<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小島剛夕 「料理人 ーつくりにんー」  を読んで

読みました!
全4巻ですが、少しもダレることなく一気に最後まで。
ストーリーは江戸時代。十年に一度の「包丁式」に初めて関東(江戸)から選ばれた料理人(主人公の父)が
幼なじみでライバルの料理人の策略に嵌められて失敗し、料理人としての責任を感じて自殺してしまう。
この悪役は母親、父の弟子まで殺すことになり、真犯人を知った娘は料理対決で親の復讐を果たそうと決心するもの。

すんごく面白かったのですが、打ち切りにあってしまったのか、あと2巻あったらとても完成度の高い作品になっていたのでもったいない!の一言でした・・・
(以下、軽くネタバレアリ)



まず、やっと探し当てた師匠の元でする修行に一巻。最後の仇を討つ件に一巻。
これで完璧。
残念なのは、ずっと「親の仇は料理対決で」と心に誓ってブレずに話が進んで来たのに
突然打ち切りが決まったのか風呂敷を畳むため、無理矢理、仇と同じ策略を主人公もするところ・・・
故に料理の腕比べというのは無しに。
それだから最後の対決で使うはずだった包丁を頼んである刀鍛冶のおじさんの所にも行けないで終わってしまった・・・・・
3巻を読んだ時点で「これ、本当にあと1巻で終わるの?」と思わず旦那に聞いたらこんな結末になるとは・・・




ストーリーの面白さの肝になるのはやはり主人公が「女」だという壁でしょう。
敵と対決するにも料理の腕を上げて対等にならなければいけないし、かといって女料理人なんて許される時代ではない。孤立無援。
しかもどんな酷い目に遭っても決して心が荒む事無く、目的のために精進していく主人公の清々しさ。

それにしても、料理人が主人公ということで、職人が題材のせいか、所々で小島先生の仕事に対する姿勢みたいな言葉が出てきます。
その言葉に重みがあり、昨今の「かっこいい決め台詞」が出てくる若者漫画とは違う、大人の漫画です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それにしてももったいない!と悔しく思います。
そして、人気次第で長くも短くもなる漫画連載。
最初から「このページ数・巻数で完結」というくくりがあったら、もっと作品の質が上がるのでは?とも思いました。(テレビの大河ドラマや朝ドラのように)
長さのワクが決まっていれば、だいたいこの話数までに事件があって、キャラを出して、話が進んで・・・とストーリーも創りやすくなると思うんですよ。

「人気次第でゴール(最終回)がどこになるかわからない。」
作品の完成度を考えるとこれほど怖いものはありません。
それは毎月12ページで伝記漫画を描く仕事をしているから特にそう思うのかもしれません。
最初から全○話で終わる、とわかっていれば途中から読む新規の読者も、最初から読んでいる読者も最後までつき合ってくれるのでは・・・?なんて思ったり。
それにはやはり、面白いストーリー漫画を決まった話数で描ける力のある漫画家を選ぶ、編集者の目も問われるはずです。企画ものだっていい。
そして人気があれば新シリーズとして数話完結の約束で始める。
そのくらいの長さでやった方が漫画家のモチベーションも保てると思うんですよ。
いくら人気があっても十年もやっていたら飽きちゃうだろうし、ネタも切れちゃうだろうし、何より作家本人が歳とってしまうので、雑誌の読者層とズレて来てしまうでしょう・・・

最近の読者が「ダラダラといつまでも続く漫画に辟易としている」様子から、試験的にそういう連載漫画があってもいいんじゃないか?と思ったり。
それに短い巻数なら興味を持った新規の読者も遡って買ってみようか、という購買意欲にも繋がってくるんじゃないかと思ったり。
(ワタシとしては新規で全巻買うとしたら10巻前後が限度かな・・と。)
価値観は人それぞれですが、やっぱり娯楽である漫画は読み終わって「ああ、面白かった!」「感動した!」っていう満足感が得たいのだと思います。
期待して映画館に足を運ぶのと同じです。
お話が完結するというところに一つのカタルシス、満足感、充実感があると思うのです。(つまらない作品では駄目ですが・・)
でも逆に、もし自分には合わなかったとしても、そのくらいの短さなら「時間と金を返せ!」ということにもならないのでは・・・・・。



ーーー「料理人」を読んで、あまりにもったいない!と思ったもんだから、ついこんな事まで考えてしまいました。
by mieru1 | 2011-11-20 19:47 | いろんな感想 | Trackback | Comments(0)

明日がネーム締め切り

ホントは昨日締め切りだった「伊達政宗」のネームは早めに相談して明日になりました。
そのかわり制作時間が押しちゃうな〜〜、と覚悟していたんですがデータアップの締め切りも延ばしてくれました。
ありがたい!助かりました!

