カテゴリ:自然・生き物( 46 )

変化朝顔 観察日記5

昨日8月13日の変化朝顔。ついに10輪咲きました。
それまで多くても3、4輪だったのでいきなり二桁になって嬉しいです。
この姿が観たかった。
b0013305_1292514.jpg



そして今日14日の変化朝顔。11輪。
一斉に咲くと賑やかで朝顔らしい鉢になりました。今では三段全てに蔓が巻き付き蕾があります。
花火が上がったような賑やかさです。毎朝いくつ咲いているか見るのが楽しみになっています。
b0013305_129186.jpg



花が咲いた後は今後の開花のためにガクごと切り取ってしまいます。つまり養分を食う種を作らせません。
朝顔市に出荷する農家の人がそうアドバイスしていたので実践。今は種より花を一つでも多く楽しみたいですからね。種より花、です。


で、ロウバイの種が一向に発芽しないんです。
どう見ても種は熟しているのですが園芸指導通り秋に蒔いた方が発芽するのかしら・・・
種を穫ってすぐに蒔くと発芽率が高い、と書いてあったのですが。
二回蒔いて二回目も間もなく一ヶ月経とうとしています。
ちゃんと水に沈む種を選んで蒔いたんだけどなぁ・・・・。
種を覆う皮がとにかく硬くで頑丈そうなのでそれも中々発芽しない原因の一つみたいな気がします。


アボカドは順調に育っています。
b0013305_12211664.jpg


根っこも楊枝から卒業してゴツゴツしてきました。
b0013305_12215025.jpg




そして何度も何度も倒れてその度に芽がもげてしまったウチワ「ドルジ」サボテン。
(ウチワ「ドルジ」サボテンとは? ーーーー 丁度朝青龍が気合い入れのために廻しを叩こうと手を上げたポーズとサボテンの姿がそっくりだったのです)
b0013305_12254163.jpg


今は二株になってますがこれもそろそろ植え替えをしてあげないと・・・
植える時は姿を整えてこじんまりと可愛らしくしようと思ってます。
by mieru1 | 2013-08-14 12:28 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(4)

変化朝顔 観察日記4

ついに花が咲きました!
こんな朝顔です。
小振りで五つ切れ込みがあり、いかにも「お花」って感じの可愛い朝顔です。

b0013305_22133188.jpg

b0013305_22133860.jpg


下↓の画像。右側に小さく蕾があります。
昨日の時点でこんな状態で咲いたので多分明日には咲くと思われます。
b0013305_22134416.jpg


全体。
b0013305_22145491.jpg


一週間前と比べて葉の多さが段違いです。
蔓を支柱に巻くのが楽しみでしたが最近は次から次へと脇芽が出て蔓だらけになりそうな予感。
同じ所を何重にも巻かないといけないでしょう。


それにしても、種を譲ってくれた、のんちゃんに言われていた花と全然違っていたので
「あなたは誰?誰の子なの???」と疑惑の目で朝顔を見つめてしまいました。
のんちゃんの変化朝顔は二種類でピンク色(破れた花でこれぞ変化朝顔という感じ)と
渋い青で大輪の朝顔がありました。
葉っぱの形からピンクの朝顔なのでは?と予想を立てていたのですが見事に裏切られました。(笑)
こんなことがあるんですね。
咲くまで形がわからないのもプレゼントを開けるようで楽しいものです。

ところで変化朝顔は遺伝的に不安定なのでしょうか?
金魚も新種を作出するのに、この固定種になるまでが大変なようなので、この花もこの世代で終わりなのかもしれません。

明日は一辺に4輪咲きそうです。



それとこの前縁石にいたキアゲハの幼虫を見に行ってきました。
翌日行った時はその前日と変わらない姿でした。首も曲がった状態のまま。
その後、ゲリラ豪雨があり流されてしまったかも、と思っていたらちゃんと蛹になっていました!
しかも保護色(コンクリートと同じ色)になって!
これは驚きでした。
b0013305_22221124.jpg

b0013305_22222483.jpg


まさか蛹まで保護色になるとは。
そういえばアマガエルもこのように色が変わります。
青虫はいつも葉の上にいるので緑色の記憶しかありませんでしたが、実はこういう色にも変身できたんですね。
いやぁ、不思議不思議。珍しいものを見させてもらいました。
あとは無事に羽化に成功するといいのですが・・・・。
by mieru1 | 2013-08-01 22:36 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(2)

変化朝顔 観察日記3

今朝の朝顔。
b0013305_9451816.jpg

b0013305_944555.jpg


蕾はまだまだ小さくていつ咲くのか。
でも一斉に咲く時が楽しみです。
b0013305_946199.jpg



アボカドも大きくなってきました。
面倒なのでしばらくこのまま水耕栽培でいこうと思います。
b0013305_9461748.jpg


黄緑色が綺麗なのでついでにキアゲハの幼虫も。
b0013305_9473169.jpg


風で飛ばされたのかこんな目立つ所にいて身の危険を感じないのかしら?
以前も何かの幼虫がここで蛹になっていたんだけど、この子も蛹になるのかな?


