乗り遅れた

大きい山場が終わったよ〜〜〜。
先週は月曜休みでネームのオーケーが出るのが一日遅くなってしまったので締め切りに間に合うかだけが不安だったけどスケジュール通りに出来て満足。
まだカラーイラストがあるけど朝やろう。
こうやって締め切りの波を乗り越えていくのはある種の快感があるけどさほど爽快感があるわけではない。

ところで昨日、いや一昨日の千秋楽の感想、すっかり乗り遅れてしまいました。
朝青龍の満面の笑顔、波瀾の5連覇、よほど嬉しかったんでしょうね〜〜。
こっちまで嬉しくなってしまいました。
怖い顔もいいけど笑顔も可愛い横綱であった。
インタビューも観客を意識してサービスしてたし、勝負にファンサービスと脳みそを切り替えてよくがんばっているよね。うん。

千秋楽当日の朝刊を読んだら琴欧州は、あれは平常心ではなくて「緊張していた」んだって。
緊張し過ぎて無表情になっていたのね。なるほど。
解説している人達はさすがプロ、と思いました。
いつも闘争心でギラギラしてる人達の顔を見慣れていたので気付きませんでした・・・・

しかし、いつになく今場所、ドルジに入れ込んでしまったが、こうやってブログなぞ書いていたせいなのでしょうか?
一番心当たりがあるのは「毎日見れること」でしょうね。
そういう点で野球やサッカーはいいですね。ただ、試合時間がかかるのが私にとってはネックですが。
相撲は短時間で勝負が決まるし、やる時間も決まっているのでいいです。
忙しい現代人には最適です。
こんな楽しみ方は邪道・・・でしょうねぇ。
by mieru1 | 2005-07-26 00:27 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/3189323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by げんごろう at 2005-07-27 02:29 x
お仕事ごくろうさまです。
また、麒麟児についての情報ありがとうございます。首が長いから麒麟児だったとは。また、ひとつ引き出しのネタが増えました。
みえるさんの相撲ブログを見て、力士のサイトってどんなんだろう?と興味津々センサーの趣くまま、ネットサーフィンをしていたところ、面白ネタ発見しました。
高砂部屋のサイトにおいて、1600000番目のキリ番をゲットしたら、「高砂部屋チャンコご招待&粗品を進呈」とのこと。
もちろん、狙いますよ♪
最近、マンネリ化してきているブログネタのためにも(笑)

あと、遅くなりましたが、みえるさんのブログへ本家サイトよりリンクさせていただきました。あと、バナーも勝手に作らさせていただきましたので、もし不都合がありましたら、遠慮なくおっしゃってください。

Commented by mieru1 at 2005-07-27 12:35
>げんごろうさん
リンク&バナーありがとうございました!
特にバナーは気に入りました!わざわざありがとうございます。
紹介文も読んで、そんなに気分のムラが出ていたのかと自分では気付かなかったので良かったです。

ところで相撲・ブログといえば普天王が有名みたいですね。
ハイパー高砂部屋に「朝青龍、優勝おめでとう!」と書き込もうと思いましたがなんちゃって相撲ファンなので踏み止まりました。(汗)
私も興味津々センサーが赴くまま、いろんなものに首を突っ込みたいと思います。
Commented by 春巻アンドリュー at 2005-07-27 13:45 x
お元気でお過ごしでしょうか?春巻です。
琴欧州の話で、自分の経験を思い出してしまったので、ちと書かせて頂きます。
実は自分も緊張すると却って表情がなくなってしまう方です。
昔会社の有志で長島スパーランド(三重県の長島温泉にある、絶叫系中心の遊園地)に遊びに行った時、苦手なのに高速回転のジェットコースターに乗るハメになりまして。
そのコースターの途中ではカメラが作動していて、希望する人は有料で写真を買うことも出来るのですが…
皆明らかに叫んでいたり恐怖が浮かんでいたりと様々な表情の中、何故か自分一人だけ、妙に黙りこくった顔で「瞬間」が写っておりまして…
これには自分も驚きました。
明らかに怖くて仕方がなかったのですが…う~ん。

