<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新記録

ネーム切りの自己新記録を樹立しました!

30ページのネームを今日の昼からやって6時間ちょいで描けたっ!!
すんごい。
今までこんなことなかったです。
自分でも信じられない。
だいたいいつものパターンだと2日で半分半分なんだけど、今回は頭の中にストーリー展開など出来ていて、あとはネーム用紙に出力するだけだったのでできたのかもしれない。
毎週考える6ページのネームのほうが時間かかる時もあるくらいだから、予定通り?今日中に描けて良かった。
あとはどんどん下書きを進めて絵を描くことに集中するだけ。

もうアドレナリンが出まくっている今なら仕事もバリバリはかどりそうだ。
自分でも目が釣り上がっているのがわかる。
息子も怖がっていたくらいだし。

去年の暮れからやっていた「ひみつシリーズ」のページ数(125ページで2色あり)と比べれば気持ち的にはまだ楽です。
あっちは描いても描いてもページが埋まっていかなかった・・・・(つд`)

ネームの途中で身体が熱くなって、あまりに頭に血がのぼりすぎて?気持ち悪くなりました。
何か後頭部を打った時みたいなイヤな感じが鼻の奥にきました。
このまま脳いっ血にでもなって死ぬのかと思った。
給食費を郵便局に振り込まなければいけなかったのに、すっかり忘却の彼方へ。
ああ、また学校から手紙が来ちゃうなぁ。


ネームをアップし終わって締め切りまでのスケジュールを逆算して考える。
もう遊ぶゆとりはないので、4日間で30ページ分の漫画のペン入れまで仕上げるつもりでいないとダメだということになりました。
(もちろんそれからスキャンしてデータ作業で仕上げます)
もちろん週間の「徹之進」も同時進行。
本当にアシスタントをどうにかしないと危ないな・・・。

本当に今日からネット落ちして仕事に集中するつもりで行きます。
3月23日に「しばらくお休みします」宣言をしてから宣言を破ってチョコチョコとブログ書きしていましたが、本当にお尻に火がつきました。

何とか5月10日の締め切りに間に合うように集中していきます!
その山さえ乗り越えれば!
私はもう無敵だ〜〜!!という気持ちになれるのだろうか・・・・?
(そうそう、お待ちかねの5月場所も始まる!!)

ということで11日に私の雄叫びが出るのか?

ではハイテンションのまま、さらようなら!!
by mieru1 | 2006-04-25 20:03 | 仕事

CDが届いたんだが・・・

やっと土曜日にアマゾンで注文した品物が届きました。
仕事をしながら新譜のCD三枚を聞きまくるど〜〜〜。

で、届いてショックだったのが・・・・
一番新しいCDで、今回一番期待していたやつなのですが・・・・・

輸入版!ガーーーーーン!

しかも調べ直してみたら日本語版でも発売されていた・・・!

おかげで歌詞カードがわかりません!!
この歌はどんな意味なんですか〜〜〜〜?(;´Д`)

そこで言いたい!

お願いだから輸入版にレビューを書かないでくれ!・・・・と(;´Д`)
そこまでマニアじゃないし。

しかし輸入版って独特の臭いがしますね。
あまり好きな臭いじゃないんですが、これって外国製のインクの違い?紙の違い?
日本のジャケットに慣れているから日本製のCD類は臭いを感じないのか。
でも臭いに敏感な国民みたいなので、こっちが臭いということはなさそうだが。

そういや旦那が新しいMacを買った時にオマケに付いてきたi-Podなんですが、長男はえらくこれを気に入った様子。
早速「サンダーバード」や「バンゲリス」等を入れていました。
(もうこの音楽の選択からしてフツーの子と合いそうにない・・・)
あんなに小さくて薄いのに動画まで入るんですよ。気味が悪い。

もちろん音飛びの心配なんてないとわかっているんだが、
今の子はレコードのA面B面や
「オートリバースって画期的!」なんて不便なことを知らないんですね。
「メタルテープは音質がいいや。」なんていつの話だ・・・・
そうそう「ノイズリダクション」なんてのもありました。
今や「音楽はダウンロードが当たり前」の時代ですもんね・・・

