仕事でうれしかったこと

先日の飛び込みの仕事はもう2年以上前に数回だけ仕事をしていたライターさんからの依頼でした。
小さな仕事ですが、こうやって再び仕事を頼まれると嬉しくなります。
その人とは音信が途絶えていたのですが、以前いた編プロをやめてフリーになられたとのこと。
まぁ、本当のところは漫画を描ける知り合いがいなかった、ということなのかもしれませんが、一応信頼は得ているのかな、と思うとこんな私でもキャリアが積まれているんだなぁ、とちょっと自信がつきました。

それと「ちゃぐりん」の伝記まんが。
今回は埼玉郷土カルタにも謳われている「日本の女医第一号」荻野吟子なのですが、
埼玉県出身ということなので、市立図書館に行けばたくさん資料があると思いきや、一冊しかありませんでした。
「花埋み」で有名なので、もっと伝記関係があると思っていたのにショックでした。

資料が少ないのは心細いので、昨日車で妻沼の記念館まで行ってきました。
明日、明後日とお休みだったのでギリギリセーフです。
資料になる本も2冊購入。
荻野吟子は不屈の魂の熱血タイプ。目的もはっきりしているので描きやすいタイプだと思いますが、男尊女卑や性病など、あまり小学生にふさわしくない箇所もあるので、そのあたりをどうやってソフトでわかりやすく表現するかのほうが難しいかも。


さてさて、サボり気味の「本日のドルジ」をまとめて。

16日(対出島)のドルジ
取り組み前の強面度 ★★★★☆
取組中の気迫    ★★★☆☆
取り組み後の強面度 ★★★☆☆

この日は取り組み前後の表情に元気がなかったのがちょっと気になりました。
愛するタミルたんと喧嘩でもしたのか?
それよりもいつも無表情の栃東のほうが気迫がこもった顔をしていたのが印象的。
いいぞ田中君!(「のたり松太郎」の田中君になんとなく似ているので家ではこう呼んでいる)

17日(対旭天鵬)のドルジ
取り組み前の強面度 ★★★☆☆
取組中の気迫    ★★★☆☆
取り組み後の強面度 ★★★☆☆

この日は得意の相手のせいか落ち着いていました。
旭天鵬って何か曽我ひとみさんに似ている・・・といつも思ってしまう私の目は斜めに付いているのでしょうか・・・・?

本日18日(対岩木山)のドルジ
取り組み前の強面度 ★★★☆☆
取組中の気迫    ★★★☆☆
取り組み後の強面度 ★★☆☆☆

どうしたどうした?
今日はヒヤッとしたぞ?
記録を意識して緊張しているのかな?
懸賞金をもらう時も苦笑い、ふぅーーーっと大息ついていました。

それにしても琴欧州、危な気なく8連勝。
彼はとにかく無表情なのでちょっと面白くありません。
猪木を見習って顔の演技をしてほしい。(アレ?)
ついでに相撲もあまりまわしに手をかけずに終わってしまうので面白みが・・・
でも強くなりそうな期待感があります。
見ごたえのある相撲をとってくれるようになるといいなーーー。
by mieru1 | 2005-09-19 00:29 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/3490427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by IGAPON at 2005-09-19 21:48 x
なぜに瀬棚にたどり着いたのか…、豪雪地帯での往診主体の診療。
凄い人だったみたいですね。
医者になった理由が小学生向きではない人かも。
(なぜか妻が知っていた、荻野吟子…)
Commented by SAY at 2005-09-21 03:46 x
お仕事順調のようで良かったですね。
1度お仕事した方から、依頼が来るのは、やっぱりそのときのお仕事での信頼感の現れですよ!それに人徳!
体に気をつけてやってくださいね♪
荻野吟子さん、知らないや。。
ちゃんと調べてみよう!!
小学生向けと言うことで、表現に苦労されてるみたいですね。
僕の話の時の作業とちょっとにてるかも・・。
頑張りましょう!
Commented by mieru1 at 2005-09-21 20:46
>IGAPONさん
北海道に行ったのは「荻野吟子の人生・第二章」でしょうね。
私は東京までの話(日本初の女医になるまで)にまとめてしまいましたが、40歳の時に再婚した旦那さんがクリスチャンで、瀬棚にキリスト教徒の理想郷・イヌマエルを造るために渡道するのについて行ったのでした。(イヌマエル=今金町のこと)
Commented by mieru1 at 2005-09-21 20:51
>SAYさん
年に一度の仕事でも思い出して使ってくれるのって嬉しいです。
それなりにきちんとした仕事をしていないともう二度と頼んで来ないでしょうし。
とにかく自分にできる限りのことはする、がモットーです。

相手にわかりやすく伝える、というのは難しいですよね。
特に小さい子やページ数、表現など限られていますからね。
いかに省略するか、とか国語力もいるんですよ。
「5分で話せる昔話」みたいなイメージで作らないと、と思ってます。
<< テンション上がらず アクセス解析とエキブロレポート >>