カテゴリ:仕事( 143 )

打ち合わせ

怒濤の締め切り地獄をくぐり抜け、東京(飯田橋&京橋)へ打ち合わせに行って来ました!

ちゃぐりん「いのちの歴史」来年度も連載継続決定!(うう、契約更新みたいな感じで嬉しい)
おまけに神楽坂のオシャレなお店でフレンチを御馳走になる!
家の光協会が神楽坂のそばで良かった!(違う)
とっても美味しかったです。ありがとうございました!

その後インタープレスさんで打ち合わせ。
銀座へ来たついでに伊東屋で来年度の手帳のレフィルを買う。
ここ数年打ち合わせのついでに伊東屋で買っている。
来年も手帳に締め切りがぎっちり書かれるようにゲン担ぎ。(笑)

しばし都会人の気分を味わい帰路につく。

楽しかった時間を反芻しつつ、仕事内容を振り返ったら今回も難しい内容で(協同組合と遺伝子がテーマ)
資料を読むのが第一関門というのを思い出し冷や汗・・・

神様、性能のいい頭脳が欲しいです・・・・


新学社さんの連載も継続が決まったし、また来年度も頑張って仕事するぞ!066.gif
ワタシ達が生きていけるのも、こうやって依頼してくださる方がいてのこと。
仕事をいただけることに感謝感謝であります!!
これからも読者にいいものを創って届ける、そういう気持ちを持ち続けて頑張ります!
by mieru1 | 2011-10-08 00:37 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

「トクをするマイホーム」

6月にやった仕事が本になって発売されました。


2012年版トクをするマイホーム (別冊主婦と生活)

主婦と生活社



b0013305_9331215.jpg


その中で5ページ、漫画部分を担当させていただきました。

b0013305_9331860.jpg



よろしかったら手にとってご覧ください。
by mieru1 | 2011-09-01 09:35 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

進行が・・・

ヤバい、月曜までに間に合うかしら・・・
残すペン入れは面倒なところだけ。それから地図。
でも今回は描いていて楽しい。(今月は南極探検の白瀬矗)
これを切り抜ければしばしの休み、そして怒濤のスケジュールの九月がやってくる。
どうなる九月?

今は先のことを考えるのじゃなく、目の前のゴールに集中集中。

外はめっきり秋の気配。
涼しいのは助かるが湿度が高いと線が太くなるので勘弁だ。
さて一寝入りしよう。
by mieru1 | 2011-08-28 04:05 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

更新できなかった訳

コメントをいただいたにもかかわらず、なかなか返事が書けずにすみませんでした。
毎月下旬は伝記漫画の締め切りと「ポピー」の締め切りが重なるので中々ブログに入れません。

今までだったら仕事が立て込むと眠気覚ましにチョコチョコっと短い文を書き込んだりしていたのですが
ここ2ヶ月ばかり、伝記漫画の仕事が終わると魂が削られたみたいに消耗度が高くて・・・
仕事中は楽しんでいるんですけどね。
とにかく締め切りが近づいて「これはもうフルパワーで取り組まないと間に合わないでしょう。」というところまで追い込まないと中々集中力が発揮できなくなってます。

今回も自分の見通しとしてはいつもより早くできると踏んでいたんですが結局いつもと同じギリギリ・・・
月末は毎度生活リズムもメチャクチャ、食事は取らずというパターンで
今月は締め切り当日は菓子パン一つと鉄分入りヨーグルトドリンク、その他はブラックのアイスコーヒーばかりと水物ばっかり。
こんなんだから貧血になるんだよな・・・と思っても一向に改まらず。
運動不足もそうですが、動かない生活に順応しちゃって中々変えられません。

でも絵に集中してる時って、不思議と食欲もわかなくなるんです。
そして切羽詰まっているせいか無表情に。
で、今回はその他に「しゃべりたくない」という気持ちが特に強くなってブログの方も放置状態になりました。
何て言うのか、右脳を重点的に使っている時ってその他をシャットダウンしちゃう気がします。
仕事が終わってやっと食事を取ろうと思っても、お腹が空きすぎて痛いくらいなのに「別に今食べなくてもいいか・・・。」という気持ちになっちゃうし。

