<   2005年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

マザー・テレサ

いよいよ新しい仕事の依頼が始まった。
マザー・テレサの一生について8ページでまとめます。

いかに内容を削るか。
そして、行動を牽引する動機や転機になるポイントなど、いろいろ考えてまとめなくてはいけない。
国語力もいります。

ホント、漫画の仕事ってテストというか、小論文提出みたいだ。
ぼやけた頭をたたいてがんばろう。(明日)
by mieru1 | 2005-01-31 01:38 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(2)

下山報告

無事長男が帰宅しました。
今朝はこちらでは嵐のような大風で、「山は一体どうなっているんだろう。」と、とても心配してしまいました。
天候はいまいちだったようですが、下山は楽だったのこと。
今回はあまりいい景色には恵まれなかったようです。
ただし、先輩からオークションで買ったオーバーミトン(だっけな?)は破れてしまい、テントを作る時、濡れて指先が凍り付いて曲げられなくなり、とても不便だったそうです。

また新たに買い直さなくてはいけないようです・・・

石井スポーツにいくら貢げばいいのやら。

高校の山岳部って珍しいそうですが、顧問の先生が「うちは大学並みのことをやらせている。」と言い切るほど、本格的にやっているそうです。普通、高校の部活では冬山登山などしないそうです。装備品にもお金が大学並みにかかっているのでしょう・・・

そして、問題のテント泊。
私「どう?寒くなかった?」
息子「うん、おかげさまでぬっくぬくで7時間も熟睡できたよ。」

ーーーーよかったね。
ホント、無事に帰ってきてくれて良かったよ。(;´д⊂
by mieru1 | 2005-01-30 20:08 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

長男 冬山登山へ行く

ブログのアクセス数、多い日と少ない日が2、3日おきにある。
こ、これはもしかして、すでに私の更新ペースを読まれている・・・?

今日は長男が寒〜〜い北八ヶ岳・麦草峠へ泊まりに行きました。
映画「八甲田山」、NHKの「山岳警備隊」の特集などで予習していましたので、
たった一日の山行のためにやたら重装備で行きました・・・・
しかも帰りは横川で好物の駅弁「峠の釜飯」を食べてくるというので弁当代(¥900)まで持って行きました・・・・

お前はずっと こずかいなしだ!

確かに命にかかわることなので、安物の装備では何かと不安だから、ちゃんとしたメーカー品を買うわけになるんですが・・・
「備長炭入り肌着」ってなんですか〜〜〜?
利き目、本当に違いがあるんですか〜〜〜?
そんな付加価値がついたおかげで値段もアップなんですけど・・・・
変な商品出さないでください!(それ以前にそういう商品を有り難がって買うな!息子よ)

ほんっとに山登りってお金がかかる趣味で嫌いっ!
これで遭難でもしたら目も当てられない。
なんて親不孝な趣味だ。

きっと今頃氷点下20度、体感温度マイナス30度の雪山で、ぬっくぬくなんだろうね〜〜〜。(;´д⊂
by mieru1 | 2005-01-29 23:03 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

紅茶

みなさん、こんばんは。
今日は何を書こう・・・・

そうだ、私は毎日コーヒー(ブラック)を三杯くらい飲むのですが、この前の歯周病にこりて、紅茶を飲むようにしています。
安いティーバックだけど、もともと紅茶党だったのに、インスタントコーヒーの手軽さからコーヒー党になっていました。

で、何で紅茶に代えたかというと、育児書に「ロシア(イラン?だっけな)では子供に紅茶を飲ませて虫歯予防している」というのがあったのを思い出したのです。
何でも紅茶にはフッ素が含まれている、とか。

コーヒーは後味があまりよろしくないので、それも歯周病の一因では?なんて気になり始めて。
で、コーヒーの代わりに紅茶を飲んでいるのですが、
紅茶って・・・・・

やけにトイレが近くなるんですけど・・・

気のせいか、一杯で2回くらい行きたくなります。
コーヒーなら1回ですか。
紅茶の方が利尿作用が強いのでしょうか?

