ちゃぐりん」の締め切りまであと約6時間。
すでにデータ化、完成したのだが、あと2コマ描き足さなくてはならない。
これも完成、はめ込みまで2時間もかからないだろう。

子供に朝5時に起こしてくれ、と頼まれたので(テスト勉強のため)
ちょうど出来る頃に時間かな。

そうしたら!
やっとしばしの休日だ!
でも明日は打ち合わせ、その次の日は中学の講演会にサクラとして参加。
美容院も・・・なんて考えてるとフルでお休みでないのががっくりくる。
そうこうするうち年末ですか・・・
年賀状の心配しなくてはいけないですね。

あと、Macもいい加減OS入れ替えたいし・・・
休日にすることを色々考えているだけで仕事のほうが面倒でなくていいや、と
思ってしまう自分がいる・・・・

さぁ、続きをやるどーーーーー!
by mieru1 | 2007-11-28 03:31 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

飼い犬

犬は飼い主の好みが反映されるそうです。



b0013305_1444065.jpg




短足 筋肉ムキムキ 短毛

ブサイク

ーー−本当にその通りでございます・・・・・。(汗)

でもMではないので噛み付かれるのは好きではありません。(´・ω・`)ショボーン
by mieru1 | 2007-11-23 14:11 | ぶん太 | Trackback | Comments(0)

チケット発券でエラい目に

今日は徹夜開け。
ネーム締め切りが午前10時でギリギリセーフでしたが・・・

何故こんな切羽詰まってしまったのかというと
昨日はとんだチケット騒動がありまして仕事にならんかった・・・

例の電話予約したポリスのチケット発券をしようとお昼前に○ーソンへ行きました。
○ッピーで発券するのは初めてなのでバイトの子に操作してもらったら
「予約番号」を持っていったのに使ってくれないんです。
こっちは何度も確かめたんですが。
つまり店頭で「直接購入」の形です。

腑に落ちなくてネットで調べたら、やっぱり間違ってる。
慌てて店に電話するも
直接購入でも電話予約でも席は変わらないはず、とか
「キャンセルしません」とサインしたから・・・とか
悪いのは私なわけ???
埒があかないのでカスタマーサービスに問い合わせると
何とか交換できるように手配します・・・と。
予約番号の有効期限は午後11時まで。間に合うのか?と終止ハラハラ。
しかし午前11時に電話して事体が収束したのが午後8時半・・・・
仕事にならんじゃないか!
BoケェE!!


ええ、おかげさまで徹夜ですよ。
こっちまでコンビニ営業ですよ。
最後まで店鋪の人間は謝罪無し。
あたしゃクレーマ−なのか???

さて、気になる電話予約と直接購入の座席の違いですが・・・・

ここまでやって5列前でした・・・・。
東京ドームでたったの3メートル近くなったからってどうってことないけど
せっかく13000円出したんだから少しでも前のほうがいいよねっ、ねっ。(;´Д`)
ネーム時間を割いてまでやったことは無駄じゃなかったんだよね〜〜〜〜???

あ〜あ、せっかくの来日コンサートなのに出端からこんな目に遭うなんて。
メンバーの体調が今から心配になっちゃうじゃないか。
当日は気持ちよくいきたいね。  くわばらくわばら。
by mieru1 | 2007-11-22 13:02 | 近況報告 | Trackback | Comments(2)

色紙描きました

年に一度、いつもお仕事をもらっている小冊子のキャラクターの色紙依頼があります。
去年はなかったので、2年ぶり。

普段描かない紙質なので、マジックの線が滲んだり、
カラーインクが滲んだり不馴れでいつも悲惨な仕上がりに。

今回はピグマのブラシペンにミリペンでペン入れ、
水彩絵の具で色塗りにかかろうとしたところ・・・。

無い! 水彩絵の具が無い!
あったのは昔いわさきちひろに影響されて使った透明水彩のパレット。
b0013305_2135471.jpg

うぇ、汚い・・・・
透明水彩はこのまま絵の具を乾燥させて使う、と本に書いてあったけど
さすがにこれは使えない・・・・
b0013305_21364668.jpg

ぎょぎょっ、これは懐かしい。
私が小学校に入学して買ってもらった図工で使うパレット。
今見ても全然古びてないところが凄い。昨日まで使ってたみたい。
珍しいことに中にもう一枚パレットが入っていまして、
この透明の方ばかり使っていました。

このパレット、今見ると表面が木目調だったり、指で押さえる所に筆が4本差し込めたりと結構本格派。
だけど転校した時、クラスメイトが使っていたサクラパレットに比べると
絵の具を入れる溝が浅く、すぐに隣の絵の具と混ざってしまったり
色を混ぜるスペースが小さく、見た目に比べて全然実用的でなかったです・・・
そういうわけで大人になってから「憧れの」サクラパレットを買いました。(笑)
サクラパレットは定番らしく、デザイン変更してませんね。すごい。

