カテゴリ:仕事( 143 )

やっと終わった

本日締め切りの漫画、カラー表紙も含め、今終わりました。ふぅ。

九日間で漫画一本仕上げました。疲れた。
不規則ながら睡眠時間も確保してたけど、疲労困憊。
今回体調不良で現れたのは下痢ではなく耳が痛くなりました。あと口内炎一歩手前。
疲れた疲れた、と思いつつも漫画の仕事がイヤにならないのは
本当に好きな事だから耐えられるんだと思う。
ライフポイントが下がろうとも心の中の漫画の灯火が消えることはないというか。
で、締め切りが迫ればすぐに火事場の炎のように燃え盛る、と。
この種火が消えたらもう引退だよね。
漫画家っていうのは辛抱、根気比べだとつくづく思います・・・疲れた。


そうそう、脳内の上村松園先生ですが
初めてワタシの脳内に現れた時「あなたはいつもペンを強く握りすぎるのよ。」と指摘してくれたのです。
それまで自分、筆圧ばかりに気を取られていたのでハッ!としたのです。
その後精神的に辛くなってくると「自分でダメだと思ったものはダメ。書き直し。」などとリテイクを受けました。松園先生厳しすぎ・・・・涙。

マザー・テレサやジャンヌダルクが神のお告げを聞いたっていうのは、こういう妄想なのでは・・なんて不遜なことを考えたり。
いやね、漫画家って頭の中で勝手にキャラクターが会話してたりするんで単にその延長線上なんだと思うの。(決してイカレタのではない!)多分脳内松園先生も別人。だってご本人のこと知らないに等しいし。ただのイメージ。
そのくせ朝青龍とは脳内会話は成立してません。これはやっぱり今実在しているから勝手な想像が入る余地が無いからかしら?
非実在だから勝手に妄想が暴走するのかな。
現実にいないからどうにでも想像の余地がある訳で。

などとくだらない世迷い言をつらつらと考えられるのは頭の中が元気な証拠。
また明日から元気に次の仕事にとりかかるぞ〜〜〜!!

今夜は久しぶりに一杯呑んで早めに寝よう。ーーーーってこんな早くに眠れるのかしら。(汗)
by mieru1 | 2010-11-11 23:32 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

あともう少し

今日締め切りの保健漫画もあと6ページ処理を残すのみ。   はぁはあ。
表紙も続行すれば今日中に上がりそうです。
信じられない事に始めに言われた締め切りで間に合いそうです。
おかげで次の締め切りに時間が取れそうです。ーーーといっても次は火曜日、カラー原稿と色紙ですが・・・(大変)
なんか集中しすぎて吐きそう。
今の集中力なら白鵬にも勝てそうだ。(嘘)

今回は旦那がホワイト、トーン処理を手伝ってくれたので独りでやるより一日半は早く進んでいると思う。これ、すごく楽。(気持ちと疲労度が)
ただ、これから画像統合して送ろうか、と見直したとき髪の毛の処理(筆でツヤベタ)があまりに
汚らしくて、これだけで絵の質が落ちてしまうと思ったのでやり直し。(涙)
これが予想外に時間がかかってしまって余計な気力を使ってしまった。
でも人に手伝ってもらえるって、まるで杖のような感じですね。正に手助け。
最終段階手伝ってもらうことで体力を温存できるし、時間的にゆとりができます。結果気持ちにゆとりが生まれます。(だからツヤベタを修正できる)

自分は漫画の原稿作業ではホワイト、ベタまでは大好きなんですが、その後の仕上げ(トーン処理)が嫌いで段々テンション下がってくるんですよね。
この仕上げに漫画の見栄えがかかっているから余計重圧になるというか。
で、この大事な局面で良い物を仕上げる、というよりも気持ちは「とにかく時間内に仕上げねば!」という方に重点がいっちゃって余裕がなくなります。

あと、やっぱりこの仕上げ段階に対しての勉強不足を今回ひしひしと感じました。
もっと他の漫画を読んで効果的な処理方法を考えねば。
ーーーと作業中に反省会が始まる自分って・・・試合中に反省してるのと同じですね。本末転倒。
でもこういう反省も、漫画を描き続けていないと気がつかない部分でもあります。
今回は何故か脳内で上村松園先生があれこれワタシに指導してくださるので余計に反省会が始まるのかもしれません。
何で松園?なのかは謎ですが、来月は宮尾登美子の「序の舞」を読んでみようと思います。

