朝青龍の今後の処分について

25回目の優勝を飾ったあとの、この事件。
ワタシ達ファンも共に天国から地獄へ突き落とされたような気持ちです。
サッカー騒動の時の捏造に近いバッシングに比べ、今回のことは例え相手がどんな人だとしても
擁護できるものではありません。
どんな理由があろうとも、手を上げたらおしまいです。

でも、何故あれだけ繊細で頭の回転も速く、クレバーな相撲を取り、人への気配りもでき、
子供達のためにボランティア活動など社会奉仕をする気のいい青年が
いつも酒を飲むと暴れてしまうのでしょうか?
本人だって以前のバッシングの時にさんざん痛い目にあって懲りているはずなのに。

お酒を飲んでストレスを発散させる。
それはワタシもお酒を飲むからわかります。
お酒を飲んで、自分を解放させて気分が良くなりたいんだと思います。

異国の地、日本へ来て、言葉も習慣もわからず
しかも日本人でさえ忘れているような古いしきたりがまかり通り、ある意味人権無視の世界で
一所懸命強くなって上に上がろうと、それだけを胸に今まで努力してきたはずです。

一人横綱として毎場所横綱の責任を全うしなければならないという重責に加え
激しい相撲の取り口から「あいつは生意気だ、品格がない。」などと評価よりも先に批判され
常に二つのプレッシャーにさらされてきました。
大好きな家族と祖国から離れ、習慣の違う地で一人でこの重責に耐えてきたのは
どんなに心細く辛いことだったでしょうか。

それを思うとお酒を飲む時くらい、大騒ぎをしてストレスを発散させたい、と思うのは
当然の成り行きだったと思います。
そして酒豪なので、いい気分になるほど酔うにはかなりの酒量も必要だと思います。

ーーーここで断っておきたいのは、
ストレスを溜め込んでいるからお酒を飲んで暴れてもいいのか?ということではありません。

朝青龍ほどマスコミ、横審、相撲協会、日本国民からいじめられてきた力士はいない、ということです。
彼ほど過剰なストレスを受けてきた力士はいないでしょう。
異国で知らない世界で生きてくことは、どんなに不安なことでしょうか。
そして彼をとりまく環境は、そんな彼の苦労をねぎらったり、評価をしてきたのでしょうか?
マスコミにはいつ何時失敗を犯すかと監視される。
横審には常に進退問題を取りざたされる。
それらはとてつもなく大きなストレス、プレッシャーだったはずです。
ワタシが朝青龍の立場だったら耐えられません。
きっと早々に心を病んで祖国に帰ってしまったことでしょう。

ワタシはそういう背景もあってか、ものすごく朝青龍に肩入れして応援しています。
常勝を義務づけられている横綱として孤軍奮闘、誰も頼りにしないで異国の地で戦っている姿に
いつも頑張れっ!と声援を送ってきました。
もちろん彼の一見荒っぽい相撲にも、そういう負けず魂を感じて共に戦っているような気になります。
それは決して負けまい、という「必死さ」の現れでもあるのです。
そしてクレバーな取り口、見事な技、闘志に他の力士にはない魅力を感じてきました。
彼のような力士をリアルタイムで観れたことの奇跡に感謝していますし、
きっとこの先、彼のような力士はもう現れないと思っています。
それだけ貴重な才能、存在なのです。


優勝を果たしてせっかく第二の朝青龍の活躍が観られると喜んでいた矢先でのこの不祥事。
本当に残念で悔しいです。
ですが、何故毎度彼がお酒を飲んで性懲りも無く暴れるんだろうか?と考えた時
やはりこの人ならではの辛い立場が真っ先に上がってきて悲しくなった次第であります。

朝青龍が嫌いな方、本当は相撲なんてどうでもいい方達。
自分が朝青龍の立場だったら耐えられますか?
大相撲界のために一所懸命貢献してきたのにそれに対しての評価はあまりせず、それ以外のことで過大に揚げ足を取って悪口を言われる。
そういう日本はとても生き辛い所だと思わずにはいられません。