さて、絵の具です。
子供が学校で使っていた道具があるはず、と子供部屋から拝借しました。
昔の漫画家はたいていこの不透明水彩絵の具で塗っていました。

久しぶりのアナログでの色塗りが心配でしたが
塗っているうちに懐かしさと楽しさ、嬉しさが込み上げてきて
本当に自分は今仕事をしているのか?という気持ちになってしまいました。

絵の具はカラーインクと違って吸収力が弱いので扱いやすいし
塗りながら「これこれ、この滲み、むらが味わいあっていいんだよね〜〜。」と
楽しくなりました。
絵の具、カラーインク、コピック、Macでと、
時代によって使う道具は変わってきたけど、やっぱり自分は
絵の具で色塗りが一番楽しいです。
b0013305_2152681.jpg

こう、手を汚して絵を描くという行為が大好きです。
絵の具をそろえる、準備や後片付けなど手間もありますが
そういうのも絵を描く儀式のようなものだし
絵描きさんのスモックが絵の具だらけ、という姿とか
いかにも「絵と格闘してました」ってところが
もの作りの手ごたえがあっていいな〜〜、と思うのです。

完成しました。あとはこれにサインを入れるだけ。
b0013305_21522554.jpg

むらになった所もあるけど気にしない!
今までで一番色紙らしい仕上がりになりました。
今まで滲みが気になって色鉛筆とか色々使ってみたけれど、
元々水っぽい画材に適した紙質なんだから
水彩絵の具がいいのかもしれません。

久しぶりに絵の具で色塗りして今まで忘れていた感触や気持ちになれて
今日は本当に幸せでした。
何か毎日好きなことばかりしてるな〜〜〜。

明日からは伝記漫画の資料読みにネーム作業です。
藤沢周平はしばらく封印して(涙)牧野富太郎にダイブします。
by mieru1 | 2007-11-20 22:07 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

ここ一週間

先週は細かい仕事の締め切りが一度に3つも重なったり
「これで一息つける」と思ったら飛び込み4色のコンペ用漫画の依頼があったりと
まぁ、上手い具合に隙間が埋まりました。
商売商売♪

泣きたくなるほどの仕事量でもないので、このくらいの混み具合だと丁度良い。
その間文庫本も三冊読めたし。
やっぱり小説はいいね。
映画みたいに2時間拘束される、ということもないし。
パッチワークみたいなつぎはぎだらけの時間で読めるから。
なかなか充実した一週間でした。

そして今日は電話予約でThe Policeのチケットも予約できたし。
来年のバレンタインデーに、お一人様で東京ドームへ行ってきます。
お一人様サイコ−!
Stingに会えるのも1988年以来かしらん。
あの時は腹ボテで2連チャンお一人様で行きました。
全く同じ内容で少しがっかりしますた。
今回もどうせひどい席しかとれないだろうとS席にしました。
その分、お土産を買おうっと。
でもっ。
今はStingよりも 初場所でドルジ様に会いたいわ。
強くなって帰ってきてね。

しかし、未だに美容院へ行ってません。
いつ行ったのかと確認すると3月7日・・・・・・
どーりで髪の根元がうねってるはずだ。みっともなーーい。
縮毛矯正って4、5時間かかるんですが、なかなか休みと合わなくて。
何とかしないと。

そうこうするうちに
毎月山場のちゃぐりんの伝記漫画の締め切りが迫ってきました。
毎月入稿するたびに「来月こそ早めに取りかからなくちゃ!」と思うのに
いつもギリギリに・・・・
明日締め切りの4色をやったら早急にサイン色紙を仕上げて取りかからないと
また今月も同じことになりそう。
by mieru1 | 2007-11-19 00:16 | 近況報告 | Trackback | Comments(2)

今日本屋で買ったもの

久しぶりに本を買い込みました。
b0013305_136291.jpg

*「サライ」(続・落語入門)
*藤沢周平
「蝉しぐれ」
「暗殺の年輪」
「暁のひかり」(文藝春秋文庫)
「時雨のあと」
「時雨みち」(新潮文庫)
*カブラペン(タチカワ)

ーーーーーカゴの中を見てどこのおじいさんの買い物かと思いましたYO!
毎日相撲中継観てるし。_| ̄|○
すっかり枯れてます。 地味に生きてます。
昔から自覚していましたが、自分の好みが団塊の世代あたりのような気がします。
歳をとったら谷中あたりに住みたいんだな。

