タグ:ちゃぐりん ( 37 ) タグの人気記事

良いペース

よっしゃああ!!

今月の「ちゃぐりん」のペースはとっても理想的で今日仕上げればいい段階に入った。
そんなにキツキツでもなく炊事をする時間もネットを見る時間もある。
でも今日はなるべく早く起きねば・・・

今月のペースがいい、というか時間的にゆとりがあるので集中力も途切れてしまうんだが
背景に一日余分にかけれたから来月もこのスケジュールで担当さんにお願いしよう。
珍しく他の連載の締め切りとバッティングしないのも良かった。
それにしても作画時間よりもネーム作業が地獄だということが今回よくわかりました。
一月に一回のプレッシャー。(笑)

一人の人生をたったの12ページで子供にわかるように語る事の難しさよ。
この「子供に分かるように描く」というのが厄介。池上さんも言ってるよ。
きっと誰にもわかってもらえない。(´Д⊂グスン


起きたらスキャン→ホワイト→トーン処理で目指せ今日中にアップ!!
完徹だけは避けたいな。
by mieru1 | 2012-03-29 03:48 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

宮本常一を読んで色々考える

今月の伝記漫画は民俗学者の宮本常一なんですが
もしかして自分の好きな分野の学問ってここらへんに根っこがあったのかなぁ、と不思議な巡り合わせに嬉しくなりました。

元々庶民の生活や、昔遊び(草花遊びや自然遊び、子供同士で遊ぶような伝承遊び)、人間が動物寄りの生活をしていた頃(自然の中で生きる)のこと、今は無くなってしまった日本文化、人とは何か、に興味があったので、そういう時代を幅広く調べあげていた人がここにいた!という正にドンピシャな人に仕事上とはいえ、知ることができて嬉しい。

歴史を動かした人々ではなく、普通の人々がどう暮らしていたかという事は学校では教えられることもない。
ちゃぐりん読者にも、「こういう学問があるんだ!」と知ってもらえて、それが面白いと興味を持ってもらえたらいいな。

それと「民俗学の旅」を読んで、何故か「人生これから、まだまだ色んなことに挑戦していってもいいんだ。」という読後感を持ちました。
何故かと考えてみるとそれは多分、宮本常一の60年間くらいの人生の中で色んな変節があったこと、
自身が既存の民俗学に物足りなさを感じて自分の興味のある方向へ研究が変わっていったように、
「漫画家とはこうあるべきでは?」という一途すぎる生き方は誰が決めたものなのか、それは自分にとって意味のある縛りなのか、という既存の漫画家像と重ね合わしたからだと思います。
ワタシの場合、やはり漫画雑誌に掲載されるのが漫画家本来の姿、という葛藤があるせいだと思います。
生き方に決まりはない、各職業、各学問にだってオリジナルがあってもいい。そう思えたからです。

つまりこういうことか。

b0013305_0452471.png


岡本太郎も常識に囚われるなと言っていたよな。



漫画業界の行き詰まり感、それに伴う「いつまで仕事があるのかなぁ。」という漠然とした不安。
(あまりにも「漫画家は若くないと仕事がない」という風潮が蔓延しているので)
でも、まだ先が長い人生、お休み期間もあることでしょう。
そういう時に自分の好きな分野のことを経験したり勉強して、それを土台に創作(この場合、商業的になるか個人的なものになるか不明)に戻って来られればいいんじゃないかと。

そうそう、伊能忠敬だって隠居してから地図製作の勉強を始めたんだもんね。(確か40代から)
シャネルだって老婆になってからシャネルスーツのヒット作を生み出したんだし。
年をとってからだって一大事業はできるんだから、自分だってささやかながら小品くらいは描けるはず。
職業的にはずっと漫画一筋で生きてきたのでいつの間にか自分の歩く道はこうあるべき、と理想の漫画家像を追いかけるあまり心が硬くなってしまっていたようです。
年と共にできる事ができなくなっていく訳だし逆に若ければできなかったことができるようになっていく訳だし。
その時々で生き方が変化していくのも当たり前のこと。