やっと雨が降って直植えのワレモコウも一息ついているだろうけど相変わらず水不足。
花も生き物(金魚と亀)も水をよく使うので水不足になると心苦しい。
どうしてゲリラ豪雨がダムの所に降ってくれないのかしら?
そういや畑のそばの竹やぶにマムシがいたそうだ。
未だに本物に遭遇したことがなかったので家族で驚いてます。
もうサンダルで畑に行けないなぁ。
by mieru1 | 2013-07-26 09:53 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(0)

カメリンの産卵

今年もついに産卵しました!
去年は5個だったけど今年は7個。
もしかして毎年増えていくの?

b0013305_14385176.jpg

ドヤ顔をするカメリン。
b0013305_1439824.jpg

b0013305_14391912.jpg


乳白色で半透明なので中の黄身が透けて見えます。
ネットで検索するとこれを食べてみる人もいるみたい。勇者だね。

食いしん坊なはずなのにここ2、3日食欲が無かったのは(全く食べず)産卵のせいだったのか?
水を換えたらエサを欲しそうにしていたのであげたらいつも通りパクパク食べていました。

このカメリン、今年で10歳(家に来てから)。多分数え年。
普段亀の世話をしない次男が「自分が10歳の時に買ったから今年で10年目だよ。」と教えてくれました。
ーーーーいつの間にか私が亀の世話係になってますが。
ていうかあの子が世話したのなんか片手で足りるんじゃないの?というくらい記憶が無いです。

亀は長生きだから上手く育てばあと10年は生きると思います。



そして二階に上がっていくと今度はぶん太が負けじと黒い物を産んでいました・・・・
夕方の散歩で二回したはずなのに・・・・(普段なら今の時間でしない)

白と黒でモノクロ。
これは神様がさっさと漫画の仕事をしろっ!という啓示なのでしょうか・・・。
締め切りがダブって危険な状態になりつつあります。
by mieru1 | 2013-06-23 14:48 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(4)

変化朝顔 観察日記2

昨日植え替えた変化朝顔を見たらなんか大きくなってる!
土の力ってすごい!と感動して画像を撮って比べてみたんだけど
実際は変わらなかった。

ただ葉柄(葉の軸)がピンとしていて元気な感じは伝わってきた。
それと葉の大きさも変わらないけど比べてみると昨日の葉はしおれ気味で小さく見えたけど
ちゃんと伸びたらこんなに大きかったんだね。

昨日
b0013305_11324118.jpg



b0013305_1133208.jpg

b0013305_11334276.jpg


やっぱり土からきちんと水と養分を吸えるって大切なことなんだね。
人間だったらサプリで栄養取るのとご飯を食べるくらいの差があるんだろうね。

元気に育つと育てるほうもグッとテンション上がるから朝顔の成長が俄然楽しみになりました。
金魚も病気が発生すると気分が沈むのでとにかく未病を心がけよう!
by mieru1 | 2013-06-16 11:37 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(6)

変化朝顔

ブログ繋がりの「のんちゃん」からいただいた変化朝顔の種が一粒だけ発芽しまして
本葉が出て来たのにずっと放置していて気がかりだったのですが
今日ようやくホームセンターに行って植木鉢や土等一揃い買って植え替えました!
これで安心です。

b0013305_13405062.jpg


せっかくの変化朝顔なので(どんな形か不明なのでお楽しみ)鉢も支柱も江戸っぽく?
茶色に揃えてみました。
花に似合うといいな〜〜〜。

b0013305_13434636.jpg


今まで液体肥料しか栄養がなかったので、きっとこれからグングン大きくなってくれると思います。
一体どんな変わり朝顔が咲くのか今から楽しみです。



そして近所の植物もついでに紹介。

こんなのが縁石に生えていたんですが、どう見ても麦・・・ですよね?
雑草のごとく育つものなのかと驚きました。
b0013305_13473157.jpg

b0013305_13474043.jpg



そして名前はわからないけど、この木。
b0013305_1348716.jpg


今まさに種(豆みたいな鞘に包まれてます)が実っている真っ最中ですが
これが耕作放棄地や土手などいたる所に繁殖しています。
結構成長も早く3年もするとかなりの大きさになります。

家の目の前の耕作放棄地にもこの木が増えてきて林になりつつあります。

b0013305_13514716.jpg

by mieru1 | 2013-06-15 13:52 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(2)

小さな薔薇園

近所に個人のお庭でバラ園を解放しているというので(今がシーズン真っ盛り)
平日の午前中(つまり今日)を狙って家族で出かけて来ました。

とりあえず画像報告のみ。

b0013305_14433054.jpg

b0013305_1443363.jpg

b0013305_14434155.jpg

b0013305_14434727.jpg

b0013305_1444015.jpg

b0013305_1444879.jpg

b0013305_16375027.jpg



庭を眺めながらコーヒーをいただき、室内にはカシニョールのリトグラフが沢山展示してあって
優雅な一時を過ごさせてもらいました。
園芸好きな義母も素晴らしい薔薇群に大興奮しておりました。
義母は足が悪いのでこんな近場に素敵な薔薇園があって良かったです。




近所にこんな別世界があることが不思議な感じがしました。
by mieru1 | 2013-05-20 14:46 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(2)

オオタカ?