ジョー・ジャクソンの名盤「ナイト&デイ」なんて
A面が「デイ(昼)」、B面が「ナイト(夜)」のコンセプトなのに
CD化されて意味不明になってしまったし。

まったく技術の進歩にはついていけない、というより
自分の考えもしなかった方向へグングン伸びていくので「もう勝手にして」という感じ。
きっと死んだおじいちゃん(明治45年生まれ)もこんな気持ちだったんだろうな・・・・
今でも生きていたら今のデジタル攻撃に耐え切れないだろうな・・・・。


その調子で地球に優しい製品をドンドン作って欲しいものです。
by mieru1 | 2006-04-25 01:10 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

もうこれ以上無理だ・・・いや、やります!

いよいよ今日あたりから本当にヤバくなってきます。(「きます」?)
例の60ページ漫画、5月10日までにアップです。
まだ30ページ分のネームはできてませんが、週刊連載の「徹之進」を先に仕上げたら本格的に集中してこちらをやります。
もちろん週刊連載も平行です。

私の頭と腕に漫画の神様とながやす巧先生の上手さと早さが降臨しますように・・・。

そして今日、嬉しいことにまた仕事の依頼がありました。
去年やった保健漫画のお仕事です。
年間通しでいただけることになりました。
去年やった「タバコの害」について描いた漫画が監修の平間先生にとても気に入ってもらえて平間先生のホームページにも本の内容が漫画を挟み挟み紹介されています。
自分でも手ごたえのある仕事だったので、こうやって次に繋がってくれると
すごく嬉しいです。

う、嬉しい悲鳴ですが、なんかもう
一杯一杯なところに無理矢理詰め込み状態で本当に締め切りが守れるか心配です。
何でこういう仕事って均一に来ないんでしょうか・・・・
本当に時間が貯金できたらいいのに・・・
時間泥棒さん、私に時間を売ってください。(1時間1000円ぐらいで・・・)

いや、贅沢はいうまい。
仕事がある時に無理してもやってアリさんのように暇な時に備えて貯えておかねば。
いつ無職になるかわからない職業ですし。
仕事がない=無職・失業 の漫画家家業なので辛いなどと甘えたことは言ってらんない。
失業保険もボーナスも退職金もない世界ですもん。
忙しいことを理由に漫画のクオリティも下げたくないし。
とにかく敵は睡魔だ!
冷蔵庫に入れてある「眠眠打破」がどこまで効くのか楽しみだ・・・・!
というより頼りにしてます〜〜〜〜。
一本310円?もしたんだから効かないと困るんだよ。

引き続き引き蘢り生活で、活を入れるためにAmazonで
ジョー・ジャクソンのCDを3枚買い込みました。
早く届かないかなぁ。
ーーーていうか、何年買ってなかったんだろう私。
確か「Heaven&Hell」(1997年)以来。
ずっとその間貧乏で新譜なんて買えなかったんだよね・・・(つд`)
すっかりマイナーになってしまったジョ−、私は今でも好きだよ〜〜〜。
あ、あと朝青龍の自伝も買ったんだ〜〜〜。
ウフ♡早く届かないかのう。
雅恵ちゃんの試合も楽しみだ。
by mieru1 | 2006-04-22 01:12 | 仕事

悦びをもって仕事をしているか?

好きなことを仕事にできるってことは何て幸せなんだろう、と思う。

集中しだして作業がノリに乗っている時は
いくら仕事をしていても疲れることを知らない、というか快適そのもの。
自分の仕事が「作品を作り上げる」というクリエイティブなものだからかもしれない。

ノリに乗っている時、
疲れを感じないと同時に心地よさを感じる。
頭の中がクリアになって
高速回転している、正にそんな感じ。
少ない燃料で高速で走っているようだ。
そういう状態の時、とても幸せを感じる。
もしかするとドーパミンだかの脳内物質が出て麻薬中毒みたいになっているのかもしれない。
仕事をワクワクしながらやっている、こんな面白いこと止められない。
つくづく天職だな〜〜、と思う。

