<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

スケジュールとノルマ

明日締め切りと思っていた下書きの締め切りが今日だった!
原因は昨日締め切りだった「いのちの歴史」を今朝まで引っ張ってしまったため勘違いを起こしたのです。
お昼前にデータを送り、お風呂に入ってサッパリして、これからご飯を食べたらひと寝して明日下書きに取りかかろう、とホッとしていたら
催促の電話がかかってきて急遽仕事の続きを。
「えっ?今日でしたっけ?(汗っ)」と完全に忘れてました。
本当に締め切りが続くと気が抜けないのでキツいです。

とにかく今月中に納める仕事はこれで終わったのでホッとしましたが
月明けすぐにまた下書きの締め切りと今日入れた原稿で間違いを発見してしまったので修正を描かなくてはいけません。

五月雨状に締め切りがあるので、やっと休みになってもすぐに次やるべきことを考えてしまいます。
だもんで、「この日にやらなければならない」というスケジュール管理が無意識のうちに
「今日中にノルマをこなさなければ!」というプレッシャーになっています。
アシスタントは使わないのでスケジュール通りにいくかは全て自分次第なのです。これが結構キツい。

子供に手がかかっていた時期にはここに学校関連のスケジュールが加わっていたので本当にイライラしました。足を引っ張られるような感じで。
一日のうちに家事を含めしなければいけないことが細々とあると、それをこなす手順を考え、次々と「あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ」という思考回路になってしまって特に忙しい時は誰も手伝ってくれないし!と自家中毒気味にヒステリーを起こしていましたね。
毎日のことですし、全部自分がやらなくちゃいけない、と逃げ場が無くなるからですね。
ここで我慢して溜め込むタイプだと絶対鬱病になると思います。
ヒステリーも自分が壊れないための安全弁の一つとして必要なのです。(笑)
今の状況で子供が小中学生でなくて本当に良かった・・・家庭崩壊になるところだ。

今はかなり仕事を優先してできるので以前と比べれば全然気が楽になったはずなんだけど
年のせいか、集中できなかったり体調が今ひとつだったりと思うようにことが運ばないことへのいら立ちが出てきました。
これが体力気力の減退なのかと・・・(スポーツ選手が引退する気持ちがわかります)

晴耕雨読の生活に憧れる・・・・・
by mieru1 | 2010-07-29 21:29 | 仕事 | Trackback | Comments(9)

最後の追い込み

今日締め切りの「いのちの歴史」、これから最終段階のデジタルトーン処理です。
明日の朝までには送信できるでしょうが、ここ一週間寝不足でいつ力尽きるか心配です。

毎日午前3時過ぎに寝て、朝は明るいのと同居している両親が6時台から活動を始めるので
どうしても目が覚めてしまいます。
夏休みに入ったので少しはゆっくり寝ていたいけど、子供も夏期講習があるし
「ゲゲゲの女房」を観がてら起きてしまいます。

今日は締め切りだというのに日中眠くて仕方なく、夕方カフェインのタブレット「エスタロンモカ」を飲んだらやっと目が冴えてきました。これでなんとか乗り切れそう。
(使用期限が2008年6月1日になってますが気にしないっ!!おかしいな。以前飲んだ時は効果がないから使っていなかったのだが。体質が変わったのか?)

加藤清正効果かわかりませんが、「いのちの歴史」も楽しく作業できています。

先月号からロングショットを今までより多く描くように心がけています。
それまでは顔の表情を入れたくてある程度より小さな絵は描かないようにしていたのですが
それだとどうしても画面が単調になるので、描くのは面倒だけどなるべく全景を入れて
舞台の雰囲気を出せるように・・と思っています。(画力不足ですが・・・)

こういう細かい絵っていうのは描くのが大変なので時間がない時はどうしても避けてしまいたいものですが
そういう気持ちになった時は「逃げたらダメ逃げたら負け」と心の中で唱えながら描いています。
そうして逃げない漢・朝青龍を思い浮かべながら「ワタシも負けない!」と気合いを入れます。(朝青龍信者ですので)

