戦争と大相撲の人たち

ロシアとグルジアが開戦したとのことですが
関取でグルジアといえば黒海、栃ノ心、ロシアといえば若ノ鵬に露鵬、白露山兄弟がいますが
黒海は以前、戦争がひどくなると徴兵の可能性があると言っていたそうです・・・・
(今知ったがグルジア大統領は国家総動員を呼びかけているらしい・・・)
規模でいえばどう考えてもロシアが圧倒的に有利でしょう。
そして祖国にいる家族のことを思うととても相撲巡業どころではないでしょう。

モンゴルも社会主義から民主主義へ移行するときかなりの混乱があったと聞きますが
戦争から遠ざかった日本にいて、大相撲でお馴染みの人たちが戦争に巻き込まれて行くのか、と思うと日々の平和のありがたさを思わずにいれません。
そしてそんな(特にファンではないけど)お馴染みの人たちが戦争にかり出されるかもしれない、と思うと悲しくて、でも自分にはどうすることもできなくてただ傍観しているよりほかないのか、と情けなく思います。。

一日でも早く収束に向かいますように・・・・・
by mieru1 | 2008-08-09 08:00 | にわか相撲ブログ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/9255789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by haha at 2008-08-09 16:45 x
真っ先に黒海や露鵬たちのことが頭に浮かびました。
同年代で今は同じ日本にいて、でも今置かれてる立場、環境の違いに……
早く収束するように願うばかりです。
Commented by mieru1 at 2008-08-10 20:44
>hahaさん
黒海、大変そうですね。
日本に来た時も部屋を暗くして眠れなかったとか。(内戦がひどく、夜暗くすると不安でしょうがなかったそうです)
来場所の土俵に黒海が戦争で上がれない、なんてことになったら悲しい。

戦争なんて他の国の話、と思っていたけど(平和ぼけ)こうやって知っている人が徴兵される可能性を知って初めてその恐ろしさを感じました。
<< 元気になってきたか?朝青龍 スーパー銭湯へ行く >>