タグ:相撲 ( 101 ) タグの人気記事

朝青龍応援ブログを更新しました

久しぶりに朝青龍応援ブログ「行け行け!朝青龍」を更新しました。

2005年のラスベガス巡業の動画です。
巡業ですので本場所と同じクオリティを求めないように。(笑)

日々朝青龍ネタはないかと探しているのですが今年に入ったらトンと無くなりました・・・・
まぁ大銀杏(という名の角)のない朝青龍は魅力半減なんですが・・・・
寂しいのぅ。
by mieru1 | 2012-02-03 11:54 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(2)

タイガーマスク運動

去年のクリスマスから各地に出現している伊達直人。
今夜はNHKニュースでかなりの時間を割いて放送していました。
不景気で世知辛い世の中なので、こういった良い話があると和みますよね。うふふ。(←梶原一騎の登場人物で良い人は「うふふ」と笑います。これマメ知識ね。)
タイガーマスク運動が毎年恒例になるともっと嬉しいのですが。

漫画の「タイガーマスク」はワタシが初めて買ってもらったコミックスで暗記するほど繰り返し読みました。
確か小学校に入学したかしないかくらいの時期だった記憶があります。
字もあまり読めなかったのに、絵だけ見ても話の内容が伝わってきました。
今の少年漫画からは想像できないことです。

プロレスなんか観たことないのに、中学生になって初めてテレビで観たプロレスで
「あれがテリーにドリーだね。」とかプロレス技も知っていました。
漫画しか知らないのに実物のプロレスを知っている、というのも凄いことだと思います。
それだけ辻なおき先生の漫画が実際のプロレスを漫画で表現していたということですよね。
自分の中では昭和プロレスの教科書みたいな位置づけです。

そういえば自分はコミックス派で新刊が出る度、買ってもらいましたが当時は漫画が掲載されている漫画雑誌の存在を知りませんでした。(その後3年生くらいから叔父さんの家で「週刊少年チャンピオン」と「ジャンプ」を読み、自分は「週刊少女コミック」「別冊マーガレット」を買うようになり5年生からは「週刊少年ジャンプ」「月刊ジャンプ」を買って友達と「マガジン」を交換して読んでました。子供だったせいか漫画が一番面白かった時代と記憶しています。)
おまけに古本、貸本を知らずに育ちました。

で、「タイガーマスク」といえばほとんどの人はアニメの方を思い出すのでしょうが
ワタシは根っからの原作主義で(原作者と漫画家を尊敬していましたから・・・)、途中でアニメと漫画がなにやら違う展開を見せていることに気づき
「原作と違うじゃん!」と最後の方は見るのを止めてしまいました・・・・
後から聞くとアニメはアニメで面白かったとか。残念。
でもワタシは原作の最後の方が好きなんですよね。

今読めば大人の事情でいきなり最終回になってしまった、いわばやっつけみたいな終わり方だったんですが
最後まで健太たちに伊達直人の正体を知られずに、ひっそりと死んでしまうという悲劇のほうがずっと暗いトーンだったタイガーマスクに合ってるんじゃないかと思って。

でもでも全国の伊達直人さんには良い事がありますように!





ーーー全然関係ない話ですが、今日テレビで大相撲をチラ見したら初場所二日目祝日だというのに
向正面の枡席Cの辺りがガラガラなんで思わずほくそ笑んでしまいました。
思えば去年の初場所初日観戦したんですよね。
その時枡席には新成人らしき若者が多数いて「えっ?今時の若い子が相撲、しかも枡席で観るの?」と驚きました。昔のラグビー日本一決定戦みたいに成人記念かしらね?と。
そんでその子達は唯一知っている朝青龍に声援を送っていたんですがねーーーー。
そんなことを思い出して思わず「グフフ。」とほくそ笑んだ訳です。(←梶原一騎の悪役は「グフフ」と笑います。これマメ知識ね。)


今年は良いことが沢山あるといいなぁ!!っと。
by mieru1 | 2011-01-10 23:55 | 梶原一騎 | Trackback | Comments(2)

少し溜飲が下がった

以下、二つの記事。
やっぱりね、という結果。

秋場所は常開催も…増える残券、視聴率下落(スポニチ)


