<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

終わりません

仕事をやってもやっても次があり、終わった感がありません。
11月いっぱいまで締め切り地獄です。

先週は一週間のうちに保健漫画のネーム、ちゃぐりんの漫画制作、古典漫画の下書き提出とあり
充実しすぎて予定通りに終わるのかハラハラしました。
ちゃぐりんに関しては下書きから仕上げまで三日間で終わらせるという強行軍で、それこそ三日間机に張り付いて仕事してました。(涙)

丁度その頃、ゴルゴ13のさいとうたかを先生が仕事のし過ぎで手の手術を受けた、という記事を読んだので
「いくらワタシが辛いと思っても、さいとう先生みたいな沢山の仕事をこなして来た人や週刊連載をずっと続けている漫画家さんに比べたら大したことないんだよな〜〜〜。まぁ、こっちは貧乏だからアシスタント使わないで全て自分でやるから疲れる、というのはあるけど・・・」などと考えながら仕事してました。
ホント週刊連載を続けている漫画家の消耗度は高いと思いますよ。(歳を取るにつれ)
人気も気にしなきゃいけないし過酷ですよね。
まぁ一人でやっているワタシも消耗してますけど。
時々旦那に色塗りをやってもらったりすると「人の手を借りるってこんなに楽なんだ!」と感激することがあります。


消耗で思い出したけど、忙しくなると決まってどこか知らない土地へ行ってる夢を見るんですが
最近は何故か子供達がチビこかった頃の夢を立て続けに見るんです。
そんなことがあって、段々自分は「次男が大学進学をして卒業したら、それで死ぬのかもしれない・・・。」なんて考えてしまうようになりました。(大袈裟)

そう、まるで鮭のお母さん。(あ、鮭は雄も死ぬのか)
なんか子育ての責任が終わったらホッとしてそのままお空へ行ってしまうイメージが・・・・
イヤ、この場合川を流れて行くイメージか。
とにかく次男を卒業させるまでは仕事を受けなくては!(もちろんいただけるのなら、ですが)
毎日時間に追われてインプットする時間もないので別にいつ死んでも構わないやーーー、なんて達観してきました。
だって死ぬまで働き続けなきゃいけない自由業者だし、優雅な隠居生活なんてありえないし、その方が幸せかなー、なんて思ったり。
まっ、長生きの家系なので無駄に長生きしそうなところが恐ろしいのですが。


ただ問題点が一つ。
それは次男が来年大学に合格できるか否かだ!!
なんかあの子を見てると不安になってくるのよ〜〜〜〜。
部屋を覗くとネットしてるか寝てるかだし。
部屋には漫画本が沢山散らかってるし。
いつになったら本気を出してくれるのでしょうか?(涙)
いつまでも浪人生でいるんじゃないでしょうねぇ!!お母さん、そこまでつき合ってあげられないよ!
さっさと卒業してくれ!なんなら飛び級してくれても構わないんだぞ!!(まだ受験もしてないのにそう願わずにはいられません。それくらい消耗してるのよ。とにかく早く!早く独り立ちして!!)


まぁ、とにかく一日一日を大切に過ごすだけですよ。仕事ばっかりでウンザリする日もありますが。(笑)
でも何だかんだと言いつつ漫画の仕事を辞めたいと思わないのは、この仕事が好きなのと面白味があるから続けられるんですよね。


↑こんな悲観的なことを書いて病んでいるように見えますが、本人、いたって元気です。
ああ、くだらないお話が聞きたい!!
バカバカしい漫画が見たい!!(大笑いしたい)
アホな会話を楽しみたい!
つまり煮詰まっているんです。
by mieru1 | 2011-10-30 01:11 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

間に合わせる!

