<   2010年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

光の道がやって来た

やっと「嘉納治五郎」脱稿しました〜〜〜。
今回は締め切りを一日間違えていて大変でした。
担当編集者のMさん、ごめんなさい。

ところでいつも12ページ分のデータを送信するのに時間がかかるので二回に分けて送っていたのですが
今回、ついにこの僻地にも光ファイバーが来たので光回線にしたんですよ。
そしたら二つに分けたデータが「あっ!」という間に送れるじゃないですか!
「あっ!」という間ですよ?
思わず間違ったデータを添付したのかと焦りましたよ!

思えば6〜7年前?
テレホーダイのサービスが出来るちょっと前からデジタルで漫画を仕上げるようになった頃と比べると
その進化の早さに驚きます。
あの頃は回線に繋がっただけで料金が加算されるから、まるで昔の電話みたいに用件が終わったら即切る、という使いながらもハラハラしていたものです。
しかもデータ量が多いと途中で落ちちゃったような・・・・不便だった。こんなもんの需要があるのだろうかとちょっと疑問に感じたりも。

インフラが整ってやっと便利になって、インターネットのおかげで引き蘢っていても色んな人達と知り合ったり、欲しい情報が手軽に入るようになりました。
出歩けない漫画家とってなんてありがたい時代だ。まるで引き蘢りを作るための装置みたいだ。

でかくて邪魔だったMacも今じゃMac miniで充分だし。非常にコンパクト。
いつも作業中はステレオで音楽を聴くんだけど、壊れて音量が調整できないのでMacで再生しようと思ってCD入れたら機械の中にデータを取り込んで聴けるというのをスッカリ忘れておったよ!(全然その機能を活用してません。さすが機械音痴←にもほどがある。)
音質のしょぼさに泣けるけど夜、仕事部屋で聴くには充分です。なんて便利なんだ。


ああ、それにしてもこれでやっと休める〜〜〜〜。
しばらくのんびりできる・・・・普通の生活を取り戻すのよ!
仕事脳になるとすっかり気分は男になっていることに気づいたので、しばらくは女脳になるわ!
(言葉遣いが荒くなり、周囲に構わなくなり、ぶっきらぼうになる。ーーーあっ、元々の地がひどく現れる、というだけか。おそろしか。)
掃除洗濯、たまりにたまった不要品を処分しまくるんだ!ーーーーってもう12月かよ。そのまま大掃除になってしまいそうだ。

何はともあれ、ホッとしました。
ではでは、このまま起きて久しぶりに朝食を作るとしますか。
by mieru1 | 2010-11-30 05:21 | 近況報告 | Trackback | Comments(2)

知識ではなく知恵が好き

ネームを送ってから返事が来るまで祝日を挟んでしまったので今日返事が来る予定。
しかし時間に間に合わせるためギリギリで描いたネームは自分では不出来の部類に入ると感じていたので
休み期間中に寝かせて書き直すことにしてあった。こんなのを発表したら いたたまれない。
時間がある限り粘るのだ。


資料を読んですぐにネームに移行すると頭の中が整理されていないので、どうしても説明調になってしまい
盛り込まなければいけない内容が優先して、ネームとしては良い出来にならない気がする。
本を読んで1〜2日頭の中で整理して、ネームの第一稿も同じくらいの期間寝かすと冷静になれる気がする。
(そうは言ってもいつも時間が無い)

今回はネームの時には読めなかった「プーチンと柔道の心」を読む。
これが正解でした。
日本人から見た柔道ではなく、ロシア人(プーチンとその師匠)から見た柔道をまとめてあるので
日本柔道の良さが際立って見える。と同時に頭の中も整理された。
多角的に物を見る大切さ。他の国から見た評価というのも客観的に判断するのにもってこいでした。
自国から見るとどうしても蛸壺化してしまうから。

