おかえり!朝青龍

やった〜〜〜〜ぁ!
ドルジが帰ってきた! ウワァァァンヽ(`Д´)

前日から「がんばれ元気」の最終回の喜三郎じいちゃんのような心境に陥っていたワタシ。

しっかりした眼差しで、精神面の心配はもう大丈夫、と確信しました。
ただ顎の辺りの肉がゆるんでいるような感じで本当に体作りは万全なのかと心配に
なりましたが、巡業での体を見てこれまた一安心。
このへんは本当にプロとして、横綱として仕上げてきたことが伺えました。

謝罪会見もファンへのメッセージで
「みなさん、これからも・・・」と
いつもなら「応援よろしくお願いします。」と言うところ、
ぐっと飲み込んで別の言葉に変えたのが印象的でした。(´;ω;`)ウッ…

そして会見の翌日で巡業の前日、千葉にある先代の佐渡ケ嶽親方の所に焼香に行ったりと
これまたハードスケジュールでしたが、間髪入れずにお参りしたことに安心しました。

実は「朝青龍再来日」で裸踊り開催したかったところでしたが
のっぴきならない事情が発生しましてそれどころではなかったのでした。

落ち込みながら、巡業のニュースをハシゴして
朝青龍の元気でやる気に満ちた姿を見て、いつの間にかにっこりと
口角が上がっているのでした。

心配されたバッシングも治まったようで
高砂部屋掲示板も荒れておらず、応援メッセージだらけで安心しました。
マスコミのバッシングの鉾先はこれから理事長と協会に向くのでしょうかね?

ワタシのヒーロー、現人鬼・・・というか仁王様の朝青龍が復活して
嗚呼目出たいなぁ。(つд`)

初場所は優勝目指してガンバレ!!
by mieru1 | 2007-12-05 01:02 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/7787200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yosikjb at 2007-12-05 02:17
やっと出ましたね、朝青龍の記事が
私も記者会見の記事を書きました。先生の相撲ブログ楽しみにしています。
Commented by yosikjb at 2007-12-05 02:21
すいません yosikjb となっていますがyosiです。
Commented by mieru1 at 2007-12-05 13:11
>yosiさん
こんにちは。早速yosiさんのブログでコメント書いてきました。

今回の騒動で新朝青龍に変身してくれるといいんですが。
横綱だからといって、親方や先輩のいうことを聞かずにいると、結局世間から叩かれるということが骨身に染みたののではないかと思います。
今の傍若無人な若い人にもいえると思いますが、黙視されていても、結局時が経てば自分に全て返ってくるんですよね。そういう行いって。
で、朝青龍の場合も角界内では何とか許されていても、世間はそうではなかったと・・・

でも日本のような曖昧な人付き合い、心配りを来日して丁度10年の外国人に理解できるのかというと・・・・
しかも特殊な世界で10年ですからね。
世間とズレるのは仕方ないことだと思います。
今回のことで心も大きな大横綱に成長してほしいです。

あと、相撲を離れていたことで、また稽古の鬼になってほしいなぁ。
Commented by 町屋イレブン at 2008-01-08 23:25 x
更新楽しみにしてます。
やっぱり最強の朝青龍がいない場所で一番を争っても盛り上がらないですよね。先場所までは巨人のいないセリーグでした。(注:巨人ファンではないです。)

ところで、最新号の雑誌・大相撲は読まれましたか?
とくに「中澤潔「嫌な夢を見た」では、
嫌な夢=朝青龍・初場所優勝=大相撲の危機
という内容だったと思います。
(買うのが勿体無くて図書館で読んでおりうろ覚えですみません。)
今回雑誌・大相撲にはがっかりしました。(また魁皇に甘いことも目に余ります。)

朝青龍嫌いの相撲関係者、ネタに困ったマスコミ、それに煽られる相撲
に興味のない人たち、少し落ち着いて欲しいです。
Commented by mieru1 at 2008-01-09 14:29
>>町屋イレブンさん
コメントありがとうございます。
昨日の総見での仕上がり具合もよろしいようで、ブランクが心配だったファンも一安心したのではないでしょうか?
表立って初場所優勝を宣言していませんが、内心狙っているのが伺えますね。
今は無事に15日間取組が終わればいいという気持ちです。
逆に白鵬のほうが、横綱になったことで胡座をかいているような気がします。

雑誌のほうは私も図書館で済ます人です。(笑)
どんな媒体でも書き手の主観が入りますので、そういう文章になるのは仕方ないですね。
せめてファンはそういったものに踊らされずに応援していきましょうよ。
私は朝青龍の優勝=大相撲の危機とは思いませんけどね。
むしろ強い横綱がいて安定するんじゃないでしょうか?

今、元大鳴門親方の「八百長」という本を読んでいますが、北の富士さんのケダモノッぷりが凄いですよ(笑)。
「横綱の品格」って一体何なの?って彼の元追っかけだったという内館さんに説明してもらいたいですよ。
Commented by mieru1 at 2008-01-09 14:42
あっ、もしかして
>>朝青龍の優勝=大相撲の危機
というのは、休場明けの横綱に優勝をさらわれてしまう大相撲界の層の薄さに対する危機かもしれませんね。
それならそうでしょうね。

江戸時代では鳶の頭、与力、力士が三大モテモテ男だったというのに・・・信じられません。
この衰退ぶりが悲しいですね。
Commented by 町屋イレブン at 2008-01-09 23:34 x
>>朝青龍の優勝=大相撲の危機
>というのは、休場明けの横綱に優勝をさらわれてしまう大相撲界の層の>薄さに対する危機かもしれませんね。
>それならそうでしょうね。

確かにそれもそうですね。
Commented by mieru1 at 2008-01-12 17:52
>町屋イレブンさん
明日から始まりますね。今からドキドキしちゃいます。

「八百長」、機会があったら読んでみると面白いですよ。
北の富士さんの醜聞だらけで明日からの解説が楽しみです。(笑)
結局この本が出た以前から角界の体質は全然変わっていないんだな〜〜、というのがよくわかります。
朝青龍一人を叩いたところで何も変わらないのに、というのが結論です。(そういう土壌だから彼の悪いところが増長されちゃったんでしょう、と)
Commented by 町屋イレブン at 2008-01-12 21:47 x
mieru1さま
>「八百長」、機会があったら読んでみると面白いですよ。
恐ろしそうですね。図書館の予約をしました。

>朝青龍一人を叩いたところで何も変わらないのに、というのが結論です。(そういう土壌だから彼の悪いところが増長されちゃったんでしょう、と)

はい。先場所の魁皇は(明らかに!)八百長です。
<< 父の入院 日本植物学の父とその妻 >>