<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

断捨離で行こう

昨日は中古ショップ・ハードオフへ人形を処分しに行く。
ジェニー16体、リカちゃん1体。皆箱入り娘。その他少々。
今はブライス人形とかスーパードルフィーとかレベルの高いお人形が主流になってしまっているので
全部で500円くらいかな〜〜、と思っていたら一桁多かったです。
箱入りのおかげで一体300円くらいで引き取ってもらえました。
これで正月の餅が買える・・・・(´Д⊂グスン

それにしてもここ二日間、タンスの肥やしにしてきた不要品をビシバシ整理しました。
今までは「これ、まだ着れるし。これも定価がそれなりにしたし。」と
「モッタイナイ」精神を発揮して捨てるに捨てられなかったのですが
特に洋服に関してはウエストが絶対キツくなっているので迷うことなく処分できました。
おかげでゴミ袋4つ分出ました。

同じようにオモチャ関係も「この先使う事は無い物」として考えたら迷うことなく処分できました。
もうね、これから先眼だって衰える訳だし、漫画を描く以外細かい作業なんてすることないんで
手作り関係の趣味はいらん!となりました。

まだ人生半ばですが断捨離ですよ、断捨離!
モッタイナイ精神は節約のほうで!

何か時間に追われる生活を繰り返していると、物事の最優先をどうしても考えざるを得なくなり
何が自分にとって必要かそうでないか、まるで今回の不要品処分と同じ考えを普段からしていることに気づきました。
執着すべきものは本当にわずかに限られ、それ以外に関してはホント執着しなくなってきました。
元々「Simple Is Best」の考え方なのでそうなっていくのも自然だし
伝記漫画など、普段から短いページ数で漫画にまとめる仕事をしているので
「大事なものだけそぎ落とす」感覚が強くなってきたようにも感じます。

「これからは自分にとって必要なものだけにしていこう」

そうすることで本当に必要なものに時間と思考を集約できそう。
自分の好きな事を狭く深く。
もちろん好奇心は持ち続けていかないとね。
新しく知る物でも最後は選別されて好きなものだったら取り込むでしょう。
そういう考えは今回の不要品選別と同じ。

物が減ることで自己管理もしやすいし、目も届くから手に取る機会も増える訳で。
心を軽くしてフットワークも軽くしたいな、と今年の年末大掃除に思いました。

逆に旦那は何でも溜め込むタイプ。
物も仕事も片付けも何でも後回しにして訳わかんなくなり、あげく忘れる。
とても能率が悪い。
で、物が出て来ないとすぐにワタシの机から拝借してそのまま放置するのでこっちまで被害を被ります。
(ワタシの作業がそこで停滞するのでキレたくなります。でも我慢するのがワタシのエライところ。)
そういう反面教師がいるから益々家の物を整理したくなるのです。

物が少ないほうが絶対効率的に暮らせると思う。
探す時間も減るから快適です。
そしてその分愛情を注げると思う。
1000分の1よりも10分の1。

時代は断捨離なのです。省略の美に通じる?

来年はSIMPLE LIFEを目指そう。
by mieru1 | 2010-12-31 00:18 | 雑記 | Trackback | Comments(8)

クリスマスなど無い!!

もういくつ寝るとお正月?

毎年のことながらクリスマスも正月も祝日も関係ない日々に疲れております。
でも生きていくためだもん。贅沢言ってられないわ。
とにかく月曜日までは気を抜けない。
今月は4本あったどの仕事も締め切りがタイトでホントよくこなしているよ、と思う。
先週は外出したのが三日もあったのに、驚異的な追い上げで仕事してます。
よって精神的に疲れちゃうんだろうな。久しぶりに下痢したし。

経済本の締め切りは明日。それが終わると翌日は下書きの締め切り。
一番根をつめる伝記漫画の後に締め切りが重なるのが、これまたしんどいけど、まぁいつも何とかなるので大丈夫でしょう。
きつい作業を乗り越えると仕事に対して耐性がつくのでね。
こういう時、高校時代無駄に厳しかったクラブ活動を思い出す。
ああいう積み重ねが忍耐力に繋がるんだと・・・・
あの経験がなかったらもっと精神的ダメージが凄そう・・・

