カテゴリ:仕事( 144 )

終わったぁ〜〜〜!

今月の「いのちの歴史」脱稿いたしました!
今回は本の資料が少なくって往生しました。
が、しかし。後になってネットで貴重な画像を次々と発見してしまい
「何で今頃出てくるの〜〜〜?」(涙)という失敗を。
「出版物が少ない、残っていない=ネットでも資料がない」と思い込んでいました。
今度からは気をつけよう。
今回は何故かいつもより早く作業が進んでいたのに結局締め切りギリギリアップということで
いつもと同じく(いや、いつもより半日早い)完徹で仕上げました。
スキャンしてから中で描く作業があったので当たり前なのですが。
いい加減完徹は避けたいものです。

さてさて明日、明後日と下書きの締め切りがあります。
そう、締め切り三連ちゃん。
これというのも全てGWのせい!!

締め切りが続いているせいなのか、ちょっといい思いつきと良い知らせが入ったせいか
ランナーズハイ状態です。
でもお腹がふくれるまでの短い時間ですが・・・
いい加減お風呂に入りたい・・・・・


お風呂で思い出した。
金魚の水を換えないと病気になる!
一気に夏日になったし早く換えないと病原菌が繁殖する〜〜〜〜!
そういえば、ぶん太さんも洗ってやらないと。
洗濯も。



暑くなったので苦い苦いビールが呑みたい。
では。
by mieru1 | 2012-04-25 07:06 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

良いペース

よっしゃああ!!

今月の「ちゃぐりん」のペースはとっても理想的で今日仕上げればいい段階に入った。
そんなにキツキツでもなく炊事をする時間もネットを見る時間もある。
でも今日はなるべく早く起きねば・・・

今月のペースがいい、というか時間的にゆとりがあるので集中力も途切れてしまうんだが
背景に一日余分にかけれたから来月もこのスケジュールで担当さんにお願いしよう。
珍しく他の連載の締め切りとバッティングしないのも良かった。
それにしても作画時間よりもネーム作業が地獄だということが今回よくわかりました。
一月に一回のプレッシャー。(笑)

一人の人生をたったの12ページで子供にわかるように語る事の難しさよ。
この「子供に分かるように描く」というのが厄介。池上さんも言ってるよ。
きっと誰にもわかってもらえない。(´Д⊂グスン


起きたらスキャン→ホワイト→トーン処理で目指せ今日中にアップ!!
完徹だけは避けたいな。
by mieru1 | 2012-03-29 03:48 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

たいらのきよもり

先日脱稿した伝記漫画は平清盛でした。

b0013305_055491.jpg

b0013305_061612.jpg


今回はネーム制作に迷いがあって、一旦完成ネームを監修者さんにお渡ししたのですが
自分では気に入ってなかったので、もう一回書き直しました。

清盛の人物像がみえないのと、権力争いというものに興味がないのと相まって全然気持ちがのらない・・・。
そこで当時貴族は武士をどう思っていたのか、というところから想像を巡らしながらぶん太と散歩へ出かけました。
そこで思ったのは、貴族に仕え身体を張って危険な目(戦)に遭いながらも貴族からはバカにされている図式。
仏教の教えのために自分たちでは殺傷をしないで汚れ役は武士にやらせておきながら蔑む。
そして平氏の地位を上げるために努力して来た祖父、父をみながら一族の棟梁に成った清盛は何を思ったのか。
「貴族許せんっ!武士の力あってこその政権維持ではないか。今にみておれ!」という怒りにも似た感情だったのでは・・・・

貴族中心の政治を武士が乗っ取る。
そんなことを成し遂げた清盛像とは?
多分すごくパワフルで強いリーダーシップがあるだろう。
もちろん負けん気も強い。武士としての誇りもある。
将来の敵になる頼朝達を同情心から殺さずに島流しにするような情にもろい所もある。

ーーーうん。誰かに似てない?

と、家に着く前にはすっかり清盛の気持ちになって「許せん!許せん!」とその気持ちを念頭にネームを推敲。
第一稿が葉っぱが茂った一本の樹だとすると、推敲したネームは枝打ちをして枝振りが見えるくらいスッキリしたと思います。
とにかく院政の相関図がまたややこしく、子供が読んでもわからなそうな部分はあまり詳しく描かずに
結果だけを描いて権力争いに絡むそれぞれの気持ちを表すようにしました。

しかも清盛の顔を四角く描いたら何か気持ちがのっちゃって描いていて楽しくなってしまった。
それというのも古い時代の人なので、想像の余地もあるし(アレンジしやすい)、何よりも今回は喜怒哀楽がハッキリしているから描いていて楽しいんだと思いました。
たいてい伝記に扱われる人物は真面目な顔をしていることが多いので、今回は本当に久しぶりに生き生きと描けました。



