タグ:子ども ( 8 ) タグの人気記事

子どもは風をえがく

先日ユジク阿佐ヶ谷で上映されていた中瀬幼稚園の一年を追ったドオキュメンタリー映画「子どもは風をえがく」を鑑賞してきました。
最終日には園長先生が急遽トークのためにやってきて20年ぶりの再会となりました。

それにしても。
当時の幼稚園の園庭は今のターシャの庭のように草木で生い茂っていなく、泥の園庭で一日サッカーをして終わる子もかなりいました。
なので今の園庭は私にとっては新鮮で、より中瀬らしい遊びが展開されているのだな、と羨ましく思いました。

映画の前半はわりとイベント中心で派手な感じがしましたが後半になると子どもの自然な園での様子が垣間みられて自分としては、こういう「ハレ」じゃない日々が観たかったので良かったです。
都会では考えられない自然の中で遊ぶことが今はどれだけ贅沢なことでしょうか。
いや、今私が住んでいる埼玉も自然は豊かですが中瀬の子どもほど自然に親しんではいません。
五感を使って暑い冷たい、ザラザラ、ぬるぬるなど色んな感触、匂いを毎日経験してほしいものです。
子ども達の表情の豊かさ、逞しさに微笑ましくなります。

それにしても先生方。あんなにハードなお仕事されていたんですね?(汗)
水はおろか、泥をかけられ、落ち葉に埋もれさせられ。
落ち葉に埋まっているのは写真で見た事あるんですがあんなに汚されて先生も体をはって子どもと遊んでいる姿に、その体力に驚かされました。お疲れ様です。

20年前担任だった先生に伺ったところ、当時も同じで今とあまり変わらないとのこと。そ、そうだったんですか・・・。(汗汗)
私達は子どもを送迎するだけだから普段先生方の授業風景を見る事はなかったので驚きの発見でした。
あんなに大変なお仕事をされていたとは。ありがとうございました。

そして毎日のように泥だらけ、ずぶ濡れと汚す事が仕事になっている子ども達。
あの園に通うとはそういう事を許せる親だけ。
今でもそういう親御さんがあそこに住んでいる事に感激しました。やったね!と拍手を保護者殿におくりたくなります。

そうそう、私もあの頃は毎日靴を最低二足は洗い、靴は長靴を含め5、6足は常備していたと思います。
「子どもは汚すのが仕事だよ。」と常々言っていたので目の前でわざと転がって汚した時は泣きたくなったことは忘れません。
子どもにしたら母親は汚すと嬉しいんだ、と思ってたんでしょうね。

幼児画について
by mieru1 | 2016-03-10 20:27 | 本読み/こども | Trackback | Comments(0)

松本かつぢ資料館へ行ってきました!

普段は電話予約をしないと入館できない「松本かつぢ資料館」ですがゴールデンウィーク中は予約不要とのことで5月2日、行ってまいりました。
閑静な住宅街の中に慎ましく看板が出ています。(個人のお宅なので要予約なのです)
b0013305_22472196.jpg

お手製のクルミちゃんの看板が目印です。カワイイ!
b0013305_22474242.jpg


中へ入るとかつぢ先生の末娘の「うさまま」さん@usamama924 が作品案内をしてくださいます。
説明の他にも展示されていない原画等をどんどん出して見せてくださいます。
写真もOKとの事なのでバシバシ撮ってきました。(でも帰宅してみたら撮り忘れも一杯・・・)

まずは絵本の原画「不思議の国のアリス」
b0013305_22573811.jpg


同じく「すずの兵隊」
b0013305_22581545.jpg


初期(叙情画)の頃の作品
b0013305_2259101.jpg


少女の必需品・便箋の表紙や紙のオモチャ等
b0013305_230273.jpg




そして衝撃だったのがコレ!


