<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

腰痛でピンチ!

やっと仕事が片付いてホッとしてます。
しかし、今回は本当にピンチでした。

何がピンチって、ここ数日腰の辺りがムズムズ痺れるような変な感じがあったのです。
このままいくといつか腰から破滅の音が聞こえてきそうだな、と嫌な予感があったのですが・・・・

見事締め切り前夜に激痛が。

ずいぶん前にギックリ腰になったことがありましたが、あの時とはまた痛さが違う!
腰にある背骨の隙間が差し込むように痛いっ!痛い!痛いのよ〜〜〜〜!!
誰か藁人形で針を刺してないかい?と疑いたくなるほどに。 誰だ!こんな時に!!

ギックリ腰は、腰の辺りの筋がメリメリメリッと千切れるような感じで
微妙な角度でなら息をすることができるんですが、とにかく呼吸して肺がふくらむだけで、体中の筋肉ってこんなに動いているんだってことが良くわかりました。

で、今回の腰痛は前屈みになったら背骨の部分に急に痛みが来たのです。
ギックリ腰と同じようにある角度の姿勢でしか耐えられません。(故に動けない)
もっとひどかったら痙攣しそうな痛さでした。
動ける体勢は相撲の摺り足稽古のごとく、上下運動はその姿勢のままスクワットのように、でした。

仰向けに寝れるけど横向きでは息が出来ない。
動くとなると決まった姿勢しかできないので「角度が〜〜、角度が〜〜〜」と
アホみたいに呻き、摺り足体勢で移動。

今回はネームは遅れるわ、その後PTA役員会はあるは、旦那は打ち合わせに出ちゃって朝夕の犬の散歩はしなくちゃならないわ車で送迎しなくちゃならないわで
作画時間が削られてばかりの上、締め切り間近のとんだハプニングでもう泣きたい気分。

座る事もできないので結局その日は仕事をしないで、翌日から続きを。
(痛みは座っているなら大丈夫、になっていた)
結局残りページは締め切りを半日過ぎてしまいました・・・・。(スミマセンデシタ)


去年の今頃、座骨神経痛なのか、おしりの辺りや右足が痺れたりむず痒かったりして、(そういえば腰痛予防の本なんか買っていた)仕事のしすぎかな〜〜、などとそのまま放置していたんですが、結局診察の結果、「椎間板ヘルニアのヶがあります。」とのことでした。

レントゲンでは特にこれといった問題は無かったんですが(痛みも大分ひいてから行ったせいかも)そんな状態でも、これだけ痛いんだから、レントゲンで異常がわかるくらいの痛さってどんなもんなのよ?とちょっと想像したくなくなりました。

今回は、いつ何時どんなハプニングがあるかわからないから
仕事はやはりゆとりを持って臨まなければいけないな〜〜、と
身を持って痛感したのでした。
by mieru1 | 2007-02-28 21:37 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

難産

う〜〜〜ん、う〜〜〜ん。
今回のちゃぐりんの伝記漫画は難産だ。
自分の予定を大幅に超えてしまった。(本当は月曜日にネーム完成だった)

扱う人物は幕末に活躍した勝海舟なんだけど、
何が難しいって
私が歴史音痴なとこ。

歴史の流れを掴んで理解していないと、
たった10ページの漫画に収まり切らないし、
何を最低限残さなければいけないかもわからないし
何をした人なのかも読者は意味不明になってしまう。

理解しないで人に教えられないじゃないですか。
しかも相手は歴史の授業なんて受けていない子供だし。
初めて知る時代、人物をわかりやすく教えるには
私が噛み砕いて教えるしかないのに
その本人がよくわかってないんですから。

理解したからすぐに教えられるもんでもないし。
一旦自分の中で寝かせて発酵させて、余分な枝葉を落としてからじゃないと
きっと相手に伝わらないと思う。

資料を読んでだいたいの押さえるポイントはわかっても、
いざ紙の上に書き出すと、
「せっかく面白いエピソードなのに今回は入れてるゆとりがないなぁ。」とか
「ええと、この事件を書いておかないと、後でどうしてこうなるのかわからないか。」
など、何度も何度も書き直し。

しかも歴史漫画の難しいのは
事実を中心に描いていくとただの「年表漫画」になってしまって
面白味がない
んですよね。
短いページ数でいかにドラマを描くか。
う〜〜〜〜ん、難しい。難しすぎっ!!(ムキ〜〜〜〜〜ッ!!)