 放駒理事長(元大関・魁傑)は通常開催となった秋場所を振り返り「表彰で首相やNHK会長にも来ていただいた。(協会の姿勢を)評価していただいたと思っているし、言うことなしです」と話した。

 だが、ファンの反応は芳しくなかった。千秋楽こそ札止めになったものの、大入りは昨年秋場所より4日少ない4日。15日間の残券も4万8438枚で昨年秋場所(2万1890枚)の倍以上が売れ残った。また、NHKの視聴率も12日目まで午後5時台(関東地区、ビデオリサーチ調べ)に10%を超えたのは2日だけ。白鵬が千代の富士の連勝記録を抜いた7日目も8・8%で昨年の13・3%から大幅に下落した。放駒理事長は「面白い相撲が増えることが一番と思っている」と全力士への意識改革を求めた。九州場所では真価が問われることになる。
[ 2010年09月27日 ]






白鵬、寂しき連勝街道 “正常化”秋場所 観客は回復せず
(産経新聞 )


 大相撲秋場所は26日、横綱の白鵬が全勝優勝し、連勝を62に伸ばして幕を閉じた。野球賭博問題による謹慎力士の多くが復活し、幕内優勝者への外部表彰やNHKの生中継も再開されるなど「正常開催」に戻った今場所は、白鵬の連勝記録が注目された一方で、会場の東京・両国国技館やテレビ桟敷の盛り上がりは今ひとつ。観客の入りは例年より少なく、テレビ中継も視聴率が伸び悩むなど、白鵬にとっては寂しき連勝街道となった。(宝田将志)

                   ◇

 「白鵬の連勝が伸びるにつれて盛り上がってくれれば」。チケット販売担当の親方は場所前、こう願っていた。しかし館内には空席が目立ち、15日間の延べ観客数は約11万7千人。野球賭博が発覚する前の夏場所の約12万9千人、昨年秋場所の約14万3千人を下回った。

 満員御礼の垂れ幕が下がったのは4日間で、東京場所では平成17年夏場所以来の少なさ。千代の富士が53連勝を飾った昭和63年九州場所は6日、その直前の秋場所が10日間も満員を記録したのとは対照的だった。

 テレビ中継の視聴率も低迷した。ビデオリサーチ調べの数値を基に12日目までの平均視聴率(関東地区)を集計したところ、幕内後半戦のある午後5時台は8・6%。夏場所10・1%、昨年秋場所の11・7%より微減となった。

 ある親方は「不祥事の影響なら真摯(しんし)に受け止めないといけない。白鵬のレベルは低くないが、全力を出し切らずに勝つ相撲が多いように感じる。(2月に引退した)朝青龍でもいれば違ったんだろうけど」と話した。




先場所NHKに「相撲中継しろっ!!」とクレームが入ったとは思えないような結果だったみたいですね。
白鵬関が「国技を潰す気か!?」と心配していましたが、国民はどうもその方向を選んだようです。

体格にも素質にも恵まれた白鵬がいくら記録を伸ばそうとも当然すぎるので面白みもないし、
白鵬がこういう成績を出せるのは関脇時代から見えていたので今更驚きも興味も湧きません。
まして対抗馬になるような関取も見当たらないのでワタシは白鵬は100連勝してもおかしくないと思っています。
そんな勝負が面白いでしょうか?(白鵬の実力は申し分ないですが)
白鵬が名勝負をみせられるのは朝青龍だけでした。
お互い負けられない意地と全力で戦うから。

白鵬は身体が大きい故に小さい身体ででかい力士を投げ飛ばすような豪快さ、爽快さもないしさ。
感情の発露も許されないから観客の感情も盛り上がらないしね。
「面白い相撲」を取るって難しいですね。
この結果を見ると今までも決して高くはなかった相撲人気というものが朝青龍のおかげでまだマシだったということがよくわかります。バッシングもされたけど注目度が違いました。
これから相撲協会はどうやって場所を盛り上げていきましょうか?

やっぱり白鵬の連勝記録と半分大関の魁皇頼みでしょうか?
それともまさかの白鵬のスキャンダル?
by mieru1 | 2010-09-27 10:18 | にわか相撲ブログ | Trackback(1) | Comments(4)

大相撲ビックリ場所

白鵬の連勝記録よりも魁皇の角番脱出劇のほうがビックリだよ!