続き
by mieru1 | 2015-05-04 00:04 | いろんな感想 | Trackback | Comments(0)

ケンカが弱い男の子

タイトルは家の長男。


元来男っぽい性格で、幼少の頃から少年漫画ばかり読み、強い男に憧れるワタシは
男兄弟がいないこともあって、男の子といえばいたずらで粗雑でカラッとしていて少し乱暴者、という認識でした。

ですので息子が生まれた時は本当に嬉しかったし、少年漫画に出てくるような
元気でまっすぐで強い男の子に育てよう!と無意識に思っていました。(そういうものだと思ってた)

しかぁ〜〜し!
我が長男は泣き虫のおしゃべり。性格はしつこい。なんか思ってたのと違う。
で、問題なのはケンカ。
取っ組み合いのケンカというものをしたことがないんじゃないかしら。
3つ下の弟も叩いたことないんだから。(親がけしかけても、です。)
別に好戦的な性格がいいとかそういうのじゃなく、男だったら少しはやり返すって気持ちにならないのだろうか?と思うくらいやられっぱなし。
終いには大家さんに「○くんは女の子にも泣かされるんだねぇ。」と同情された。(;´д`)トホホ…
いや、家のアパートの女の子強いですから。

自分に植え付けられた男の子のイメージ(主に梶原一騎。ううっ、ハードル高すぎ。)に合わない事に悩むワタシ。
今思うとバカですよねぇ。男であろうと女であろうと個人によって性格なんて違って当たり前なのに。
そういう自分は女の子らしい女の子だったのか?と今になって思います。(スマン息子よ。汗)

ケンカは弱いけど、好きな事に対する集中力、複雑なブロックなどを一人で完成させる忍耐力には幼児とは思えないほどの力を発揮し、人に教えることが好きで気持ちの優しい子でした。
そういう所は我が子ながら尊敬できる所でもありました。



ーーー悶々と何故、家の子はこんなに弱いのか?と考えていたある日、フト気づいたのです。

短所と長所は対なのでは?と。

「光ある所に影あり」という、アニメ「サスケ」の冒頭の台詞が頭の中をよぎりました。
明るい長所の影には必ず短所があるのです。

気の優しい子が喧嘩が強い訳がない。

どちらを長所、短所に捕らえるかはその人の価値観によりますが、長所と短所は背中合わせ。表裏一体。
まるで陰陽の太極図↓のようだ、と頭に浮かんできました。
b0013305_0362582.png


これ、何も性格だけに限らず、世の中の色々な面でこの太極図が当てはまるな、と思うことがあります。
大金持ちで何不自由なく暮らしている一方で家庭内不和であるとか、便利になれば体力・知力が衰えるとか、頭はいいのに冷たいとか、芸術面で秀でているけど人付き合いが苦手とか・・・・

よく考えれば当たり前のことなんですよね。
長所だけの人間、欠点の無い人間なんていないのだから。
いつの間にかワタシは我が子にそういう「欠点のない子」を求めていたんだな、と気づいたんです。

そうと気づけば今度はその子の持って生まれた性質は何なのか?を見極めて育ててあげるのが親の務めなんじゃないかと思うようになりました。
影を無くすことではなく。

月見草にヒマワリの花を咲かせることができないように、その子の素質を潰す事無く伸ばして花開かせることが親の役目なのでは?と。
無理にヒマワリを咲かせようとするから歪みが出る。
ヒマワリが好きだから咲かせようというのは間違っているんじゃないか。
だったら月見草の良い所を考えるようにしようと。

ですので、喧嘩の弱い子が無理して喧嘩に強くならなくてもいいじゃないか、
むしろそういう弱い立場に立つ事で学ぶこともあるし、人の痛みに気づくこともできる。
そう思うと喧嘩に弱いことも悪いことではないじゃないか、と思うようになったのです。


件の息子も成人し、社会人となりましたが、長所は伸びた反面、頑固な性格になったかな?とも思います。(笑)
それも長所が伸びると共に伸びる影のようなものだと思ってます。
頑固なのは我慢強さの延長線上にあると思うので(笑)。


で、どんな花になるのかを見るのも子育ての楽しみの一つです。

月見草だと思ってたら朝顔だった、ってこともあるかもですが。



猪木様のお言葉↓
b0013305_10343730.jpg

by mieru1 | 2012-02-23 01:23 | 本読み/こども | Trackback | Comments(3)

自由保育の楽しさ 中瀬幼稚園

うお〜〜!宣伝しておくの忘れた。

杉並区在住の時に長男が通っていた中瀬幼稚園のドキュメンタリー映画を
今月30日(土)までラピュタ阿佐ヶ谷で上映中!

