GYAO NEXT無料キャンペーンその後

約束の一ヶ月も仕事が忙しくて電源を入れる機会すらほとんどなかった。
やっと時間ができてここ一週間で観たのは
「サバイビング ピカソ」「セブン イヤーズ イン チベット」の2本だけ。

無料期間を過ぎるとあらかじめ申告してあるクレジット番号から
3900円引き落とされてしまうので、キャンセルの電話を入れました。

するとお約束の解約理由を聞かれました。
「15000タイトルが自由に見れると謳っていましたが
見たいソフトがほとんどなかったので。」と答えると受け付け嬢が
「皆さんの解約理由がほとんどそれなんです。」と笑いながら答えるのだ。(ダメじゃん)
思わずワタシまで笑っちゃったよ。

ただ、GYAOではこのサービスに力を入れているようで
ソフトの入れ替えや、利用料金の値下げを検討しているとのこと。
私もこのサービスには期待しているので(好きな時間にいつでも観られる、つまみ食い的に映画を選べるところ等)つい「映画ソフトについてのリクエストもいいですか?」と言ってしまった。

私の希望はズバリ「名作映画をもっと入れてください。」
予想に反して「新作映画をもっと入れることが念頭にあったので意外でした。」と
言われてしまった・・・・・

まぁ確かにレンタルで人気があるのはそういった新しい話題作なんでしょう。
古い映画なんてわざわざ借りてまで観たいと思わないのかもしれないけど
意外と名作ものってタイトルは知っていても観ていない人も多いと思うし
「名作」と言われるのもは長い月日が経っても面白いから「名作」になるわけで
超合理主義な自分としては観たら「確実に面白かった」と思える映画が観たいんですよ。

でもそういうリクエストがないっていうのも自分の好みが少数派なのかなぁ...と不安になってしまう。

でもね、超合理主義と思っていた自分よりもず〜〜〜〜っと上手がいましたよ。
それはイチロー選手でした。

NHKの「プロフェッショナル」でチラ見していたんだけど
彼は自分が観て面白かったドラマなんかを繰り返して観るそうです。
確実に面白いとわかっているからだそうだ。
あまりリアルタイムな物にこだわっていそうになかった。

テレビを観ていて彼ほど無駄を省く生活をしている人はいないんじゃないか?
というか、もうちょっと無駄を楽しんでもいいのでは?とこのワタシがいらぬ心配をしてしまった。
イチローの合理主義が生活面でも徹底されているのが興味深かったです。

ーーー話がそれました。
で、GYAOネクストではとにかくソフトの充実と
さらに無料キャンペーン期間を2ヶ月延長することになったので
6月いっぱいまで借りてみてくださいとのことでした。

せっかく梱包してあとは集荷を待つだけだったのに・・・・
でもせっかく借りたのにほとんど利用していないので
タダに釣られてまた延長することにしました。

観たい映画がこれから出てくるか。
それが問題。
by mieru1 | 2008-04-06 00:52 | いろんな感想 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/8319651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大相撲5月場所行って来ます!(... 漫画家の子供時代と作品世界は繋... >>