ココ・シャネル

今、次号「ちゃぐりん」の仕事の真っ最中。
取り上げる人物はココ・シャネル。
その他にも来月中旬までの学習漫画の単行本の仕事があり(こちらは旦那と合作)
その間、次男坊の高校受験、合格発表、総会へ向けての役員会、地元の集会のお手伝いともう泣きたくなるようなスケジュールです・・・

ここへ越して来て役員をやらない年のほうが圧倒的に少ないんですが
ここでは女は「仕事・家事・役員」と男の3倍は働いているんですねぇ。
もっとヨメを大切にせんかぁ〜〜〜〜!!
「父兄会」という言葉にいつも苛立つワタシです。(どこに「父」と「兄」がいるんじゃい!と)

ーーーと、いうわけでココ・シャネルなんですが
ワタシ、ブランド物って全然興味なくって(買う予算がない、着る機会がない=無駄な物。
なんたってヴィトンのモノグラムが家紋が並んでいるみたいでダサく感じてしまうようなセンスの持ち主なんで・・・・汗)
今回の人物はどうかな〜〜〜、と思っていたんですよ。

がっ!
シャネルったら現代の働く女性のシンボルみたいな人だったんですね!
そして服のデザインコンセプトがまた共感できました。
「女性が動きやすく(活動しやすく)、機能的でシンプル、かつ女性の美しさを引き出す実用品」

当時の女性服は男性デザイナーが作ったもので
あの「コルセット」など、女性の美(といっても肉体の美)を強調するための物でした。
実際着ている人間にしてみれば苦しい、重い、一人で自由に動けない、という
女性から「自由」を奪う象徴みたいな服だったんですね。
中国のてん足みたいに。

そこから女性の視点からこのような服をデザインして女性から支持されるようになったわけです。

シャネルの性格はすごくハッキリしていて、これまた描きやすいキャラクター。
誇り高く、自立していて、自由が好き。反逆精神が強くエネルギッシュ。
そして仕事人間。 いわゆる「可愛げのない女」。
でも一流の男達からモテモテ。
こういう人だから、新しいファッションを切り開いていけたんでしょうね。
そしてつき合った男性から新しいファッションのアイデアを吸収して自分の物にする。
もう、「シャネル」という人物の中に「デキる女」の全てが詰まっている感じ。
男社会の常識から真っ向対立していくところは同性として小気味よいです。

「いのちの歴史」の連載も4年目に入りますが
やっぱり自分が描いていて一番燃えるのが、シャネルのような今までの常識という壁を打ち破っていく女性を描いている時ですね。
荻野吟子、人見絹枝、マザー・テレサ、ナイチンゲール。
特に最初の2人は同じ日本人として本当に描いていて力が入りましたね。
「女性の行く道は全て袋小路」ーーーーなんて悲しい時代でしょう。



ここまで読めばワタシがフェミニストだということがよくわかると思います。

ですが、「女も土俵に上がるべきだ」というのには反対。
かの大臣は女が土俵に上がってそれで男女平等になると思っているのか?

土俵に上がらせろと言う資格があるのは相撲をやっていて
「私もプロの力士になりたい!そして横綱と勝負したい!」と思うような
切実な願いを持った女だけだ。
だいたいかの大臣が土俵に上がった先にあるものは何なのか?
男女平等制覇か?
土俵は山登りとは違う。
土俵にどうしても上がりたいなら自らが相撲取りになるべき。

ーーーて、何か余計な話を書いちゃったなあ。
つまり言いたいことは同じフェミニストでも何が何でも男女平等っていうのには反対!ってこと。
そして自分は先に揚げたような男から見た「可愛げのない女」にとってもシンパシーを感じてしまうのだった。
でもね、ホントは女性は女性らしく振る舞うほうがいいな〜〜、とちらりと思ったりする。(自分はしないけどね)
by mieru1 | 2008-02-24 02:06 | 仕事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/8088699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-02-26 23:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mieru1 at 2008-02-27 00:09
>鍵コメントさん
ええっ?こちらへ来るんですか?
どこかな?
ちょこっとなら会いたかったなぁ〜〜〜!
Commented by kadoorie-ave at 2008-02-28 09:20
首がとれそうなほど、うなずいてしまいました。
日本で言う平等というのも、なんとなくギモンです。「みんな同じ」ことが「平等」ではないと思うんであります。話はずーーーっと飛ぶけど、小学校の運動会とかで「差」が出ないように気遣いするのもキライだ〜!すっごく得意な子と、ダメダメな子(私はこっちだった)がいて、その違いをお互いに受け入れ合えることが大事だと思うのに。
でも、飛行機の中ですっごくかわいい「客室乗務員」を見ると、いいもんだなぁ〜♪と思いますう。えへへ〜
Commented by mieru1 at 2008-03-01 17:42
>光子さん
おおっと、首がとれたら大変だ。(笑)

子育てしていると、「日本人は規格品みたいな子供を作りたがっているのか?」と思うほど平等、っていうか「他人と同じ」ことを望みますね。
それって結局「他人と違うと虐められる」という親の強迫観念だと思うのです。
でもこれってバカバカしいですね。誰一人として同じ人間なんていないのに。
それぞれ長所があるのに、親の気に入る長所じゃないと納得がいかないみたいで・・・・ささいなことでも良い所を見つけられる親でないと子供も可哀想ですね。
平等主義で無菌状態で育った子供は社会に出た時、初めて理不尽な差別を体験して挫折しそうです・・・・。

今、藤沢周平の小説にこってますが、彼の書くヒロインが「つつましくて暖かで、実は芯が強い」というパターンが多いのですが、日本人の理想の女性像って感じで実にいいのです・・・・
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-02 16:33
「ところどころ派手好きで暖かで、実は芯がもろい」私は、藤沢周平の世界の女性像に憧れています....。
Commented by mieru1 at 2008-03-04 01:04
>光子さん
「つつましくしてるつもりだけど、しっかり自己主張して、
暖かなつもりなんだけど厳しさの方が勝るワタシ」には遠い存在です。
自分はなれそうにないけど憧れますねぇ。(笑)
<< 時間が足りない このパッケージはいかがなものか? >>