例の梶原一騎BOTですが、今日は「あしたのジョー」の場面をやたらアップしてくる。
ううう、読みたくなってきた。
ジョーがボクシングをやる決意のシーン、大好きです。

留置所に入って段平さんからパンチの打ち方を書いたハガキが届き
「こんなものやってられるか!」とビリビリに破るジョー。
でも暇すぎてパズルのようにハガキを並べ
段々その気になって、ついには夢中になって練習をする、その件がゾクゾクする!
今までつっぱらかっていたジョーが生まれ変わるシーンであります。
その行動、気持ちの変化がとても自然なプロセスなのでこちらもジョーの気持ちに入っていけます。
そしてハガキ故に端的にパンチの打ち方を表現する段平さん。ただ者ではない(笑)。

それと旦那が薦めてくれた小島剛夕の「料理人」もチラッと読んだらこちらも面白そう。

今の仕事が終わったら、本当に久しぶりのお休みになるので、あともう少し我慢しよう!

さてさて、カッコいい伊達政宗が描けますように!
by mieru1 | 2011-11-17 14:09 | 仕事 | Trackback

梶原一騎BOT

息抜きと情報収集を兼ねてTwitterをやっていますが(呟きません。あくまでもブックマーク代わりに使ってます)
今日、劇画王梶原一騎BOTを発見!
こんなものがあったのか〜〜!と早速フォロー。

どんなことを呟いているのか少し遡ってみると「タイガーマスク」「愛と誠」の中からの台詞がピックアップされており
つい見入ってしまう。
その台詞を読みつつ漫画を思い出しなんだか涙ぐんでしまったわ。
熱い時代だったんだな〜〜。そして辛い事が当たり前のように主人公達に降り注ぐ漫画だったなぁ・・・・

そういえば漫画ゴラクで「極道高校」の続編が始まったとか・・・
よ、読みたい。
でもゴラクはさすがに立ち読みできないなぁ・・・チャンピオンが限界だなぁ。
チャンピオンは未だに古き良き時代の蛮カラさというか男臭さが残っていて好きだなぁ。

ということでワタシは古くさい漫画をこれからも愛読していくのだろう。
by mieru1 | 2011-11-12 17:45 | 梶原一騎 | Trackback

時間との闘い

保健漫画、いよいよ残り1ページと表紙(4色)を残すのみで何とか締めきりに間に合いそうなメドがつきました。
ということで久しぶりに洗髪。ああ〜〜、スッキリしたぁ。

それよりも次に控えている締め切りが超ピンチです。
いつもながら思うのは同時進行だと一つに絞って仕事ができないので必然的に作品にかける時間が少なくなってしまうこと。
更にストレスになるのが、残り時間が少なくなっている時に限って修正などが入り
今やっている作業の進行が中断してしまうこと。これが実に多い、痛い。

とにかく同時進行はやっと一つ仕事が終わってもすぐに次の締め切りが迫っているため
休む時間もなくまたキリキリして間に合わせなくてはいけないのが悩ましいところ。
明日は早起きして残りを仕上げてしまって次の漫画のペン入れ、できたら色紙の着色も済ませないと
ちゃぐりんのネームが本当にヤバい。
本を読まなくちゃいけないから時間は確保しなくちゃだし、ネームも難しいのでいくら日数があっても足りないくらい。
しかも着色原稿の手伝いをアテにしていた旦那も自分の仕事が忙しくなってきたのでなるべく一人でやらなくてはいけない。というかアテにしない方がいい。
今月分はいつもより4ページ分多い10ページ分着色なんだよなぁ。(涙)何日かかるかさっぱり見えない。
今度ばかりは物理的に心配レベル。


心配してないで少しでも睡眠時間を確保しよう・・・
睡魔と闘ってまで仕事できないし(結局無駄な作業が増えてしまい効率が悪いので基本、数日寝ずに仕事ということはしない。というか出来ない)とにかく食事よりも睡眠だ。
空腹は何とか凌げるけど睡魔は耐えられないと強制終了しちゃうから、これだけは避けたい。
そういえばここ一ヶ月一日二食&禁酒してるんだけど体重がマイナス2キロから動かないよ。
確実に言えるのは腹回りの浮き輪が小さくなったことかな?