嘉納治五郎の一生を追うだけでなく、あくまで柔道を中心に再構成。
本を読んで嘉納治五郎は「柔道を作った人というよりも教育者の面が強いのかな。」と思っていたのですが
やっぱり「柔道あっての」教育者である訳ですし。
日本で滅びかけた柔術が柔道に生まれ変わってやがて世界に広がりオリンピック種目にまで成長するのもドラマチックだし。
平成24年度から中学で武道(柔道、剣道、相撲)の授業が必修になるというのもあって
改めて子供達にこれから習う柔道の歴史と精神性を紹介する内容になったかな、と思います。(もちろん嘉納治五郎を通して)

それにしてもプーチンさんのお師匠のインタビューはいいこと言いまくりなので思わずコピーして保存しました。
人柄も素敵。こういう人になりたいものだ。(笑)

昔からですが、「体験を通して出て来る人生哲学」みたいな含蓄のある言葉って好きなんですよ。
職人さんとか、スポーツマンとか、苦労した中で生まれる気付きの言葉にとても引きつけられます。
「知識ではなく知恵」。
知識は時代が進むと中身が変化することがあるけれど、
体験を通して悟ることは時間に影響されない重みがあります。
だいたいどの時代でも偉い人達は根本的に同じ事を言っているからね。
どんなことにも影響されない「普遍」さが好きなんです。流行はどうでも良いほう。

アントニオ猪木は好きじゃないけど、彼の語録は結構好き。
梶原一騎の漫画も一騎先生の人生から生まれたんだな、と思う言葉が熱くて心を打ちます。力強い。
でも今流行りの漫画の名台詞みたいのは頭で考えたものくさくて好きではありません。嘘くさい。
自分が年をとったせいかどうも青臭く感じちゃっていけませんね。

「僕らには無限の可能性があるんだ!」とか中身の無いことを言われると
「可能性なんてものは努力しなくちゃ生まれないんだよ!」とか突っ込みたくなっちゃってね。(ババくさ)
そのせいか最近は漫画よりもドキュメントとかノンフィクションの本やテレビばかり選んでしまいますね。(見る暇ないけど)
そういった意味でも今やってる伝記漫画シリーズは色々な人を知る機会に恵まれていてやりがいがあります。
実際、事実は小説より奇なり、で頭で想像するより現実の方が上回ることもある訳で。

そういうことをいつか自分のオリジナル漫画で反映できればいいなーー、と思っています。
by mieru1 | 2010-11-24 22:55 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

久しぶりの朝青龍ニュース

本場所が始まり中盤が過ぎる頃、朝青龍禁断症状が出るワタシです。
しかもネットニュースでもその登場が以前と比べてほとんど無いので燃料不足。
Give Me朝青龍ネタ!

と思ったら、今日は一挙に3本来たーーーーー!!


白鵬気遣う元朝青龍「横綱の世界はだれも分からない」

 【広州アジア大会】大相撲の元横綱朝青龍、ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏がモンゴル・レスリング協会名誉会長としてレスリングの観戦に訪れ、熱戦に見入った。

 兄が五輪メダリストということもあり、母国のレスリングを長年支援してきた。ダグワドルジ氏は「スポーツ界を応援したい。一人じゃ何もできないが、いろんな人が支えてくれる。相撲のおかげですよ」と話した。

 最近はモンゴルと日本を行き来しているという。九州場所で白鵬の連勝記録が止まったことに「横綱は負けたときよりも、勝っているときのほうが苦しみが大きい。だれも分からない世界。白鵬はよく頑張っているよ」と気遣った。 (共同)   [ 2010年11月23日 17:16 ]


うん、何とも深い言葉だね。「負けたときよりも勝っているときのほうが苦しい」か。
常勝の責任がある横綱ならではの苦しさだね。


【アジア大会】レスリング会場に元朝青龍

2010.11.23 17:00 産経ニュース
 レスリング会場に大相撲元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏が観戦に訪れた。母国モンゴルでレスリング協会の名誉会長を務めており、現役時代の交友範囲の広さを生かして、日本のスポーツ用品メーカーから支援を取り付けるなど精力的に活動。「相撲をやらせてもらったおかげ。一人の力では何もできない」と殊勝な言葉を並べた。最近、趣味で取り組むレスリングの練習で「両手の小指を痛めた」とか。近いうちにマットの上で現役復帰か?