「風のなかで むしのいのち くさのいのち もののいのち」

予告編↓


中瀬幼稚園は東京23区にしては珍しい、自然に触れられる幼稚園です。
保育内容は自由保育で子供達が自主的に遊びます。
もちろん泥遊びは当たり前、夏になると敷地内にある林(たけのこ村)でクワガタやカブトムシをゲットできることもある、非常に羨ましい環境。
園の畑でサツマイモを育て、秋になると収穫祭。焼き芋はもちろん、茎まで煮付けて食べるのです。
そうそう、息子はヒキガエルを捕まえた手で目をこすったら翌日目が腫れてしまってビックリでした。カエルの祟りかと思いましたよ。(ヒキガエルは毒があるそうです。ミミズにおしっこをかけるとオチンチンが腫れるというのも本当なのでしょうか?)

そしてドリルなどの勉強は一切無し!
そのかわり造形に関しては他所の幼稚園より力を入れているかもしれません。(といってもあくまで遊び)
親に絵本講座や幼児の絵についての講習などもやってました。(園長先生の専門なので)
給食無し、送迎バス無し、勉強無し、泥だらけ、ということで今の時代、親から敬遠されそうです。
いわゆる主流の幼稚園とは違いますが、ワタシは子供時代はこれが普通の生活じゃないかと思っているし、何より東京に住んでいて自然と毎日遊べる環境が魅力で、この幼稚園を選びましたが、ここを卒園した我が子を見ているとつくづく中瀬幼稚園に通わせて良かった!と思っています。

工作好き、自然好き、登山が趣味、と彼の中で中瀬魂が花を咲かせていると感じるからです。
幼児期に遊びを通して五感を育てられたと感じられます。これは人の生きる基礎だと思います。
そして好きな事にとことん食らいつく、そんな集中力も養われたような気がします。
なんたって砂場で「水道管遊び(だっけ?)」をずっと遊び続けていたくらいですから。
つまり気に入った遊びをお弁当の時間まで中断されることなく遊べるのです。
水道管遊びは屋根の雨水を受けるトヨを組み合わせて上から水を流す遊びで積み木とブロックみたいな組み立て遊びですが、どんなふうに水を流すか、トヨを沢山使って長く流そうとか設計、失敗、工夫と試行錯誤して遊びに参加している子供達で完成させるのです。
考えただけでも楽しそう。
あーー、そういえば段ボールハウスを作るのにも熱中してたっけ。
こういう創造系の遊びは楽しみながら自然に「頭と手を使う」のがものすごくイイです。
で、経験して色々わかってくると他の友達に指示したりして頼もしくなるのが微笑ましい。
身体を使って真剣に遊んでいる時の子供達の生き生きとした表情といったら!
本当に幸せそう。
こういう時を過ごした子供達はきっと心に強い幹が出来てると思う。


同じように自由保育の保育園のドキュメンタリー映画「アリサ ヒトから人間への記録」というのがあります。
こちらは市の教育委員会かなにかの催し物で観ましたが、もっと子供達が「野生児」していて観ていて面白かった。
で、子供が汚れることを嫌う親にはかなり衝撃的な場面もあった気が。
だって本当に子供達の生活が原始人のそれと変わらないような、危険だったり「不潔」だったりするんだもん。
でもそれが子供本来の姿なんじゃないかな〜〜、とかなり羨ましく思えました。
こういう遊びを通して逞しく成長していけるんじゃないかと。

ワタシは自分の子供時代、自然と一切かけ離れた場所で生活したこともあって(そして本当は自然豊かな土地で子供時代を過ごしたかった)いつまでも「子供時代にこうしたかった」という憧憬があります。
もしもまた子供時代をやり直せるなら・・・・
そう思うとこの中瀬幼稚園や「アリサ」の舞台となった保育園で過ごしたい。
いや、本物の自然が残っている場所で一日中遊んで生き物達を観察したい、と思います。
by mieru1 | 2010-10-23 22:59 | 本読み/こども | Trackback | Comments(0)

息子の就活報告

息子の就職活動、結果が出ました。

先ほど内々定が出て親子共々胸を撫で下ろしました!