ーーーしかし、いつもそういった幸せな状態がくるわけではない。
たった6ページの漫画のネームで四苦八苦する日もある。
どうしたら面白い展開になるのか?
ゴールはちっとも見えてこない。
でも投げ出すわけにはいかない。

「今回だけはもうダメかも。」と毎回思うけれど
気がつくと出来ている。
そんな繰り返しが少しずつ自信につながるのかもしれない。
苦労して考えてきたからこそ見えてくることも沢山ある。
何ごとも途中で放り出してはいけないんだと思う。
答えは自分で導かなければいけない。
「笹舟だけど船長である」職業を選んだんだから。


ーーーということで今日は絶好調。(ただ今CG着色中)
うっひょ〜〜〜ン!!

ただし絶好調の時でも落とし穴があって、スムーズにネーム作業がはかどることが少ない。
どちらかというと漠然とアイデアがある、形になっていない時のほうが簡単にネームが出来たりする。何で?

例の60ページ分の漫画、半分は漫画家夫婦の利点?を活かして
旦那さんにネームをやってもらったが、もう一つは自分がやらなければならない。
予定では今週前半でレギュラーの仕事を片付けてこの漫画に集中していくつもりなのだが計算すると漫画30ページを1週間で仕上げることになる。
本当にできるのだろうか?

今日みたいに2週間、毎日脳が高速回転してくれれば問題ないのだが
その自信全く無し。
だって高速回転した後って一度回転がおさまると、またそこまでもっていくのに
無駄になる時間がえらくかかるんだもん。
明日からこの時間が増えていくのか・・・。

ああ、一日が36時間あればなぁ。
by mieru1 | 2006-04-16 20:06 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(0)

「おれたちは進化しすぎてないか?パート2」

先日の日曜日、またも洗濯機がフリーズしたので
新しい洗濯機を買いに行きました。

私が狙っていた洗濯機は店頭になく、仕方なしにワンランク上の洗濯機を買う羽目に。
しかも「価格.com」で調べた再低価格よりはるかに高く、えらい出費した気持ち。
でも昨日使ってみて
「使いやすく進化している」ことは認めよう、と思いました。

以前使っていた洗濯機は洗濯途中で変えられる設定は水量だけでしたが
今度のは水量以外の洗濯の段取り(洗い時間やすすぎの回数)が変更できるので
一からやり直ししなくても済みます。
それに今から「何をどれだけやる」という行程が全て表示されるので
わかりやすくなっています。
だからそれを見て「やっぱり洗濯時間を3分増やそう」等と変更できるのです。

そういえば以前の記事を投稿した2日ほどあとに
今回指摘したような問題点が新聞に書いてありました。

今は色んな機能をつける開発費と
それをコントロールする内蔵コンピューターのバグに費やす費用がかかりすぎる。
「もの作りの精神がずれてきているのではないか?」とメーカーの人まで疑問視していました。

いろんな機能がついてオールインワンになるのは結構ですが
消費者のほとんどは開発者のように機械オタクではないんだから
進化しすぎても使いこなせないはずです。
性能アップはいいと思いますが。

今回「価格.com」等で調べて驚いたのが
せっかく買っても色々不具合があると
メーカー側は他のメーカーの代品を渡すらしいのです。
そんな責任逃れみたいなことが家電業界では普通になりつつあるのか?とびっくりです。

そして日本でさんざん試させておいて
いよいよ不具合を克服すると大々的に海外に売り出すそうです。
(そして海外で「日本製は品質が良い」ということになる)
私ら日本の消費者はモルモットがわりかい!と不快になります。

しかし去年から立続けに
炊飯器、掃除機、そして洗濯機と壊れ買い直しましたが
偶然か全て「三菱製品」です。
旦那に言わせると「三菱はデザインはダサいが無骨で質実剛健なメーカー」ということで正に私好みのメーカーでした。(笑)

確かに今度買った洗濯機は機能しか見ていなかったので
家に来てデザインを見たらダサかった・・・・

別に洗濯機を眺めて生活するわけでなし全然問題ないんだけど、
私がどの家電も選ぶ時に重視したのが
「その機械本来の役目を一番大事にして開発してあるところ」でした。

そのうえ使いやすくて壊れにくければ言うことなしですよね。
ーーーくれぐれも火だけは吹かないでおくれよ・・・・・三菱。
by mieru1 | 2006-04-12 11:41 | 雑記 | Trackback(1) | Comments(2)

9日の全日本女子選抜体重別選手権

まっさえちゃ〜〜〜ん!!