中村美律子25周年で朝青龍闘魂注入ポーズ 
 演歌歌手中村美律子(60)が、大相撲の元横綱朝青龍関の闘魂注入ポーズで、デビュー25周年の記念イヤーを乗り切る。このほど都内で取材に応じて、8月25日発売のシングル「人生一度」で、歌手生活で初めての振り付けを取り入れたことについて語った。「朝青龍が、時間いっぱいで塩をまく直前にやっていたポーズにあやかって、気合を注入するようなポーズに挑戦しました」と話した。体を反転させて、着物の袖に手を添えて見えを切る。

 昨年まで紅白歌合戦出場は14回。「ファンから要望で、振り付けをやってみてと言われて、60歳にして初めて格好をつけてみました」と照れ笑いした。今月の細川たかし(60)とのジョイントコンサート3公演も成功させ、残すは来月のディナーショーのみ。「顔はメークできても歌声はお化粧できない。声が変わらないねって言われ続けて、次は30周年までいかなくちゃ」。話を聞いた控室にも、加湿器とのどに優しいショウガのあめがあった。

 [2010年11月23日9時20分 紙面から]日刊スポーツ


え〜〜と。中村美律子さん。芸能番組見ないから知らないのですが何故朝青龍の気合いポーズを採用したのかわかりません。ファンなんでしょうか?
せっかく取材したのだからそのへんの理由もキチンと記事にして欲しいものです。




それと少し前のニュースですが、
若手救済10年ぶり給料アップ回答出るか、朝青龍の意外な置き土産 2010.11.20

  さあ、いまや遺産と化した朝青龍の“雄たけび”は陽の目をみるか。問題続出の大相撲界。いまだあちこちに不満は渦巻いているが、その中でも大きな不満が平成13年の3%アップを最後に9年間も据え置かれたままになっている給料問題だ。

 「力士はまだいい。番付が上がれば、その地位によって給料もアップするんだから。かわいそうのは行司や呼び出し、床山らの若い裏方や事務方だよ。9年前に入門した者と、今年入った者の給料が一緒。こんな給料では結婚もできない、と真剣に悩み、転職していった者も少なくない」と協会関係者は明かす。

 この半ばタブーと化していた不条理に真っ向から噛みついたのが怖いもの知らずの元横綱朝青龍だった。2年前の名古屋場所前の力士会で、敢然とこの問題に触れ、「給料を上げてくれ。物価も、ガソリンも上がっているから、もう10%は欲しい。給料だけでなく、場所入りするための交通費も出してくれ」と発言。他の力士たちからいっせいに賛同の拍手が沸き起こった。

 しかし、この朝青龍・力士会会長の必死な願いも、協会首脳を動かすまでには至らなかった。給与改定を審議する時期が悪かったことも大きい。毎年、理事会の議題にあがるのは慢性的な不入りが続いている九州場所の真っ最中なのだ。「こんな客の入りで給料をあげられるか。協会はつぶれるぞ」という妙に説得力を秘めたひと言で退けられてしまうのだ。


 しかし、それももう限界。「客の入りは、1年をトータルで見て判断すべきだ。若い協会員の外部流失は、伝承の競技という面でも大きな支障をきたす。今年9月の経営協議会でもこの問題が提起され、協会ナンバー2の出羽海事業部長(元関脇鷲羽山)も、よく検討してみる、と前向きな発言をしている。今年はなんらかの回答があるはずです」と親方のひとりは話している。

 充当すべき資金はある。その後、さまざまな部署に付け替えられてしまったが、平成20年には73億円もの繰越金を計上しているのだから。果たして10年ぶりのアップ回答は出るのか。注目の理事会は8日目に開かれる。 (大見信昭)



これ、確か当時は「金の亡者」的なバッシングのネタにしてましたよね。
で、新しく力士会会長になった白鵬が同じ事を発言したら「白鵬立派!」と持ち上げてましたよね。
引退して今更ながらこういう扱いをするマスコミが本当に許せません。