就職「超」氷河期と言われる中、内定をもらえるのだろうか?と本人もとても気にしていて
受かるはずのない大手は一切受けず、堅実そうな会社を当たっていました。
四月の段階で二社から最終面接の前段階までいき、そのうち一社から内々定をいただきましたが
もう一社の面接が昨日あり
返事は昨日の夕方から遅くても今朝までにあると言われたのに待てど暮らせど返事が来ない・・・
最終面接前の段階ではすぐに返事をくれたのに・・・
人事担当者さんからは「多分大丈夫だから。」って言われたというのに・・・・・
最終面接時の重役さんが気に入らなかったのか?
何で返事が来ないの???と不信感はつのるばかり。
嫌な空気と時間が流れます。

そして「どうかお祈りメールが来ませんように。」とお祈りしていた次第。

*お祈りメールとは、会社側から不採用の連絡時に「貴殿の益々のご健勝・ご活躍を祈念しております。」等で末尾がくくられるのでそう呼ばれる。
なので「お祈り返し」をしているという変な状況に。

親としても何で返事が来ないのか気になりはじめ、ネットで情報を集める始末。(おかげで仕事に集中できません)
結果、返事が早くても遅くても合否の決め手にならないということでこちらのイライラも全然解消されずにいましたが、本人はもう悲壮感が漂って気の毒でした。
お昼になって息子から電話があったときは本当に明るい声ですぐに内々定が出たとわかりました。

予想外に早く決まったことで肩の荷が下りると共に残りの学生生活が充実できるので、本当に良かったです。本人もこんなに早く決着するとは思っていなかったのでちょっと気が抜けてしまったようですが。
(内々定が出ましたが、正式に内定が決まるのは10月に入ってからです)

で、息子の就職先ですが・・・・

鉄分の濃い子らしく、機械製造の会社でございます。
来年は静岡の独身寮で生活が始まります。
振り返れば高校時代から女っ気のない環境ばかりです・・・
嫁取りは当分先・・・・って、いくらなんでも気が早すぎますね。(汗)

親っていうのは子供がいくつになっても
「這えば立て、立てば歩けの親心」なんですね・・・・。

とにかく息子よ、おめでとう!(涙)
by mieru1 | 2010-05-11 12:57 | 近況報告 | Trackback(1) | Comments(12)

ハチ公物語

報告がすっかり遅くなってしまいましたが
今発売中(月末には来月号が発売)の「ちゃぐりん」掲載の「いのちの歴史」は
初の動物漫画「ハチ公」でございます!
すみません、この時発売していたのは「9月号」で載っているのは「杉原千畝」でした。
b0013305_10345482.jpg


「いのちの歴史」は伝記漫画なのですが、今月号は初めて人間でないお話になってます。
今年のラインアップを決めるときに前担当さんがリチャード・ギア主演の「HACHI」情報をキャッチして
異色の起用になっております。
映画の上映も夏休みと「ハチ」にひっかけて8月上映になってますが「ちゃぐりん」もちゃんと「8月号」での掲載になっています。(笑)

動物が主役ということで「ちゃぐりん」読者の反応が気になります・・・・面食らってないといいんだけど。(汗)
それでこれがきっかけで親子で映画館に足を運んでくれたら嬉しいです。(もちろん映画の宣伝ではありませんので「ちゃぐりん」編集部もワタシも何の恩恵もありません)

それにしても参考のために観た映画「ハチ公物語」(仲代達矢主演)はなんと感想を言ったらいいものやら・・・・
あちらは共感できる登場人物がいないので子供達は途中で飽きてしまうかも、です。
ハチは可愛くて健気なんですけど、それゆえラストが無惨すぎて感動というよりも・・・・・・・(´;ω;`)ウッ…

ワタシも「HACHI」を観に行ってみたいんですが、きっとこのままどこにも行かずに夏が終わりそうです。
by mieru1 | 2009-08-22 10:52 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

「今は女の子が人気の時代」

という記事が今朝の朝日新聞のbe土曜版に載っていました。

そういえば読み聞かせボランティアを小学校へしに行って気づいたんだけど
クラスの男女比が昔だったら男の子が圧倒的に多かったのに、今はもしかして女の子のほうが多い?ってクラスがあります。(半々くらい)
男女生み分けというのがあるのかもしれませんが、環境ホルモンの影響でメス化が進んでいるというのと関係あるの?と心配になってみたり。