ということで相変わらずギリギリで原稿を完成させ、ゲラを見つつ細かい修正をお願いしました。

ーーで、締め切りが終わったのに何でこんな時間にブログを書いているのかというと
明日の(というか今日)朝、他の漫画の下書きを提出しなければいけないから・・・・(;´д`)トホホ…

こちらは今年から近代文学を4ページの漫画にして描くんですが、ホント伝記漫画といい文学漫画といい
毎回色んな時代を描くので絵の勉強になります。
得意なものしか描かないと向上していかないので、毎月課題を渡されているみたいです。

でもさすがに眠くって下書きの人物がいつの間にか髷をしていたり、まつげがついていたり、狩衣を着ていたり・・・と混乱しています。
でもあと少しなので完成させてファクスしてから寝ようっと。

では、あともう少し頑張ります。
by mieru1 | 2012-03-01 04:38 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

ネーム推敲

ぐわわ〜〜〜ん。(涙)
またしても締め切りまでの時間が足りなくなってしまった。
何故かというと、今月のネームの出来が良くないからだ。

赤入れ(テキストの修正)して返ってきたネームを見る勇気が湧かず、かつ背中のコリもひどく(コリが溜まるとやる気が出てこないんです)
思い切ってマッサージに出かけたついでに入ったガソリンスタンドで予想外の時間を食ってしまったのだ。
(オイル交換とエレメント交換を忘れていたのでエンジン内の洗浄という余計な時間と予算がかかってしまったのだ。)

とにかくテンションが下がる原因を取り除いて、やる気の出ない言い訳はできなくなったしタイムリミットも近づいてきたしでついにネームを見直す作業に入り、先ほど終えました。
正直、自信のないネームや作品を見るのって辛い作業なんです・・・・。
作画時間、あと四日間。デッドラインです・・・

伝記漫画は取り上げる人物によってテンションも出来も違ってくると最近とみに思います。
女性は特にテンションが下がります・・・・
シャネルとか荻野吟子みたいな人は描いていて燃えるのですがあんな人、男でもそういない・・・

人物に感情移入できないとネームの出来も悪くなり、テンションが下がり・・という悪循環に入ってしまいます。

でもこのまま納得できないネームで描くと絶対途中で自己嫌悪になるのが目に見えているので
時間の許す限り手を入れます。
不出来な作品を発表したくない、という恐れです。
こちらがどんな事情で描いていようが読者には関係のない話です。
読者には作品が全て。言い訳は誌面でできないのです。
たとえ言い訳を読者が知ったとしても、「だから何?そんなの知ったこっちゃない。あんたプロなんでしょ?」で終わりです。
だから全責任は自分にある。
監修者がいるとはいえ、話の内容をチェックするだけなので話の構成から全ての責任は餅屋である漫画家の責任。そこに緊張感が生まれる訳です。

自分でイマイチと感じて推敲しているのだから第一稿よりは良くなっているはず、というところでひとまず安心して発進できるのです。
とりあえず第一稿よりはマシ。

発表前からこんなことを書いちゃうのは不謹慎なんですが、今そう思っているのは嘘ではないので。
あとは絵を頑張る。
やる。やるのだ。
by mieru1 | 2012-01-26 01:05 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

明日がネーム締め切り

ホントは昨日締め切りだった「伊達政宗」のネームは早めに相談して明日になりました。
そのかわり制作時間が押しちゃうな〜〜、と覚悟していたんですがデータアップの締め切りも延ばしてくれました。
ありがたい!助かりました!

例の梶原一騎BOTですが、今日は「あしたのジョー」の場面をやたらアップしてくる。
ううう、読みたくなってきた。
ジョーがボクシングをやる決意のシーン、大好きです。

留置所に入って段平さんからパンチの打ち方を書いたハガキが届き
「こんなものやってられるか!」とビリビリに破るジョー。
でも暇すぎてパズルのようにハガキを並べ
段々その気になって、ついには夢中になって練習をする、その件がゾクゾクする!
今までつっぱらかっていたジョーが生まれ変わるシーンであります。
その行動、気持ちの変化がとても自然なプロセスなのでこちらもジョーの気持ちに入っていけます。
そしてハガキ故に端的にパンチの打ち方を表現する段平さん。ただ者ではない(笑)。

それと旦那が薦めてくれた小島剛夕の「料理人」もチラッと読んだらこちらも面白そう。

今の仕事が終わったら、本当に久しぶりのお休みになるので、あともう少し我慢しよう!