確か序盤で膝をやられて立つのもやっと、満身創痍でもう引退確実という雰囲気だったのに
終盤、身体に疲れが溜まり、上位陣と毎日当たり勝つのが大変になるのが当たり前なのに(つまり体力的に辛くて強い人と戦う)
何故か負けるどころか勝ち越してしまうというこのマジック!(いつものことだが)
怪我の影響はどこいった?

品格云々といって魁皇よりも強くて面白い相撲を取る人を追い出したのに、負け越しと勝ち越しを繰り返す魁皇の延命を願う相撲ファンの多い事。何コレ。
そうか、魁皇は古典芸能を演じる日本人力士として必要とされているんだね。
辞められたら困るよね。協会としても。
いつまでも大関という地位にいてもらわないと。
だったら琴光喜も呼び戻してあげなよ。
大関がこんなにオイシイ地位だったら誰も無理して横綱になろうなんて思わないよね。
目指せ大関!お互いを助け合って末永く土俵に上がりましょう! ですか?

魁皇には美しい品格溢れる日本の相撲を体現してもらいましょう。
厳しい勝負の世界なのにこの人の場合、度外視されているようですから。
幕内通算勝利記録更新が彼の使命。

一番一番必死になって勝負にかけて精神すり減らしていた、かの横綱が気の毒だわ。

いくら格式をつけたところで所詮興行。
品格なんて必要あったのかしら?
今の大相撲で喜んでるのって、ホント頭の古いお年寄りしかいないと見た。
互助って大切だもんね。

b0013305_20555829.jpg

そしてチケット、明日が千秋楽なのに完売してない。
優勝は今日決まったし、明日の目玉は天皇賜杯の復活でしょうか????
今場所の見所は魁皇の角番脱出、白鵬の連勝記録更新、天皇賜杯復活。
興行的に大失敗の中身だったんじゃなかろうか。
by mieru1 | 2010-09-25 20:47 | にわか相撲ブログ | Trackback | Comments(4)

今場所はガラガラ場所

エキサイトブログのお知らせに「アップロードできる画像容量が1GBになりました!」と
あるのを見て、そういやワタシは有料会員なんだから容量無制限をちっとも活用していないじゃないの、と気付きしょうがないのでこんなのをアップしておきます。




大相撲秋場所二日目
b0013305_1115177.jpg



三日目

b0013305_11212180.jpg

二日目より更にガラガラ。

秋場所は以前と変わらずにNHKで放送再開、表彰もされることになりましたが
観客数はびっくりするほど激減しています。(国技館なのに!)
地方巡業と変わらないような。
視聴率も悪いようでNHKに先場所「中継しろ!」と苦情が入っていたのが本当なのか疑問に思ってしまいます。


「いつまでもしつこいヤツだね。」と言わないでください。
それくらいのことを日本相撲協会はしたんだと理解してください。
朝青龍ファンの心が癒えることはこの先ないのです。
今でも思い出すと悔し涙が出てきます。
ファンを裏切る行為の結果が「相撲協会潰れろヾ(^▽^)ノ」になってますから。

今は観客席がガラガラなのを見ると「いい気味!」と少し溜飲を下げているところです。
by mieru1 | 2010-09-15 11:32 | にわか相撲ブログ | Trackback | Comments(2)

大相撲チケット

やはり売れてないようだ。

b0013305_164626.jpg


こんなに祝日があるというのに売り切れそうなのは千秋楽だけ。
明日の初日はガラガラなのかな?
出るか満員御礼。
by mieru1 | 2010-09-11 16:48 | にわか相撲ブログ | Trackback | Comments(5)

いい気味だ

大相撲秋場所のチケットの売れ行きが非常に悪いようだ。


b0013305_13252849.jpg


普段なら初日と千秋楽はあっという間に売り切れるのに。
九月は休日も多いのに未だに完売した日がない。(発売開始は8月7日から)


相撲協会は外部理事をおくのに反対して
武蔵川理事長の後任に放駒理事長が就任しましたが全然今回の不祥事に懲りていない様子。
そんなに改革するのがイヤならさっさと公益法人格を返上すればいいだけなのに。