まぁ健康のためにも、老廃物を出すためにもトイレはよく行った方がいいし、とにかく今は歯周病と闘うことが目的なので、歯への効果の方が気になります。
が、頻繁にトイレっていうのも、うっとおしいですね。
by mieru1 | 2005-01-27 22:31 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

またまた同じ誕生日

また同じ誕生日の人を見つけました〜〜〜。
その人は

ホアン・ジュカオン・カルネイロ 
生年月日:1978年6月2日 25歳
所属:ブラジリアン・トップチーム

またも格闘技・・・・柔術、ブラジル・・・・

こ、これは私に「柔術をしなさい」
という神の啓示なのでしょうか??(大袈裟)
太極拳ではなくBTTサークルに加入しろと・・・・

っていうか、私がたまたま格闘技のサイトに行くと出会うって・・・
すごい確率だ。
これじゃまるで私がそんなサイト巡りばっかりしてるみたいだね・・・
やっぱり織田信長の命日(本能寺の変)のことだけはある?
by mieru1 | 2005-01-25 23:44 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

マンガの規制

昨今の事件の関係やらで漫画の表現の規制が取りざたされていますが、そんなことより、「陳列」の方をどうにかしてよ、と思います。

というのも、今日スーパーの雑誌コーナーで立ち読みしていたら、流行りの分厚い漫画雑誌(コロコロみたいなタイプ)で、少女漫画のかわいい感じの表紙絵の雑誌が平積みされていました。
「今の少女漫画誌って、きわどいって言うからな〜〜。どんなもんじゃろか。」と見るとびっくり!

いつから少女漫画雑誌ってエロ漫画雑誌になってたんだ!

ーーー正確に言うと、少女向け雑誌ではなく、高校生以上?社会人向け?なのかな。
でも表紙も中も「@ーガレット」とか読む子が手に取りそうな絵。
で、雑誌のテーマもそれ一本に絞られているみたい。

そりゃぁ、中身のHシーンはケン月影先生(笑)にはほど遠いですが、かなりのもののようでした。(すいません、恥ずかしくて2分ほどしか見ていません。)
まぁ、女性のエロ漫画誌があってもいいと思うのですが、
問題なのはこの雑誌、「ジャンプ」とか子供雑誌と並んで置いてあるんです。
しかも幼児が読むような高さに。

もちろんお店の人は何も知らずに置いてあるんでしょうが、表現の規制に反対云々の前にやらなくてはいけないことがあるんじゃないの?と思いました。
前にも「子供を虐待する母」みたいな漫画雑誌があって、怖〜〜〜い漫画が載ってるのかと思って小学校3年生くらいの子供が読んでいるのを見たことがありました。
あと、学童保育のバザーでも、古本漫画コーナーで、小学生が青年漫画のコミックスを読んでたことがありますし・・・

私はこういった漫画が悪い、といっているのではありません。
ただ、「大人が読むものは子供の手に渡してはいけない」と思っています。
タバコを子供に与える大人はいませんよね?そういうことです。

今の陳列の仕方では、いつ子供がそういった刺激の強い漫画を「知らずに」読んでもおかしくない状況です。(故意に、ではなく)

やっぱりそういった漫画には、子供が手に取ってはいけないような雰囲気をかもし出している表紙にしないといけないんではないかと。
(よくわからないけど)「エロトピア」風の絵とか・・・なんかあるでしょ?一目見てわかるやつ。それでなかったらビニ本にするんですよ。
「子供が見てもいいのよ〜〜♡」という表紙で釣っておいて、中身は大人向け、というのはフェアじゃないね。

「こういう表紙だから中学生の私でも買えるんだし放っておいてよ!」と言う子もいるかと思うんだけど、まだキミには早すぎるし、間違ったイメージが植え付けられるよ?こういう漫画は事実を描いているわけではなく、読者が興奮するようにより刺激的に描いているし。そんなにあせって読まなくてもすぐに年とっていくらでも読めるんだからさ。と言いたい。

で、こんな野放し状態で漫画表現のことをあれこれ言ってもダメなんじゃないのかな?
東京ではこういう雑誌に帯を巻くなどして対処しているそうですが、早く全国的にそうなってほしいです。
by mieru1 | 2005-01-25 22:29 | いろんな感想 | Trackback | Comments(0)

早く帰って来て!!

本屋で買い物をして、さて帰ろう、としたら来た時にはなかった中古ビデオのワゴンが出ている。
だいたいこの手の物ってホントどうでもいいものしかないんですよね・・・・

で、ちょっと見るだけ・・・と覗いたら

「真少林寺」525円!!

こ、これはもしかしてリー・リンチェイがデビューする前後の貴重な少林寺での修行などを紹介したビデオではっ!!
隣には超つまらんビデオという噂の「少林キッズ」もある。(ちなみに私の好きな熊ちゃんが出ている)
たぶん少林サッカーブームに便乗して出たビデオたちなんだろう。
買って帰るか・・・。しかし、香港映画コレクターの旦那のことだから、持っているかもしれない・・・・ダブって買うことは許されない。
でも持っているような話は聞いたことはない。
多分、放映もされていないだろうから、録画もしてないはず。

今日は旦那さん、飲み会で出かけているので家にはいないから電話で連絡もとれない。
急いで家に帰って棚を調べたが、やはりなさそう。
どうしよう、本屋へ取り置きの電話をするべきか・・・・
でも店員さんに「『真少林寺』のビデオ、とっておいてください!」というのも恥ずかしい。