さてさて、カッコいい伊達政宗が描けますように!
by mieru1 | 2011-11-17 14:09 | 仕事 | Trackback

時間との闘い

保健漫画、いよいよ残り1ページと表紙(4色)を残すのみで何とか締めきりに間に合いそうなメドがつきました。
ということで久しぶりに洗髪。ああ〜〜、スッキリしたぁ。

それよりも次に控えている締め切りが超ピンチです。
いつもながら思うのは同時進行だと一つに絞って仕事ができないので必然的に作品にかける時間が少なくなってしまうこと。
更にストレスになるのが、残り時間が少なくなっている時に限って修正などが入り
今やっている作業の進行が中断してしまうこと。これが実に多い、痛い。

とにかく同時進行はやっと一つ仕事が終わってもすぐに次の締め切りが迫っているため
休む時間もなくまたキリキリして間に合わせなくてはいけないのが悩ましいところ。
明日は早起きして残りを仕上げてしまって次の漫画のペン入れ、できたら色紙の着色も済ませないと
ちゃぐりんのネームが本当にヤバい。
本を読まなくちゃいけないから時間は確保しなくちゃだし、ネームも難しいのでいくら日数があっても足りないくらい。
しかも着色原稿の手伝いをアテにしていた旦那も自分の仕事が忙しくなってきたのでなるべく一人でやらなくてはいけない。というかアテにしない方がいい。
今月分はいつもより4ページ分多い10ページ分着色なんだよなぁ。(涙)何日かかるかさっぱり見えない。
今度ばかりは物理的に心配レベル。


心配してないで少しでも睡眠時間を確保しよう・・・
睡魔と闘ってまで仕事できないし(結局無駄な作業が増えてしまい効率が悪いので基本、数日寝ずに仕事ということはしない。というか出来ない)とにかく食事よりも睡眠だ。
空腹は何とか凌げるけど睡魔は耐えられないと強制終了しちゃうから、これだけは避けたい。
そういえばここ一ヶ月一日二食&禁酒してるんだけど体重がマイナス2キロから動かないよ。
確実に言えるのは腹回りの浮き輪が小さくなったことかな?

来週は木曜日までキリキリして働かないと大変な事に。
でも一日中仕事できるかっていうとそんなことないから実作業している時間を考えるとやっぱり二倍くらい時間が欲しいんだよな・・・・

「時間は有限」。これがこの仕事を続けていて痛切に感じる事です。
命と時間は買えないからね。
だもんでノンビリ受験勉強しているあの子がマジ心配です。


では、おやすみなさい。
by mieru1 | 2011-11-11 03:40 | 仕事

イノチゲノム

例の保健漫画の締め切りに向けて連日徹夜してます。

今回のテーマである「遺伝子」を説明するにあたって登場人物に猪木もどき(猪知下乃武・イノチゲノムといいます)が出てきます。何という短絡的なキャラクター設定。
自称「遺伝子の伝道師」。

で、昨日の深夜、独り猪木を描きまくっている自分にフト気付き
「こんな真夜中に猪木なんか描きまくっている自分って・・・・・・・。」なんて我に返ってしまいました。

今日は今日で朝(昼ともいう)からずっと二重螺旋構造を描いていて頭の中がこんがらがりそうになってました。
でもお城とか鎧を描くよりずっと楽!ーーーーー今月はこれから伊達政宗か・・・はぁ・・・・。

それにしても今回も学習漫画だというのに、こんなに下らない漫画に仕立てて良いのだろうか?と思いつつ
でも続けてお仕事をいただけるというのは、これでいいってことだよね、と自問自答。
普段やっている仕事が伝記漫画や古典漫画、イメージキャラを使った教材紹介漫画なので
唯一自分の好き勝手にできる保健漫画は結構息抜きになってます。
毎度毎度下らないコメディ仕立てにしててすみません・・・
ていうか、学習漫画で遊んでてすみません・・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

先ほど駅まで長男を迎えがてらコンビニに寄り道。
週刊少年チャンピオンがあったから立ち読みする。
浦安鉄筋家族を読んだら国会議員(猪木がモデル)が出ていてお約束の○ンコを発射していた。
うう、猪木に呪われているのかしらワタシ。
囚人リクも読む。うん、面白くて良かった。漫画の密度が丁度よい。お月様にそういう意味を込めていたのか〜〜〜。
ここのところお話の進め方とか詰め込み方とかいい感じ。


それにしても11月というのに全然冷えていない夜って不気味。
秋の虫もまだ鳴いているんだよね。

さぁ、仕上げ頑張ろう。
(猪木が嫌だといいつつ楽しんで描いている自分は幸せ者だ)
by mieru1 | 2011-11-07 22:55 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

終わりません

仕事をやってもやっても次があり、終わった感がありません。
11月いっぱいまで締め切り地獄です。

先週は一週間のうちに保健漫画のネーム、ちゃぐりんの漫画制作、古典漫画の下書き提出とあり
充実しすぎて予定通りに終わるのかハラハラしました。
ちゃぐりんに関しては下書きから仕上げまで三日間で終わらせるという強行軍で、それこそ三日間机に張り付いて仕事してました。(涙)