来週は木曜日までキリキリして働かないと大変な事に。
でも一日中仕事できるかっていうとそんなことないから実作業している時間を考えるとやっぱり二倍くらい時間が欲しいんだよな・・・・

「時間は有限」。これがこの仕事を続けていて痛切に感じる事です。
命と時間は買えないからね。
だもんでノンビリ受験勉強しているあの子がマジ心配です。


では、おやすみなさい。
by mieru1 | 2011-11-11 03:40 | 仕事

イノチゲノム

例の保健漫画の締め切りに向けて連日徹夜してます。

今回のテーマである「遺伝子」を説明するにあたって登場人物に猪木もどき(猪知下乃武・イノチゲノムといいます)が出てきます。何という短絡的なキャラクター設定。
自称「遺伝子の伝道師」。

で、昨日の深夜、独り猪木を描きまくっている自分にフト気付き
「こんな真夜中に猪木なんか描きまくっている自分って・・・・・・・。」なんて我に返ってしまいました。

今日は今日で朝(昼ともいう)からずっと二重螺旋構造を描いていて頭の中がこんがらがりそうになってました。
でもお城とか鎧を描くよりずっと楽!ーーーーー今月はこれから伊達政宗か・・・はぁ・・・・。

それにしても今回も学習漫画だというのに、こんなに下らない漫画に仕立てて良いのだろうか?と思いつつ
でも続けてお仕事をいただけるというのは、これでいいってことだよね、と自問自答。
普段やっている仕事が伝記漫画や古典漫画、イメージキャラを使った教材紹介漫画なので
唯一自分の好き勝手にできる保健漫画は結構息抜きになってます。
毎度毎度下らないコメディ仕立てにしててすみません・・・
ていうか、学習漫画で遊んでてすみません・・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

先ほど駅まで長男を迎えがてらコンビニに寄り道。
週刊少年チャンピオンがあったから立ち読みする。
浦安鉄筋家族を読んだら国会議員(猪木がモデル)が出ていてお約束の○ンコを発射していた。
うう、猪木に呪われているのかしらワタシ。
囚人リクも読む。うん、面白くて良かった。漫画の密度が丁度よい。お月様にそういう意味を込めていたのか〜〜〜。
ここのところお話の進め方とか詰め込み方とかいい感じ。


それにしても11月というのに全然冷えていない夜って不気味。
秋の虫もまだ鳴いているんだよね。

さぁ、仕上げ頑張ろう。
(猪木が嫌だといいつつ楽しんで描いている自分は幸せ者だ)
by mieru1 | 2011-11-07 22:55 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

鳥肌の立った曲

音楽がらみで一つ。

好きなアーティスト、音楽は多々あれど初めて聴いて鳥肌が立った経験とはそうあるものじゃございません。
まず一番古いと思われる記憶は

Eric Clapton  「いとしのレイラ」
Deep Purple  ”Smoke on the Water”    

これらは小学校2年生の時にヒットしたんですが、その頃家で聴く音楽といえばテレビか母が聴くラジオ(NHK第一放送)で、自主的に音楽を聴くことなんてありませんでした。(当たり前か)
んで、初めてラジオから流れて来たこれらの曲を聴いて「なんてカッコいいんだ!」と鳥肌立ったのです。
だって家で聴く音楽といえば歌謡曲とかみんなの歌とか主に歌番組で流れるものだけでしたから。
たまにラジオから流れるビートルズやミッシェル・ポルナレフ、サイモン&ガーフアンクルとかも好きでした。
他にもサンタナの「哀愁のヨーロッパ」もかなり印象強かったです。

そして時間はずっと飛んで大学時代。

Whitesnake    ”Still of the Night”

