・・・・・・・

予想以上に「ちゃぐりん」の仕事に手間取り、それが終われば毎日やるべき事に出かけています。
本来なら一息ついて晴れ晴れしているところなのですがもの凄くテンション下がっています。

どのくらい低いかといいますと
b0013305_23522926.jpg
b0013305_23523997.jpg
b0013305_23525198.jpg
b0013305_2355826.jpg
b0013305_23552077.jpg


ぶん太にこんなことをされても怒る気力も無いというか。
(もちろんこんな事されてませんよ!これはあくまでも例えです。た・と・え。)
初場所の復活優勝の応援も疲れましたがあれは心地よい疲れ。
今回のはいつまでもジトジトと続くスッキリしない梅雨のような疲れ。

中盤まで無敵の強さを誇っていたのに、日馬富士戦で破れて以降の崩れ方といったら・・・・
噂によると把瑠都戦で左肘が悪化したため、といわれますが
それでも朝青龍だもん。負けても横綱らしい相撲を魅せてくれるはず!と期待していたのに・・・・・

対する白鵬は今、花真っ盛り!というような盤石さ。
朝青龍だって彼くらいの年齢が全盛期だったのだろうけど、いつもギリギリだったと思うんです。
まるで鉛筆の先で回っているコマのように。
「心技体」のどれかが少しでも足りなくなるとあっという間に転落してしまう脆さがあった気がします。
そこをコマの回転数(集中力、闘志)でカバーしてきたというか。
白鵬は身体も大きい分だけ余裕を感じさせます。
鉛筆の先でなく一円玉の上くらいに。
(それにしても大横綱の真似っこが得意な白鵬は24歳にして老成していて魅力というか見ていても元気になりません。今後が末恐ろしいです。)

本当に今場所の崩れ方を見ていたら情けなくってひっぱたいてやりたい気持ちになりました。
でも本人の気持ちを考えると、情けないのは自分が一番感じているはずだし、いつだって重圧を背負って一生懸命戦っていたんだものね、と気の毒にもなります。

ただ土俵際に追い込まれても粘る事なく土俵を割ったり苦笑いする姿に先日引退した柔道の上野雅恵選手の「負けても悔しくなかった。」という言葉が思い出されてイヤな気持ちがしました。

でも大方の予想を覆して復活してきた朝青龍にワタシは期待していきたいです。
初場所だって皆が引退を予想していたくらいなんですから!
逆境を乗り越えるのがいつも朝青龍の使命なんです。
またあのような感動を見せてくれると信じたい!




ーーーところで今日、定額給付金の手紙が届きました。
ワタシ、これを買おうかな〜〜〜〜。と目論んでいます。

b0013305_0162156.jpg

平成21年度1月場所・大相撲優勝額ミニチュア版

先場所の復活優勝額です。(縦32センチ×横23センチ  価格:9,200円<税・送料込>)
国技館でしょぼいグッズを買うよりよっぽど縁起がいいじゃぁありませんか!
これを仕事場に飾って拝むのですよ!
さすればテンションも上がるであろうというもの!

で、その他の給付金は息子の学費へと消える、と・・・・・・

しまった!またテンション下がってきちゃったよ。(;´д`)トホホ…
by mieru1 | 2009-04-02 00:29 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mieru1.exblog.jp/tb/10637861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by alban at 2009-04-02 16:59 x
我ながら、まったく相撲を見る目がなかったことに、がくんとしています。
おっしゃるとおり、把瑠都戦以降おかしくなりましたね。
でも私は、やる気を失ったのににやる気があるふりを無理に見せたりするスポーツ選手より、今回の朝青龍のようなやる気なさ全開にしてしまえるタイプのほうが、好きなんです。こういうタイプは反対にやる気満々のときは、ほんとに想像を超えてスゴイですもの。

白鵬はほんとに強いですが、土俵上で朝青龍に見えている(いた?)ものがまだ見えてないんじゃないか。楽に相撲を取れているようには、まだ見えません。
朝青龍は速攻相撲といわれますが、ばたばたしているわけでなく、速いにもかかわらず判断が正しく、その連鎖が理詰めで整然として美しい。朝青龍にこの知性が発揮されるかぎりにおいては、白鵬はなかなか勝てないんじゃないか。なーんて考えてます!
Commented by mieru1 at 2009-04-03 12:59
>albanさん

勝負の世界は何があるかわからないから最後まで気が抜けませんね。
そんなのは重々承知している朝青龍だからこそ、なんとか対応してくるだろうと期待していたんですが、去年と同じでした。
せっかく先場所「朝青龍、帰ってきました!」と言っていたのに・・・・(涙)

ワタシは厳しいようですが、朝青龍には無理してでも横綱としての相撲を取ってほしいほうです。ファンに無気力相撲と思われてしまうようじゃイカンと。
でもどうして毎度こうなるかな〜〜、と思います。

白鵬のすごいところは身体能力などのほかに「大横綱になりきる」ところじゃないかと思います。「なりきり大横綱」(笑)。
いつも借り物の姿のようで(コメントなど気を配りすぎている)、そこがまたイラつきます。

朝青龍ほどの個性がないにしろ、もっと「借り物でない白鵬」の姿を見せてほしい、と思います。
<< 寒がりぶん太 つれづれ >>