誤審で済まない

ここのところバタバタ・・・というか、テンパッてて乗り遅れてしまったネタですが、
甲子園出場校が部員の不祥事のため辞退した明徳義塾とは逆に、我が地元ではこんな残念なことがありました。
きっと新聞でも地方版でひっそりと発表されただけだろうと思い、せめてこちらを見た人にでも知ってもらいたいと、次に7月24日付けの毎日新聞の記事をペーストします。

埼玉県高野連:高校野球3回戦で四球めぐり主審が誤審 
 埼玉県高野連(中村克彦会長)は23日、第87回全国高校野球選手権埼玉大会3回戦の松山−所沢商戦(17日)で誤審があったと発表した。
 県高野連によると、誤審があったのは五回表、同点とした松山が勝ち越し2点本塁打を放った後、2死走者なしの場面。2ストライク3ボールから四球で打者出塁となるべきところを、主審が3ボールのままと間違えた。すぐ松山から疑義申し立てがあり、審判員が協議したが「間違いなし」と判断し、試合は続行された。打者は一ゴロでチェンジとなった。試合は松山が5−6で敗れた。
 17日、松山高のOB父母会が県教委に文書で申し立てて発覚。県高野連は民放テレビのビデオなどで確認し、誤審と判断した。審判団から事情を聞いた結果、5人の審判が計数器(インジケーター)を持っていたが、全員がボールを一つ少なく押し間違えていたことが原因という。23日会見した中村会長は「二度と同じことが起こらないよう身を引き締めていきたい」と謝罪した。しかし、「審判員の判定は最終とする」との大会規程に基づき、試合結果の変更などはしないとした。
 松山の松崎真監督は「同じことが二度と起きないようにと思うが、新チームで気持ちを切り替え秋の大会を目指し頑張っていきたい」と話した。
 埼玉県では88年、第70回選手権大会県大会の4回戦・松山−大宮工戦でも、松山の攻撃中、四球で打者進塁とすべきところを3ボールと間違える同様の誤審があり、松山が3−4で敗れた。【弘田恭子】

◆誤審イニング
松 山000050000=5
所沢商21000201×=6
毎日新聞 2005年7月23日 21時28分 (最終更新時間 7月24日 0時32分)


この松山高校、実は息子の通う学校です。
私も息子も、はたまた実家の父までも怒っております。(息子は野球部員ではありません)
公立高校ですが、彼等の練習量は半端じゃありません。
朝練はもちろん、帰宅は午後11時近くもざらじゃないそうです。
もちろん勉強する時間なんてな(モゴモゴ)

この誤審がなくても勝ったかはわかりません。
対戦相手の所沢商は次の試合は7ー1で破れているので、どのみち甲子園には出場できなかったでしょうが、「一試合でも勝って次に進みたい」という気持ちは当然あるはずです。
普段から大変な練習をしている野球部を始めとする松高生の気持ちを踏みにじる審判全員の誤審に怒りを覚えます。

しかも88年にも同様の誤審をしていたとのこと。
「二度と同じことが起こらないよう身を引き締めていきたい」と言われても説得力ないです。

そして野球部に連動するのが応援団に吹奏楽部。
応援団も負けず劣らず厳しい練習をこなし、今年は部員数が激減。
普通のクラブと違い、大会があるわけでもなく、運動部の活躍次第でその活躍の場があるといってもいいでしょう。
彼等のことを思うとこれまた泣けてくる。

明徳義塾の出場辞退の影で、こんな誤審で泣いている高校球児とその仲間達がいることを知ってもらいたくて書きました。

こんな理不尽なことにあっても、きっと彼等は挫けず練習していることでしょう。
ファイトだ〜〜〜〜!!
by mieru1 | 2005-08-11 01:05 | スポーツ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/3281209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SAY at 2005-08-11 03:14 x
これは、可愛そうだね。。。
2度と起こさないって言われても・・・試合はやり直せないし、それまでの努力を考えると腹立たしいですね。
頑張れ高校生!

Commented by KAN at 2005-08-11 15:38 x
> 愛工名電の出場辞退の影で
とは、高知代表の明徳義塾の勘違いでしょう。

甲子園大会では、3ボールで四球と判定され出塁したことがありました。
ほかにもエンタイトルツーベースが本塁打になったりと、誤診は数知れず。いくら人間のやることだからといっても、やりきれないですな。

ちなみに私にも経験があります(野球じゃないですけど)。
自分はケガで出場しなかったのですが、少年柔道の試合のこと。
危険ということで「締め技・間接技は禁止」のはずなのに、
自チームの選手は相手チームの選手に次々と締め落とされ全敗。
審判がルールに気がついたのは試合が終わってから。
謝罪してきましたけど、後の祭り。今思い出しても腹が立つ!
Commented by mieru1 at 2005-08-11 21:38
>KANちゃん
>>高知代表の明徳義塾の勘違いでしょう。

そうなんです。昼間間違いに気がつきました。(汗)
修正しておきました。
明徳義塾って朝青龍の母校なんですよね。

誤審と言えばシドニーオリンピックの柔道でしょう。
どんな大会であれ、一所懸命練習してきた人の努力を無にしてしまう誤審だけはあってはならないですね。

KANちゃんでさえ未だに腹が立つんだから被害にあった人もきっと同じ気持ちなんでしょうね。
なんせ自分の力を発揮できなかった不完全燃焼な部分もあるだろうし。
しかし5人もいる審判全員が押し間違えていたって、どういう気のゆるみ用なんでしょ?
皆で試合が終わったら飲みに行く事でも考えてたんでしょうかね〜〜?
Commented by mieru1 at 2005-08-11 21:41
>SAYさん
人間に、ミスはつきものだけど、やっぱり同じ負けるにしてもこれじゃ不完全燃焼ですよね。
夜遅くまでグラウンドに明かりがついているのをよく見るので、それを思うと尚更可哀想になります。
きっとこの悔しさを秋の大会にぶつけてくれることでしょう。
<< 今日も仕事 もうイヤ・・・ >>