朝青龍はマスコミによって本当の姿を歪められて日本中から散々叩かれました。
乱暴な一面もあるでしょうが、あれだけマスコミにつきまとわれ、ある事ない事面白おかしく書かれ
そんな中でも結果を出さねばならなかった。切れて当然とも思えます。
あれだけ無邪気な人がマスコミによって猜疑心の固まりになってしまったのが気の毒です。
これだけ「不当」に評価されてきた横綱があるでしょうか?今更ながら本当に悔しいです。

せめて少しでも多くの日本人がマスコミを通して入ってくる情報が本当なのか、少しでも疑問に思ってくれることを願います。(ソースが必ずしも正しいとは限らない。そこに何らかの意図が入る場合もある)
マスコミの扇動に乗ることのなく真実は何なのか自分の頭で判断する力を身につけてほしいです。
by mieru1 | 2010-11-23 18:20 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(2)

ガラガラ閑古鳥

相変わらず九州場所がガラガラらしい。
確か開催前に地元で「皆で相撲を観に行きましょう会」だかなんだかやってたと思ったが・・・

朝青龍がいた時よりもめちゃ観客が減っているらしい。嬉しい。(あたしゃ相当しつこいよ、ええっ?)
何が嬉しいって
「ガラガラなのは朝青龍の人気が無いせい!」と何でもカンでも朝青龍のせいにしてきたのが出来なくなったってこと。(笑)
なんだ、朝青龍がいるから人気が無いなんて嘘だったんじゃん。

ああ、もう無駄なストレスを受けなくっていいんだわ、お互いに。と思うとなんて平穏なんだか。
それとね、「朝青龍がいなくなっても相撲は面白い」とか何とか言ってアンケートに答えてた輩。
もう相撲なんて観てないでしょ?
で、今の惨状はどう説明してくれる訳?ホント無責任だよね。アンケートなんて。
こんなのを「世論調査」なんて呼ばないで欲しい。
そういう相撲ファンでもなんでも無い輩からバッシングされて引きずり落とされたのかと思うと今でも腹が立つ。
責任持って相撲観戦しなさいっての!大事な国技なんでしょ?

ちなみに今場所は断然相撲に関する関心が下がっています。
多分、無事引退相撲が執り行われたから。
白鵬の連勝ストップも「あら、双葉山を抜く気満々だったのにもう負けちゃったの?だらしない。」と思ってしまうほどでした。(だって白鵬様なら百連勝くらい軽くできそうですなんですもん。50連勝は怪我が無ければまだ出るんじゃないかと。)

さあさあ、一人横綱の存在感を示してくださいよ。
「白鵬以外の主役の誕生が望まれる」なんて言わせるんじゃ無いよ!
キミは近来稀に見る大横綱になれる人なんだから!(しかも日本人が理想に思う横綱像。自分は貴乃花とか、ちっとも好きになれないのだが)
それにしても横綱で業師であんなに人を引きつける人なんて作ろうと思っても作れないのに
つくづく相協ってバカだな、と思う。

あんなに相撲観戦で熱くなれることなんてもう無いんだろうなーーーーー。
あーー、マワシ叩きの気合い入れはサイコーだったな。
by mieru1 | 2010-11-20 00:20 | にわか相撲ブログ | Trackback | Comments(8)

終わった終わった

だ〜〜〜、やっと終わった!
少しネームを寝かせてから再度推敲しよう。
何とか時間内に終わって良かった良かった。

さてファクスした後どうするかな?
少しだけ寝ようかな・・・
そうこうしてるうちに夕方になってるよねぇ。
やれやれだぜ。
by mieru1 | 2010-11-19 12:47 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

ね、ねむい

あと3ページだ!
最後のページは出来たも同然なのであと2ページ!
ゴールはもう少しなのに気力が尽きそうだ。
なんとかこの2ページに盛り込めば終わりなんだ〜〜〜〜!終わり!
お休みできるのよ?わかってるの自分?