さっ、仕事が終わった後のことをイメージして頑張ろうっと!!ファイファイト〜〜〜〜〜!!(懐かしい言葉だ・涙)
by mieru1 | 2010-12-25 15:07 | 近況報告

酒に飲まれた

先日の飲み会は調子をこいて呑みまくり、反省しております。
なんか皆さんに迷惑をかけたんじゃないかと・・・・実は落ち込んでマス。

午後5時から10時40分まで上野で呑んでいたんですが、帰宅してから仕事を二時間くらいしようと思っていたのにすっかり酔ってしまい、帰宅後はすぐに寝てしまいました。
翌日も午前中は眠くて仕事にならず、自分でピンチを作ってしまいました。ダメじゃん。
あの日は「電車に間に合うこと」が一番大事なことであって、呑む方をセーブするという考えが頭から抜け落ちてました。
それというのもお酒に強い自負があるから「そこまで酔うか!」と高をくくっていたんですね。orz

一次会は二時間飲み放題なので、セコい私は元を取るべく呑みまくり。
それにしてもよく二時間であんなに水分を取れるものだと思います。何でお酒ってお腹がガボガボにならないのかしら?
二次会は初・立ち飲みバー!
ううっ、立ち飲みバーって憧れてたの。ーーと思っていたら予想に反してお洒落なイス席のお店でした。
どうも立ち飲みというとかつて住んでいた大井競馬場の場末たイメージがあって。(ってわざわざ女性の幹事さんがそういう店をチョイスする訳ないんですが)

結局自分の酒の呑み方って、楽しくなるから更に楽しくなるために呑んでるということがわかって
そういう飲み方は身を滅ぼすと実感しました。
ハイな気分を高めるため、火に油を注ぐような飲み方になるんですね。
よって「お酒の量をセーブする」感覚がすっとんでしまうというか。
でも最低限の理性を残すのはモットーなので裸踊りをするとか大声を出すとかそういうハイテンションにはなりませんっ!

呑んではいても帰りの電車の時間は気になっていて、時間になったらすぐにお邪魔したんですが
発車時刻に間に合わない!とダッシュした時になって初めてかなり酔っていることに気が付きました。
はい、千鳥足ダッシュでございます。(多分)そんな状態でもダッシュできるのです。不思議と。
不思議なもので帰宅してから二度こみ上げましたがセコいので出しませんでした。
(何故か吐き気が引いた)

とにかくあんな飲み方は身体を壊すだけなので、当分アルコールは呑みたくないです。
保健漫画でアルコールは直接脳に浸透することや、脳細胞を溶かして萎縮するなど恐ろしいことを描いたのを思い出し
益々過度な飲酒は止めよう、と決心したのでございます。
長く漫画を描いていきたいし。
もう飲み放題は禁物です。
対策として飲み放題の予算内でお酒を注文すれば飲み過ぎないと思いました。
今度から気をつけよう。


ちなみに記念に何を呑んだか記しておこう。(今後これ以上呑まないために)
多分これが限界。

<一次会>
ビール
梅チューハイ 3杯
梅角ハイ

<二次会>
土佐しらぎく(カップ酒)
ハバナクラブ(ロック)2杯
ズブロッカ(ロック)
ブルドッグ

お酒の銘柄とか詳しくないんで「あの時呑んだズブロッカが余計だったかな?」と思って調べたら
ハバナクラブ(ラム酒)もズブロッカもアルコール度数40度というじゃありませんか!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
それをアイスコーヒーのごとくグイグイと。よく死ななかったよ・・・・・・
というかお酒をちびちび呑むことが出来ないのも一因ですね。