あ、ところで自分も朝青龍はけして嫌いではないです。
昔のお相撲さんに近い老成っぷりというと、むしろ後輩の白鵬のほうが近いかも知れないですが。
ちなみに、個人的に一番気になっているのは、白露山の頭だったりします。
彼にはワカメと昆布とひじきと黒豆と、それからそれから…色々差し入れしてあげたくなりますです。
Commented by げんごろう at 2005-07-28 02:40 x
リンクバナー気に入っていただきありがとうございます。みえるさん、もしよかったら、バナーお持ち帰りいただいてかまいませんので。

>相撲・ブログといえば普天王が有名みたいですね。
ぬぉ~、普天王のブログ読もうと思ったら・・・午前2時ー午前5時までアメーバブログメンテナンス中とのこと。しょうがない。また、高砂部屋をのぞいてみるかと遊びに行ってみて、また更なる発見。

なんとあのHYPER 高砂部屋は、現役最年長(昭和35年生まれ)の一ノ矢が担当しているとのこと。ちなみに朝青龍は昭和55年生まれ・・・

うっ、い、一ノ矢に興味津々センサーが・・・・・反応しだしている。
これは、ぜひとも、1600000番目のキリ番をgetしてちゃんこにご招待されなければ♪

ということで、私一人で、今日、300カウントくらいしちゃいました(爆)
IPの2重チェック機能を付けていないようなので更新ボタンを押すとカウンターが進むんです。
やはり一ノ矢が作ったサイトだから、詰めが甘い・・・・
Commented by mieru1 at 2005-07-28 22:23
>春巻さん
元気ですか〜〜〜!?私は元気です。
無表情って意識してなるものではないのでしょうね。春巻さんはまさに「固まった」状態だったと思われます。
私もUSJで同じような写真を撮ってもらい春巻さんとまるで逆の「きっと恐怖で引きつった顔をしているに違いない。」と思っていたのに意外や笑っていました。これまた不思議です。

白露山、あれはもう何をしても・・・という気がします。
それより髷が結えなくなってしまい、角界初の「ヅラ髷」になるのでは?と変な期待をしています。
白鵬の地味さ、いいですねぇ。
Commented by mieru1 at 2005-07-28 22:34
>げんごろうさん
興味津々センサーは反応すると凄い勢いで調べまくるのですね。
一日300カウント・・御苦労さまでした。
でもキリ番までかなりありますね。

長らく相撲をチェックされていかったわりには色々詳しいんですね。一ノ矢と朝青龍の歳の差・・・もちろん私と一ノ矢のほうが近いですので笑えません。
最期の落ちも決まっています。

>リンクバナ−、ごっちゃんです。
しかし以前にも書きましたが私スキンをいじれる技量がないので残念ながら持ち帰りできましぇん。
ホームページに使おうかな。ありがとうございます。
Commented by げんごろう at 2005-08-01 02:48 x
確かに、キリ番までは、まだまだです。でも、1600000間近になると凄い勢いでカウントされるような気がします。

>長らく相撲をチェックされていかったわりには色々詳しいんですね。
高砂部屋のサイトを隅から隅までなめまわすようにくまなく、見て回ったらこれだけの情報は簡単に調べられます。
もう、いいかげん飽きてきた頃でしょうが、高砂部屋には、面白ネタがまだまだ眠っています。
・親方の運転手を3年やっている木下マネージャーは、現役の力士、朝神田よりも強いらしい。

・行司の木村勝次郎は、宴会になるとマッチのものまね(坂東英二と区別がつかないという噂もあるが)で盛り上げる”歌って踊れる”行司さん。

・高砂部屋のサイトには、ちゃんこのレシピがあるが、分量が半端でない。

などなど。

ホント、みえるさんのブログを通じて興味津々センサーが反応することの多いこと多いこと。興味津々なネタを見つけるきっかけを作ってくださり感謝しております。

Commented by mieru1 at 2005-08-01 23:20
>げんごろうさん
確かにキリ番真際は気をつけないといけませんね。
しかしそんなに高砂部屋をくまなく調べまくっていたとは。
これでもう高砂部屋マニアになれましたね!

気になるのは一ノ矢関の話を読んで、こういう世界って本人の希望であればいつまでも現役でいられるのかなぁ、と。
こうなったら天龍源一郎とどちらが長く現役でいられるかがんばってほしいです。

ところで当ブログがげんごろう隊長のネタとしてお役に立てて嬉ししゅうございます。
世間一般の新鮮なネタとはかなりズレていると思いますので、そこのところお気をつけください。
<< 家事 今日は千秋楽 >>