ボールペンイラストレーター

電気で絵を描く時代が当たり前になりつつありますが
世の中にはこんな道具で凄い絵を描くイラストレーターさんがいるんですよ!
そこにこの人の反骨精神を感じました!

とても緻密でどういう画材で描いているんだろうか?と気になっていたんですが
その事実を知り驚きました。
なんと!普通のボールペンだそうです!(多分油性)
どうしてボールペンでこんな表現ができるのか不思議でなりませんが、この感動を皆さんにも是非。



イレストレーターのSHOHEIさんは、前衛的な作品を描かれていますが
インパクトがあって人の記憶に残る絵が描ける、絵そのものが武器になる人ですね。
とにかくこの絵をボールペンで描いている、という意外性にビックリです。
(ボールペンで描くとどうしても途中でダマが出来て汚くなってしまうのですが・・
使い方にコツでもあるのだろうか?)


>>追記
調べてみたらSHOHEIさんって大友克洋先生のご子息だったんですね!
なるほど&ビックリ!(笑)
でも絵の上手さっていうのは遺伝というか親から引き継ぐものがあるのでしょうか?
それとも成育環境の影響のほうが大きいのかな?
by mieru1 | 2010-06-11 11:36 | いろんな感想 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/13437122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by そる at 2010-06-11 13:01 x
下書きをシャーペンでやって、ペン入れがボールペンだつーのはともかく、下書き自体がほんとに「ほんのアタリ」でしかない、実際はペン入れの際にどんどん書きこんでいっちゃうつーのがすげー。まず人体と物の面の造形が、このヒト完全にアタマに入ってるつーか血肉になってるつーか。それとメインの油性ボールペン(これフツーの事務用。握り易くダマになりにくい、使い易いやつっす。わし仕事で一時愛用)にどんな事が出来るか完全に把握してる。いやすげーの一語っすな。こんな風に描けたら楽しいだろうなあ。
Commented by mieru1 at 2010-06-11 13:55
>そるさん

どう見ても事務用ボールペンですが、そんな特徴があったのね。
なるほど、道理でこのボールペンでなきゃ描けないと言ってた訳だ。
それにしてもボールペン一本でこんな質感、濃淡を出せる所も感動です。ミリペンなんかそれぞれの太さで描き分けるというのに。
もちろんそるさんがおっしゃるように、人体を把握して面を現す力は素晴らしいです。頭の中に輪郭線だけじゃなく、立体が出来ていてそれを紙に映して行く作業なんでしょうか。

自分のイメージをそのまま表現できるなんて爽快だろうなぁ。
Commented by そる at 2010-06-11 14:13 x
これ絶対本人も楽しいっすよね。でなけりゃ動画出すわきゃないすもんねえ。
ボールペンすが、わしが言った他に、例えばインクの質みてえなもんがあるんじゃねえすかね、伸びやすいとか、粘度が自分に合うとかさ。なんかちょっと試してみたくなったっす。
Commented by mick at 2010-06-11 17:51 x
何よ、これっ
神業?ボールペン?字がきったない私が使うともっとひどい字になるやつ?
眼で観たことが写真のように脳内に記憶できる人なのかね?
何か腹が立ってきたぞ。ぐふふ。
へ〜息子なんだぁ。大友克洋は昔集めたよな〜押し入れの奥にまだあるよ。
童夢もAKIRAも気分はもう戦争も。アニメも観たし。

息子と言えばデヴィッド・ボウイのゾウイがダンカン・ジョーンズの名で映画撮ってさ〜MOONだっけな〜SFもので公開されておもろかったと聞いてますが次世代が活躍する時代に生きる事ができるとは。
健康で長生きするのはありがたいですよ。
あ、私も意外に低血圧ですが(たまに起き上がれないこともある)鬱より躁なので人に迷惑かけてるかもです♪
Commented by mieru1 at 2010-06-12 14:54
>そるさん

早速ワタシも買ってきました。(笑)一本69円でした。
他のボールペンと比べてインクの違いはちょっとわからないなぁ。ただ軸が細くて軽いので動かしやすいですね。
で、確かにボールペンってかなり細くて薄い色まで出せるとわかりましたが、これだけの画面を作り込んでいくのはとてつもない集中力と忍耐が必要ですね。失敗が許されないのですごく根を詰める作業です。
が、そんなことは感じられない画面ですね。根っから絵を描く事が好きなのが伝わってきます。
Commented by mieru1 at 2010-06-12 15:02
>mickさん

>>字がきったない私が使うともっとひどい字になるやつ?

そう、使う人によって同じ道具かと思うほど。(笑)
まるでボールペンを使えばこんな絵が描けてしまうのかと錯覚してしまいそうです。

大友先生の漫画は大学時代にブレイクしていましたが、アホなワタシには今ひとつでしたわ・・・・。それよりも「男の星座」に感動していました。(爆)

そういえば漫画家の二代目ってほとんど聞いたことありませんよね。
漫画は絵だけでなくストーリー、ネームと色んなところに気を配らなくちゃいけないので、やっぱりそれだけ特殊な職業なんだな、とつくづく思います。
もちろん老人まで活躍できる人も少ないし、親も漫画家という職業が辛くて食えないのがわかっているし・・・
議員さんっていいね。(笑)
Commented by マリン★″ at 2010-06-12 21:07 x
絶句です。神業というかペン先までこの人の体の一部になっていますね。ボールペンでここまで緻密に描画できるなんて。
ここまでボールペンを使いこなせたら、トーンやピグマの出番は無しですね。
何回みてもすごい。
Commented by mieru1 at 2010-06-14 23:49
>マリン★″さん

この白紙の状態から少しずつ立体感が出て来るところが面白いですよね。もちろんその描写力が凄いんですが。
ワタシがボールペンで濃淡を描けたところでこんな画面は作れませんから・・・・
最近は動画で人の絵を描く様を観られるようになりましたが本当に絵の上手い人が描く様子は観ていて面白い・・というか一種の感動すら覚えます。
Commented by kadoorie-ave at 2010-07-05 21:07
すごい、すごすぎる。同じ人間とは思えない...同じ人間じゃないけれど。
Commented by mieru1 at 2010-07-05 21:32
> kadoorie-aveさん

噂によると?この方も kadoorie-aveさんの後輩みたいですよ〜〜。
恐るべし、多摩美。
<< 相撲協会はやっぱりダメな人達の... 元気が出ない・・・ >>