ロシアでは飲酒が元で凍死するといいますが、眠くなる前に吐き気を感じないのだろうか?と疑問に思いました。
酒は怖いよ。
でも会は最高に楽しかったよ。

<教訓>
飲み放題はやめる
呑む前に「ウコンの力」を飲んでおく   
この時の気持ち悪さと後悔を思い出す                                以上
by mieru1 | 2010-12-23 00:49 | 雑記

明日は朝青龍を愛でる会の忘年会

仕事が詰まってきてケツに火がついてきました(しかも3本同時進行)。
が、明日は「朝青龍を愛でる会」の忘年会。(ホントは友達の快気祝い)
絶対に欠席は出来ないのだ!だからギリギリまで頑張るんだ!(涙)     ヒ〜〜〜〜ッ!!
上野で朝青龍愛を叫んでくるぞ〜〜〜〜〜!!
皆でこの一年間の憂さを晴らすんだ!!


b0013305_22522347.jpg

ああ、引退したのが未だに信じられないよ。誰か嘘だと言って。
b0013305_22525028.jpg

でも同時にあんな世界にいつまでもいなくて良かったよ、とも思う。
b0013305_22533740.jpg

元気ですか〜〜〜〜?元気だよね。きっと。



b0013305_2254225.jpg

Mac横の朝青龍ゾーン。
来年はここに御闘像が加わる予定。

そうそう、昨日16日のスポーツ報知の記事。
朝青引退会見が広告効果NO1…経済効果額ランキング

 スポーツ紙の紙面掲載サイズとテレビの情報番組での放送時間を広告額に換算して金額を算出する「経済効果額ランキング」を、オリコンが15日に発表。第1位は2月4日の大相撲・朝青龍の引退会見。放送時間は13時間を超え、2位以下を引き離す14億2000万円を記録。2位はサッカーW杯での日本代表帰国会見で8億3100万円。芸能トップは1月29日の市川海老蔵・小林麻央の婚約発表会見で5億5160万円(全体5位)だった。

ーーーだってさ。
相撲協会も惜しい人物を引退させちゃったね。

そういえば下のエントリー「目の錯覚 その2」のコメント欄に書いてあるSADEの歌詞を読んで朝青龍引退を連想したとあるんですが、
「女の子」を「朝青龍」、
「あんな子達」「似たような男の子」を「親方」に置き換えると笑えます。
つまりこれは「朝青龍と相撲協会」の歌なの。(馬鹿)

あ〜〜、こんなことで喜んでるなんて傷は深いね。
来年はこう、明るい話題に溢れていて欲しいね。
by mieru1 | 2010-12-17 23:05 | 行け行け朝青龍! | Trackback

mickさんへ緊急連絡!(笑)

プーチン首相:日本のリスナーから質問を募集←気になる人は今すぐクリック!


b0013305_195759100.jpg

 16日、ロシアのプーチン首相は生放送で国民からの質問に答える。

質問への回答は、16日モスクワ時間で12時から中継される予定。一方の質問については、インターネットや電話を通じてすることができる。

 「ロシアの声」のリスナーは、voprosyvvp@ruvr.ru から自らの質問を投稿することができる。投稿された質問のうち、意義深いものについては翻訳の上、生中継中にプーチン首相に直接質問される。

 このような生中継で国民の質問に答える形については、プーチン氏がまだ大統領であった2001年より、毎年行われているもの。2008年からは首相としての立場で質問に答えている。

 たとえば去年には、中継は4時間以上にわたり、300万以上寄せられた質問のうち、90以上の質問に答えた。



なんだかわかりませんがプーチン氏が質問を受けるそうです。
昨日ウィキでプーチンさんの事を読んでいたでの何の偶然なんだか・・・・
(ワタシはプーチンファンでは無い!   あっ、そういえば「イケメンホイホイ」にプーチンさんを登録してたような記憶が・・・)
でも質問の内容は制限されそうですよね・・・
で、日本人への回答は日本語に訳してくれるのか?
ていうかどうやって聞くのコレ。