古参の相撲ファンからそういった声が聞こえてこないのは何故なんでしょうか?
彼らの言い分は「普段通り場所を開催しろ!」とか「いつも通り放送しろ!」とかそんなんばっか。
結局ファンも親方衆と変わらない訳だね。
そういうファンが多いから相撲協会は変わろうとしないんじゃないの?
なんだかガッカリだよ。

だいたい朝青龍の数々の不祥事(と言えるのか?)に対しては
「今度何かあったら解雇だ!」などと横審ややくみつるやマスコミは騒いでいたくせに
何故にこれだけの(更に悪質な)不祥事に対してそういう声が上がらないのだろうか。
相撲協会にレッドカードを渡せるのはどんな問題が起きた時なんでしょうか?

今回の暴力団との問題も「のど元過ぎれば熱さ忘れる」で済んでしまうと思っているのだろうか?

でもお客さんは正直だね。
チケットの売れ行きが何よりの証拠。
いい加減愛想も尽きるよね。
いい気味だ。
by mieru1 | 2010-08-18 14:00 | にわか相撲ブログ | Trackback | Comments(5)

大相撲にもレディースデーがあったなら

安三(ヤンツー)さんのブログで紹介されていたオリックス・バファローズのキャンペーンに同球団の断末魔を見た気がした。
b0013305_905153.jpg


観客動員のためなりふり構わぬこの姿。
女性ファンが増えれば選手もやる気が出て相乗効果になるかも?という下心でしょうか。
同情を禁じ得ない・・・というよりある意味立派と言うべきか。


断末魔といえば今話題の大相撲。
存亡の危機に瀕する今こそレディースデーなるサービスで女性人気をゲットだぜ?

「レディースデーはちゃんこ食べ放題!」
「毎日抽選で素敵な親方(日替わり)が特別維持員席で貴女と一緒に観戦&解説します」
等等。

ーーーというわけでワタシが少女漫画風にパロ、じゃなかった宣伝漫画をちゃちゃっと描いてみました。
元々少女漫画なんて描いたことないけど丸ペンで描けばそれらしく見えるだろうと。どうかしら?






b0013305_9102022.jpg


どこが少女漫画風なんだ。

まったく需要がなさそうだ。
むしろ相撲人気を無くすお手伝いになりそう。


「なんで朝青龍はないの?」とお嘆きの貴女に。
もちろんご用意してありますよ。





b0013305_9283155.jpg



少女漫画風だけあって目は大きめです。(汗)     ーーーでもこんな弱そうなの朝青龍じゃない!(T_T)



ーーーさぁ、くだらないことやってないで仕事しよっと。
集中集中!
by mieru1 | 2010-07-22 09:49 | にわか相撲ブログ | Trackback | Comments(14)

朝青龍の相撲は仕切り前から面白かった&美しかった

大相撲のネット配信がどんなものかと初日と今日観てみた。
b0013305_18113317.jpg


画像は荒いけれど思ったほど悪くない。
音声は初日は声援が「ワヤワヤワヤ」と変な聞こえ方だったが今日は割とマトモ。
これだけ観れれば相撲ファンは満足なのでは?

で、アナ、解説がないのでその場で観戦しているような臨場感があっていい。


結びの一番だけを観ましたが
白鵬は堂々としているのだけど、やっぱり朝青龍の取り組みは最高であったと改めて思いました。

相撲も面白かったけど、仕切りの時点から観ていて面白かった。
イヤ、土俵下で腕組みして出番を待つ、イヤその前、花道に登場して付け人の輝面龍さんが
背中をバンバンッと叩いて気合いを入れて出て来るところから面白かった。ワクワクした。
ウルトラセブンでいえば「ワンダバ」が朝青龍にはあるのだ。
(*ワンダバとはウルトラ警備隊が出撃する時に流れるBGM。これから戦闘が始まるよと盛り上がるシーンです)

土俵下ではその日の朝青龍の精神状態をその目から読み取る面白さがあった。(すぐに精神状態が顔に表れるので落ち着いてないと目がキョロキョロする。逆にいい感じの時は一点をじっと睨んでいる。)