ネームだけでももちろん意味は通じるのですが、ラクして描いてると
やっぱり読者に伝わるものも半減してしまうんですよ。

例えば今回の例では

「1924年 大阪市立ろうあ学校の校長に就任します。
『ろうあ者が幸せになる教育をしていくぞ!』」


という一コマに高橋潔校長がアップで決意表明している絵を描いていたんですが
子供達に囲まれて同じ台詞を言う絵に換えました。


この場合は人物が最初より小さめになって子供を4人書き足しただけで大した労力ではないですが
最初の時より主人公の子供達に対する愛情が絵で伝わってきますよね?

「どういう絵を描いたら一番効果的に伝わるか」を考えながら構図を考えます。
で、忙しいとどうしても顔だけのコマを無意識に描いてしまうので、そういう時は一歩引いて
客観的に自分の漫画を見て「逃げたらダメ逃げたら負け」と思い直して書き直すようにしています。

もちろん顔だけの一コマでもロングショットで背景を書き込んだコマを描いても原稿料は変わりません。(笑)
労力は増えるけど、そのかわり漫画の完成度は高くなるのでその方がいいです。

ネームだけ読んでも意味が通じるからと、そのまま何も考えずに絵を入れていくと
漫画の場合往々にして面白さが今ひとつ足りなくなってしまうので、注意したいところです。


さてさて、目が覚めているうちに残りの作業を片付けに入ります。
これが終わっても翌日小さい締め切りがあるので気が抜けませんが
早くゆっくりしたいです。
(そういえばずっと頭洗ってなかったなぁ・・・髪も切りたい・・・・。)
by mieru1 | 2010-07-28 21:34 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

ネームのOKをもらう

「ちゃぐりん」のネームの返事が来た。
監修者さんからお褒めのお言葉をいただき気持ちもアップ。058.gif
こういう学習関係の仕事は読者からの反響は全く無く仕事に対するモチベーションは常に自分でコントロールしなくてはいけない。
読者はサイレントマジョリティー。
本当に自分の漫画を読んでもらえているのか、はたまた途中で読むのを放棄されていないか
気になるけれど真実はわからない。
作品の出来不出来は自分の手応えで判断するしかない。

なので、こういうふうに時々監修者や編集者からもらうお褒めの言葉が唯一の反響。(涙)
漫画家のモチベーションアップが読者からのファンレターというのが普通ですが反響が無くったて頑張る!
だって学習漫画家だもん!
来ない物に期待していても始まらない。

それと反響が無くても仕事の依頼があるのも反響の一つと思うようになったら気がラクになった。
依頼があるということは版元にとって評判は悪くはないということだろうと。
だから忙しいことは喜ばしいこと。
これからも自分で納得、合格できる作品作りをしていこう。
仕事の一つ一つに心を込めて取り組みます。

(それにしても最近は寝付きが悪い上に早朝から明るいので自然と寝不足です。
日中眠いのに夜寝付きが悪いとはこれいかに?体調管理だけはいつまでたってもコントロールが利きません。)
by mieru1 | 2010-07-22 23:56 | 仕事 | Trackback | Comments(6)

大相撲にもレディースデーがあったなら

安三(ヤンツー)さんのブログで紹介されていたオリックス・バファローズのキャンペーンに同球団の断末魔を見た気がした。
b0013305_905153.jpg


観客動員のためなりふり構わぬこの姿。
女性ファンが増えれば選手もやる気が出て相乗効果になるかも?という下心でしょうか。
同情を禁じ得ない・・・というよりある意味立派と言うべきか。


断末魔といえば今話題の大相撲。
存亡の危機に瀕する今こそレディースデーなるサービスで女性人気をゲットだぜ?

