仕事 キャラクターだらけ

今日はレギュラーの仕事の下書き。
ページにしてたった5ページなのに、キャラクターをなんと97人描きました。
イラストも含めるとさらに5人上乗せ。
ちっとも終わりません。(;´Д`)
1ページあたり18人。
野球漫画でも描いているのだろうか?
否、学習誌の登場人物が出てくる漫画なのです。
今月は3月号(今は11月。すごいタイムラグですね。)を描いてます。

毎年この時期になると今年度の先生のお別れ会と、来年度の先生の紹介が合わさって、登場人物がいっきに増えるのです。

@ャレンジでもそうですが、各教科の先生、生徒、そしてマスコットキャラ。
なんでこんなにキャラクターばかりなのでしょうか?
それでもって、キャラクターが特に個性的ではないので、なんだかぼやけた印象なんですよね。(学習関係の都合で個性的だと困るのかもしれません)
「シンプル イズ ベスト」が好きな私はもっと人物を減らせば、少ないページでもキャラクターを印象的に描けるのに・・・と歯がゆく思うのです。

ーーーしかし、先月からやっている、「締め切り絶対間に合わない」仕事、まだやっています・・・
持久走でいうなら周回遅れもいいところ。
でも、次々と仕事が重なり、どうにもなりません。
本当にどうして暇な時に仕事って来ないで、忙しい時に重なるんでしょう。(;´Д`)ツライヨー

おかげで口内炎が出来て痛いです。
生活リズムが乱れると必ずできる口内炎。

週刊連載している漫画家って、本当に地獄でしょうね。
休載すればたたかれ、展開が遅れればたたかれ、きつすぎるぞ!
というか、週刊ペースっていうのがまず狂っている。
金属疲労おこして当たり前ではないかと。

でもな〜〜。
そんな週刊ペースでも、「愛と誠」のながやす巧先生はアシスタントを使わず書き上げていたというから神業だ・・・
しかもあんな劇画タッチで描く線の数も半端じゃないというのに・・・
多分、一騎先生だって、キチンと一週間前に原作くれたとは思えないし・・・
いくら原作付きだからといっても信じられない。
「愛と誠」は文庫化された時も大幅に書き直したらしいし、先生の絵に対する情熱、執念には凄いものを感じます。

ながやす先生!!私がんばります!!
うぅっ、私にながやす先生の早さが取り付かないものか・・・。
そういえば、先生の「潮騒伝説」の続きが読みたいでごわす。
by mieru1 | 2004-11-11 02:38 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/934242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 朝の連続テレビ小説 アニメ・ブラックジャック >>