今回、怪我を負わされた方、朝青龍関を許してください。
そして今回の事件で頭に来ている方達も、彼を許してあげてください。
彼のしたことは決して許される行為ではないとわかっていますが、
外国人の彼が一所懸命傷つきながらも日本の大相撲界を背負ってきたのに
そこから抹殺されるのは
あまりにも可哀想で、もったいないことだと思うのです・・・・・
by mieru1 | 2010-01-31 12:33 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/12759907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by alban at 2010-01-31 17:20 x
> きっとこの先、彼のような力士はもう現れないと思っています。
それだけ貴重な才能、存在なのです。

まあ、彼は天才ですよね。
過去の大横綱ですら彼の取り口を見たら、プロ野球OBが現役選手の実力不足を慨嘆するようには片付けられない。もう、早さ(よくいわれる動きの「速さ」ではなく)が違うレベルに達してる。対戦相手の思考スピードが追いつかないまま勝負が終わってしまう。全盛期はそうでしたよね。それでいて、取組みじたいへの興味が減ずることがなかった。ジャズのチャーリー・パーカーのアドリブのような凄みとうつくしさが、そこにはあった。

朝青龍には、「世間」に頭を下げて許しを乞うような卑屈なことをしてほしくない。
処分は、自分のおよぶ力の外で決まるのだから、どのような決定であっても、腹をきめて落ち着いて受け入れてほしい。

彼がもしいなくなったら、もう相撲の神様は土俵には降りてこないでしょう。

Commented by mick at 2010-01-31 19:04 x
どういう結果になったとしても応援する側は何もできないのが無念。
彼を処分することで溜飲を下げる輩はその後の大相撲を想像した事があるのだろうか?
場所が始まると夕飯の支度をしつつTV観戦を楽しむ人が(私だけどさ〜)無くなるのは必至だよ。
私も保身に呈する姿は観たくない。
潔く雄々しく決めてほしいけどな。
みえるさ〜ん、我が初観戦が最終観戦になっちまうのは悔しいぞっ
守ってやる奴が少なすぎるよ。ったくぅ(激怒)
Commented by そる at 2010-01-31 20:45 x
そうなんだよみえるさん!そこなんだよ!どんどん殴っていいとは言わんが、荒れるには荒れる理由があるんだよね。あの環境を笑ってやり過ごせたらそれこそ神様だよ。常人ならとっくに病んでるところだよ。言葉の集団暴力は一切咎められず、片手落ちにも程があると思うんすよ。
うう、アサショー。あまりにもかわいそうだ.........。
Commented by まちや at 2010-01-31 21:16 x
コメントさせていただくのは久しぶりです。

朝青龍は大好きですが、引退すべきかと。
もし引退しなくて良いのであれば、相撲協会の腐敗も問題です。

相撲と朝青龍は好きですが、
・文科省が相撲を支援していることの正当性
・NHKが放送する正当性
・八百長
・タニマチ
・脱税
・魁皇の楽な取り組み相手
・ルール無き相撲協会
など、問題が多すぎて、
朝青龍亡き後、大相撲自体、縮小・撤廃しても良いように思えてきました。
Commented by haha at 2010-01-31 22:41 x
人を褒めるなら生きてるうちに。
死んでから褒めたってそれは何の意味もないことだから。

なんでそれが分からないんだよ、バカヤロー。
Commented by senangxsedih at 2010-02-01 17:02 x
まず、「外国に住む」ということだけでペナルティがあると私は思っています。 全くもって比較になりませんが、うちのオットも外国でピザ職人をやっていますが、「イタリア人でないおまえになにが分かる」とかいろいろ言われてたことがありまして、心身ともに疲れてました。 
となりますと、朝青龍の疲労はどれほどのものかという、察するにあまりあるストレスでありましょう。 それを跳ね除けて今までやってきた彼を、「本当にお疲れ様でした。もう肩の荷を降ろしてゆっくり休んでください」と思うのと、今後の相撲界はどーかなっちゃうぜっフンて自分が(事態発覚の)初日にはあったのです。
しかし、しかし!! やっぱりそんなのおかしーじゃん、くやしーじゃんって今はすごく思ってます。 んで、goo大相撲になんどか行ってきました。
Commented by mieru1 at 2010-02-02 10:53
>albanさん