旅に出て寄り道して故郷へ外の情報を持ち帰ってくるーーーーそういう「世間師」みたいな部分が表現者にあるんじゃないか。

そんなことを思ったのでした。
by mieru1 | 2012-03-23 15:18 | いろんな感想 | Trackback | Comments(0)

ネーム推敲

ぐわわ〜〜〜ん。(涙)
またしても締め切りまでの時間が足りなくなってしまった。
何故かというと、今月のネームの出来が良くないからだ。

赤入れ(テキストの修正)して返ってきたネームを見る勇気が湧かず、かつ背中のコリもひどく(コリが溜まるとやる気が出てこないんです)
思い切ってマッサージに出かけたついでに入ったガソリンスタンドで予想外の時間を食ってしまったのだ。
(オイル交換とエレメント交換を忘れていたのでエンジン内の洗浄という余計な時間と予算がかかってしまったのだ。)

とにかくテンションが下がる原因を取り除いて、やる気の出ない言い訳はできなくなったしタイムリミットも近づいてきたしでついにネームを見直す作業に入り、先ほど終えました。
正直、自信のないネームや作品を見るのって辛い作業なんです・・・・。
作画時間、あと四日間。デッドラインです・・・

伝記漫画は取り上げる人物によってテンションも出来も違ってくると最近とみに思います。
女性は特にテンションが下がります・・・・
シャネルとか荻野吟子みたいな人は描いていて燃えるのですがあんな人、男でもそういない・・・

人物に感情移入できないとネームの出来も悪くなり、テンションが下がり・・という悪循環に入ってしまいます。

でもこのまま納得できないネームで描くと絶対途中で自己嫌悪になるのが目に見えているので
時間の許す限り手を入れます。
不出来な作品を発表したくない、という恐れです。
こちらがどんな事情で描いていようが読者には関係のない話です。
読者には作品が全て。言い訳は誌面でできないのです。
たとえ言い訳を読者が知ったとしても、「だから何?そんなの知ったこっちゃない。あんたプロなんでしょ?」で終わりです。
だから全責任は自分にある。
監修者がいるとはいえ、話の内容をチェックするだけなので話の構成から全ての責任は餅屋である漫画家の責任。そこに緊張感が生まれる訳です。

自分でイマイチと感じて推敲しているのだから第一稿よりは良くなっているはず、というところでひとまず安心して発進できるのです。
とりあえず第一稿よりはマシ。

発表前からこんなことを書いちゃうのは不謹慎なんですが、今そう思っているのは嘘ではないので。
あとは絵を頑張る。
やる。やるのだ。
by mieru1 | 2012-01-26 01:05 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

日替わり体調

「女心と秋の空」なんて言いますが最近のワタシは日によって体調が違うので困ります。

昨日は軽い頭痛があったのですが
今日は寒くなったせいか発熱前の寒気に似た感覚があります。
なんか頭が火照りそうでスネから下の脚の部分がやたら冷える。
つまり上は熱く、下は冷たい。
それと気持ちの悪さ。
一昨日はすっごく快調だったとのに・・・・

もう襟ぐりの開いた服を着てるとそれだけでクシャミが出ます。
午前中はよくても午後から寒いので部屋にいながらストール巻いてます。(笑)



今月は普段の仕事の倍の量、と言ってましたが何とか「ちゃぐりん」一本にまでなりました。
ここ一週間で細かい下書きを20ページ描いたんですが、もっと泣きたくなるような状況になるかと
思っていましたが何とかなりました。(というか何とかなるもんなんです。旦那に色塗り手伝ってもらったってのもありますが。)

内容は

1 農作業事故の原因
2 「徒然草」
3 大石内蔵助(ちゃぐりん「いのちの歴史」)

自分としては忠臣蔵が一番面倒くさそう(涙)と思っていたのですが、一番大変だったのは
1番の農作業事故の漫画でした。

普段触りもしない道具類をいろんな角度から人と背景と絡めて描くんですが
自分の漫画で欲しい角度の機械の資料がある訳ではないので頭の中で立体を想像しながら描く。(涙)
これがとっても難しい。(田植機やトラクターなど)
画像があればそれで済むのに。
ですのでたった5ページの下書きに一日半かかってしまいました。