残り3ページになって
「このままじゃ絶対入り切らない!」と筆が止まり
また資料を読み直したり、
始めは開国を推進していたのに何で幕府は攘夷になっちゃったの?とか
まぁ、歴史を真面目に勉強しなかったツケが今来ています。(^^)

追い討ちをかけるように画数の多い漢字が多いのも更に苦手意識を増幅させます・・・・
薩摩藩とか軍艦とか尊王攘夷とか慶喜とか文字書くのがめんどくちゃ〜〜い!!

「さつま藩」とか「尊王じょうい」じゃ駄目?   なんて。

今回は特に海舟の人物を現すエピソードがほとんど入らず
同時に歴史の流れも解説しなくてはならないので、
考える量がいつもの倍。(勝海舟と幕末の流れの解説と二本立て)
人間・勝海舟がどれだけ読者の子供達に伝わるか不安であります。

そう思うと自分と同じ(といっちゃぁ何ですが)クリエイターである
手塚治虫や円谷英二は描きやすかったなぁ・・・

ーーーというわけで
作画時間を大量に削ってピンチなんでごわすよ勝どん。
咸臨丸とか戊辰戦争だとか薩摩軍や幕府軍の軍装だとか本当に大変だぁ〜〜〜〜〜!!
まぁ、一コマの面積が小さいことが唯一の救いなんだけど、
描かなければいけない情報量は変わらないからね。
で、時間がないのに描くのが大変なので泣きたい気持ち。
(でもぶん太ノイローゼに比べたら大したことな〜〜〜い!)

難産はまだまだ続く。
by mieru1 | 2007-02-21 23:30 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

お金に羽がはえて行く〜〜

ここ数日、エキブロがやけに重くてログインする前にフリーズしてしまうのですが・・・

ところで長男の国立大の二次試験がついに今度の日曜日と迫りましたが、
その前に私立大の入学金納入の締め切りがあります。
滑り止めに二校受かっていましたが、本日そのうちの一校の入学金を納めてきました。

本人には言えませんが、多分この大学に通うことになるんじゃないかと思っています・・・・・
おまけに理系だから授業料も高め・・・なんだよね?
でも人材不足の理工学部ですので、きっと就職で報われる・・・・ハズ・・・・。
小さい頃から鉄の塊に萌えるコでしたので、やはり機械関係に進むことになりました。
数年後、白い作業着を着て友達と共同作業している姿を想像すると今から楽しみで。(何と気が早い)

長男は高校も大学も地元で済ませることになるのか・・・・
電車通学代、下宿代などを考えれば国立大とかかる費用は変わらないのかもしれません。
とにかく望むのは充実した4年間を過ごしてもらうこと。
(結構勉強が大変みたい)

決して私達夫婦のような4年間を過ごさないで〜〜〜(お父さん、お母さん、こんな娘に大金を使わせてしまってすみません。懺悔します。)と切に願うのでありました。
ああ、もったいない4年間を過ごしてしまったなぁ。
by mieru1 | 2007-02-19 23:56 | 雑記 | Trackback | Comments(4)

犬の話はこのへんで止めときますか

毎日毎日ぶん太のことばかり書くのもなんなので
このへんで止めておきます。

次からはまた一漫画家としてのブログに戻ろうと思います。
今度ぶん太のことで書きたくなったら他所で犬ブログをこっそり立ち上げようかと思います・・・・

で、最後に先日のドッグランでの様子をアップして
「犬ブログ」はお終いにしようと思います。
b0013305_23554977.jpg

走り回るぶん太。
興奮して顔が怖いぞ。
b0013305_23562144.jpg

なんじゃ〜〜〜!?この生き物は??
そうなんです。
私はこんな怪物を飼っているのです。
よくこんな画像が撮れたもんだ。
しかしつくづく面白い顔ですね。
本当に犬?


ーーーそうそう、私が大学時代に解散してしまった
The Policeが復活、ワールドツアーをするそうです。
なんと日本ツアーも予定されているとか。(ホンマかいな)
The Policeのコンサートは解散して観ることはできませんでしたが、
まさか再結成するとは・・・
行きたいな〜〜〜。行けるかな〜〜〜〜〜〜?
でもどうなんだろうな〜〜〜〜。内容は。

しかしアンディ・サマーズが老人になっていて驚いた。
もう60歳だもんなぁ・・・
それに比べてスティングは鍛えた腕を見せびらかすように
ノースリーブの服を着ていたね。
皆さん、いつまでもお達者で。
by mieru1 | 2007-02-15 00:13 | ぶん太 | Trackback | Comments(2)