今日が「ちゃぐりん」の作業日(という名の締め切り)で、DTPのオペレーターさんが来る日。
ワタシはデータ作業中ですがやっとベタ&ホワイトが4分の3終わったところ。
それが終わったらトーン等の仕上げ。
夕方までには全部渡せるとふんでいるんですが、今回は例の保健漫画のネームの他に
新学社の仕事があり、下書き&ペン入れ12ページを正味二日間で終わらせるという強行!
ね、ねむい・・・・
by mieru1 | 2011-10-27 04:55 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

苦しい・・・

本当なら昨日中にネームが出来上がっているはずの遺伝子マンガ。
出だしがものすごく快調にできたものだから、そのままのペースですぐに上がると思っていたら
途中でつまづいてしまいました・・・

一方的な説明になって、(説明文を端的にまとめるのも一苦労)トントンとリズム良いネームになりません。
こういう時のネームって絶対に後で読み返しても面白くない。
だって描いてる本人が行き詰まっちゃって面白さに自信がないんだもの。
あああ〜〜〜、困った。

いい加減「ちゃぐりん」の仕事も進めないと締め切りまでの時間がドンドン無くなっていきピンチです。

今週はどのスケジュールもキツく、このままズルズル引っぱっていては共倒れになりかねません。
かといって泣き言を書いていても解決する訳もないし前を向いて進んでいくしかない。

早く、早くネームを完成させねば。
今はそれだけ。
by mieru1 | 2011-10-24 14:04 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

学習漫画を描くこと

最近、ネームを切っていて思うのが「この程度の学力のワタシが子供達に学習的指導をしていいのか?」ということ。
学生時代、決して勉強ができるタイプではなかった。
はっきりいってワタシの学力最高だったのは高校受験まで!!(力説してどうする)
しかも都民だったので勉強していたのは3教科だけ!(だから社会科苦手)

そんなこんなで学習テーマを与えられ、ゼロから勉強するのですが
つまりそれはワタシが理解して「こうだ」と思ったことを漫画にして伝えていることになるのですよね。
もしもワタシの解釈が間違っていたらそれは読者に誤った知識を教えることになります。

まぁそんな間違いがないようにと監修の先生がついているのですが
それでもやっぱり責任のほとんどはワタシにある訳で、それを思うと「この程度の学力の自分に相応しいのだろうか?」と不安になってきます。


まぁどんなテーマもいくつも読めばそのポイントもわかってくるし、構成も出来てくるんですが
(ワタシの場合、依頼時にもらうのは資料と、今回の学習テーマの狙い、入れるべきポイントが主です。
伝記漫画は純粋に資料だけ。
もちろん資料が足りなければネットや図書館で調べます。今はネットで最新情報が得られるので本当にありがたい。)
ただ説明するだけの漫画では学習漫画の意味がありません。
どうやって子供にわかりやすく、興味を持って読んでもらえるかも同時に考えていかなければいけません。
参考にするにも「学習漫画の描き方」や「学習漫画家の自伝」みたいな文献もありません・・・・

そこで大好きな絵本作家のかこさとし先生の「絵本への道」を引っぱり出して読みました。
ワタシはかこさとしといえば「だるまちゃん」シリーズよりも「科学絵本」作家のかこさとしを真っ先に思い起こします。
ずっと買ったままたいして読んでいなかったのです。
でも今回は必要に迫られていますので、先生のお話一つ一つが身に迫ってきます。
大事な箇所にはボールペンで線を引きます。(斉藤孝の3色ボールペン方式を実践してます。後で読み返す時便利です。)


いろいろヒントになること、背中を押してもらえる文章に出会えました。

科学の周辺や理科らしきことへの「うるおい」でなく「科学そのものの美しさ」をうたい上げるべきです。


本筋からそれた面白さは余分なもの。ひみつを解明して知る面白さそのもの、そのひみつ自体が何よりも感動であることが心に残りました。
(例えば身体の神秘には美しさや感動がある。これは優れた芸術や文学と同質の感動である。)