Guns N' Roses   "Sweet Child O' Mine"

以上4曲です。
スティングもジョ−・ジャクソンも好きですが、こう、鳥肌が立つような衝撃とは違いますね。

次男坊が「最近の音楽はパンチが少ない。」などというので(どうやらメタルが好きらしい)ワタシは一番カッコいいと推薦できる
ホワイトスネイクのアルバム「サーペンス・アルバス」を渡したいのだけど見つからないのだよ。(涙)
ガンズの「アペタイト・フォー・ディストラクション」も無いのだよ。(涙)どこへ行っちゃったの?
ま、結局ワタシにとって鳥肌もんというのはハードロックのことなのね。
イヤ、よく考えたらギターのメロディがカッコいいと感じたのかも。
レイラもスモーク〜もサンタナもそうだもんね。


まぁ今ではすっかり聴かなくなっちゃいましたが、時々聴いてもやっぱりイイものはイイ!ですね。


ーーーちなみに腹がよじれるほど笑った音楽は「金太の大冒険」ね。
特に「金太マカオに着く」で死にそうになりました。
by mieru1 | 2011-11-04 14:28 | なつかし話 | Trackback | Comments(0)

文化の日

長男より昨夜「明日休みだから実家に帰る」との電話があり

また休みか

と思ってしまいました。

こちとら、ずっと日曜祭日関係ない生活してるから世間の休日は日曜日以外把握してなくって
息子から「休みだからどこそこへ行く」という連絡があって初めて知ったりします。
おまけに次男は今日は予備校だし、長男は明日は午前6時に出発というし・・・
休みとはなんのことか。
夜型人間にはもう真人間の生活はできんとです。


それにしても目んめが痛いのよ。
特に効き目の右目が重い。
そして思うように絵が描けなくてノリが悪い。困った。
困ってないで筆を進めよう。
by mieru1 | 2011-11-03 17:36 | 近況報告 | Trackback | Comments(2)

Joe Jacksonライブアルバム

身体がだるくてたまらず今日はマッサージに行ってきました。
これで何とか年内は大丈夫。
いつもくれる10分延長のサービス券は有効期限が二ヶ月なんだけど、有効期限中に行けたためしがない。
忙しくて行けないのが主な理由で、だいたい三ヶ月すると今回みたいに耐えられなくなり、間隙を縫って行きます。
で、毎回「すっごい凝ってますね。ごりごりですよ。」と言われるんですが、これはお客に喜んでもらうリップサービスなのかと思ったり・・・・
だってそういう人が毎日来るんだから珍しくもないですよね?



ーーーーーーーーーーーーーーー



気分転換にJoe jacksonのライブアルバムを今頃入手。

Live Music

Joe Jackson / Razor & Tie



今回は二曲の新曲入り!
ーーというのはちょっと違ってカバーソングが二曲入っているのですが、ワタシに取っては初めて聴く曲なので新曲扱い。(笑)

カバーしているのは
Ian Dury "Inbetweenies"
David Bowie "Scary Monsters"

どちらも知らないのでYouTubeで検索。(いや、ホント便利だよね)

イアン・デューリーを初めて聴いて「うわっ!何て下手くそな歌手なんだ!」とおののき
「うん、絶対好きになれないタイプの音楽。エレクトーンの音も好きじゃないし。」と思いつつ数曲繰り返して聴いているとあら不思議。
ここ数日頭から彼の音楽が離れません。何度も頭の中でリピートしてます。
決して心地良い曲ではないんだけど、癖になるというか。

でもオリジナルソングをこんなふうにシャレたアレンジにしてしまうジョー・ジャクソンはやっぱりワタシの好み。
彼の音楽はもちろん、そのセンスと才能が好きなんです。
"Scary Monsters"のギターソロのパートをピアノで弾きまくりっていうのもオリジナルを聴いてビックリ。
彼の弾くピアノが溌剌としていて楽しそうです。
ああ、また生演奏が聴きたいよーーーー。


ーーーーーーーーーーーーーーー



心身ともに少しリフレッシュしたので、これからまた仕事に戻ります。
休んだ分だけヤバいのだ。
by mieru1 | 2011-11-01 22:23 | いろんな感想 | Trackback | Comments(2)