森林公園のドッグラン

こんばんは。みえるです。

ノイローゼの日と平気な日が交互にやってきます。

一昨日は真剣にぶん太の今後のこと(里子に出す)について家族会議を開きました。

旦那は「里子絶対反対」

息子二人は「人にあげちゃうのはイヤだけど、良い子になる前にお母さんが病気になったら困るから仕方ない」

でした。

旦那はぶん太を飼う前は
「犬なんてしょせん畜生だ。」
と言うような人でしたが、今じゃすっかりぶん太を可愛がっていて「ぶん太なんて畜生だ。」なんて発言は一切聞いていません。
どちらかというと私のほうが今は「畜生め。」
と思っているかもしれません。
なんという変わりようでしょう。 嗚呼不思議也。

で、昨日は皆が私に気づかってくれて
ぶん太と夕飯のことはするからちょっと気分転換してこい、と言ってくれました。

川越へ遊びに行きましたが、一人になっても3時間くらいはドキドキが納まりませんでした。
早く帰ろうかな、とも思ったけど、どうせならぶん太が寝てから帰ろうと思い、10時くらいに帰宅しました。


私が留守の間、旦那が近所の森林公園にあるドッグランへ連れて行ったそうです。

大きな犬を相手にビュンビュン走り回り、いろんな人達に愛想を振りまき
それはそれは楽しそうだったと言います。

「オイデ」と呼べば来るし、素直にダッコもさせてとてもイイ子だったとも。

ーーーで、本日もお昼に行ってきました。

帰るまでずっと走り通しでした。
いつも自分より大きな犬を探して、遊ぶのに刺激的な相手を探し求めているようでした。
(やっぱり犬好きで、ちゃんと犬同士の挨拶もできていました。イイ子だっ!!)

一緒に走って相手が止めると、また次の相手を探してます。
そして猛ダッシュ。
飽きることなくいつまでもいつまでも走る。
疲れて休息をとるわけでなく、ずっとハイテンション。

おまいは本当にフレブルなのかと・・・・
「散歩は一日15分を2回」は何の犬のこと?
あんなにタフネスに走るフレブルは他にいなかったぞ。
というか他のフレブルはほとんど走ってなかったぞ。
ぶん太だけ猟犬みたいだったわ。

旦那は「絶対なんか他の犬の血が混ざってる。」なんて言いますけど
純血統犬ですから・・・・・

おかげでシャンプーしたての真っ白犬から
どこかの野良犬状態になってしまいました。(;´Д`)

お昼寝をせずに遊びまくったせいで家でも良い子にしていました。
(疲れて寝ていたので当たり前)

普段の散歩でも一緒に走ったりするけど25メートルも走ると私のほうが先に走る形になるので
「やっぱりフレブルってスタミナないんだな。」なんて思っていたけど。
「一日2時間散歩して疲れているよね。」なんて思っていたけど。

これはもしかして
体力が有り余ってるってこと????

ーーーという驚愕の真実を知ってこれからどうしよ〜〜〜〜う。
とかえって心配の種を見つけてしまいましたとさ。
by mieru1 | 2007-02-12 20:56 | ぶん太 | Trackback | Comments(0)

育犬ノイローゼ 復活

ここ2ヶ月近く、お散歩を始めとするトレーニングもぐんと上手くなり、
ボール遊びも上手にするようになった。

普通の飼い犬と飼い主らしくなって
1歳2ヶ月にて、やっと落ち着いたんだなぁ、
ぶん太もやっと「危険な犬」に感じなくなってきて
犬ノイローゼも卒業だなぁ。
と思っていたのに。

昨夜、餌をあげに2階に行って
頭を軽く撫でたら「ギャルルッ!」と驚き声をあげた。

まだ私に対してこんな声を出すのか、と
頭に来て怒鳴って叱ったのがいけなかった。

私の顔を見ずにブルブル震えるぶん太。

大丈夫だよと、オスワリ、マテ、オーケーで御飯。
その後、怖がらせてしまったおわびにフードをもう少しサービス。
いつも通り食べるとすぐにクレートに入って眠ってしまったのがマズかった。

まさか朝まで後を引いてないよね?と
ハウスから出すとブルブル震えている。

私を見て震えてる?