そして上っ面ではなく、根底を伝えて欲しいことなど。

うん、根底は哲学を勉強していたからそこを掴むのは割と得意だぞ。(多分)


ーーーーということで、かこさとし先生の本を読んで「今度はこうやっていこう」というヒントが見えてきました。

今回の遺伝子の話は構成よりも先にキャラクターが頭の中で展開してくれているので、何とかキャラとテーマを絡ませて面白おかしく遺伝子について理解してもらえたらいいな、と思います。
多分ネームを描き始めると早いんじゃないかな・・・・

明日中には仕上げないとピンチです。
きっと何とかなる!!と信じて。
by mieru1 | 2011-10-22 19:37 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

スネスネdog

動物好きのそるさんに色んな動物も拗ねるんだ、ということを教えてもらってから
すぐに拗ねて唸るぶん太がいじらしく思え、「撫でて〜〜ん。」と甘えに来たら
なるべく撫でて構ってあげるようにしてます。
ホント、少しでも接触が無くなると拗ねちゃうんだもん。
まぁ人間の子供と同じですよね。さすがに人間だと放っておくという訳にはいきませんが・・・
かといってぶん太をおぶる訳にもいかないし。

そんな感じで戯れていると、ワタシのスリッパに噛み付いて遊ぶのがパターンになりつつあります。
前はもっと興奮がエスカレートして本気噛みされるんじゃないかという恐怖があったのですが
撫でることに恐怖が無くなった今年は違います。
もう、ぶん太の遊びに軽〜〜くつき合ってあげてます。
「今のぶん太がワタシを噛むはずが無い。」と思えるからです。
それくらい恐怖の垣根は無くなってしまいました。
もちろんあの子の頭がパニックになるような恐怖感を与えたらガブリと来る可能性はありますが
大抵どんなシチュエーションでそういうことになるのか痛いほど学習してますので最低限の可能性だと思います。

ワタシのスリッパを齧ってスッポ抜けてしまうと「やった!」という感じで持って行ってしまい
そこで振り回して獲物をいたぶり?ます。
一段落ついたら「ぶん太、持っておいで!」と声がけ。
すぐに持って来てくれることもあれば、躊躇してまた遊んでから持って来てくれることもあります。
で、持ってきてくれたらビスケットをあげるのですが、なんかこれを繰り返していると
「スリッパを取ればオヤツがもらえる!」と学習しちゃいそうですね・・・・
でも一日にもらえるオヤツの総量を考えると少しだし、それくらいの楽しみも与えていいか・・・なんて
思ってしまいます。


ーーーとにかくやること、構わないと拗ねるところといい、感情をストレートに表現するところが幼児と同じで可愛らしい。いつまでたっても赤ちゃんなんだから。おじさんなのに。

こうやって甘やかしてしまうのかなぁ・・・・
イヤ!やっぱり厳しくけじめをつけなくては!
でもぶん太にはそんなつき合い方は合わない気がするなぁ・・・
キリッとした警察犬とは違うし。命令を喜んできくタイプでもないし。
やっぱり可愛い愛玩犬として接していこう。



ぶん太と遊んでいると猫なで声がひどくなってきて我ながらキモイ。
この場合、犬撫で声か。
by mieru1 | 2011-10-22 00:05 | ぶん太 | Trackback | Comments(0)

デスクトップ

なかなか風邪がすっきり治らず。(涙)
今週も毎日締め切りで生活にメリハリがありません。
というか、相変わらず4本(プラスα)同時進行なのでメリハリが出ないのです・・・・
そういえば飲酒をやめて丁度一ヶ月。
今月は食事も一日2回の日が結構あるので気になる体重はどうなっているのやら?と計ってみますと
1.5キロ減!!
やりました!!
しかし多分ウエストサイズは変わっていないと思います。

それにしても学習漫画のネームが一週間に2本というのはキツいな〜〜〜。
ヒトゲノムの話、頭に入っていかないよ。
というか一本終わるとそこで気がぬけちゃって。でも遊んでなんかいられない。
気分転換にどこか行きたくなってきますが、そんな時間も無いし。(涙)

ということで思いついてデスクトップを換えてみました。

b0013305_1532435.jpg


Macの中にあらかじめ入っているものですが、こんなのがあったのか・・・(汗)
鮮やかな緑が心地いいです。
ーーーって毎日ぶん太の散歩で目にする画像を選ぶあたり全然気分転換になっていないのか?




