SLADEのファンなのですが・・・・

ワタシと同世代でこんなにスレイドを聞いている人は日本に何人いるのだろうか?
1966年にデビューしてイギリスでは有名なバンドらしい。
「らしい」というのはワタシ、彼らの情報をほとんど知らないから。
ファンの世代は50代以上と思われますが、1983年にクワイエットライオットがカバーしたこの曲で初めてスレイドを知りました。

Slade - Cum on feel the noize (1973年)




wikiによると
「英国内では1960年代のビートルズと並び称させるほどのチャート人気を得た。圧倒的な人気に乗りアメリカ進出も目論むが、芳しい成果は得られないまま終わる。英国でも1974年頃からチャートアクションが鈍り始め、1977年にはポリドールとの契約も切られてしまう。スレイドのサウンドと相通ずる面があるパンク・ロック全盛の時代においては、しばらく低迷を味わうことになる。」

この「アメリカ進出も目論むが、芳しい成果は得られないまま終わる。」というのは
ボーカルのノディ・ホルダーとリードギターの二人があまりに面白い顔をしているから・・・・・だと思われます・・・・・・
だって二人の顔のインパクトが強すぎて他のメンバーの存在が霞んじゃうんだもん。
しかもリードギターの人は目立とう根性なのか嫌がらせ受け狙いなのか知らないけど変な衣装を着るのがお約束になっているみたいで。

そしてワタシが初めてテレビでスレイドを見たのがこのヒット曲。
先のカバーバージョンがヒットしたのと同じ年です。
実に10年ぶりに返り咲きました。

Slade- Run Runaway


この曲が入っているアルバム「神風シンドローム」は、初めて聞いた時、小林まことの漫画を読み終えた時と同じ気持ちになりました。
とにかく気持ちが明るく弾むんです。こんな元気の出てくるアルバムは初めてでした。
ポップでキャッチーなメロディ、ノディのダミ声の存在感。
すっかり気に入ってしまいました。

ワタシが気に入った!と言ったせいか、旦那が古本探しのついでに古いアルバム(CD)をいろいろ買い求めてくれました。
ちょうど「神風シンドローム」は最後のレコード版でCDは国内版でほとんど出回らなかったと思うのですが、よくぞ12枚も見つけてきたもんだと思います。
(よって歌詞カードは英語なので内容は未だ知らず)

そしてワタシがスレイドで一番好きなのがこの曲。
彼らにしては賑々しくなくて静かないい曲です。
How Does It Feel

この他にもFar Far Away,Gudbuy T'Janeなど名曲が沢山あるんだけどマイナーなのよね・・・

そしてスレイドを知らない人もクリスマスになると聞いたことがあるかもしれないのがこの曲。
merry christmas everybody


ギタリストがクラウザーさんのような服装をしています。
KISSの衣装はここからのパクリでしょうか?(ジーン・シモンズが受けた影響って衣装なのか、曲作りなのか?)

長年音楽をやっていると普通は変化していくものなのに、SLADEというバンドは変わらないところがまた凄い。
ずっと明るくポピュラーな曲作りをしていて、やっぱりこれはノディ・ホルダーの性格から来るんだろうな・・・と想像しています。(どんな人か知らないけど)

気持ちがのらない時、落ち込みがちな時、元気をくれる音楽です。
by mieru1 | 2008-12-03 22:10 | なつかし話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/9977069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KAN at 2008-12-13 00:36 x
SLADEとは!
個人的に「イギリスのチープ・トリック」てな
位置づけのバンドでありまする。
Commented by mieru1 at 2008-12-13 13:01
>KANちゃん
チープ・トリックは聞いた事ないんですよね。
ジョー・ジャクソンに似ているというコステロも聞いたことないし。
そうか、機会があったら聞いてみるわ。

今日も聞きまくっています。
うん、やっぱり元気が出ていいです!
<< 痩せてきた? (ペンの)線が細くならないひみつは? >>