逆にネームの時は四苦八苦して悩んで、あげく集中力が途切れるせいか無駄にお腹が減ったりします。
集中力と食欲が関係するのかよくわかりませんが、とにかく頭脳労働の時の集中力の持続しなさは困りもんです。



それにしても毎度綱渡りのような感じで締め切りを達成するのですが、仕事が終わってもあまり達成感って無いんですよね。
どちらかというと「あ〜〜〜、終わった。」という安堵感が強くて。
で、どういう時に達成感を感じるのかというと今日気づいたのですが請求書を書いた時。(笑)
原稿を入稿しても、この請求書が相手に届かない限り収入にならないので、この手続きが完了してやっと仕事が終わった、と実感できるんです。
で、月末にまとめて書いて「ああ、今月はこんなに頑張ったんだなぁ。」としみじみするのです。

が、安心は禁物。
すぐに次の締め切りが迫っているのです。
次に向かってまた進まねば。
by mieru1 | 2011-07-30 22:00 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

終わったぁ!!

やった!
やっと終わりました。
これで明日から通常営業に戻れる!!

ここ二ヶ月、新規の仕事が重なってずっと3本同時進行で、最後の保健漫画が一番の山場でした。
ネームはかなり前にOKが出ていましたが、他の作業の締め切りが優先なため、やっと一本に絞れたのが先週の金曜。
27ページ分を下書きから完成まで八日間。全部一人でやりました。
「枕草子」の着色は旦那に任せたのですごく助かりました。
あっちも一人でやっていたら、とてもじゃないけど間に合いませんでした。

とにかく作業中でもすでに脱稿した原稿のリテイクがちょこちょこと入ったりして一進一退という感じでなかなか
思うように捗りませんでしたが、なんとか終わってホッとしました。
おかげで生活サイクルもメチャクチャで疲れましたが、この仕事は自分でなんとかしなくてはいけないので
終わった後の達成感というか安堵感はとても充実していて嬉しくなります。

あ〜〜〜。今回はホンッとに疲れた。
増血剤を飲んでいたおかげで以前のように仕事ができました。
時間がなくなり追い込まれている状態でも漫画を描く作業自体が楽しいんですよね。
もしも貧血のままやっていたら、もっとダラダラして疲れも倍増されていたと思います。

これでやっと朝青龍の引退相撲の時にもらった引き出物の封を開けられる。
(この仕事が片付いたら開けようと決めていた)
日本酒も入ってるけど風味が落ちていたらどうしよう・・・
というか今、そんな強いお酒は飲みたくない気分。

まっ、とにかく一人で乾杯することにします。
あ〜〜〜、終わって良かった。
by mieru1 | 2011-07-07 17:11 | 仕事 | Trackback | Comments(6)

まだまだこれから山場です

なんとかネームの締め切りに間に合いました。
これでいいのか?だった免疫力のネームは編集さんも監修の先生も面白いと言ってくださり
ホッと肩の荷が降りました。
学習漫画って、気をつけないと真面目に説明する、単調でつまらないものになりがちなので(特に長編は)
なるべくバカバカしい・・・というか面白可笑しい味付けにして最後まで読める工夫が難しいです。
で、今回はプロットとページ配分だけ先に計画してアドリブ的にネームを描いたら何とか上手くキャラが転がってくれて
子供時代に漫画を描きまくっていた時を思い出しました。
で、最後の最後に「このキャラがこんなに出張るとは・・・。」と意外な顛末になり
自分としては楽しい結末になりました。

ケネディの方は共和党、民主党、資本主義、共産主義などの説明をいかに子供にわかりやすく、
かつ短い文章でまとめるかに時間がかかってしまいました。
かなり大胆な説明になってしまったが、校正の方がきっと上手く処理してくれることでしょう・・・・

今までやってきた人物と交錯するので、単行本になってる「世界の偉人伝」を読み返してたら
関係ない人物のページまで読んでしまって一人涙ぐむという何ともおめでたい・・・
なんか自分の漫画って描いたばかりの時は恥ずかしくて読めないんですが、こう日が経つと
自分からやっと離れたというか、独り立ちできた作品として読めるものなんですね。
ーーー普段はあえて読もうとしないんですが。

