時間の合理化は疲れる

何でこんなに疲れているのだろうワタシ・・・
次男坊の入学式は珍しいことに午後から。
その後、出かけたついでにauショップに行ったり買い物したりと
たいした用をこなしたわけではないというのに。
(auの「家族割り」に入っている人は「誰でも割り」にも入ると月々の使用料金が
ものすごく安くなるんですよ。家族間の通話料金もタダですからね〜〜〜。行かなきゃ損ですよ〜〜〜。 ←つくづくタダに弱い人間)

今朝寝坊してしまって古紙を捨てる時間に間に合わなかったのも疲れた原因の一つ。
どしゃぶりの雨の中、クソ重い教科書類を入れた段ボール箱を車に積んで持って行ったら、ものの見事に回収した後で、またその重い荷物(今日のためにここ2日、ボロやら古本の整理をしていたので全部で10箱くらいある)をエイコラとズブ濡れになりながら物置きに運んだのでした。
普段座って労働している身には辛い・・・・

こういった「今日終わらせておくこと」が一つ持ち越された、というのも疲労感につながるのだ。 
ああ気持ちが悪い。

田舎に越してきたせいで、外出する時までにいろいろな用事をためておいて一度に終わらせるようにしてるんだけど(時間の合理化)、これやるといっぺんに頭も身体も疲れてしまう・・・
合理化のために一件につきかかる時間の計算、手順よく行く段取り、道順を考える。
そして一日の見通しをたててこのぐらいの疲労度だろう、とそこまで想像する。
(この時点で一日が終わったシュミレーションをして疲れた気になっている。
まるでアホ。)

元々一日のうちに何件か用事が重なるだけで精神的に苦しくなってしまうほう。
こんなことで気疲れしちゃうのはバカみたいだけどね。
(だから仕事で忙しい時にやれ学校行事だなんだと重なるのがイラつくほどダメなのだ)
「あれもこれも今日中に終わらせなくちゃ!」というのがものすごくプレッシャーになるんです。
秒刻みにスケジュールをこなしている人って凄いなぁと思います。
その分、上手くことが進まずに時間を無駄にしたと感じるとドッと疲れを感じます。
今日も用事を済ますことに捕われて入学式の写真を撮らなかったことに気付いて凹んでます。

なんか用時が終わってもカタルシスを感じないのも元気が出ない原因なんだよなーーー。
それはつまりカタルシスを感じないほどたいした用件じゃないってことなんですが。

はぁーーー、時間を気にせずに暮らしてみたいもんだ。
by mieru1 | 2008-04-08 22:01 | 近況報告 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/8342401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マウスくんストライキする 大相撲5月場所行って来ます!(... >>