仕切りで踏み出す時はつま先まで神経を集中させているかのようにピンとして、
一歩一歩ゆっくりと調子を取りながら(呼吸を整えている?)仕切り線まで上がり、
両手をついて前にグッと体重を乗せ徐々に臨戦態勢に気持ちを盛り上げ、集中していく様が
観ているこちらにも伝わってきて本当にドキドキしたものです。

蹲踞の時、打つ時の指先もピンとして両手を広げて手首をクルッと返す。
何から何まで神経を行き届かせ集中させているその所作は歌舞伎の見栄を切るような緊張感があり美しさがあった。
(白鵬は何となく先まで力が入っていなく、いつもゆるんでいる感じ。きっと彼なりの良い精神状態なのでしょう)

観客は朝青龍と共に
花道登場シーンから仕切りまで、徐々に気持ちが盛り上がり、
いよいよ立ち合いとなると、あの特徴的な気合い入れ!(待ってました!)
くるっと体を回転して左腕を高々と挙げ「まわしポンッ!!」で一気に興奮がマックスになるのです。
そして最大の見せ場の一番!
これが速くて巧くて頭脳的で爽快でした。
朝青龍の取り組み一番一番がまるで独立した劇のようでした。

本当に朝青龍は人から見られることを意識しているとわかります。
それは彼の美意識でもあり自尊心の表れでもあります。
本当に一番一番に緊張感がありました。
そしてその所作がこれから臨む一番にかける気合いを感じさせたし
こちらの気持ちも盛り上げる効果がありました。
何から何まで花形力士でした。


ーーーという訳でして、こんなスーパースターを追い出した相撲協会はどんどん衰退する一方なんだろうな、と思います。
(白鵬が連勝を重ねてもこんな場所だからか盛り上がらないし彼はスーパースターというには物足りない。まぁあれで華もあったらそれこそ朝青龍みたいにバッシングの対象になるでしょうからこのまま目立たない方がいいのかもしれません)

終盤負けが込んでしまうトホホな展開もありましたが返す返すも今年一杯は朝青龍の相撲を楽しみたかったなぁ。

朝青龍の闘志がものすごい集中力と合わさった時は本当に鬼神が乗り移っているかのような迫力がありました。
本当に観ていて面白かった。そして気持ちを込めて応援できた。
もうこんな人、二度と現れない。

そして、さらば相撲協会。
面白くないからもうお金を払ってまで本場所を観に行くことはないです。
元々朝青龍一人を観に行くために出かけて行っただけですが。(それだけの価値が彼にはあった)
by mieru1 | 2010-07-17 18:59 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(0)

引退相撲のチケット発売開始

今日から発売の朝青龍引退相撲のチケット。
発売から20分経った今サイトを見ましたら、一階の枡席は完売でした。(一番遠いマス席Cはまだある)
すごい!すごい売れ行きだ!

こんなに吞気にブログを書けるのも実は夕べ先行販売でチケットをゲットしているから。(笑)
チケットぴあにログインし、午後8時の販売に合わせてアクセスするも、何故かカード認証ではじかれ数分するうちに朝青龍ファンのそるさんから「枡席取れたよ!」との連絡があり、そちらへ便乗させてもらいました!!

あ、ありがとう、そるさん!!(感涙)
助かったよ〜〜〜〜。

その他の仲間もそれぞれ希望のチケットが購入できてまずは一安心でした。

とにかく朝青龍の最後の髷姿、土俵入りを見なくてはワタシの気持ちも成仏できません。
これで10月3日まで、安心していられます。

そして引退相撲を最後に両国国技館で相撲を観る事もないでしょう。
横綱朝青龍とともに国技館ともさよならだ。
相撲協会は早く公益法人を取り消して一興行団体として出直して欲しいものです。

※去年赤字だった相撲協会は公益法人なので、納税額がたったの7万円だったそうです。
資産が500億円もあるというのに・・・貧乏漫画家のワタシよりも納税額が少ないなんてありえない!
詳しくはコチラ→ソースは東スポ(笑)


もちろん断髪しても朝青龍のことは応援し続けるよ!!
by mieru1 | 2010-07-12 10:48 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(6)