さて、ネームが2本終わったところで今週も来週も3本同時進行なのです・・・(涙)
どれも絵の書き込みがそれなりにあるので今から疲れてます・・・・
いつものことですが、ネームで体力気力を使うので、絵を描くまでにパワーが減ってしまいます。
そして「もう一日早く仕事が進んでいれば絵に時間がかけられたのに!」と出来上がった印刷物を正視できないという毎度おなじみのパターンに・・・

鉄分も補給してヤル気も出てきたことだし、今度こそ毎日ノルマを達成しなければ!
でないとまた後悔する繰り返しになってしまう。
早め早めに対応ね!
by mieru1 | 2011-06-20 18:29 | 仕事

貧血でした

あ〜〜〜、終わった終わった。
金曜締め切りの3本、なんとか終わりました。疲れました。

この前素人判断ながら「鉄欠乏症」じゃないかと思い、サプリなぞ飲んでいましたが
やはりお医者に行って確かめた方が安心と、病院へ行ってきました。
さて、肝心のフェリチン(貯蔵鉄)ですが、予想通り正常値以下、血色素量(ヘモグロビンの量=血の濃さ)も正常値以下ということで
「貧血」のお墨付きをいただいてまいりました。

立ちくらみなどの自覚症状はないんですが、今こうして椅子に座っているだけでも頭の中で血の気の引く感覚があります。
(この感覚はもしかして貧血?とずっと疑問に思っていたので、正しかったんだと納得。これで自分の貧血の目安がつきます。)
手足の先も血の巡りが悪い時に感じるびりびりしたシビレがややあります。
そしてため息。

原因としてはやはり毎月の出血多量と食事を抜くことかなーーーーー。
でもね、中性脂肪が正常値を上回っているのでローカロリーな食事にしなさいって・・・・
食欲は控えめになっているんですが、忙しいと食事の内容がどうしてもお手軽な肉料理が中心になり
旦那が作るメニューもカレーだったりしてカロリー高めが多くなっちゃうんですよね・・・・
昼食も引き蘢りで煮詰まって気分転換と食事を作るのが面倒くさくて、ついラーメン屋さんに行っちゃったり。
動かない上脂肪の多いメニューが多いので納得です。
おかげでブヨブヨしてるよ。くっ・・・・・(´Д⊂
椅子に座ったまま動かないから身体のあちこちの筋が痛むのでストレッチもしなければ・・・・・
なんか自分の身体がどんどん錆び付いてヒビが入ってきてるよう。怖いよ〜〜〜〜。

食事で鉄分を補給しなくちゃいけないし、ローカロリーのメニューにしなくちゃならないし余計な課題が増えてしまった・・・(食事を抜いてこの結果だとしたらどうすればいいんだ)
でも頭がボ〜〜ッとするのも身体がだるいのも貧血に原因があるのかな?と思うとこれをクリアすれば
もっと集中できてガンガン仕事がはかどるのかも!と希望が持てました。



次は古典漫画の仕上げと免疫力のネームか・・・・
免疫力の方はまだ資料さえ読んでないや・・・・
(共に月曜締め切り)

貧血でもなんでも締め切りが迫っているので自分にムチを打ちつつ頑張ります・・・・・・・
by mieru1 | 2011-06-11 00:30 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

新刊のお知らせ

2005年12月インタープレスさんより刊行された禁煙教育の本(学校保健新聞の付録冊子)が、このたび
単行本として、かもがわ出版さんより発売されました。

小学生からの禁煙教育自由自在―スライド:小学生版/中学生版/高校生版/一般・PTA版

平間 敬文 / かもがわ出版



b0013305_2334454.jpg



詳しい内容は著者の平間先生のサイトにアップされています。
(こちらは2005年のインタープレスさんの冊子の内容になっています。単行本の方はまだ未見。
多分漫画はほとんど載っていないテキスト中心の本だと思われます。)

是非、禁煙教育にお役立てくださいませ!
by mieru1 | 2011-06-07 23:40 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

元気なスーパー頭脳が欲しい

「学習まんが家」としてその手の仕事の依頼が来るようになったのは嬉しいのですが
元来お勉強が嫌いなワタシ。
専門外の・・・というかそれまでよく知らなかった分野の解説(しかも短ページ)漫画が多いので
仕事が立て込んでくると頭の中がクラッシュ寸前。(笑)頭の許容量が小さいからもぅてんてこ舞い。
もっと性能の良いスーパー頭脳が欲しくなります。
理解するまでが一苦労なんだよなーーーーー。
しかも短ページ内で解説するというのは内容をよく把握して大事な箇所を取捨選択する能力が必要になってくるのです。(ここで疲れる)

今回は青物市場の歴史、免疫力、住宅ローンがテーマです。
そして伝記漫画はケネディか・・・・。(政治ものはバックグラウンドの解説が大変)
もう何のジャンルでもやりまっせ!!