さっ、もう一踏ん張り。
by mieru1 | 2010-11-11 12:52 | 仕事

BGM

うお〜〜〜!
お気に入りのBGMを聴きながら今日も一日頑張るド!
今日中にスキャンまで終わらせるんだ。

CDプレイヤーがボロなので聴けるCDと聴けないCDとが出てきた。
ただでさえいつも同じCDを聴いているのに、そこから更に絞られることに・・・
(修理するにも結構な金額がかかるというので放置状態。音量調整もかなり前からできない。
マニアの使う機器は維持費が大変。音質はいいんだけどお金がない時は迷惑だよね。
いっそi podでも買うか?)

ということでシャデーとユーミンとジョー・ジャクソンばっか聴いてるよ。
80年代からのおつきあいですわ。

心は燃えながら作業は粛々と進めます。
by mieru1 | 2010-11-08 12:20 | 仕事

うずうず

今日から有象無象の男子高校生を下書き&ペン入れ。
ラグビー部員なんだけど、自分の描きたいように描くと後で絶対後悔することになるので
ネットでモデルになるような画像を探してスケッチ。
そうかそうか、こういう体型、ジャージのしわの入り方なのか、とインプット。
で、実際に紙に描き始めると想像で描いているよりもずっとらしく見える。
こういうひと手間、下ごしらえが絵を描く上で大切なんだね。
今までずっと我流で時間がないと記憶で描いてしまうことがほとんどだったので、後から見てがっくりしてばかりだった。

で、上手く気持ちも乗れるともう描きたくて描きたくてウズウズする状態になる。
アドレナリンでも出てるようなハイな状態。
楽しすぎる。

ペン入れも気がつくと線が太くなってくるので、それも自制しなければ。
とにかく散々印刷物を見て凹んでいるので、いつものように描けば失敗する、というのが今回はよくわかる。
好きなように描いていてはダメなんだとつくづく思う。
下書きも自分で見て何か変(デッサン、構図、表情など)と思ったら描き直す。
そうすると良くなる。
もっと見栄えを気にしないと。
今回の原稿作業は「こっちへ行くと失敗するぞ。」と予測しながら描いてる感じ。
上手くイメージする方向へ行けるといいんだけど。

ーーーーそれにしても男子高校生って可愛いなぁ。(家にもいるけど)
身体の線もしなやかで、まだ華奢なのね。
ごつくて太ってる子もまだ柔らかさというか完成前の脆さをまとっているような感じ。
表情もまだあどけなさが残ってるのね。

自分の描きたいように描いてたら「どこのオッサンですか?」という顔と身体になっていたので前もって見といて良かった。あぶないあぶない・・・・
by mieru1 | 2010-11-07 15:30 | 仕事

やっとノって来た

保健漫画の返事が遅れているのが福に転じて?締め切りがちょびっと延びました。
二本ある漫画の仕上げも旦那が手伝ってくれるということで、ちょっと気が緩んでしまいました。

保健漫画も久しぶりに自由なキャラ設定が出来るのでワクワクしていたのに
気持ちばっかり急いちゃって思ったように描けなく足踏み状態。空回りしてます。
それに先ほどの気の緩みから上手く集中できなかったんですが、じわじわと時間が少なくなってきたこと、
やっとキャラが手に馴染んできたのとで、エンジンかかってきました。
まだまだ下書きは終わらないし見通しが立たない状況だけど、目標を月曜日までにペン入れとスキャン完了としたので、それに合わせて調整していこう。
でもそれが終わったらすぐに次の原稿アップとちゃぐりんのネームだ・・・。
ちゃぐりんのネームを出すまではとにかく息が抜けません。
あとはちゃぐりんの原稿に集中すればいいだけなので。

今年になってペン入れはGペンからカブラペンにしたんだけど、今回の漫画は久しぶりにGペンに戻してみます。
以前は太い線に拘っていたけど、案外そういった個人的些末な拘りが変化を阻んでいる気がします。
どうしてもGペンを握ると力が入っちゃうんだけど、もっとペン先をコントロールしないと。
どんなふうに変わるか楽しみですが、きっといつもと変わらないんだろうな〜〜〜。
で、印刷物を見て自信を失うと・・・・