こんな時に下手に触ると逆切れしてしまうぶん太。

本当はウンチを踏んずけた足をタオルで拭かないといけないのに
怖くて出来なかった・・・・

仲直りしようと思い、朝食後なでなで。
私の顔を舐めてくる。

でも私、怖かった。

その気持ちを察知したのか、私の動きが止まったら
いきなり唸り出し、ギャギャギャギャッ!!と叫んで襲い掛かってきた。



ーーーまたノイローゼが始まった。

食欲不振、目眩、一日中ぶん太のことを考え、
気がつくと呼吸も浅くなっている。
今も涙が止まらない。

夜も旦那がぶん太をちょっと乱暴に可愛がっていたら
突然唸り叫び足に噛み付いた。

私の不用意な怒鳴り声で今までのいい関係が台なしになってしまった。

また獣医さんへ行ってお薬もらって来なくっちゃ。

でも今週は締め切りがあって行けないなぁ。

しつけの本には
「怖くてもやり通さないといけません」と書いてある。

噛まれる事を想像しながら接する恐怖。
怖さが先に立って、そんな状態で接しても返ってあの子は怖がる。
毎度(顔や声はあくまで明るく)恐怖に耐えてやってきた。

怖がりのぶん太にそれ以上怖がりの私。
私達の組み合わせもあの子にとって最悪だね。

仲良くしたいのに仲良くできない。
あの子と楽しく過ごしたいのに未だに信用して接してあげられない。

今まで何度思いもよらないことで突然噛み付かれたか。

いつまた怒るんじゃないか、
そればかり考える。

そんな腰の引けた飼い主じゃ、いつまでたっても安心できないよね。

あの子を信用してあげたいのに
私の心の底にはいつも恐怖がある。

仲良くしたいのに。
信頼したいのに。

悲しいよ
悲しいよ

どうしたらわかってもらえるんだろう。

犬に「ごめんね」は効かないんだよね。

私はぶん太の飼い主失格だね。

楽しく暮らしているところが想像できない・・・・

苦しいよ
誰かに助けてもらいたい

そんなへたれたことばかり考えてしまう駄目飼い主。

私にもっと勇気があればなぁ。


これから3年10ヶ月後の様子を書いてあります。
合わせてお読みください。2010年12月08日

「危険な犬、卒業か?」
by mieru1 | 2007-02-05 01:36 | ぶん太 | Trackback | Comments(10)

本日の散歩

先日のエントリーを読んで私が住んでいる地区は一体どんなド田舎なのか、と心配されている?読者もいるかと思います。

そういえば犬ブログでは、よくお散歩の画像が貼ってありますよね。
私も今日はデジカメを持って我が地元をちょこっと紹介します。

しかし何だね。
今日の風は春一番かっ??という感じでした。
風は強いんだけど、ジャンパーを着るほどではないんです。
(そういえば今冬は毎日フリースだけで平気です)
暖冬なので、本当に春一番がもう来ちゃったのかと思いました。

さて、私の散歩標準コース。

ぶん太の自由行動の前に必ず
オスワリ→アイコンタクト→オーケーです。(戸田せんせ〜〜い!!頑張ってますよ〜〜〜〜!)
b0013305_1733967.jpg

和田吉野川が土手のむこう側にあります。
見通しがいいのでこの道大好き。(私が)
がっ!この画像撮っている私は犬のフンをふんずけとりました。
b0013305_1751455.jpg

次は昔は栄えていたという上岡馬頭観音
b0013305_1754585.jpg

説明を書き写すのが面倒なので興味のある方は看板を読んでください。
b0013305_1773558.jpg

こちらの御神馬・ポルカと。
b0013305_178493.jpg

厩舎の臭い嗅ぎもかかせません。
犬だもの。
b0013305_1792767.jpg

そして馬の運搬のための専用車が。
b0013305_17101198.jpg

イラストはなんと旦那のうおりゃー大橋作。
地域に生きる男。
b0013305_17105690.jpg

しかし・・・・。もしかしてこのセンスは60年代・・・・?

まぁ、これでだいたい40分コース。
今回は風が強いから短かめです。
ここ二日間、一回は90分歩いているので、いいでしょう。

さて、いかがでしたか?
今日の散歩コースはまだ平たんで見通しも良く、綺麗な道なのでいいんです。
この他に行く散歩コースでは、決して一人では歩けないような道ばかりです。

不法投棄のゴミの山があったり、人っ子一人いない山道だったり
ウシガエルがボ−ボ−不気味に鳴く池があったり
ある時はタヌキと遭遇したりとその気になれば毎日お化け屋敷に入る気分を味わえますヨン。
足には草の種のお土産付きです。
by mieru1 | 2007-02-01 17:27 | ぶん太 | Trackback | Comments(4)