という訳で貧血のせいか、頭が一杯一杯になっているせいか、一日中ダルくて頭の中がボ〜〜〜ッとしている。
締め切りは決まっているので頭の中では「今日のノルマ」が決まっているのに身体がうまくついてきてくれません。
これは身体の具合が悪いというよりは頭がキチンと回転してないから身体が動いてくれないんだと思う。
身体と頭が離れてくれればいいのに。

そうそう、先日読んだ「自助論」が面白かったので続編の「向上心」も買ってきました。
ついでに福沢諭吉の「学問のすゝめ」も買ってみた。
共に明治の青年達に広く読まれた本だそうで。これを読んで元気をもらおう。

大学時代哲学科に行っていただけあって?小さい時から人生論とか「人はいか生きるべきか」というテーマに興味がありました。
「何のために自分は生まれてきたんだろう?」という漠然としたものを抱えていました。
で、せっかく人間に生まれてきたんだから有意義に命を使いたいなと。そのためには何をどうすればいいのか。とか。
手塚治虫や梶原一騎の漫画が好きなのもそのへんと関係があると思っています。
ですので時々自分の感性が10歳、20歳上の人間みたい・・・と思うことがあるくらいです。
(そういや「清貧の思想」の中野孝次が書いた「自分らしく生きる」って本がどこかに行っちゃってずっと気になってる。どこ行っちゃったんだよ〜〜〜〜〜。)

ゼミはプラトンを専攻して(学生としては落ちこぼれなので哲学のことは聞かないでっっ!!)卒論を書くにあたって初期の作品を山のように読んだおかげで「物事の根本、本質を探る」という習慣がつきました。(真理とかイデアを探ることに当たる)
こういうことも短いページで漫画にまとめる力に役に立っていると思います。
そしてそれは何も勉強に限らず、仕事や社会情勢、人間観察や諸々のことに共通する大切なことだと思っています。
そうすれば世間に流されることなく生きていけると思うんだけどなーーーーー。
何事も根っこが大事。


とにかく自分にもっと優秀な頭脳があったら・・・
沢山の情報を即座にインプットして理解してネームに計算して出力してくれる頭脳があったら。
ーーーーこんなに疲れることもないんだろうな、と思う今日この頃でした。
by mieru1 | 2011-06-05 17:30 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

古典漫画

ご無沙汰してます。

ここ数年、「月刊ポピー」の高学年向け付録に古典漫画の紹介を描かせていただいてます。
その他にも教材の使い方を説明するページも担当しているのですが、こちらはイメージキャラクターが会話しているシーンがメインになるので構図もワンパターンになりがち、動きや表情の変化も乏しいので、毎月題材が変わるこちらの古典漫画の方は自分なりに冒険ができて面白いです。
普段描かない題材ばかりなので、勉強にもなるし、そのお話に合わせてタッチも変えられるところが一番楽しいもかも。

で、やってみて自分に合っているなぁと思うのが「弥次喜多道中記」や「柿山伏」などの笑えるお話。
なるべく絵で笑えるように描けたらいいな、と思います。


b0013305_14285879.jpg


b0013305_14291612.jpg

b0013305_1429353.jpg

b0013305_1429776.jpg

b0013305_1429127.jpg



漫画なのに「テキストを読めば内容がわかる」んじゃなくて「絵でわかる」をモットーにしています。
言葉ではなくビジュアルでないと伝わらないものを大切にしたいです。(いつ、どこにいるのか、どういう状況なのか、何をしているのか、どういう気持ちなのか、などテキストに頼らない)
古くさい見せ方と思われるでしょうが、漫画の強みってそこだと思うので。
by mieru1 | 2011-05-18 14:46 | 仕事 | Trackback | Comments(0)