パワートーンのソフトを入れる

今日はデータ作業で使うスクリーントーンのソフトを入れました。

OS9時代に使っていたものより当然バージョンアップしていて
さらに追加で里中満智子トーンを2本入れる。
パワートーン2では使えるものがほとんどアミと、集中線(いつも使うのは2つくらい)くらいしかなかったのでトーンの種類が増えたのが嬉しい。

今回OSをXにしたことで一番嬉しいのが、ネットをやっていてもフリーズしなくなったり、見れないサイトが見れるようになったりというのと
このパワートーンの種類が倍増したのと、漢字変換にさほどストレスを感じなくなった、
この3点につきます。(例:「琴光喜」が一発変換。「ういんどうず」が「Windows」で変換)

息子はお古のMacとノート型でVistaを使っていますが、Vistaがとっても使いづらく、Macがそのうちシェアを広げるんじゃないか、と希望的観測を言っていましたがソフトがほとんどWindows用なので、そんな簡単なもんじゃないのでは?と機械音痴のワタシが言ってみました・・・・

それにしてもOSは新しくなるほど操作も簡単に、便利になると思ったのですが
Windowsはそんなことないそうであんなに世界中で使われているのに使いづらくなるなんて不思議です。
起動時間も異常に長いらしいし、よくわかんないけどMacを使っていてストレスを感じないのでワタシはこれで良かったな〜〜、と思います。
ただマイノリティには変わらないので使えるソフトが限られていたりというのがネックかな・・・

次回の漫画制作がどのように快適になるのか今から楽しみです。
by mieru1 | 2008-06-07 19:38 | 近況報告 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/8739229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 漫画家の原稿料 落書き >>