大相撲秋場所 二日目

う〜〜〜ん、今日の朝青龍の角は5本くらいかな?
(「昔の朝青龍には頭に角が十本生えていた。最近は人間が丸くなって三本くらいになっちゃったね。それがなくなったらもう引退だね。」とは床山の床寿さん談。)
昨日と比べてあまり緊張感のない表情だったから少し心配になってしまいましたが。
あわてず、落ち着いてじっくり琴奨菊を料理しました。

解説の舞の海さんは白鵬と比べて余裕がありませんね、としきりに言っていましたが、
そんな5つ年下の生きのいいのと比べられても・・・・
いつまでも20代前半と同じ相撲を取り続けられるほうが難しいと思うのですが。
余裕があろうとなかろうと勝つのが重要。
ちゃんと武蔵川理事長の指示通り手をついているし、いいんじゃないでしょうか。

昨日は勝つべき人が勝って、今場所はいろんな人が主役になりそう、なんて期待していたのに今日はボロボロと負けてしまってあ〜〜あ、いつものパターンか?
安馬も豊ノ島も琴欧洲も負けてしまった。
まぁ、まだ始まったばかりだけど。

それにしてもオリンピックおじさん、相撲観戦は引退しないんですね。
向正面で取り組み前にお隣の人とくっちゃべってる姿がとても目障りなんですが。
おしゃべりしたいならテレビの映らない所でゆっくりしていただきたい。
もしくはその席をワタシに譲れ。いや、譲ってくださいッ!!!
by mieru1 | 2008-09-15 23:05 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/9504756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「バクマン」を読んで漫画家にな... 大相撲 秋場所初日 >>