「サライ」という雑誌も取り上げるテーマは好きなのですが(趣味がおじいさんなので)
どうも小学館の雑誌は私にはハイソで何か敷き居が高い・・。
落語は好きなんだけど、さほど知らないのでこういった雑誌でお手軽に勉強したいのです。
藤子F不二雄先生はきっと落語が好きだったんだろうな、と
「ドラえもん」などの短篇を読んでいると思います。
おっちょこちょいなキャラクター、意外な展開。
短いお話にキチンと落ちがつくところが落語に通じるし
だからこそ「読んだ!」という満足感が得られます。

藤沢周平は・・・・・
見事にハマッております。 溺れています。
一篇一篇の登場人物の人生に惹かれます。
こんなに面白い小説があるのだろうかと夢中です。
今回は名作と呼ばれているもの、市井ものを中心に買いました。
名作を読んだ後が少し怖いです。(後はたいしたことないのか?と)

今日読んだ「暁のひかり」は
「バッテリー」で有名な、あさのあつこ氏が解説を書かれていますが、
全てにおいて今の自分と同じ心境が書かれていて驚きです。
特に

「藤沢さんの作品が好きだ。
とくに、市井もの、とくに短篇が好きだ。好きでたまらない。
こんなに愛しい物がこの世にあるのか、と思う。心底、思う。
思うというより感じてしまう。
短い作品一つ、一つの中に紛れもなく、人間の生がある。
暮らしがあり、生き方があり、心意気があり、希望と絶望がある。
この凝縮の見事さ、美しさはどうだろう。
愛しいとしか言えないではないか。」      −ーー−という所とか。

ブックオフに行けば沢山あるだろう、と思っていたのですが
地元の店にはまるでありませんでした。 もしかしてマイナーなの?
池波正太郎は沢山ありましたが・・・・

b0013305_1363266.jpg

これはダイソーで買ったカレンダー。
毎年11月になると売り切れる前にあわてて買いに走ります。
前は伊東屋の無地のカレンダーを買っていましたが(なかなかこういったシンプルなものがなかった)
今はダイソーで充分です。安いし。
今年はものすごい種類のカレンダーが出ていました。

ただ毎年買っているこのカレンダーは色数が少なかったです。
そのかわり今年はビニールカバーで梱包されて高級感を出そうとしてますが
そんなものより罫線を無くして欲しい。

ーーー来年もこのカレンダーに締め切りがびっちり埋まるといいなぁ・・・・
by mieru1 | 2007-11-17 02:25 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

Gペン敗北宣言

普段主線を引くのに線の強弱がつけやすいGペンを愛用しているのですが。
このたびカブラペンへ移行しようかと思います。

何故にこのGペンにこだわり続けていたのかというと。

これを使いこなしてこそプロ!
と思い込んでいたわけで。

でも色んなタイプの絵柄に対応できる腕前になりませんでした。
何より丸っこい絵はこの線の強弱で丸がゆがんで見えてしまう欠点をどうしても
上手くカバーできず。 いつも「アレ〜〜〜?」な結果に。

今じゃ漫画を描く道具はマーカーなどの、つけペン以外の物や
コンピューターなど様々なものがあります。
ン十年前は「ベタ」といえば墨汁に面相筆の時代で。
原稿用紙の外枠は目打ちで8ケ所穴を開けて線を引くことをしていました。
(あっ、もちろん今は筆でベタなんか塗ってません。パソコンで処理ですYO!)

もう、変なこだわりに縛られないで、こういった便利な道具を使っていくほうが
ずっといいのではないか、とやっと諦めがつきました。
このままではGペンを極められるのがいつになるかわかったもんじゃありません。
背景だってもうミリペンでいいじゃないか、と。

元々墨と白のコントラストがある漫画の絵が好きだったので
昔の劇画みたいにペン一本で全てを表現できる高い技術力に憧れていました。
でも悲しいかな、そこまでの技術がつきません。
当分つきそうもありません。
てか、そこまで修練積んでませんし。(汗)

こういうこだわりって本人にとっては真剣で大切なものなんだけど
ハタから見てたら「はぁ?何ツマンナイことにこだわってるの?」
くらいのものなんですよね・・・・

「弘法筆を選ばず」っていうのに憧れてたんだけど
そういうこだわりはもう捨てよう。

「Gペン敗北宣言」をします。
by mieru1 | 2007-11-14 00:02 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(5)

時代小説にハマりそう

普段小説は読まず、もっぱらワンテーマである新書関係ばかり買う私です。
(といっても最近仕事以外で本を読む機会も無く)
小説って途中で読むのを止めると続きを忘れちゃったり、好みで無いと読むのを止めてしまうのが何とも気持ち悪くて。