         ←「アップル」を変換するとリンゴマークが出るなんて知りませんでした。
毎日使ってるくせに、ちっともMacを使いこなしてないよーーーーー。
by mieru1 | 2011-10-20 15:33 | 雑記 | Trackback | Comments(6)

散歩を拒否する訳は

何とか風邪も山を越えたようで助かりました。
一昨日は夜寝ていても咳が止まらず翌日は筋肉痛。
おかげで熟睡できませんでした。

それはさておき、ぶん太です。

最近仕事で忙しいのでほとんど構ってもらえず散歩も一回だったりします。
もちろん、ぶん太が散歩をストライキするというのもあるのですが。
せっかくいい雰囲気になってきたのにまたリセットされてます。

このぶん太さんは気難しがり屋で構ってもらえない時間が増えるととたんに不信感の固まりになるのです。
例えばぶん太を置いて(留守にして)3〜4時間の買い物に行って来てもです。
帰宅して「ぶんちゃん、寂しかった?」と聞いてもクレートから出て来ません。
そのくらいぶん太と飼い主の絆は弱いのです。(涙)

こんな調子で、最近風邪で寝込んでいたのと仕事で構ってやれないのと続いたらお散歩に誘っても
クレートに籠って唸ってます。
こちらにしたら仕事に切りがついて行くなら今しかない!という状態なんですが。

散歩に行ってしまえば喜んで行くし、ウンチだって我慢してるんだから絶対行きたいはずなのに
何でこの子はこう天の邪鬼なのかねぇ・・・と思っているんですがハタと思いつきました。

ぶん太にしたら
「なにさ、自分たちが散歩に行きたくなった時だけ誘いやがって!!
と不愉快に思っているのではないかと。
それで少しでも反抗してるのかと。

ーーーでもなぁ。
犬がそこまで人間みたいな気持ちになるのだろうか?
こっちはぶん太のために仕方なく散歩に行っているというのに・・・

ホント、どうしていつもこう、素直に散歩に行ってくれないのだろうか。
困った犬です。
by mieru1 | 2011-10-15 12:45 | ぶん太 | Trackback | Comments(4)

休日なんて無い

先週は濃くて重い一週間でした。

濃いとは毎日締め切りだったのと打ち合わせでスケジュール的に、ということで
重いというのは体調が絶不調だったからです。
最後の一本の着色を旦那に投げて二日間寝てました。
なんかもう歳のせいか回復力が弱くなって。去年まではこんなじゃなかったのに。

そして今日も締め切りだったんですが空気が乾燥しているせいか
昨日から喉が痛く、今朝はもっとヒドイことに。
「熱出そう」と思うと暗示にかかってしまいそうなので「喉が痛いのは気のせい」と思うようにして
やっと作業を終えました。

涼しくなってきたから、ぶん太も散歩をサボることをしなくなり
今度は催促する始末。
うう、ずっとサボってもいいんだよ。(涙)

毎日仕事しているから世間では三連休とか聞くと何でそんなにしょっちゅう休みなんだ?と不思議な気になります。(っていうか休み過ぎなんじゃ)
昨日だって次男が風邪をひいて予備校を休むというので「早く起きてお医者さんへ行きなさい。」なんて促しておいて休日だということに後になって気づきました。
だって予備校もゴミの回収も暦に関係なくあるんですもの。


