優勝のゆくえ・・・・

昨日は安美錦がやってくれました!(琴欧洲×安美錦)
ワタシは基本的に体格がものをいう力士よりも業師のほうが好きです。
そういった意味で今日も安馬がやってくれるんじゃないかと期待してます。

そして白鵬、朝青龍・・・・
実は昨日はテレビ観ていませんでした。(笑)
貴重な夕方、買い物に出ていたのだ。
琴欧州戦はカーラジオで聞いていたけど残り2番は帰宅してから結果を聞きました。
NHKのニュースで確認しよう、と思ったら優勝戦線から脱落(;´Д`)した朝青龍は取り上げられませんでしたよ。(涙)
よってまだ朝青龍戦は未見です。

それにしても白鵬まで一緒にこけてしまうとは・・・・
さかんに「横綱とは〜」と言っていたのはどうした?今こそ白鵬の考える横綱を見せろ!有言実行!
彼の気持ちのしぼみ方を見ていたら彼の眼中には朝青龍しかいないんじゃないか、と思えてきました。(そう思うとカワイイ)
独り横綱の場所でも負けが込んでぐたぐたになってたし、強力な敵対心を燃やせる朝青龍がパッとしないと緊張が途切れてしまうんじゃないか・・・?

そう思うと朝青龍も、横綱が2人になったから、以前ほどプレッシャーが多くなくなったのかもしれない。
独りでいたから、どんなに調子が悪くても休場すら出来なかったと思うと、心身共に疲弊していたんでしょうね・・・・
私は2場所出場停止は逆にいい休養になったと思っていたんだけど、どうだったんでしょうか?
あと不調の一つに家庭問題がありそう。
松井が結婚して好調なのを見ると、つくづくそう思う。
子供達と離ればなれの生活っていうのも朝青龍みたいなタイプにはきつそうだ。
一昨年の九州場所で「一匹狼みたいな気分になった。」と言った時は
プライベート面のこともそうなんじゃないか、と感じてしまった。

それにしても琴欧洲。
初優勝の可能性で注目を浴びていますが、今場所2回も変化して勝ってニコニコしている人に優勝、綱取りなんてしてほしくないな〜〜〜。
私は大相撲はスポーツとは違うと思っているので。(このへんは国際化ということで矛盾を孕んでいますが)
「道」とつくものには精神論が絡んで求道的になるのですが、スポーツはあくまでも「ゲーム」寄り。
大きな人が変化や飛んだりっていうのは日本的な感覚からいうと姑息、卑怯な感じがしてしまうんですが、外国力士にとっては「技の一つ」としか捉えていない、というか捉えられないと思います。(若ノ鵬がその例)

そういった暗黙の了解は日本でしか通用しないものでしょうから・・・




そういう「暗黙の了解」もマニュアル化してあれば理解するかもしれないけど、グローバルな視点から見たら全然フェアじゃない。逆に非難を浴びるでしょう。
でも相撲は「無差別級で戦う格闘技」。
大関雷電もその体格から禁じ手があったというし、そうやって大きい力士と小さい力士にハンデをつけてきたんだと思う。
そうしないと大きい人が勝つのが当たり前だから・・・・(興業が成り立たない)

国際化といえば柔道がありますが、あれも柔道は組んで戦うという暗黙の了解があるけれど、外国勢はそんなことよりも、ルールに乗っ取って体を崩す「朽ち木倒し」でポイントを稼ぐ、という戦法を好んで使いました。
そういう戦い方が念頭になかった日本人は苦しめられ、結果負けました。
あれは柔道と言うよりレスリングを見ているようで、自分としては非常に不愉快に思ったんですが、ルールに反しているわけでなし、結局そういう日本的な戦い方は世界では通用しないんだよ、という見本でしょう。

こういう日本的な武道の「暗黙の了解」が、国際化によって矛盾を孕み問題になっていくんだと思います。
だから外国人の横綱が「武道精神に反する」ことをすると叩きまくるんだと思いますが、それは結局日本的な考えを押し付けているんですよね・・・日本人じゃないのに。

今回、琴欧洲の変化や勝利後のニコニコ顔を見ていると、結局この人も相撲をスポーツとしてしか捉えていないんじゃないかと感じてしまう。
優勝したらそれこそまたウインクしそうだ。

そんなことを感じてしまう自分も非常に矛盾していて
「じゃぁ外国人力士はどうすればいいんだよ?」と言われても答えに詰まるんですが・・・
やっぱり禁じ手を設けるしかないのかな・・・・(大きい人は変化しない)

力士のなり手がいないから外国から人を引っ張っておいて、日本人の考えを押し付けるところに無理とごう慢さがあるんですよね。髷までさせて。(彼等にとってはコスプレみたいなものかも)
国際化してスポーツとして割り切るんなら、髷もいらないし、大きい人が変化してもまだ反感がないかもしれない。
土俵を作るのだって昆布やら神事にまつわる品々を埋めなくていいし、女が土俵に上がっても全然問題ないし。行事もレフェリーと同じ服装でもかまわない。
でもそんな大相撲を日本人は望んでいないわけで・・・・
ホント我侭だよね〜〜〜。
外国からやって来た力士には申し訳なくなってくる。

せめて琴欧洲が精神的にもっと鍛えられて、どんな局面でも逃げなくなれば応援したくもなるのですが・・・
やっぱり大きい人の変化して勝つ戦法は「みっともない」よ。
(この言葉も外国にはなさそうですが・・・どうなんだろ?
日本は「恥」の文化だからな〜〜〜)
by mieru1 | 2008-05-24 12:19 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/8650239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 琴欧洲初優勝 朝青龍、しっかりしろ! >>