<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

横綱白鵬 誕生

白鵬関。横綱昇進、おめでとうございます。
きっと貴方なら強くて立派な横綱になってくれることでしょう。

しか〜〜し!朝青龍贔屓の私にとっては面白くないっ!!、と思う点がチラホラ。

先場所の優勝決定戦での「変化」も今場所の全勝優勝で帳消しとしても、
どうしてあんなにガッツポーズとりまくっているのにマスコミは話題にもしないの?
朝青龍がガッツポーズするだけでやれ「品格がない」とか叩くくせに!
同じ事しても白鵬なら「品格も申し分なし」になるのか?
ウーパールーパーみたいな顔してれば何しても「可愛い〜〜〜♡」になっちゃうのか?

あと首をひねってしまうというか話が噛み合ってないな〜〜〜、と思ったのが
「どんな横綱になりたいですか?」との質問にまっ先に
「お父さんのような横綱になりたい。」と答えていた件だけど
それって「横綱違い」では?

気持ちはわかるがお父さんはあくまでもモンゴル相撲の横綱であって
日本人が求める横綱の答えでないと思うんですが・・・・
日本の相撲とモンゴルの相撲と同じに考えないでほしい。
それに関してもマスコミはスルー。

他にも話が噛み合っていないなぁ、と感じたエピソードが
バラエティ番組で「白鵬関が日本に来てカルチャーショックを受けたエピソードは?」の質問に
「自動販売機にお金を入れてもジュースが出て来なくって自販機の前でお祈りしちゃいました。」
「これ、旭鷲山関の話ですけど。」

ーーーーもしかして国語力が弱いのか?
ん〜〜〜〜、それならしょうがないか。

こんな調子だとお嫁さんが
「オムツとってくれない?」と頼んだら
まわしを持って来るんじゃないかと余計な心配までしてしまう。

他にもお嫁さんのお父さんは朝青龍の元後援会長だっていうし(モゴモゴ)、
部屋には親方が2人いるって状態らしいし、何だか彼を取り巻く環境はややこしい。
そういえば翌日の対戦の相談をするのもお父さんだとか・・・・
親方いらないじゃん。
ムンフバト部屋でも興せばいいじゃん。

でも新横綱を批判する記事は一切なし!(当たり前か)
これでは「白鵬は(マスコミに)保護されているッッ!!」と刃牙調で言ってやりたくもなります。

何で何でドルジだけ一挙手一投足批判されるわけ?( TДTウウッ)
あの生意気そうなお顔がイケナイの?(ソレダケジャナイケド)
見た目で虐めるなんてイクナイッ!!

で、極め付けが
「皆に好かれる横綱になりたい。」

「おみゃ〜〜〜〜私に喧嘩売っとるんかワレ〜〜〜ッ!?」

「いいもん、私がその目標をつぶしてあげましょう。
これで『みんな』じゃなくなったもんね〜〜〜、えっへっへ。」とそっと心の中でつぶやくのでした。(←バカ丸出し)

いいか朝青龍!来場所はあんなおだんごパンみたいな奴に負けるんじゃないよ!
(ちなみにこれが「おだんごぱん」↓)
b0013305_20393475.jpg

ムキ〜〜〜〜〜〜ッ!!
(ーーー最早キ○ガイのようになってしまった・・・。そっとしておいてください・・・・。)
by mieru1 | 2007-05-30 23:07 | にわか相撲ブログ | Trackback | Comments(5)

これって鬱なの?

こんばんは。

仕事が同時進行で4本あって、サクサク進めなくてはならんのですが、
さっぱりです。
オマケに中学の役員の仕事とか、長男の麻疹の予防接種のことで問い合わせたりとか、
犬のぶん太のワクチンやら肉球の傷の診察やら・・・・・

一人で一体何役やっているんだろう・・・と疲労感に襲われています。

何だか夜中に咽がつまって目が覚めるし。

左胸の上が痛む事があるし。

だるくて横に寝転がる時間が多いし。

仕事がオフの旦那が横でmixiやってにやけてるの見るとむかつくし。

でもやらなくっちゃいけないことは沢山あるし。(どんなに忙しくても締め切り当日でも家事は待ったなしだし)
なのに全然はかどらなくて気持ちばっかりあせって自分で自分を追い込んでるし。

何で自分ばっかこんなに忙しいんだ?
と、こんなことばっかり考える私は怠け者なんでしょうか?

そういえばこの頃仕事しがてら飲むお酒(缶チューハイ)が
美味しく感じないんだよなぁ・・・・・・はぁ・・・・・。
何か面白いことないかなぁ・・・・・
by mieru1 | 2007-05-23 22:36 | 雑記 | Trackback | Comments(8)

東スポのイラスト

東京スポーツ新聞社さんで隔週水曜日
「君は知っているか!!発掘・日本の珍事件」(執筆者・柳下毅一先生)の記事にイラストを描いています。

サイトで確認してみたら
「スーパー殺人鬼列伝(隔週)」というタイトルになっていました・・・・
いいのだろうか。こんなおふざけイラストで・・・・

「駅の建設場所が気に入らん!!市民団体が列車もろとも爆破」
b0013305_22585456.jpg


「探偵小説を手本に脅迫重ねた犯人の正体は・・・」
b0013305_2259228.jpg

「『決闘罪』承知で大喧嘩!!2人殺すも数年後出獄」
b0013305_22595020.jpg


柳下毅一先生といえば「映画秘宝」のガ−ス柳下先生・・・・
何か非常に緊張しています。
まるで「原作・梶原一騎」の漫画家の気分だ・・・・・
(そういえば同じページに上田馬之介氏の連載があります。
子供の頃親しんだ漫画「タイガーマスク」に出て来る人と同じ紙面に載っている不思議というか。他の人から見たら何とも思わないでしょうが、こんな小さなことでも嬉しくなってしまうワタシです)

ーーーが、緊張しつつも毎回楽しみに描いてます。
それはきっと一番自由に描いているからだと思います。

今やっている仕事のほとんどは、マスコットキャラや実在の人物だったりするので
本当の意味で「自分の絵」だといえないと思っているのです。
(いろいろ修正も入りますし)
ですから、たった一回きりの人物だとしても自分の描きたいような顔に描けるのが嬉しい。

それと毎回一コマのイラストなので、挿し絵の勉強もできて楽しいです。
これからは本を読む時に、挿し絵にもっと注目してみよう!とまた一つ課題を見つけて楽しいです。
by mieru1 | 2007-05-06 23:05 | 仕事 | Trackback | Comments(4)