毎月ある古典漫画の紹介は、ここ数ヶ月、平安時代、鎌倉時代と続きましたので
それに比べれば(内容もくだけてるし)楽々でした。助かった・・・・

今やってる大石内蔵助も、まぁ討ち入りの衣装が面倒といえば面倒ですが
皆おそろいのコスチュームなので助かります。
少なくとも甲冑、十二単を描くより楽!!
合戦シーンがある「いのちの歴史」は勘弁してっっっ!!!(といいつつ毎年「源義経」を推薦していたような・・・・)


ーーーーとまぁ、思ったより楽だったといいつつ、「ちゃぐりん」の締め切りはいつも通り「あと一日あったらなぁ。」
という進行具合。
そして毎日変わる体調。
また徹夜になるのか・・・・

まぁ毎度何とかなる、というか何とかしなくちゃいけないのだけれどね。

頑張ります。
by mieru1 | 2011-09-26 23:26 | 近況報告 | Trackback | Comments(5)

進行が・・・

ヤバい、月曜までに間に合うかしら・・・
残すペン入れは面倒なところだけ。それから地図。
でも今回は描いていて楽しい。(今月は南極探検の白瀬矗)
これを切り抜ければしばしの休み、そして怒濤のスケジュールの九月がやってくる。
どうなる九月?

今は先のことを考えるのじゃなく、目の前のゴールに集中集中。

外はめっきり秋の気配。
涼しいのは助かるが湿度が高いと線が太くなるので勘弁だ。
さて一寝入りしよう。
by mieru1 | 2011-08-28 04:05 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

ぎゃ〜〜〜、やばい

水曜締め切りの伝記漫画、今回は「ショパン」なんですが
人物は多いは背景は面倒くさそうだわ、ピアノは描かなくちゃで早くも白旗宣言したくなってきました。
泣きたい・・・・・(´Д⊂グスン
ページ数は少ないんですが説明的な絵が多いので描くのが大変なんですよ。
でもって、人物と背景を一緒に下書きすると背景を書き直したりする際に人物の線が消えてしまうのがイヤなので
先に人物だけペン入れして、それから背景に取りかかるのですが、その背景の下書きがほとんど入っていません・・・・(滝汗)
ああ、これから先を想像するだけで恐ろしい。

おまけに最近、めっきり徹夜・・・というか睡眠不足に弱くなっていまして寝る間を削って時間を確保する自信がないのです・・・
時間が足りない・・・その代わり食事の時間が犠牲になります。
食べると眠くなっちゃうし。(でも食べないと脳にブドウ糖がいかなくなるから飴とかバナナを食べて補給)
時間が足りないならブログなんか書くな、ということなんですが煮詰まって逃避しているのであります。

ずっと描いていれば一歩一歩完成に近づくのはわかっているのに
まだゴールまでの手応えがないのが怖い・・・・
もう首から肩の筋肉が痛くて文字通り「首が回らない」状態。
終わんなかったらどうしよーーーーー。
(と、ここで担当さんを思い出して気を引き締める)

一人で描いてるから全てのコントロールは自分次第。
年々年とともに体力気力が低下している気がする。
若い頃はそれこそ徹夜なんてへっちゃらだったんだけどな。
とにかく睡魔と闘う気がさらさらなくなっているのは困り者です・・・・

よしっ!ペン入れに戻るぞ!!
気合いだ気合いだ気合いだ〜〜〜〜!!
睡魔退散!!
by mieru1 | 2011-01-25 00:00 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

旦那の本の宣伝です

今日は単行本の宣伝などを。

旦那の渾身の学習漫画が去年の12月にやっとこさ発売されました。
クレヨンしんちゃんの47都道府県なるほど地図帳 (クレヨンしんちゃんのなんでも百科シリーズ) [単行本(ソフトカバー)]  ←気になる方はココをクリック!