それにしても4時間以上も質問に答える首相って・・・
なんかうちの前市長の「市長にFAX」(FAXで市長に質問を送ると市長から直接電話がかかってきて答えてくれるという)っていうサービスを思い出したよ。
本当に市長から電話がかかってきて驚いたけどね!(質問の内容は「東松山市のツンドラ地帯と呼ばれる我が地域に図書館を造ってくらさい。」というものでした。)
by mieru1 | 2010-12-14 20:03 | 雑記 | Trackback | Comments(6)

雨戸に噛まれた

レスが遅くなってスミマセン・・・

伝記漫画のネームに体力気力を使ってしまい、ネーム後はいつも脱力感というか疲弊感というか疲れちゃってね。
なんか回を追うごとにダメージが強くなっているような。(歳のせいかしら?)

それにしても今日はぶん太ではなく、雨戸に指を噛まれてしまい(指を挟んだ)
右手親指の爪がうっ血してます。痛いよぅ。
今もジンジン痛んで関節まで痛い・・・熱も帯びてるし。
これから漫画の下書き、ペン入れと指を使いまくるのに大丈夫かしら。(涙)
指に力が入らないよ〜〜〜。
脳内松園先生助けて!

それと今週は三回も都内へ行きます。
いつも引き蘢りなのでこんなに出歩くなんて何年ぶりだ!学生時代以来?
普段、ほとんど出歩かないので少しでも出歩くと疲れて眠くなっちゃうんだよね。
車に乗って買い物に出かけた後も、いつも横たわってしまいます。どんだけ体力無いんだか。
ああ、まるで平安時代の貴族のよう。

締め切りも最初よりも早まったようで、また時間に追いまくられる展開です。
ああ、何でこう毎度ピンチの連続になってしまうんだか。
忙しいのは嫌いでないのでいいんですが、もうちょっと時間にゆとりがあればなぁ・・・・
by mieru1 | 2010-12-12 18:32 | 近況報告 | Trackback | Comments(0)

目の錯覚 その2

昨日の新聞広告にて。

b0013305_094181.jpg



  これが










b0013305_0101125.jpg



うわああ〜〜〜〜ん!!
こんなふうに読めちゃったよ!
もう重病です。orz


相撲協会がなくなる日ならいい。


あ〜〜〜、そういえば。
歌舞伎役者に品格とやらはいらんのかね?
あたしゃいつまでも拘るよ?品格問題。
by mieru1 | 2010-12-09 00:13 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(11)

危険な犬、卒業か?

12月2日でフレンチブルドッグのぶん太が5歳になりました。
今、問題犬で悩まれる人達が少しでも未来に希望が持てるように「問題犬」ぶん太とワタシの短い歴史を書いてみます。

思えば週刊連載で犬の漫画を描き始め、犬を知る事と癒しを求めてショップでぶん太に一目惚れしたのが始まりでした。
飼うにあたっては色々と下調べもしたし、本当はそれどころではないけど自分で運命の出会いだなどと思い込んで買ってしまったのでした。

が、しかし。
生後一ヶ月から親犬と離されその後4ヶ月もガラスケース内で育ったぶん太は手がつけられないほどの
ビビリワン子でした。

家に着くなり唸り、撫でれば噛み付き。
叱れば益々怖がって噛む。
ワタシはこんな悪魔と同居するつもりで買ったのではない!
飼い主の方がパニックになりました。

慌てて書店で「犬の問題行動をしつける」本を買い求め、仕事の合間に勉強。
飼育を放置できる訳でないので、早くしつけなければ、ともう必死。
躾本が犬の取り扱い説明書になってました。

「犬が飼い主を噛むのはアルファシンドロームと言って自分がボスだと思っているから。」ーーーそんなの初めて知りました。
「犬のルールを知らないのでそういう犬はひっくり返しておとなしくなるまで押さえ込むと犬は飼い主に服従するようになる。」ーーーー怖いけど藁をもすがる気持ちでやりました。
益々関係が悪化しました。
ワタシもノイローゼになりました。