う、嬉しいでござるよ。
あの強い雅恵ちゃんが帰ってきた!!

ーーー雅恵ちゃんって誰?という人のために。

上野雅恵
柔道の女子70キロ級アテネ五輪金メダリスト(三井住友海上)。
一部では「あやや」に似ているとの噂。(^^)
柔道一家の長女で雅恵ちゃんは小さい頃から
星一徹のような父(ちょっと見、夜まわり先生似)に鍛えられていたらしい。

アテネオリンピック前の世界柔道(大阪)で見たのが初めてなのですが、
その勝負する姿に惚れたね!
それ以来応援しています。

凛としてキビキビとした動き。
立ってよし、寝てもよしの隙のない攻撃。
一点を見つめる強い視線は「これが集中している人の目なんだ!」と
気付かせるものでした。
とにかく終止集中して責め続け、一瞬たりとも気を抜かない、
そんな厳しい姿勢が清清しく、頼もしいのでした。

しかしオリンピックで金メダルを捕ったら燃え尽き症候群なのか、一時は引退をにおわす発言もあり、カイロの世界柔道でもいつものような厳しい集中力も感じられず
「オリンピックが頂点だったのかな?もうきっと引退しちゃうんだろうな〜〜。」とあまり活躍を観戦することもなかったので残念に思っていたのです。

が、新聞で「北京オリンピックを目指す」発言を読んで先日の試合をテレビ観戦しました。

本当に前のような姿が拝めるのか?
一抹の不安がありましたが私の不安はいっぺんに吹き飛びました。
案内役の加藤晴彦も興奮していましたが
私も同じく興奮しました!
すんげ〜〜〜〜!!強いよ雅恵ちゃん!!

何か前よりも強くなっていないか?と思わせるほど凄かった。
成績が振るわなかったのは体力的に衰えたんじゃなく、精神的に弱っていただけなんだと。
そして精神力が復活すればこれだけ強いのかと驚きました。
観戦後、とても嬉しくなるのと同時に
一度途切れた気持ちをよくここまで盛りかえしたな、と
雅恵ちゃんの精神力に感服。
(そういえば野村選手も北京を狙うと言ってましたね)

先日の大相撲でも思ったのですが、
「心技体」のうち、この「心」の占める割合っていうものはとても大きいんですね。
「技・体」を支配するのは「精神力」。
それをとことん実感させる上野選手の復活劇でした。

今月23日に行なわれる
第21回皇后盃全日本女子選手権大会が今から楽しみです。
今度は78キロ超級の塚田選手とも当たる可能性もあるのでそれも楽しみであります。

とにかく雅恵ちゃん、復活おめでと〜〜〜!
そして北京で頂上を目指せ!
by mieru1 | 2006-04-12 11:02 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

「おれたちは進化しすぎてないか?」

最近、全自動洗濯機がフリーズしちゃうことが時々ある。

すすぎの水が止まらず、いつになってもすすぎが始まらなかったり。
そういう時はコンセントを抜いてしばらく放置した後、最初からやり直しになります。
(当然たまった水は廃水します・・・・・)
洗濯機もコンピューターが入っているのでやっかいです。
すべての操作ボタン(タイマー)をゼンマイにしてほしい。

で、そろそろ新しい洗濯機を考えておかなくちゃな〜〜、と
気分転換にカタログやらネットやらで調べているのですが・・・・

全自動洗濯機。すごいことになっています。

というか、おまえら進化しすぎ! 