オールカラーで950円(+税)と断然お得なお値段です。
この手の学習漫画でオールカラーというのは珍しいそうです。

b0013305_17405826.jpg


この本が出るのになんと苦節3年かかっております・・・(´Д⊂グスン
もちろんその間原稿料はもらえません。 つ、辛かった・・・・(家計が)
しかしその分充実した内容になっております。
お笑いが得意なので駄洒落かギャグが必ずオチについております。
是非書店で手に取ってみてください。




一方、ワタシの仕事「いのちの歴史」の単行本「学習漫画世界の偉人伝」ですが、
先ほどAmazonを見ましたら三巻が「在庫切れ」になっていました。
「在庫切れ」とは?と確認しますと
>>出版社またはメーカーで在庫切れのため、一時的に注文を受け付けられない場合。商品によっては、入荷しだい、Eメールでお知らせする場合もあります。

となっております。
こ、これは期待してもいいのか????増刷を。
カモ〜〜〜ン、増刷!!あ〜〜〜ら、えっさっさ〜〜〜!(笑)

Amazonでは在庫切れでもbk1ではまだ入手可能です。↓
「学習漫画世界の偉人伝」

bk1でも三巻が在庫数が少ないのかな?(出荷までかかる日数)ゲバラの人気でしょうか?
で次に少なさそうなのが二巻。これはmickさんがレビューを書いてくれたおかげか?
AmazonでもBBさんがレビューを全巻に渡って書いてくださり、ありがたいです。(ううっ。涙)
あまりの反響の無さっぷりにこうやってお褒めの言葉をいただくと返って緊張するというかプレッシャーになるというか・・・情けない。(笑)今月号も頑張らなくっちゃ。
そう思うと漫画雑誌で活躍されている漫画家さんのプレッシャーって凄いんでしょうね・・・


どちらの本も印税は大した額ではありませんが、現在我が家の家計は火の車。
少しでも収入に結びついて欲しいワタシであります。
by mieru1 | 2011-01-20 18:25 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

やりがいのある仕事・漫画

今週は毎日が締め切りという超忙しい一週間でした。
おかげで生活サイクルがめちゃくちゃ。どっと疲れました。
睡眠時間は短いし、睡眠の質も悪いので疲れがとれません。
やっと次の締め切りまで間が空きますが、その間にも次の伝記漫画の資料を読んでネームにしなくてはいけませんし
飛び込みで入った仕事の取材もあり気が抜けない日々が続きそうです。

今日は一段落ついたところで、臭くなったぶん太をシャンプー、風呂掃除ついでに自分の頭もシャンプー。
実に一週間ぶりのシャンプーでしたよ。(涙)
おかげで今も頭がサッパリ気持ちいいです。
ぶん太も撫でても臭くなくっていいです。

そういえば先月入稿した「ライファイデン」は監修者の先生が
内容の取捨選択、ストーリーの構成を絶賛していましたと、担当さんから伝えられました。う、嬉しい・・・(監修は協同組合論の権威、村岡範男先生です!)
思い返せば最初に頭の中にあったプロットでネームを書き始めようとしましたが、もう一度考えると最後に付け足さなくてはいけない話があったのです。
もしそのまま書いていたら絶対書き直しをくらうような、ホント自分が若い頃ネームの没をくらった記憶が蘇りました。
プロット(骨組み)が間違っていたらいくらネームを書き直したところで良い伝記になるわけないですもんね。そういう修正も経験からわかってきました。いつも上手く気がつくといいんですけど。
でも毎回、どの監修者さんからもお褒めの言葉をもらえるようになってきたのは、自分なりにキャリアアップして安定感が出ているのかな?と思ってみたり。

ですので編集者の皆さん、構成から漫画にするお仕事を是非!お願いします!ーーーと宣伝しておこう。
作業も早いですよ〜〜〜〜。
早い!安い!面白い!を目指しますぞ。(あっ、安くなくていいですけど)


今月は少し時間的に楽になるかな?と思っていたけど、結局来月一杯まで休みが無くなってしまいました。
自分も年を取ったせいか、漫画を一本仕上げるのに体力、気力が必要になってきましたが
ペン入れ作業がなんといっても楽しいです。
いつまでこの仕事があるのかわかりませんが、仕事がある限り、楽しく、誠意を込めて取り組んでいこうと思います。