昨日の雪もほとんど溶けて家の前の林を観ていると
スッと猛禽類の鳥が枝に留りました。

「もしかしてオオタカかも!」と慌ててカメラを取りに行き映すも液晶画面が日光に当たってよく見えない....

b0013305_1243217.jpg

b0013305_1243769.jpg


脆弱なコンデジなので望遠にしてもこれで目一杯。(トリミングしてます)
胸元が白いのが特徴か。

上野動物園で見たオオタカは灰色と白の鮮やかなコントラストでしたが
ワタシが地元で見たオオタカと思い込んでる物はいつも茶色。
鳶にしては小さいしカラスとよく空中戦をして逃げている。
画像検索すると茶色い個体は幼鳥ということらしいけど
そんなにいつも幼鳥ばかり見るものなのかなぁ....?
イマイチ確証取れません。

目の前の林にはキジの家族が複数棲んでいるみたいのなのは日々見かけるのでわかるのですが。
コゲラ、カワセミ、小ミミズク等もいます。
ウグイスは真夏でも「ホーホケキョ」と鳴いてます。
いつだったかメジロが柿の木に鈴なりになって柿をつついていたのには感動しました。
ざっと20羽はいたでしょうか。
まるで雀の集団みたいでした。

そういう珍しいシーンを見る度に
「しまった!カメラを持ってくるんだった!」と後悔するのです・・・
いつだったかアオダイショウが真っすぐ垂直に木に張り付いている事もありました。
野生動物との出会いは本当に一期一会なのです・・・・
by mieru1 | 2013-01-15 12:18 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(3)

ホタルにカメリン

一ヶ月ぶりの更新です。

先月ホタル鑑賞に行って来ました。
犬の散歩コースにあったんです。
いや、前から何か整備されてるなって思っていたんですが、まさかここがホタルが出る場所だったとは。
引っ越してから十数年だってから初めて知りました。(前々からある場所で観れると聞いていたんですが)

b0013305_3581585.jpg

b0013305_3582068.jpg


これは大きいゲンジボタル。
ヘイケよりも珍しホタルだとか。
ゲンジボタルも今見ごろのはずですが仕事が忙しくって行ってません。
ーーというか一人で行くには怖い場所なので・・・
家族は虫なんかに興味ないし・・・
長男がいればなぁ。



そして昨日、フト見たカメリンの水槽では大変な事が起こっていました!
b0013305_423147.jpg


b0013305_423861.jpg

(画像の日にちは一日遅いです。ホントは9日。)

一挙に5個も産卵していました!
よく食べないで放置していたものかと....

時間が経っていたのか殻は堅くなっていました。
以前偶然産卵シーンを見たんですが、多分一個ずつ苦しんで産むんじゃなく、
スルスルッと立て続けに出たのではないかと思います。
それにしてもこれだけの大きさを身体の中に保持していたとは驚きです。
去年は多くて2個でしたのでギョッとしました。



今日は金魚の船も洗ってあげないとそろそろ病気が心配です。
ぶん太も洗ってやりたいなぁ・・・
田んぼの生き物調べもしてないなぁ・・・

とりあえずシンシンお母さんになってオメデトウ。
by mieru1 | 2012-07-10 04:08 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(4)

地虫の正体

寒い冬が終わり、暖かくなりもうすぐ夏の気配を感じる今頃、地面から地虫の声が聴こえてきます。
昔からこの地虫の鳴く季節が好きです。
ちょっと肌寒いけど、地面から草の匂いが漂ってくるその空気感がいいんです。

ところでこの「地虫」。一体何が鳴いているのか人に聞いてみると
ミミズ、オケラ、タニシ等、様々な答えが返ってきますが誰も鳴いている姿を見た事はないと言います。

ここで便利な四角い箱で調べてみました。
それによると

キリギリス科の「クビキリギリス」だそうです。
b0013305_2221134.jpg

クビキリギリスの声

ああ、この虫ならよくいる!
でも、どうも信じられないな、と思ったら動画もありました。




何でも名前の由来となったのが「噛み付くと首が取れても離れないから」だそう。
そういえば噛まれたような記憶が・・・・

Wikiによると
林に隣接する草原等で、イネ科の草本の茂みに生息する。夜行性。春〜初夏に草本や樹上で鳴き、鳴き声は日本語圏では「ジーーー」ないし「ヴィーーー」と電気の変圧器のように聞こえる。声の似るケラとしばしば聞き間違えられるが、ケラが地中、地表で鳴いているのに対し、本種は草上や樹上で鳴いている。初夏になり気温が上がると朝に鳴くこともある。とあります。

オケラも鳴くそうですが、聴いたことのある人の話だと、もっと声が小さいそう。
ケラの声

長年の疑問が解決してスッキリとしました。
ネットは便利だなーーーーー。
by mieru1 | 2012-05-01 22:04 | 自然・生き物 | Trackback | Comments(0)