ーーーって感じ。

完全に消費者(約一名)置いてきぼり。
余計な機能がごちゃごちゃついててワケワカメ。
「汚れがよく落ちてカビがつきにくい、それだけでいいっちゅうの!」
と思いませんか?奥さん。
主婦のライフスタイルも今じゃ
「共働きで洗濯は乾燥まで一気に仕上げる」というのが標準になってしまっているよう。

在宅の共働きにはいらない機能なんだけどな〜〜〜。
あとタバコも吸わないから「デオドラント」機能もいらないし。


というわけで私が目をつけたのは
一世代前の機能がついたもの。
余計な機能はナシ!
かなり値段的にお得な気がします。
洗濯機なんだから汚れ落ちとすすぎを一番重要視したいですね。
by mieru1 | 2006-04-08 01:12 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

週刊連載はインターバルトレーニングだ!

今日は「ちゃぐりん」の伝記漫画のネームを前倒しで完成。
たった10ページだけど毎度1〜2日はかかっちゃう。
資料をあさってどれが重要か的を絞って・・・
読解力、省略、説明、どっと疲れる2日間です。
(でもネームが上がればぐっと気分は楽になるのですが)

で、今はしばしの休憩。
また明日の朝からガンガン下書きやら始めねば。
「徹之進」の週刊連載にも慣れてきたけど、これってやっていると
まるで運動部の「インターバルトレーニング」を思い出しちゃう。


私の知ってる「インターバルトレーニング」は全部員が集団でトラックをジョギング、一人ずつダッシュして集団に追い付いたら次の一人がダッシュ。
(ダッシュしている間に集団はドンドン進むので追い付くのが大変)

あるいは全員が空気椅子(壁に背中をつけて足を90度に曲げ両手は頭の後ろに組む)や分度器(地面に寝転がって両足をそろえて30度くらい上げる)をしている間に一人ずつトラックをダッシュ。
もどってきたらしばし休憩ですぐに次の人がダッシュ。

という休憩とトレーニングを挟むもの。
我がバスケ部は部員が少ないからすぐに自分の番がまわってきてきついの何のって。

で、週刊6ページのオールカラーは下書きからCG着色まで一日中やって三日間かかる。
アップすると、しばし休憩、しかしネームは何時間かかるか皆目見当がつかないから少し余裕をみなくちゃならないし、絵を描く作業だっていつも三日間で終わるわけでもないし(他にも仕事があるので)ちょっと油断してるとすぐに次の締め切りがきてしまう。
もうかれこれ4ヶ月インターバルトレーニングを続けているのか。


それにしても夏休みの宿題を最後の一週間で仕上げていた私が
仕事の量と締め切りの時間を計算しつつ、なんとか締め切りに間に合わせるように計画的にすすめるようになるとは・・・
その調子でこれから始まる臨時の漫画60ページが乗り切れればいいのだが。

これが始まるとまるで山登りしながらインターバルトレーニングしているような気分になってくるんだろうな・・・・
考えたくもない。
by mieru1 | 2006-04-08 00:54 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

ワールドベースボールクラシックに相撲

毎度おおきに大阪〜〜〜〜!!

ーーーーーーって千秋楽が済んでもう一週間以上経つんですね・・・
乗り遅れた・・・・・

しかしあの週は激動の一週間であった。

WBCで日本が奇跡の逆転優勝。
そして朝青龍の優勝!
毎日が興奮、そして元気をもらいました。
大相撲は皆が幸せな結末になって出来過ぎ。
ハッピーエンド。

栃東>来場所に綱取りの希望が繋がる
白鵬>大関昇進
魁皇>角番脱出(あわや引退からまさか?の角番脱出)
朝青龍>優勝(横綱になってから2場所連続で優勝を逃したことはない、というのを死守)

私はてっきり白鵬優勝、魁皇大関陥落だと思っていたので・・・・

でも今回の相撲やWBCを観て思ったのは
「最後まで諦めなかった者が(己に)勝つ」ということでしょうか。
あまりに劇的でまるで映画かドラマのようでした。
でもこれは作り物のお話でなくて本物だから、よりいっそう感動的なんですよね。

やはり大事なのはネームバリューや肩書きよりも本人の気迫や思いなのでは?と思える一週間でした。(もちろん実力があっての気持ち、なんですが)

やっぱり『必死の力に必死の心』なんですね!黒崎先生!
by mieru1 | 2006-04-04 02:14 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(0)