記事数が100に

いや〜〜、案外マメに書いているんだな、私。
日記の数が今日で100個目でした。

昨日、「だばし」に行ってきました。
ビルがたくさん建って、神楽坂はヤング(死語)に生まれ変わっていて驚いた。
N先輩がバイトしていたCDショップがまだあって驚いた。
地元のCDショップは瀕死の状態だというのに・・・
地下鉄出口の目の前にコーヒーショップがあって昼食をとり、時間まで本(菅原道真について)を読んでいたら、面白くって遅刻してしまいました・・・
しかも目的の所を通り過ぎてしまい、もう初回からポカしてしまいました。_| ̄|○

この春(5月号)から家の光から出版されている「ちゃぐりん」という小学生向けの月刊誌に伝記漫画を連載することになりました。
「ちゃぐりん」は農協(JA)でしか売られていないのですが、良心的な子供雑誌です。子供がいる御家庭はぜひ農協からとりましょう。
そして地方に住んでいる方は農協へ行きがてら、ロビーに置いてあるちゃぐりんを読んでみましょ〜〜〜。
編集の方と話が盛り上がり、楽しい打ち合わせでした。

しかし、仕事の内容は世界中の偉人一人につき、たった8ページで紹介するため資料集めも読み込みも大変ですが、話をまとめる、絵のほうは毎度違う人物、時代、舞台、と考えただけでも大変そう・・・(汗)
でも伝記ものは子供達に人気のあるものだし、子供達に「こんな素晴らしい人がいたんだ。」と感動してもらえるような作品に仕上げていきたいと思っています。

帰りは善国寺(毘沙門天)を左に曲がって少し神楽坂探検?してみました。
学生時代、神楽坂に毎日通ったというのに歩いたことのある道は表通り一直線しかなかったという・・・
きっと大人の雰囲気の素敵な所ね。なんて思っていたのに入った瞬間、場違いな所では?とイヤな気分になりました・・・。落ち着かないんです。大人な雰囲気すぎて。
やっぱり自分は田舎か下町しか肌に合わないようです。
六本木とかダメだし・・・
オサレな場所ってどうも苦手で。オタクな場所もダメですが。
粋な場所なら平気です。川越の路地裏みたいな所は大好き。
やっぱりワインより焼き鳥とチューハイだよね!うん。(これは幼児期の環境のせい?)

帰りの電車で遠藤ケイの本を読んでいて、自分はこういう世界の方が好きなんだよな〜〜、としみじみ思いました。
by mieru1 | 2005-01-13 21:12 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/1712201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おおいわ at 2005-01-14 03:36 x
「ちゃぐりん」知ってます。
こどもマンガ描きですものー。
富士山さんにすごく合ってる場所だと思います。連載がたまったら、ぜひ一冊まとめたいところですね。
Commented by mieru1 at 2005-01-14 10:39
おはようございます。
御主人、退院されてホッとしましたね。
お酒はこれから「たしなむ程度」にしてもらわないと、家族は安心してられませんね・・・。(^^;)

「ちゃぐりん」、埼玉に越してきてから目にするようになりました。東京じゃ農協なんてありませんもんね・・・
「ちゃぐりん」、福音館の出版物のように、広告もありませんし、未だに子供の世界が保たれているような感じでホッとします。
背景に「農業」「自然」があるからかもしれませんね・・・
考えたら私、子供や自然って大好きなので、今度のお仕事は嬉しい次第です。
しかし、収入のためと、夢の実現のためにも商業誌に持ち込み、は諦めませんよ。

おおいわさんも共にがんばりましょうね!
<< 今日は 明日打ち合わせ >>