脳内手塚先生でも現れてくれないかな〜〜〜っ、と!
ホント伝記漫画は半分越えるまでが大変で、あとは坂を下りるようなものなんだけど
やっぱりオリジナルストーリーと違って勝手にコントロールできないから辛いです。
嘉納治五郎先生の人生は充実していて盛りだくさんだし。(汗)
睡魔に倒れる前に完成させないと!

ファイト一発。負けるな俺。(俺?)



ーーーとブログ書いて眠気を飛ばしてたら違う仕事先からリテイク来た。
別の意味で目が覚めました。(´・ω・`)ショボーン
by mieru1 | 2010-11-19 10:19 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

ネーム完成まであと18時間!

嘉納治五郎のネームをやらねばならないのに昨日は駅前で新規の仕事先の人と打ち合わせでした。
以前一緒に仕事をしたことのある方からの紹介です。思い出していただいてありがたいことです。(´Д⊂グスン
何とか仕事を獲得するため(プレゼンなので)いろいろ相談しました。上手くいくといいなぁ。
しかし地元といえど出かければそれなりに時間を消費します。

そして明日はネーム締め切り。
担当さんにタイムリミットを聞くと午後3時半とのこと。
今夜は寝ずにネームをやらなければ。
でも頭が冴えない午前中より夕方を過ぎると冴えてくる夜行性のワタシなのでこれでいいのです。
伝記漫画も長いので、今回はそんなに悩むことなさそう、と予測してます。
でもやたらと甘い物が食べたくなって(頭脳労働だから?)飴やらお菓子やら食べまくり。
早くネームを上げないと太ってしまうわ〜〜〜〜。(涙)

とにかく今は明日のタイムリミットに間に合わせる事、そしてそれが終わるとやっと少しだけ息抜きができることを楽しみに頑張ろうっと。


ーーーということでメールをくださったSさん、 Oさんへ連絡です。

ネームが終わるまで返信できませんのでお待ちくださいね。
(Sさんに関しては一体いつまで放置しているんだ・・・すみません)
by mieru1 | 2010-11-18 21:38 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

嘉納治五郎に集中&柔道広州アジア大会について

たった今「月刊ポピー」の仕事を全部納めました。
サイン色紙も昨日発送して無事到着したとのこと。
これで今月は伝記漫画のほうに集中するだけです。
といっても資料がとても多くてネームアップまでに全部を読むなんて無理!
しかも資料が多ければいいというものでもなく、知れば知るだけ捨てがたいエピソードや理由が出てくるので取捨選択に困り、あげくテキスト量が増えてしまいます。スッキリ、メリハリをつけた内容にするように心がけないと!

まだ少ししか読んでいませんが、嘉納治五郎はとても興味深いです!
読んでいて面白いです。

最初から武術が得意だった訳ではなく、座学ではトップを狙えるけど(なんたって帝大卒)当時は腕っ節の強い男がエライ、という風潮があったため武術を始めるという、いわゆる「頭はいいけどひ弱な男」。(でも負けん気は強い)
武術を習おうにも明治維新後急速に廃れてしまったためなかなか習う場が無い、など絶滅寸前の柔術を復活させた人でもあるんですね。
そして学問が出来るからこそ、強さを極めるとは?などと根源を探り柔術に精神性を取り込んでいくのです。
「講道館」の名の由来もただ武術を教えるなら「講武館」でもいいけど道を説く場でもあるので「講道館」と命名したとか面白い。
こういう考えが後の教育に発展していくのですね。

それにしても今中国で開催されているアジア大会で女子柔道63キロ級の上野順恵選手が対戦相手から
パンチをくらう、というニュースを見ましたがパンチをもらった上野選手は「イラっときた。絶対に勝ってやろうと火がついた」と言っていたそうですが、これを受けて園田監督は「殴られて『イラっと』か。普通、キレてやり返すだろう。ずれてるんだよなあ」と発言。
嘉納先生の「柔道は精神修養」などの素晴らしいお話を読んだ後だけにそれでいいのか?と思ってしまいましたよ!