「レディースデーはちゃんこ食べ放題!」
「毎日抽選で素敵な親方(日替わり)が特別維持員席で貴女と一緒に観戦&解説します」
等等。

ーーーというわけでワタシが少女漫画風にパロ、じゃなかった宣伝漫画をちゃちゃっと描いてみました。
元々少女漫画なんて描いたことないけど丸ペンで描けばそれらしく見えるだろうと。どうかしら?






b0013305_9102022.jpg


どこが少女漫画風なんだ。

まったく需要がなさそうだ。
むしろ相撲人気を無くすお手伝いになりそう。


「なんで朝青龍はないの?」とお嘆きの貴女に。
もちろんご用意してありますよ。





b0013305_9283155.jpg



少女漫画風だけあって目は大きめです。(汗)     ーーーでもこんな弱そうなの朝青龍じゃない!(T_T)



ーーーさぁ、くだらないことやってないで仕事しよっと。
集中集中!
by mieru1 | 2010-07-22 09:49 | にわか相撲ブログ | Trackback | Comments(14)

下書き三昧

昨日偉人伝のネームのオーケーが出たので下書きに取りかかる。
同時に加藤清正と「あそびんぴっく」の特集ページの下書きもあるので
三本合わせて金曜朝には終わらせたい。その後偉人伝のペン入れ、完成まで突っ走る。

それにしても加藤清正は描いていて面白い。
小さいコマ(4段に切ったコマを1段2〜3に切ってある)にほぼ全身が入るような小さい絵で
なおかつ鎧を着ていたりしてハッキリいって描くのは大変なんだけど、キャラクターが豪快な上に
動きのあるシーンが多いので描いていて楽しいのである。

漫画って描いていて退屈なのはキャラクターが二人で並んでおしゃべりしているような顔ばかり続いて動きのないシーン。
眠くなります。
やっぱり人物が生き生きと漫画の中で活動しているシーンを描くのが楽しいですね。
そういう時は書き手もその人物にシンクロしているから余計面白いのでしょう。
当然絵にもそういう気持ちが表れるので、これはいい傾向です。

このまま清正につられて他の漫画もノリノリで描けますように。
by mieru1 | 2010-07-21 09:41 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

朝青龍の相撲は仕切り前から面白かった&美しかった

大相撲のネット配信がどんなものかと初日と今日観てみた。
b0013305_18113317.jpg


画像は荒いけれど思ったほど悪くない。
音声は初日は声援が「ワヤワヤワヤ」と変な聞こえ方だったが今日は割とマトモ。
これだけ観れれば相撲ファンは満足なのでは?

で、アナ、解説がないのでその場で観戦しているような臨場感があっていい。


結びの一番だけを観ましたが
白鵬は堂々としているのだけど、やっぱり朝青龍の取り組みは最高であったと改めて思いました。

相撲も面白かったけど、仕切りの時点から観ていて面白かった。
イヤ、土俵下で腕組みして出番を待つ、イヤその前、花道に登場して付け人の輝面龍さんが
背中をバンバンッと叩いて気合いを入れて出て来るところから面白かった。ワクワクした。
ウルトラセブンでいえば「ワンダバ」が朝青龍にはあるのだ。
(*ワンダバとはウルトラ警備隊が出撃する時に流れるBGM。これから戦闘が始まるよと盛り上がるシーンです)

土俵下ではその日の朝青龍の精神状態をその目から読み取る面白さがあった。(すぐに精神状態が顔に表れるので落ち着いてないと目がキョロキョロする。逆にいい感じの時は一点をじっと睨んでいる。)

仕切りで踏み出す時はつま先まで神経を集中させているかのようにピンとして、
一歩一歩ゆっくりと調子を取りながら(呼吸を整えている?)仕切り線まで上がり、
両手をついて前にグッと体重を乗せ徐々に臨戦態勢に気持ちを盛り上げ、集中していく様が
観ているこちらにも伝わってきて本当にドキドキしたものです。

蹲踞の時、打つ時の指先もピンとして両手を広げて手首をクルッと返す。
何から何まで神経を行き届かせ集中させているその所作は歌舞伎の見栄を切るような緊張感があり美しさがあった。
(白鵬は何となく先まで力が入っていなく、いつもゆるんでいる感じ。きっと彼なりの良い精神状態なのでしょう)