何も無いところから漫画をという物を生み出す。自分で責任を持ち、全てをコントロールする。
そこに達成感と充実感といった手応えがあるのが面白いのかな、と思います。
ものをつくるって面白いですよね。
by mieru1 | 2010-10-09 00:53 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

学習漫画 世界の偉人伝

amazonで拙著の売れ具合をチェックするのだけれど、下がった順位が上がっているのを見るとその度、卓球の愛ちゃんよろしく「さーーーっ!」と吠えてしまう。(もちろんガッツポーズ付きで)

何度も言うけれど、学習漫画は反響が皆無といっていいので
「本が売れている」=「私ごときの漫画を買ってくださる人がいる!」と思うだけで嬉しいのである。
そういえば長男が「横浜の丸善でみたら1〜3巻が売れていたよ。」と報告してくれて思わず「ホントかよ〜〜〜?」と言ってしまいました。(場所によっては書店売りもあるみたいです)
でもその度「待てよ?実は知り合いが買ってるんじゃないの?」と思ったり
「いやいや返本されたのかもしれないぞ?」と疑ってしまうのである。
ーーー反響が無いので疑心暗鬼になるのが当たり前になってます・・・・・悲しいサガだわ。
で、読んでくれた知り合いが「あの話は泣けたね。」と言ってくれると「ホントにホントに?」と疑いつつも嬉しくなるのである。
そうそう、唯一反響が載るのが「ちゃぐりん」の保護者からのお便りコーナーで、「いのちの歴史」の文字を見つけるとこれまた嬉しいです。(滅多にないけど)
あ、ありがとうございます。うれしいです。(涙)

そして・・・・初版は(部数が少ないので)完売するといいな・・・・。というかこれぐらいの部数も完売されないと悲しい・・・・・。
できれば増刷されるといいな・・・・・(ってそんなことがあるのか?そういえばベトナムでも少部数発行されると聞いたんだけどどうなったのかしら。)

どこの誰だか存じ上げませんが、お買い上げいただき本当にありがとうございます。(´Д⊂ヨヨヨ
そして知り合いの皆様もありがとうございます。(´Д⊂グスン
これからも凹まず精進していきたいと思います。
by mieru1 | 2010-09-06 22:37 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

岩崎弥太郎

ネームのOKいただきました!
またまた監修者様、担当編集者さんからお褒めの言葉をいただきました!
最早これくらいしか喜びがないという・・・・(涙)

幕末はいつも短ページでまとめるには枷がありすぎて自信がなく
今回はネーム後の推敲も怖くてできなかったという情けなさ。
でも担当さんから「わかりやすくて良かったです。」と言われやっと安心して
自分のネームを見直せたという体たらく・・・・

今、必死で下書き作業中ですが、弥太郎は今までにない破天荒なキャラクターなので描いていて楽しいです!
何が楽しいかって、表情が豊かだから!

学習漫画の登場人物って往々にして真面目になってしまうのですが
今回の弥太郎は怒ったり泣いたりと忙しい。(笑)
おまけに上司に当たる後藤象二郎がお笑いキャラとしていい味出してます。
象二郎さんたらあまりにいい加減な性格で漫画のキャラとしてはサイコーです。(笑)
ああ、もっと後藤象二郎を描きたい!
二人とも面白い人物なので描きながらこちらの気持ちも上がってきます。
なので描きながら自然と自分の顔もニヤニヤしてしまいます。

で、最後にいつも描き上がった漫画を読んで「何でこんな絵になるのかな〜〜。」とショックを受けるのがパターンなのですが・・・
なんでこうも思うような絵、線が描けないのだろうか・・・・
描いている最中は楽しいのに。

時間との闘いは毎度のことで辛いのですが、作品を完成させるという達成感が味わえるのが
この仕事のいいところです。
絵はアレでも子供読者が「今回の岩崎弥太郎は面白い顔が多くて楽しいな。」と感じてもらえたら嬉しいです!

頑張るぞっ!!
by mieru1 | 2010-08-20 20:32 | 仕事 | Trackback | Comments(2)