そうそう、「休みがある」と思うから腹が立つのです。
ここは逆転の発想で休みなんか始めから無いと思えばいいのです。

でも体調が悪くても代えが利かないのがこの仕事の困るところ。
例え旦那が手伝ってくれると言ってもネーム、下書き、ペン入れまでは自分でやらないと駄目。
そこまで出来てやっと倒れることができるのです。
これから夜は冷えるしな〜〜〜、とボヤキばっかりになってきました。

ああ、丈夫な身体と賢い頭が欲しい・・・
歳(老化)はいらん。
by mieru1 | 2011-10-11 16:39 | 近況報告 | Trackback | Comments(4)

花粉症

めっきり涼しくなって、ずっと気になっていた次男坊の羽毛布団をやっと今日買いに行く。

長男の引っ越し荷物に入れるはずだったおニューの布団カバー(洗濯済み)をかけて
渡すとしばらくして部屋からクシャミの連続。

「なんか羽毛アレルギーみたいで布団にくるまってたらクシャミが止まらない。」と言う。(次男はアトピー)
「でも去年買ったダウンジャケットは平気だったよね?」

しばらくして思いついたのが布団カバー。
長男が引っ越し先で布団を買ったらすぐに使えるようにと洗濯して用意しておいたのに荷物に入れ忘れ、
そのままビニール袋に詰めてタンスに仕舞っておいたもの。(入れ忘れたのが今でも悔しい)
洗濯したのは3月。

「杉花粉っていつから飛ぶの?」
「そんなの知らないけどいつも3月から5月の間、花粉症がひどい。」と言うことで
試しにカバーを外し、さっきまで使っていたものと換える。

やっぱり原因は布団カバーでした。
羽毛布団が無駄にならなくって良かった。(涙)

それにしても3月に干した洗濯物についていた花粉のことまで気が回らなかった。
恐るべしアレルギー。
次男は他にも二日前に換えたマイクロファイバーの敷きパッドにも反応したらしく
朝起きると喉の腫れを感じるとのこと。
ケバケバが多いとホコリが付きやすいので、何かアレルゲンがついているのかもしれない、とまた元の敷きパッドにする。

小さい頃と比べてアトピーの対処も上手になっているけれど、アレルギー体質には変わらないので
これからも気をつけていかないと。

今年からは花粉だけでなく、放射能汚染など余計なことも考えなくてはならなくなった。
若い命が心配です。
by mieru1 | 2011-10-08 21:34 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

打ち合わせ

怒濤の締め切り地獄をくぐり抜け、東京(飯田橋&京橋)へ打ち合わせに行って来ました!

ちゃぐりん「いのちの歴史」来年度も連載継続決定!(うう、契約更新みたいな感じで嬉しい)
おまけに神楽坂のオシャレなお店でフレンチを御馳走になる!
家の光協会が神楽坂のそばで良かった!(違う)
とっても美味しかったです。ありがとうございました!

その後インタープレスさんで打ち合わせ。
銀座へ来たついでに伊東屋で来年度の手帳のレフィルを買う。
ここ数年打ち合わせのついでに伊東屋で買っている。
来年も手帳に締め切りがぎっちり書かれるようにゲン担ぎ。(笑)

しばし都会人の気分を味わい帰路につく。

楽しかった時間を反芻しつつ、仕事内容を振り返ったら今回も難しい内容で(協同組合と遺伝子がテーマ)
資料を読むのが第一関門というのを思い出し冷や汗・・・

神様、性能のいい頭脳が欲しいです・・・・


新学社さんの連載も継続が決まったし、また来年度も頑張って仕事するぞ!066.gif
ワタシ達が生きていけるのも、こうやって依頼してくださる方がいてのこと。
仕事をいただけることに感謝感謝であります!!
これからも読者にいいものを創って届ける、そういう気持ちを持ち続けて頑張ります!
by mieru1 | 2011-10-08 00:37 | 仕事 | Trackback | Comments(0)