少し時間ができたので、旦那が気晴らしに池袋にでも行ってくれ、というので
それに応えて小説を一冊持って東武東上線に乗ったのですよ。

で、つい先日、朝日新聞の読書特集でとりあげられていた川本三郎氏の記事から
藤沢周平の「橋ものがたり」(新潮社文庫)を持って電車に乗ったわけです。

「時代物」というとまっ先に歴史物、剣豪小説が連想され、
歴史に疎く画数が多い漢字が苦手な私は敬遠していたのですが
古今にこだわらず「庶民」の暮らしが好きな私は「市井もの」という言葉につられ
この小説を選んで買ったのです。
(というか、昔からお城の中の人とか権力争いとかに興味がないんです。庶民なんで。
権力とは違いますが「宮本武蔵」に至っては小説とはいえ、あんなに凄い人材を片端から殺していくのは日本の国力に悪影響を及ぼすのでは?と心配になりました)

「橋ものがたり」の一発目は「約束」。
お互い気になる存在の幼馴染みが5年後あの橋で必ず会おうね、と約束するも、
子供から大人に成長する過程で、お互い純粋ではなくなってしまうのですが
もうこれが・・・・・・読んでいて・・・・・
涙で本が読めない・・・

最初のうちは目が痛いフリをして目頭を抑えたりしていたんですが、
続きが気になるもんでつい読んでしまうと、また涙が盛り上がり困りました。
指でぬぐって解説を読んでほとぼりを覚まします。
う〜〜〜ん、井上ひさしの文も面白い。
で、再開。 
すぐにじわ〜〜〜ん。

仕方なく後ろにまとめてある本の紹介を読む。

「ほほう、『剣客商売』ってこんな漫画チックなキャラ設定なのか。読んでみようかな。」と気分も変わり再読するも、すぐに涙で本が読めない・・・・(つд`)
でも続きが気になる・・・・


結局「ええい、誰も私のことなんて見ていやしないから!」と開き直って
ハンカチ片手で読みましたよ!(たったの38ページ)

この調子で次々と読んでいきました!
短篇集ですので、読みごたえあり、
市井ものなので難しい漢字も出て来ません!!(笑)
結局男の書く「恋愛小説」でしたが、くどくなく、想像の余地を与える書き方なので
何度も読み返していろいろ考えて楽しむ余韻もありました。

一番泣けたのは「約束」でしたが
私の中では「思い違い」がぐんぐん頭の中で妄想が広がり
漫画にしてみたい!とまで思っています。

「思い違い」は指物職人として腕のいい若くてブサイクでもてない彼女いない歴23年の主人公が朝夕、橋ですれ違う美女に片思いする話なのですが・・・・
(以下ネタバレあり)

続きはこちら
by mieru1 | 2007-11-10 00:39 | いろんな感想 | Trackback | Comments(2)

_| ̄|○

ある仕事の印刷物をパラパラと見たんですが・・・

うわっ!!穴があったら入りたい!!

ーーーと思いました。

普段ブログでエラソ−なこと書いてるくせにこれかよ!  ーーーーと。

他の漫画家さんと比べたら
ワタシなどノミじゃ米粒じゃ
と身の程知らずを恥ずかしく思いました・・・・

読めば面白いところもあるんですが
やっぱり手に取るお客さんは「見た目が大事」。
もっともっと見た目・・・というか漫画の画面作りに時間をかけて表現力を高めなければいけないなぁ・・・

腕のいいアシさんを雇うゆとり等家には無いし・・・・
それって他力本願だし自分で解決したいし。

「忙しかったから」とか「一人でやってたから」などという言い訳は
本人にとってはわかりきったことかもしれないけど
読者には関係のない話ですからね。

う〜〜〜ん、う〜〜ん、情けない。


長い間この仕事をやっていますが
自分ながら何でこんなに成長しないんだろう?と考えたことがあります。

育児や家事に追われて絵を練習する時間がないから・・・と思っていました。
その次が本格的な絵を勉強してないからだ。 だからいつまでも輪郭線で描く平面的な絵になってしまうんだ、と思いました。

そのいずれも原因だと思います。

が、一番の原因はいつまでも我流で
同じ絵ばかり描いているから・・・・だと気付きました。
「同じ絵」というのは同じキャラクターだったり
自分が得意なものだったり・・・・
メカとか複雑なデザインのものとか描くの好きじゃないし・・・

量をこなせば洗練されて上手く見えるようになるか
というのも限界があって、やっぱり描く対象の幅を拡げていくことが表現力をつける(応用力)ことになるのではないか?
(そういう意味では毎月やっている「伝記漫画」は古今東西の人物や背景などに挑戦できるので、ありがたいです)

何を見ても「これ絵にしてみたい!」と思えるようにならなきゃダメなんだなぁ・・
と反省しました。
by mieru1 | 2007-11-06 21:13 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(0)