これらの本では犬の個性に合わせて対応してないからと思い、トレーナーさんにすがりつき、必死になってトレーニングしました。やはり一対一での指導は自分の対応のどこがいけないのか、どうしたら犬に指示が伝わりやすいのか教えてもらえて、受講して良かったと思いました。
何より悩みを受け止めてもらえるのが一番でした。

図書館で「犬の問題行動」「犬の行動学」の本を読みまくり、「もしかして精神に異常がある犬なのかも?」と獣医さんに安定剤まで出してもらいましたが変わらず。
ホメオパシーなんてものもありましたが、薬で効果が出ないんだからとこれには触らず。

受講後もそれ以上よくなる気配もなく、その頃同じように噛み犬に悩むオーナーのサイトにたどり着きました。
それまでの体験談が書いてあり、すごく充実したサイトで「ここだ!」と思いました。
同じ悩みを共有する人達との交流で救われました。
いわゆる世間一般の犬の躾では通用しないからです。
そしてそういう特別な犬を他の人達にわかってもらえない辛さ。
噛まれてもう飼いたくない!と凹んだ時、皆から応援してもらったこと、すごく嬉しかったです。
可愛がっているのに噛まれることの悲しさ、怖さ。皆わかってもらえました。

どのオーナーさんも言う事をきかせようとして厳しい躾をして益々犬を怖がらせ悪循環になっていました。
(マズルを掴む、等)
そこで唱えていたのは「犬を噛ませない状況、環境を作る」ということでした。
まずは「噛む」体験を減らすこと。

続きます
by mieru1 | 2010-12-08 12:19 | ぶん太 | Trackback | Comments(3)

忙しくなってしまいました

やっと休みになった〜〜!と思っていたら
同じ日に二件仕事の依頼が入ってしまった。なんというシンクロニシティ。
しかも政治と経済という、どちらも超苦手部門。大丈夫かワタシ。
でもこういう機会が無いといつまでも無知のままだろうし。
試練はいつだって自分が成長するためのきっかけだと思って克服するんだ。

年末進行なので「ちゃぐりん」のネームも今週。
そちらの資料も読みつつ政治経済の本も読むことに。「序の舞」は後回し・・・

今回新規で依頼されてきた方は、偶然にも大昔に仕事をした会社の人で
当時ワタシの担当だった人と大学漫研の先輩がこの人の部下だったのでした。
懐かしい話題に花が咲き、初めてなのに旧知の知人のように感じられました。
ネットの海の中から探し当ててくれて、この偶然。とても不思議な感覚です。
期待を裏切らないようにしっかり仕事をせねば、と気持ちを引き締めました。

こういう飛び込みの仕事は次々に依頼が来るものではないけれど「3年先の稽古」ならぬ
「3年先の仕事」のつもりでしっかりやります。
漫画の仕事は一作、一作!真剣勝負なのです。(う〜〜ん。未だ相撲脳)
やっぱり漫画家は勝負師と通じるものがあります。(だから朝青龍を崇めるのです・笑)
by mieru1 | 2010-12-06 10:22 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

暑い一日でした

現在の室内の気温が20度。

今日は朝、豪雨がありましたがその後晴れて風もなく一日穏やかな日でしたが、あまりの暖かさにビックリ。

散歩に行ったらタンポポが満開になってるわ、モンキチョウ、シジミチョウが飛んでるわ
コオロギか何かの虫が鳴いてるわ。
これが本当に12月なのか。夏の終わりみたいな陽気です。
場所によってはカエルも鳴いていそう。
本当にここ数年の季節感の狂いが気持ち悪いです。

が、こんなに暖かな日はもうないだろうと急遽ぶん太をシャンプー。
以前は風呂場でずっと唸り続けていましたが、最近では以前の4分の1くらいの唸りで済みます。
温かいシャワーが好きなようで、掛け流している間はおとなしくしてます。
ホントぶん太がおとなしくなってくれて飼い主としては嬉しいし、そうなると愛情も湧きます。
なるべくシャンプーが嫌いにならないように怖がらないように気を遣います。
このまま良い子に育っておくれ〜〜〜。
by mieru1 | 2010-12-03 22:43 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(0)