「龍馬伝」最終回を観て

普段ドラマは観ないんですが、やたらと最終回を宣伝していたのと
旦那がハイビジョンチャンネルで先に観て岩崎弥太郎が良かったよ〜〜、というので
仕事をしながらチラ見してました。

最期あんなに切られまくったのにしゃべりまくっている龍馬に違和感を感じました。
それはともかく、最後に岩崎弥太郎が龍馬を回想して言う台詞。

「あいつは、能天気で、自分勝手で、人たらしで、おなごに好かれて。
あんな腹の立つ男は、他にいなかった。
あんな男は、あんな龍は、どこにもおらんがぜよ!

これを聞いた瞬間
「あ、朝青龍のことか〜〜〜〜!」(一部世間一般の評価含め)
と思ってしまいましたYO! (笑)

誰か「朝青龍伝」を作っとくれ〜〜〜!
弥太郎の位置は親方になった白鵬でしょうか。(笑)

で、白鵬親方が
「あの人は、能天気で、自分勝手で、人たらしで、女性に好かれてマスコミに好かれて。
何をやるにも人目を引いて華があって。
あんな腹の立つ男は、他にいなかった。
あんな男は、あんな龍は、どこにもいないんじゃないですか?」と言うのです。(おっ、なんかハマッてる)


と、そんなことを言うと「オマエが漫画を描いてネットで公開すればいいじゃないか。」とすぐ旦那に言われます。
そそそ、そんな滅相も無い。
ていうか何ページになっちゃうんでしょうか?朝青龍伝。


と、引退してもいつまでも「行け行け朝青龍!」のカテゴリーが生きているワタシって相当しつこいよ?
by mieru1 | 2010-12-02 10:49 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/14512791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by そる at 2010-12-02 17:15 x
「あいつは、能天気で、自分勝手で、人たらしで、おなごに好かれて。
あんな腹の立つ男は、他にいなかった。
あんな男は、あんな龍は、どこにもおらんがぜよ!」

うわーホントだー!アサショーのことじゃんこれ!「白ホー親方」のセリフ、まじハマってるぞ。みえるさん、いつかきっと「アサショー伝」!期待!
Commented by mieru1 at 2010-12-02 19:54
>そるさん

白鵬親方の台詞、二行目を付け加えました。
白鵬も朝青龍もお互いを認め合っていて嫌いという訳では無さそうですが、二行目に関しては内心面白くないと思っているんじゃないかと。(笑)

龍馬と朝青龍、意外な共通点があったんですねーーー。
というか、これがヒーロー体質とでも言うのでしょうか?
あと十数年もすると雲の上の存在になっちゃうんでしょうね。
握手とツーショットしたかった・・・(´Д⊂グスン
Commented by kadoorie-ave at 2010-12-07 11:25
ご無沙汰しています。私も龍馬の最期のシーンはちょっと、かなり違和感が。最期までよくしゃべる人だったということなのか...。

...それはさておき、パソコンの前で大笑い。朝青龍伝...さすがです、みえるさん、なんて冴えた頭をしているんでしょう。わはははは...♪
Commented by mieru1 at 2010-12-08 11:10
>kadoorie-ave さん

実はワタシと息子は龍馬の最期を観ていて「はよ死なんか。」と思っていました。(汗)史実では即死状態だったらしいし。
まるで山頂にたどり着いて息絶え絶えになってるみたいでした。
でもあれは一年間龍馬とつき合ってきた人へのサービスなんだと思います。ですので一見さんとは必然的に温度差が・・・

「朝青龍伝」、いいでしょう?
これを書いた後で「白鵬はアマデウスで言えばサリエリか。」(弥太郎も)と思うと今まで嫌いだった白鵬がそれほどでもなくなりました。(笑)
彼は彼で頑張ってるし。頑張って相撲界を支えておくれ。
<< プーチン氏オモチャになる 光の道がやって来た >>