本当にどうなってしまうのでしょう。早く落ち着いてほしい、と気持ちは急いてしまいます。

去年の初場所、思い出しませんか?
あのときは本当に土俵の朝青龍に相撲の神様が乗り移っているような感じがするほどでした。
気合い入れも神々しく感じるほど。
あれは朝青龍の姿を借りて荒ぶる神が宿っているんじゃないかって。

あんな朝青龍を拝めたことに感謝とともに、もう相撲の神様は誰にも降りて来ない、と思います。
Commented by mieru1 at 2010-02-02 10:57
>mickさん

本当に初場所観戦が最後になってほしくないです。
喧嘩両成敗です。

自称被害者も引退騒動になるほどひどい結果になると思っていたのでしょうか?
軽はずみ腹いせだったのではないでしょうか?と。
あちらサイドからも謝罪の会見でもないと、世間も我々も納得できないと思います。
Commented by mieru1 at 2010-02-02 10:59
>そるさん

暴行の事実はなかったということになったそうですが、それで「ハイ、そうでしたか。」と世間は納得しませんよね。

元々はたいした諍いじゃなかったと思うんですが、つくづく相手の軽はずみな行動に頭に来ます。
Commented by mieru1 at 2010-02-02 11:05
>まちやさん

おひさしぶりです。
評価よりも批判ばっかりされるんじゃ朝青龍も報われないね。
そうそう、もう日本なんか見限って帰国したほうが本人のため。
とも思うんですが、それじゃ世間に負けたイメージしか残らない・・・
何より本人も納得できないでしょう。

昨日理事選が行われましたが、現在の稀勢ノ里や豪栄堂が理事になる頃の相撲界を想像した時、興行として成り立っているのでしょうか・・・
年に数回しかテレビ放映されない柔道みたいになっているか、格闘技専門チャンネルで放映されるかしかない気がします。
どのような人材が現れるかにもよるでしょうが。

魁皇の千秋楽のクンロクマジックは結構楽しみでもあります。(笑)
Commented by mieru1 at 2010-02-02 11:07
>hahaさん

あ〜〜、もうなんだか疲れたわ。テレビとか観てないんだけど。
もうね、私達にできることは限られているからあとは覚悟を決めて待つだけだよね。

「朝青龍が居なくなったから相撲を観るという素っ頓狂な人間はいない。」とある人がブログに書いていたけど、ホントその通りだと思うんだよね〜〜〜。
でも協会としては銭の取れる横綱としてなんとしても残したいのが本音でしょうね。
Commented by mieru1 at 2010-02-02 11:11
>senangxsedihさん

senangxsedihさんの旦那さんも同じ思いをされているんですね。
どこの国でもそういうことってあるんでしょうが、特に島国日本は顕著ですよね。
だいたい同じ県内でもいろいろあるっていうくらいだし。
また相撲という特別な世界なので余計に朝青龍の苦労は堪え難いものがあると思います。

日本人はいつからこんなに人のあら探しが好きになってしまったのだろうか。。昔からなのかな、不景気だからかな。
もう少し相手の立場を想像するくらいの優しい気持ちが欲しいですよね・・・・
Commented by 学生相撲OBです at 2010-02-10 23:13 x
私も右に同じです
Commented by mieru1 at 2010-02-11 13:02
>学生相撲OBですさん

もう来場所からあの相撲が観れないと思うと本当に悔しく、納得できません。
これからは何から気合いをもらえばいいのだろう・・・

朝青龍のマワシをポン!から花道奥の付き人さんへ気合いを送るあの目が好きでした。
<< 朝青龍の騒ぎの中でどーでもいい... スケジュール管理 >>