猪木bot

アントニオ猪木本人は嫌いだが「猪木語録」は好きなワタシ。

Twitterでアントニオ猪木botがあったからフォローしたらコレ、10分おきに呟くらしくってタイムラインにしょっちゅう猪木様のお言葉が流れてくる。

なんか猪木に洗脳されてしまいそうだわーーーーー。

b0013305_23521016.jpg

b0013305_23542798.jpg

b0013305_2352458.jpg




ううむ、やっぱりいい事を言っているな、と思います。
本人は全然尊敬できないんですがなんなんですかね。
どうも子供の時にアリ対猪木戦を見てしまってからというもの、漫画「タイガーマスク」の猪木像を裏切られた思いがあって胡散臭い人にしか見えません。
だいたいプロレス黄金期でさえワタシのまわりの女子に猪木ファンなんて見た事ないんだけど女性人気ってあったのかしら?
だってあのジャンボ鶴田でさえ友達のお母さんがファンだったから益々猪木ファンっていたのかなぁ?・・・と。(笑)
え?ワタシ?ワタシはもちろんタイガーマスクのファンでしたよ。短い期間だったけど。
あとは・・・・大木金太郎も漫画の中では「いいやつ」で大好きだったのですが、その頃は悪役をやらされていてプロレスをよくわかっていなかったワタシは幻滅してしまったものです。
あとはブロディとかダイナマイト・キッドあたりかなぁ。
キッド対タイガーはその本気さ加減が凄いですよね。今見ても感動する。二人の身体能力も素晴らしいし。
でも新日はあまり好きではなかったの。
煽ってる試合ほどしょっぱい内容でそのトホホ感は半端無かったです。ハイ。
当時はサンデーで「プロレススーパースター列伝」も連載していたんだよね。

そういえばワタシのアイコンは
b0013305_2345138.jpg

だし、
ブログの最初のタイトルは「みえるのバカになれ!」だったし予想以上に猪木に洗脳されていたのかもしれません・・・・


うわ〜〜〜ん、こんな自分が恥ずかしいっ!!


b0013305_0311246.jpg





b0013305_23502067.jpg

はい、その通りでございます。
by mieru1 | 2012-01-19 00:06 | 梶原一騎 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/17640945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by そる at 2012-01-20 16:49 x
わしの記憶では、馬場とタッグを組んでた頃の青年イノキは、女に人気あったと思うぞ。当時は、あの極端なアゴよりも爽やかな精悍さの方が勝っておって、イノキに女性ファンがいてもじぇんじぇん違和感なかったのだよ。
Commented by mieru1 at 2012-01-22 01:51
>そるさん

そういえば若き頃の猪木はブータン国王みたいで精悍でしたね。
あの頃ならわかるんだけど、80年代の油ギッシュな頃はどうなんだろ・・・

そういえば猪木の「バカになれ!」はjobsの"stay foolish"を先取りしてたんですね。
実は凄いのか猪木。ソンケーしていいのか猪木?
Commented by yosi at 2012-01-22 08:08 x
おひさです。
アントニオ猪木bot~こんなのがあるのですか。面白いですね。
アリ戦はご存知かもしれませんが当時のモハメッド・アリと猪木の知名度の圧倒的な差からくる契約でがんじがらめになる中、唯一アリにダメージを与える戦法で実際対戦後アリは入院したそうです。私も生中継を見ていたんですがそんな裏事情も知らずあまりの不自然さに唖然としたのを覚えています。
プロレスの技をほとんど封じられた戦いに無理があったのですね。

柔道家のウィリエム・ルスカ戦などの一連の異種格闘技戦は血沸き肉踊る猪木の天才的なパフォーマンスだったと思います。
Commented by mieru1 at 2012-01-23 21:27
>yosiさん
お久しぶりです。お元気でしたか?
アリ対猪木の経緯は後になって知りましたが、あの頃はプロレスは真剣勝負と信じられていたので、その裏ではいろいろ大人の事情があったと知ると猪木も(多分バッシングされたと思うので)苦労したんだな、と思いました。プロレスに限らず、ボクシングや前田の興したリングス、K1等もアヤシイ試合はありますよね。
異種格闘技といえば「四角いジャングル」がありますが、当時は漫画も試合も観ていず知らないんです。(汗)
今you tubeでルスカ戦を観てみましたが、どうみてもプロレスですよね。でもそんな事を知らなかった当時は「異種格闘技戦、誰が一番強いのか?」で興奮したんだと思うし、パフォーマンスとはいえ、これだけのことをやれる身体能力は嘘ではないし、そこに感動するんだと思いました。
<< 絵が枯れる 「普通に面白い」という感想 >>