観客は朝青龍と共に
花道登場シーンから仕切りまで、徐々に気持ちが盛り上がり、
いよいよ立ち合いとなると、あの特徴的な気合い入れ!(待ってました!)
くるっと体を回転して左腕を高々と挙げ「まわしポンッ!!」で一気に興奮がマックスになるのです。
そして最大の見せ場の一番!
これが速くて巧くて頭脳的で爽快でした。
朝青龍の取り組み一番一番がまるで独立した劇のようでした。

本当に朝青龍は人から見られることを意識しているとわかります。
それは彼の美意識でもあり自尊心の表れでもあります。
本当に一番一番に緊張感がありました。
そしてその所作がこれから臨む一番にかける気合いを感じさせたし
こちらの気持ちも盛り上げる効果がありました。
何から何まで花形力士でした。


ーーーという訳でして、こんなスーパースターを追い出した相撲協会はどんどん衰退する一方なんだろうな、と思います。
(白鵬が連勝を重ねてもこんな場所だからか盛り上がらないし彼はスーパースターというには物足りない。まぁあれで華もあったらそれこそ朝青龍みたいにバッシングの対象になるでしょうからこのまま目立たない方がいいのかもしれません)

終盤負けが込んでしまうトホホな展開もありましたが返す返すも今年一杯は朝青龍の相撲を楽しみたかったなぁ。

朝青龍の闘志がものすごい集中力と合わさった時は本当に鬼神が乗り移っているかのような迫力がありました。
本当に観ていて面白かった。そして気持ちを込めて応援できた。
もうこんな人、二度と現れない。

そして、さらば相撲協会。
面白くないからもうお金を払ってまで本場所を観に行くことはないです。
元々朝青龍一人を観に行くために出かけて行っただけですが。(それだけの価値が彼にはあった)
by mieru1 | 2010-07-17 18:59 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(0)

ボールをくわえるぶん太

b0013305_13462322.jpg

b0013305_13465844.jpg

b0013305_13475758.jpg

b0013305_13482793.jpg




「モッテコイ」遊びをしたら持って来ないで自分のクレートに入って出て来ない悪のぶん太。
でもこのボールをくわえてグニュッとなった口元がおかしくて思わずカメラを取りに行く。
ぶん太はビビリのくせにカメラと雷は平気なのだ。
最後はフラッシュのせいかタイミングのせいか目をつぶってしまったけれど
これも愛嬌があって可愛い。

エキサイトブログの画像投稿がデータサイズを気にせずにできるのでラクチン。
ただそのままアップロードするにはデータが重いせいか中々反映されませんでした。
アドバンスユーザーは画像の編集もできるというので試してみました。
初めてのことで手間取りましたが次からはもっとラクに投稿できそう。
以前はフォトショで500KBにサイズダウンして文字を入れたり加工にひと手間いりましたが
これは便利です。
ただまだ完璧な機能ではなくて再編集したりはできないみたいです。
アップロードする前にプレビューでよく確認しないといけないですね。

あれ?最後の一枚には文字を入れたのに(もちろんプレビューで確認済み)入っていませんね?
今もプレビューなら出ているのになぁ。

by mieru1 | 2010-07-17 13:54 | ぶん太 | Trackback | Comments(6)

必死のココロ

今日締め切りのネーム、早くも白旗宣言を担当者に連絡するも
そうすると監修者からの返事が来週の22日(木)以降になるという。
つまり一週間後。
もちろん締め切りは動かない。

そんなに時間を無駄にできないーーーーー!!
ということで午後1時30分の段階で5枚目(全12ページ)が描きかけなのに
6時までの4時間半で送らなければ間に合わないとのこと。

明日の朝イチで渡そうという目算から一気に完成まで突っ走る!

できるのか?いや間に合わせる!