はっ!イカンイカン!戦う前から負けを考えるバカになってしまった。
そうならないように自分なりに対策を立てなくちゃです。
by mieru1 | 2010-11-05 21:09 | 仕事

ウホウホ三昧

ピンチである。
保健漫画のネームの返事がもらえなかったよ。
今日は祝日だってぇいうじゃない!何ソレ。つまり返事は明日。
これだから祝日は邪魔なんだよ。
ーーというワケで例のごとく見切り発車いたします。

それにしても今回の保健漫画も次号の偉人伝も、むくつけき男達を沢山描くチャンスです!
ウホッ!嬉しいざんす。
ーーーでも自分がイメージするような男達が描けるんだろうか・・・orz

まっ、とにかく楽しんで描きます!描きまくれ!

次号偉人伝はワタシの念願叶って嘉納治五郎になったのですが(ポターもね)今からワクワクしてるんだけど今月も時間が足りないくらいなので満足いく結果になるかが心配。
またもネームが他の漫画の原稿締め切りとダブります。

柔道のシーンが格好よく描けるといいんだけど、普通の漫画と違って試合のシーンなんか一コマで終わっちゃうんだろうなぁ・・・(涙)
組み手争いとか攻防なんか描くゆとりないもんね。
だいたい柔道やったことないからそのへんもネック。試合は割と観てるほうだと思うんだけど・・・。(監修は講道館の先生だよ。恥ずかしいよ。)


来月なら時間的にゆとりなんだけどな。あっ、でも年末進行で締め切り早いんだった。
もう忙しいのイヤだな。早く11月終わんないかなぁ。
by mieru1 | 2010-11-03 01:48 | 仕事

ネームできた

保健漫画のネームできた。
起きたら送ろう。
外は大雨。時々雷。

これから寝るのに目が冴えてる。
起きたら下書きにとりかからないと今日締め切り・・・・(涙)

るるる ららら〜〜〜
by mieru1 | 2010-11-01 04:59 | 仕事

てんてこまい

「ちゃぐりん」偉人伝ビアトリクス・ポター、今朝10時に脱稿しました。
完徹です。
それから朝食、三日分の洗濯、ぶん太の小屋にヒーターを入れちょうどお昼に就寝。
夕方6時に起きて夕飯でした。
ここのところ一日二食、お風呂無し、睡眠時間5時間未満、生活リズムはメチャクチャです。
これから明日送る下書きに取りかかります。

それにしても「ちゃぐりん」の漫画もペン入れは正味三日間でよく出来たものだと思います。
背景もかなり描き込んでます。
今回は自然の風景を沢山描きましたが、データ作業は面倒なんですよね。
山、木などそれぞれに着色をするような感じで一コマにかける時間が違います。
でも機械や建物を描くのと違って定規を使わない自然物を描く時は気合いが入り、ピンチの割には
描く作業自体楽しくて自分でも不思議に思います。
好きな事をしてる時はピンチの状況も超越するというか、「今を楽しめ!」みたいな心境になってます。

他の仕事と同時進行なので作業時間が少なくなってしまいましたが我ながらよく一人でこなせたな、と思います。

一息ついて明日からのスケジュールを再チェックしたら「ワタシにどうしろと?」というくらい
連日締め切り続き。
週刊連載一本のほうがきちんと休みが取れる分だけまだマシ、と思えてきました。
だって一本仕上げたらすぐ翌日締め切り(下書き、ネーム、原稿含む)という生活が二ヶ月続いてるんだもん。(涙)
寒くなってきてお風呂に入ると湯冷めするからずっと入ってないし!夏でなくて良かった!!
何と過酷な毎日だ・・・・と思いつつ、仕事が忙しいと夜更かししてようが朝起きれなくても
咎められることがないのが嬉しい・・・・
ワタシも布枝さんが欲しいです。水木先生。
そういえば子供達の顔もまともに見てないなぁ・・・・

でもそんな生活もあと一ヶ月だけ。
マッサージに行っておいたおかげで身体の痛さは前ほどではありません。
もう少しだ、頑張れ自分!
by mieru1 | 2010-10-28 20:18 | 仕事

「ミス・ポター」を借りる

金曜日の取材はパスすることにしました。
代わりに月曜日に打ち合わせ。
金曜締め切りのカラー原稿の着色は旦那に任せた!
あとはポターの資料読み&ネーム!間に合うか?