で、この記事の内容なのですが、女の子の欲しい理由としてあがってくるのが「老後の支え」(家事、精神面)。
これ、自分が女だから思うのですが、そんな理由で女の子が欲しい、なんて言って欲しくないなぁ。
ワタシは年をとっても出来る限り子供の世話になりたくない。
親の務めは子供を自立させること、と思っているのに何で子供に依存することを生まれる前から目的にするかな。
子供には子供の人生を充実させて欲しい。
そのためにも自分は年をとっても働いて自立していたいし健康でいたい。
まっ、そんなことを言っていてもこの先自分がどうなるのかわからないし、状況が変わればそんな強がりも言ってられないし。

女親としては老後の話し相手としてやっぱり女の子がいい、というのがあるのでしょうが
男の子だって充分話し相手になると思いますよ?

自分の場合、男二人ですが下が生まれる時は「元気であればどっちでもいいけど子供が大人になった時、同性のほうが兄弟同士何かと話やすいかも。」と思っていたので二番目も男の子でヨカッタ!と思ったものです。
(お医者さんには「また男の子だったよ。」なんて言われて腹が立ちましたが。←当時から女の子の方が人気がありました。)

で、よくある話としては小さい頃は母親は男の子のほうが可愛くて父親は女の子が可愛い。
でも年頃になると異性の子供は扱いが難しくなり、年を取ると母親は話し相手になる娘がいい、というパターン。(父親はどうなんでしょ?)

でもでも、ここでワタシは言いたい。
「男の子しかいないお母さん。男の子ってやっぱりいくつになっても可愛いですよね〜〜〜〜?
男の子って見ていて面白いですよね〜〜〜〜?
それでもって意外と優しくて頼れるよね〜〜〜〜?」と。

男にしろ女にしろ、結局その子次第。
面倒をみてもらうつもりが冷たい子に育つかもしれない。
でもそういう子に育てたのは自分にも責任がある訳で「こんな子に育つといいな。」と期待通りになることのほうが少ないかもしれない。

本読みボランティアの人に娘についてどう思うかと尋ねると意外とシビアで
「出かける時『家でゴロゴロしてるならご飯の支度ぐらいしてよ!』と言付けておいたらケーキが作ってあった。
娘、使えない!」と二名のお母さんから答えをいただきました。(汗)
そういえば中学の保護者会でも修学旅行の説明を受けた時、女の先生が
「今は女の子のほうがだらしなくって部屋に入ると物が散乱しているんです。」と言っていた。
女の子は持ち物が多いから散乱しちゃうのはわからないでもないけど
「女の子だから綺麗好きで面倒見がいい。」というのは本能ではないみたいなので「老後の支え」になってほしいのならやっぱり躾が大切かなと。
いや、躾よりも優しさや思いやりの「心」が大切かな。
でもこれは女だけでなく男にも必要だよね。

そういうワタシも忙しさを言い訳に親の世話に行ったりせず親不孝しているので何の役にも立っていない娘なのですが
いざとなったらその覚悟くらいあるし
男の人が一人で親を介護している場合だってよくある。
だから子供が生まれる前から「親の世話をして欲しいから娘がいい。」なんて性別で役割を押し付けないで欲しいな。
自分の子なんだから男女で差別するなんて悲しいじゃない!

そんな遥か先の心配よりも今を大事にしたい、と思うのでありました。
by mieru1 | 2009-05-02 23:24 | 本読み/こども | Trackback(1) | Comments(2)

シナリオからコンテへ

長らく放置していました。
シナリオとそれを基におこしたネームをアップします。

これは小学生向けの「算数おもしろ話」を紹介している漫画なのですが、
一つのネタにつき、4ページか6ページ(見開きのみ)でまとめてくれ、というものです。
今回取り上げたのは「トポロジー」という「図形の見た目の情報を無視して目に見えない情報をとらえることによって、その図形の性質を知る」という幾何学の紹介です。

編集プロダクションから渡された物は
このネタについての資料は圧縮すると約一枚
シナリオは「ストーリー案」として(シナリオではない)次のようなものでした。

先生が問題を出します。
「コーヒーカップ、ドーナツ、ちくわ、取っ手がついた2つの花瓶、ガラスのコップがあります。」
「ここにあるものを仲間分けしなさい。」(約5行)
だけ。

これで4〜6ページの漫画を作るのです。
あなたならどうしますか?