あぁ、こんな時に限って外出だもんな〜〜〜。
早くっ!早く帰ってこ〜〜〜〜〜〜いい!!
by mieru1 | 2005-01-23 18:50 | 雑記 | Trackback | Comments(4)

歯医者

今日は寒いですね〜〜〜。
明日は小6のクラスで本読み。
ワンパターンになるけど卒業間近だから斉藤孝の「ガツンと一発シリーズ」でも読むかなぁ・・・

金曜日の歯医者さんですが、差し歯が悪くなったのではなく、なんと・・・
「歯槽膿漏=歯周病」で骨が溶けてるって・・・・・ヒイ〜〜〜〜〜〜ッッ!!
なんか治療法とか聞いてると希望の光すら見えてこなかったけど、家に帰ってネットで検索したら、自分できちんと歯のメンテナンスをすれば、歯の骨が復活することもあるらしい。

私は小さい頃から虫歯が多くて苦労しているので、子供は絶対虫歯にするもんか、と大変手をかけ、お菓子に関してもうるさく言ってきました。
そのかいあって二人とも虫歯治療ゼロなのですが、言ってる本人がこの有り様。
ちゃんと歯磨きして間食もしないほうなのに。

でも歯周病って、歯磨きだけでは、いけないらしいんです。
歯と歯茎の間まで洗わないとそこにバイ菌が繁殖してかかるそうです。
もちろん普通のブラッシングじゃ届きませんよね。

ネットでいい機械を見つけたのですが、お金ないのでとりあえず、デンタルリンスとシステマ歯ブラシを購入しました。
デンタルリンスって、刺激が強いので身体への影響が心配ですが、とにかくこれで虫歯菌を退治してやる!!死ねっ!虫歯菌!

これからは歯周病とも闘っていかなくてはならない・・・
年々闘うものが増えつつあります・・・
by mieru1 | 2005-01-23 12:53 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

同じ誕生日

先日の陸上の末次選手に続いてまたもや見つけました。
その人は


アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラだぁぁぁぁぁーーーーーーーっっ!!(;´д⊂

いえ、ノゲイラが嫌いなのではありません。
粘り強い責め、好きですよ。
なんでこう、ごつい系ばかり・・・・・・・。実は嬉しかったりするのですが。

しかし、同じ誕生日の人でもう少し可憐な方はいないのでしょうか?
あっ、カレン・モク。あんまり可憐に見えませんが女優さんだしカレンだしいいか・・・


明日は歯医者さんに行ってきます。
差し歯の根元が痛いんです。ヤバいです。
またお金かかるのかなぁ・・・困ったなぁ・・・
鮫みたいに次々生え変わる歯だったらいいのにな。
by mieru1 | 2005-01-21 00:06 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

「愛と誠」

劇画がらみで、「愛と誠」。
いつか書こうと思っていました。

当時小学生でリアルタイムで読んでいた・・・。(汗)

友達の家に行ってマガジンをまとめ読み。(「釣りキチ三平」も)
不良軍団の描写がリアルで、幼い私にはとって〜〜も怖かったです。
悪の世界を描いているのに子供でも読めてしまったのは、キャラクターの魅力に、ながやす先生の悪人を描いてもどことなく親しみやすいキャラの顔と、とにかく絵の魅力かな。
劇画家仲間にも「あいつは天才だ!」と言われていたそうです。

自ら不幸のドツボへ入ってしまうおせっかいな愛お嬢様には子供ながら「どうしてそっちへ行っちゃうのかな〜〜?」とイライラ。不良の世界にドキドキ、怖いもの見たさも手伝って、とにかく先の展開が気になりました。

私が中学に入った頃は正に「校内暴力」が吹き荒れていた時で「愛と誠」の世界を追体験しているような感じでした。
この作品は不良漫画として当然PTAなどに目をつけられていたと思うのですが、これを読んで不良に憧れた子供っているのかな?

私は父が過干渉で、よく姉に「不良になってやる!」と言っていましたが「愛と誠」を読んでいたおかげで、「やっぱりあんなおっかない不良の世界はイヤだ。」と、3年間真面目に革のカバンに教科書、ノート、辞書を入れて通学していましたよ。フン。
手のひらにはカバンダコが出来てたわい。
スカートは膝下を常にキープ!当時はロングが不良のシンボルだった。そしてカバンは厚さ3センチにつぶす。そんなもったいないこと出来ません。(^^;)

そういうわけで、この漫画は「有害図書」ではなく、子供を不良の道へ進ませない抑止力のあった「優良図書」だったと自分は思っているのです。
by mieru1 | 2005-01-20 00:46 | 梶原一騎 | Trackback | Comments(0)