ということで今日はツタヤで「ミス・ポター」を借りて観る。
久しぶりの映画だ。
ストーリーはラブロマンスが中心であまり伝記としては役に立たない感じ。
ユアン・マクレガーがかわいらしい。そして彼の姉役がオジー・オズボーンに見えてしまうのはきっと気のせい。

b0013305_0312979.jpg

                     エミリー・ワトソン。(右)↑
b0013305_0314395.jpg

                 ↑オジーさん。(本物)

アラフォーで独身のビアトリクス。
身分の違いから両親からノーマン(ユアン)との結婚を反対される。
両親と夏期休暇(3ヶ月)に行ってその間会えなくても二人の想いが確かなら結婚を許される手はずになるんだけど、その先を本で読んで知っていたので二人が駅でしばしの別れを惜しむシーンが泣けて泣けて・・・
現実は非情だ。

でも美しい風景が沢山と当時の服装や生活がわかってこれは絵の資料にバッチリ。
福音館書店の分厚い本ももう少しで読み終わるので、これでなんとかしないと。

そういえば火曜日はレンタルDVD一本80円の日なんですってね!(新作は除く)
知らずに借りたのでラッキー!でした。
で、ついでに「アンヴィル」を借りたんだけど旦那が「それ最近買ったのに。」だと。
たった80円なのに損した気分になったじゃないか!
アンラッキー!
by mieru1 | 2010-10-13 00:36 | 仕事 | Trackback | Comments(10)

やりがいのある仕事・漫画

今週は毎日が締め切りという超忙しい一週間でした。
おかげで生活サイクルがめちゃくちゃ。どっと疲れました。
睡眠時間は短いし、睡眠の質も悪いので疲れがとれません。
やっと次の締め切りまで間が空きますが、その間にも次の伝記漫画の資料を読んでネームにしなくてはいけませんし
飛び込みで入った仕事の取材もあり気が抜けない日々が続きそうです。

今日は一段落ついたところで、臭くなったぶん太をシャンプー、風呂掃除ついでに自分の頭もシャンプー。
実に一週間ぶりのシャンプーでしたよ。(涙)
おかげで今も頭がサッパリ気持ちいいです。
ぶん太も撫でても臭くなくっていいです。

そういえば先月入稿した「ライファイデン」は監修者の先生が
内容の取捨選択、ストーリーの構成を絶賛していましたと、担当さんから伝えられました。う、嬉しい・・・(監修は協同組合論の権威、村岡範男先生です!)
思い返せば最初に頭の中にあったプロットでネームを書き始めようとしましたが、もう一度考えると最後に付け足さなくてはいけない話があったのです。
もしそのまま書いていたら絶対書き直しをくらうような、ホント自分が若い頃ネームの没をくらった記憶が蘇りました。
プロット(骨組み)が間違っていたらいくらネームを書き直したところで良い伝記になるわけないですもんね。そういう修正も経験からわかってきました。いつも上手く気がつくといいんですけど。
でも毎回、どの監修者さんからもお褒めの言葉をもらえるようになってきたのは、自分なりにキャリアアップして安定感が出ているのかな?と思ってみたり。

ですので編集者の皆さん、構成から漫画にするお仕事を是非!お願いします!ーーーと宣伝しておこう。
作業も早いですよ〜〜〜〜。
早い!安い!面白い!を目指しますぞ。(あっ、安くなくていいですけど)


今月は少し時間的に楽になるかな?と思っていたけど、結局来月一杯まで休みが無くなってしまいました。
自分も年を取ったせいか、漫画を一本仕上げるのに体力、気力が必要になってきましたが
ペン入れ作業がなんといっても楽しいです。
いつまでこの仕事があるのかわかりませんが、仕事がある限り、楽しく、誠意を込めて取り組んでいこうと思います。

何も無いところから漫画をという物を生み出す。自分で責任を持ち、全てをコントロールする。
そこに達成感と充実感といった手応えがあるのが面白いのかな、と思います。
ものをつくるって面白いですよね。
by mieru1 | 2010-10-09 00:53 | 仕事 | Trackback | Comments(2)