丁度その頃、ゴルゴ13のさいとうたかを先生が仕事のし過ぎで手の手術を受けた、という記事を読んだので
「いくらワタシが辛いと思っても、さいとう先生みたいな沢山の仕事をこなして来た人や週刊連載をずっと続けている漫画家さんに比べたら大したことないんだよな〜〜〜。まぁ、こっちは貧乏だからアシスタント使わないで全て自分でやるから疲れる、というのはあるけど・・・」などと考えながら仕事してました。
ホント週刊連載を続けている漫画家の消耗度は高いと思いますよ。(歳を取るにつれ)
人気も気にしなきゃいけないし過酷ですよね。
まぁ一人でやっているワタシも消耗してますけど。
時々旦那に色塗りをやってもらったりすると「人の手を借りるってこんなに楽なんだ!」と感激することがあります。


消耗で思い出したけど、忙しくなると決まってどこか知らない土地へ行ってる夢を見るんですが
最近は何故か子供達がチビこかった頃の夢を立て続けに見るんです。
そんなことがあって、段々自分は「次男が大学進学をして卒業したら、それで死ぬのかもしれない・・・。」なんて考えてしまうようになりました。(大袈裟)

そう、まるで鮭のお母さん。(あ、鮭は雄も死ぬのか)
なんか子育ての責任が終わったらホッとしてそのままお空へ行ってしまうイメージが・・・・
イヤ、この場合川を流れて行くイメージか。
とにかく次男を卒業させるまでは仕事を受けなくては!(もちろんいただけるのなら、ですが)
毎日時間に追われてインプットする時間もないので別にいつ死んでも構わないやーーー、なんて達観してきました。
だって死ぬまで働き続けなきゃいけない自由業者だし、優雅な隠居生活なんてありえないし、その方が幸せかなー、なんて思ったり。
まっ、長生きの家系なので無駄に長生きしそうなところが恐ろしいのですが。


ただ問題点が一つ。
それは次男が来年大学に合格できるか否かだ!!
なんかあの子を見てると不安になってくるのよ〜〜〜〜。
部屋を覗くとネットしてるか寝てるかだし。
部屋には漫画本が沢山散らかってるし。
いつになったら本気を出してくれるのでしょうか?(涙)
いつまでも浪人生でいるんじゃないでしょうねぇ!!お母さん、そこまでつき合ってあげられないよ!
さっさと卒業してくれ!なんなら飛び級してくれても構わないんだぞ!!(まだ受験もしてないのにそう願わずにはいられません。それくらい消耗してるのよ。とにかく早く!早く独り立ちして!!)


まぁ、とにかく一日一日を大切に過ごすだけですよ。仕事ばっかりでウンザリする日もありますが。(笑)
でも何だかんだと言いつつ漫画の仕事を辞めたいと思わないのは、この仕事が好きなのと面白味があるから続けられるんですよね。


↑こんな悲観的なことを書いて病んでいるように見えますが、本人、いたって元気です。
ああ、くだらないお話が聞きたい!!
バカバカしい漫画が見たい!!(大笑いしたい)
アホな会話を楽しみたい!
つまり煮詰まっているんです。
by mieru1 | 2011-10-30 01:11 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

間に合わせる!

今日が「ちゃぐりん」の作業日(という名の締め切り)で、DTPのオペレーターさんが来る日。
ワタシはデータ作業中ですがやっとベタ&ホワイトが4分の3終わったところ。
それが終わったらトーン等の仕上げ。
夕方までには全部渡せるとふんでいるんですが、今回は例の保健漫画のネームの他に
新学社の仕事があり、下書き&ペン入れ12ページを正味二日間で終わらせるという強行!
ね、ねむい・・・・
by mieru1 | 2011-10-27 04:55 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

苦しい・・・

本当なら昨日中にネームが出来上がっているはずの遺伝子マンガ。
出だしがものすごく快調にできたものだから、そのままのペースですぐに上がると思っていたら
途中でつまづいてしまいました・・・

一方的な説明になって、(説明文を端的にまとめるのも一苦労)トントンとリズム良いネームになりません。
こういう時のネームって絶対に後で読み返しても面白くない。
だって描いてる本人が行き詰まっちゃって面白さに自信がないんだもの。
あああ〜〜〜、困った。

いい加減「ちゃぐりん」の仕事も進めないと締め切りまでの時間がドンドン無くなっていきピンチです。

今週はどのスケジュールもキツく、このままズルズル引っぱっていては共倒れになりかねません。
かといって泣き言を書いていても解決する訳もないし前を向いて進んでいくしかない。

早く、早くネームを完成させねば。
今はそれだけ。
by mieru1 | 2011-10-24 14:04 | 仕事 | Trackback | Comments(2)