子供会から ついに解放〜〜〜〜

ついに子供会の最後の行事、「カルタ大会」が日曜日に終了した。
あとは2、3回役員会があるけど、もう実質上、やることは全て終わった・・・
長かった・・・長かった10年間・・・・うぅっ(T_T)
私もすっかり歳をとってしまった・・・・。_| ̄|○
でも、もう資源回収や小学校&通学路の草刈り、ソフトボール、ラジオ体操の手伝い、etc・・・に毎年毎年参加しなくてもいいのね!!   感無量。
役員を請け負った年は精神的負担感がひどかった・・・。

何度も書きますが、私の地区は世帯数が少なく、クラス数も今や1つなので、小学校で役員をやらない、というのはむしろ無理。
来年度以降はそれこそ総務までクラスの懇談会で選出するとのこと。あなおそろしや。

とにかく人数が少なくなっているのにやる行事数は変わらないので、その負担たるやひどいもんです。「ゆとり教育」を見習って少しは行事数も見直して欲しいですが、いろいろと行政間の問題があるようで、改革は難しそうです。(学校行事だけでなく、公民館事業としてソフトボール、カルタ大会がある)

で、カルタ大会が終わったというのに今一つすっきりしない、と思ったら、余った会費で子供達にプレゼントをすることが急遽決まり、その買い出しと宅配を終えていなかったからでした。

一人当たり470円余ったので、お菓子のノベルティグッズ(下敷きと鉛筆)と女の子には100均でハート型のスタンドミラー、男の子にはドラえもんのコミックス型の消しゴムを買いました。
ーーーーこんなものを買うにもかなりの時間をかけてしまうから、自分で仕事を増やしてしまうんですよね・・・・。

でも、「きっとこれなら子供達も喜ぶに違いない。」と思えるものを考えるのは楽しいですし、それだけが、そこまでする原動力になっていると思うのです。

今日は久しぶりに図書ボランティアにも行きました。
一年生は久しぶりというか、今年度初めてでしたが、「11ぴきのねこ」と「はははのはなし」の絵本を読みました。
「11ぴきのねこ」は幼稚園での読み聞かせのスタンダードと思っていたのに、知らない子がほとんどで驚きました。
低学年は子ども達の反応が本当に可愛らしくていいものです。
逆に高学年は興味を引く題材選びに苦労します。
今までの経験だと3年生ぐらいまでは絵本や紙芝居を中心に読んだ方がよく聞いてくれます。

自分の子は卒業してしまうけれど、読み聞かせはできる限り続けていこうと思います。
by mieru1 | 2005-01-17 00:14 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/1754359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 劇画の血 今日は >>