ーーーということで、とりあえずこんな内容で、というネームをギリギリで送れました。(ホッ)
これぞ必死のココロ、必死のチカラ。
これで何とか週明けに返事がもらえる・・・
と思ったら月曜日が休みなので校正なんか入れるとやっぱり限りなく木曜日に近いんじゃないですか!!
これだから祝日は迷惑なんだ!祝日、休日のせいで作業が止まってしまうから。
ぬわにが「ハッピーマンデー」だ!こっちは忙しいんだ!休んでられっか!
漫画家には土日も朝も夜もないというのに。 すごく羨ましいんですけど・・・・・・・


ーーーまぁ、空いた時間は加藤清正その他の仕事を進めなきゃいけないから構わないんだけども。

仕事が終われば終わったで家事が待ち受けてるし、どのみち休みなんて無いのであった・・・(涙)
by mieru1 | 2010-07-15 21:53 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

万能薬を切らして

万能薬「命の母」を二回分切らして昨日は一日中頭が冴えず夕方までゴロゴロ。
「ちゃぐりん」のネーム締め切りは今日だというのに!

で、重い頭と体を引きずってクスリを買いに行く。
特に効き目があるとは思えないんだがもしも体調不良の原因がコレならばと藁にもすがる気持ち。
遅い昼食後から飲み始め今は普段通りの頭になった。(って遅すぎ!)

偶然のように昨日の朝日新聞には朝夕共にこの「命の母」の広告が出ていた。
大きな文字で「更年期」と書いてあるのが余計なお世話だ!と腹立たしく思うのも更年期のせいなのか?
イライラするのも体が冴えないのも全て原因は更年期のせい!にすれば全てオッケーみたいな。
なんでもかんでも更年期のせいというのなら一足飛びに50代になりたいぞ。
50代になればこんなホルモンに体を支配されているような状態でなく
頭がスッキリクッキリになるのだろうか? それならば早くそうなりたい。
だいたい体調不良の原因は何なのか、ハッキリしてないのだから。(ただの寝不足生活のせいかもしれないし)
その年齢になっても今と変わらないというのなら原因は違うということになる。


まぁとにかく健康に一番大事なのは「自律神経を正常に保つこと=規則正しい生活」
なので、万能薬は気休めということで頼らないのがいいのだが、仕事に支障が出るのがイヤなので
少しでも障害を減らすために飲んでいるという感じ。

とにかく締め切り生活なので、これを守っていかないと全ての歯車が狂うというストレスが常にあります。

ああ、予定通りにできるのだろうか。  多分できない。
by mieru1 | 2010-07-15 02:53 | 近況報告 | Trackback | Comments(2)

引退相撲のチケット発売開始

今日から発売の朝青龍引退相撲のチケット。
発売から20分経った今サイトを見ましたら、一階の枡席は完売でした。(一番遠いマス席Cはまだある)
すごい!すごい売れ行きだ!

こんなに吞気にブログを書けるのも実は夕べ先行販売でチケットをゲットしているから。(笑)
チケットぴあにログインし、午後8時の販売に合わせてアクセスするも、何故かカード認証ではじかれ数分するうちに朝青龍ファンのそるさんから「枡席取れたよ!」との連絡があり、そちらへ便乗させてもらいました!!

あ、ありがとう、そるさん!!(感涙)
助かったよ〜〜〜〜。

その他の仲間もそれぞれ希望のチケットが購入できてまずは一安心でした。

とにかく朝青龍の最後の髷姿、土俵入りを見なくてはワタシの気持ちも成仏できません。
これで10月3日まで、安心していられます。

そして引退相撲を最後に両国国技館で相撲を観る事もないでしょう。
横綱朝青龍とともに国技館ともさよならだ。
相撲協会は早く公益法人を取り消して一興行団体として出直して欲しいものです。

※去年赤字だった相撲協会は公益法人なので、納税額がたったの7万円だったそうです。
資産が500億円もあるというのに・・・貧乏漫画家のワタシよりも納税額が少ないなんてありえない!
詳しくはコチラ→ソースは東スポ(笑)


もちろん断髪しても朝青龍のことは応援し続けるよ!!
by mieru1 | 2010-07-12 10:48 | 行け行け朝青龍! | Trackback | Comments(6)