柔道と品格

今日はずっと応援し続けてる女子柔道70キロ級の上野雅恵選手の登場だ。
今まで何度も引退を考えたけど、もう一度燃え尽きたいということでこれが最後の大舞台になるだろう。
悔いを残さず全力を出し切って欲しい。

オリンピックは沢山の選手の濃縮された人間ドラマを見れるまたとない機会です。
やはり期待の競技に注目はいきますが、柔道はルール改正が頻繁すぎませんかね?
しかも道着を持つ時間がうんたらかんたらと細かすぎる!
新しいポイント制は一本を取る面白みにかけ、ポイント先行したほうは、まるでボクシングでクリンチをしているかのように逃げ回り、見苦しさを感じます。
(谷選手は本当に気の毒だった)

昨日の谷本選手はオール一本勝ちでこれぞ日本柔道!と胸のすく思いだったけど
一つ胸にひっかかるものが・・・

「礼に始まり礼に終わる」武道、柔道なのに優勝したとたんにウサギのようにぴょんぴょん飛び跳ねて喜びを表す姿に(あんなに喜んでいてこっちも嬉しくなってしまったが)
普段朝青龍に品格品格ひん品ヒン〜〜〜!とヒステリックに騒ぐ人たちはどこに行ったの〜〜?ととても憤りを感じます。(特にマスコミ)
朝青龍は土俵上でたった1秒間くらいガッツポーズをするだけであんなに叩かれるのに。
今こそ横審クレーマーの牧子さん、柔道界にも何かコメントしてください!とムカムカ。
勝てば何でも許されると思っているのか、という輩はどこへ?
あなたたちこそちっともフェアじゃないよ。

こういうところを見てもいかに朝青龍への小姑のようなバッシングが不当だかわかります。

まっ、今はともかく上野選手、泉選手に日本の柔道を世界に見せつけてほしいです。
上野選手の試合中の相手を見据える眼差しが大好き!
朝青龍、北島、野村、中村、谷、上野と、目力の強い「勝負師」の顔をした選手が
やっぱりワタシの好みだわ〜〜〜〜。
闘志あふれるその姿に痺れますわ。

<追記>
上野選手、見事に金メダルを取りました!
本当におめでとう!静かに喜びを表現するところに道場育ちを感じました。

by mieru1 | 2008-08-13 15:46 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/9284958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 癒されない いくつになっても子供は可愛いもの >>