でもワタシの大好きな上野雅恵選手を監督は「雅恵は殴られたら殴り返す。順恵は一歩引いてしまう」と言っていたのには大笑い。
いいよいいよ、雅恵ちゃん!やっぱり勝負に賭ける人間はこのくらい負けん気が強くなくっちゃ!
でも畳を降りるととってもシャイな雅恵ちゃんなのであった。このギャップもいいね!

でも柔「道」でさえこうなのに「興行が主流」の大相撲に朝青龍にそうじゃないと求めていた日本人って一体・・・(このように何でも朝青龍問題に帰結してしまうので息子はワタシのことを「朝青龍原理主義者」と呼ぶ・笑)


今回の試合で気持ち的に負けてしまう上野順恵選手もこういった試練を乗り越えて更に自信をつけてくれると嬉しいな。
そしてワタシは嘉納治五郎先生に没入します。
う〜〜ん、楽しみ楽しみ。
by mieru1 | 2010-11-16 13:01 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

ブログペットこぶん太

すっかりその存在を忘れてしまっているブログペットのこぶん太。(右下にいます)
ペットをクリックすると一言おしゃべりしてくれたり、日記をつけていたりします。
久しぶりにクリックしたときの第一声が
b0013305_103226.jpg


ううっ。けなげやのぅ。
ずっと忘れてたのに悪いなぁ。(´Д⊂グスン

b0013305_10321877.jpg


b0013305_103223100.jpg


とこのような日記を書いてます。
時々意味不明な日本語になってて、それもまたおかしい。(笑)

こぶん太の名前の由来は愛犬ぶん太と子豚から・・・と「八犬伝」の小文吾に引っ掛けてます。
by mieru1 | 2010-11-12 10:54 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

やっと終わった

本日締め切りの漫画、カラー表紙も含め、今終わりました。ふぅ。

九日間で漫画一本仕上げました。疲れた。
不規則ながら睡眠時間も確保してたけど、疲労困憊。
今回体調不良で現れたのは下痢ではなく耳が痛くなりました。あと口内炎一歩手前。
疲れた疲れた、と思いつつも漫画の仕事がイヤにならないのは
本当に好きな事だから耐えられるんだと思う。
ライフポイントが下がろうとも心の中の漫画の灯火が消えることはないというか。
で、締め切りが迫ればすぐに火事場の炎のように燃え盛る、と。
この種火が消えたらもう引退だよね。
漫画家っていうのは辛抱、根気比べだとつくづく思います・・・疲れた。


そうそう、脳内の上村松園先生ですが
初めてワタシの脳内に現れた時「あなたはいつもペンを強く握りすぎるのよ。」と指摘してくれたのです。
それまで自分、筆圧ばかりに気を取られていたのでハッ!としたのです。
その後精神的に辛くなってくると「自分でダメだと思ったものはダメ。書き直し。」などとリテイクを受けました。松園先生厳しすぎ・・・・涙。

マザー・テレサやジャンヌダルクが神のお告げを聞いたっていうのは、こういう妄想なのでは・・なんて不遜なことを考えたり。
いやね、漫画家って頭の中で勝手にキャラクターが会話してたりするんで単にその延長線上なんだと思うの。(決してイカレタのではない!)多分脳内松園先生も別人。だってご本人のこと知らないに等しいし。ただのイメージ。
そのくせ朝青龍とは脳内会話は成立してません。これはやっぱり今実在しているから勝手な想像が入る余地が無いからかしら?
非実在だから勝手に妄想が暴走するのかな。
現実にいないからどうにでも想像の余地がある訳で。

などとくだらない世迷い言をつらつらと考えられるのは頭の中が元気な証拠。
また明日から元気に次の仕事にとりかかるぞ〜〜〜!!

今夜は久しぶりに一杯呑んで早めに寝よう。ーーーーってこんな早くに眠れるのかしら。(汗)
by mieru1 | 2010-11-11 23:32 | 仕事 | Trackback | Comments(4)