ーーーよくあるパターンとしては、解説の資料を駆使して内容を説明するもの。
で、先生キャラクターの台詞で全てを解説させてしまう。
つまりト書きにキャラクターの顔を添えたもの、とでもいいますか。

でもそんな漫画、読んでいてもちっとも面白く無いですね。
子供は読むのを止めちゃうと思います。

で、少し工夫をするとすれば元気なキャラクターを使って、
漫才みたいにボケと突っ込みで楽しい会話をさせて
ノリよく「解説」を楽しく読ませちゃおう、
というのがあります。

でも、この見せ方でも私はダメだと思います。
何故って面白おかしく読んでみたものの、きっと「解説の内容」は頭に残らないと思うからです。
だいたい「解説」までの「つなぎ」として漫画が機能している感じ。
そして肝心の説明は飛ばし読み・・・・というパターン。

では、どうやったら子供達に解説も読ませることができるでしょうか?

ここは子供の「知りたい要求」「知的好奇心」をくみ出して漫画に引き付け
「ナルホド!」と納得させる見せ方(教え方)が重要になってきます。
この「ナルホド!」が学習漫画における「面白さ」だと私は思います。
別に面白いコントが大切なのではありません。 学習漫画ですから。


では、このストーリー案がどのようなネームになったか御覧ください。
見づらいようでしたら画像をクリックしてもらえれば大きくなります。

b0013305_22432099.jpg
b0013305_22433482.jpg
b0013305_224344100.jpg
b0013305_22442858.jpg
b0013305_22443899.jpg



いかがでしょうか?
最初のストーリー案も活用しています。

こういうネームを考えていて毎回思うのが
「まるで落語の三題噺みたいだなぁ。」ということ。

「トポロジー」をお題に一つの話を作りました。
「図形の見た目の性質は問わずに本質を捕らえる」というのをアイデアに
見た目の差別から来るいじめとからめてみました。
ストーリー案にあった5つの材料も漫画の内容に合うようにいくつか代えました。
こういうのを全部で24本考えました。
(忙しいので半分以上は旦那がネームを切りました。これは私が切りましたが。)


版元にしてみれば、
「とっつきにくい勉強ものが漫画になっていれば子供は手にとってくれる。
親も勉強ものということで買ってくれるから」という狙いで「学習漫画」という形をとっているのかもしれません。

文章で説明するところが、ただキャラクターの台詞になっていればそれで学習漫画としてオーケーというのであれば、それは志が低い・・・というか、読者をバカにしているというか、漫画という表現方法をみくびっていると思います。

漫画のネームは台詞の位置、コマの区切り、印象に残りやすい台詞や単語、構図など、沢山考えることがあります。
そしてページ配分。ページが足りない、もしくは余ることは許されません。
学習ものに関してはまた、いろいろな枷(かせ)が出て来ます。
それらのことを考えながら短いページ数でいかに理解させるか、に知恵を搾ります。
ですのでネームが終わると一大仕事が終わった気がして絵を描く前にちょっと気が抜けてしまいます。
大変なのはここからなのに・・・・

で、以前に書いたエントリーに戻ると、ここまで色々と知恵を巡らし、学校の先生のようにどうやったら子供達が理解しやすいか考え、そして面白く読ませるか労力を払ってネームを描いていても、その「構成料」は派生しません。
あくまでも「絵を描く労力」のみの原稿料なのです。
もちろんいくら増刷されようと印税なんか入って来ません。

そして「原作者」の一部として名前すら上がりません。
あくまで「絵描き」として名前が出ます。

「漫画とアニメは日本が世界に誇れるメディアだ!」などと言われて久しいですが
それらでガンガン稼いでいる人はホンの一握りなんだということを、もっと麻生大臣みたいな人にはワカッテほしいですね。

私ら末端の漫画家の待遇の悪さをもっと知ってもらいたいと思います。
待遇がよくなるにはそうやってヒット作を持たなくちゃダメですからね。
(もちろん大金を稼ぎ出す漫画家と末端漫画家の扱いを同じにしろ、とはいいませんが
本当に末端は安い原稿料が多いです。依頼先も相場を低く見ている節があります。)

あーーーあ、ワーキングプアは惨めじゃのう。
by mieru1 | 2007-07-06 01:27 | 仕事 | Trackback | Comments(0)