読書三昧

レギュラーの仕事が一月分繰り上がって進行したため
年に一回のお休みになるのですが、ここ数年アウトプットだけの日々の鬱憤を晴らすかのように読書三昧の日々。
私って読書家だったんだ〜〜〜?

父が入院したため電車の中で読む時間もあり
ここ一ヶ月で買った本の数も珍しく多い。
本屋巡りをしても無かった本はアマゾンで購入できました。
b0013305_0513138.jpg

b0013305_0521271.jpg

それからここにはアップしなかったけど
ケン月影の画集も・・・(もちろん旦那用ですよ!ってか美人画集かと思ったら春画ですかっ!ーーーーやっぱり・・・・)
漫画も珍しく新刊で買った。「耳かきお蝶」全3巻。

今日は藤沢周平作品の金字塔と呼ばれる「蝉しぐれ」を一気に読破。
切ない恋と、それ以上に良かったのが男三人組の友情。
真面目な主人公にガキ大将格の逸平、ハカセの与之助。
彼等の会話が微笑ましくていい。
そして汚名を着せられ今まさに切腹している最中かもしれない
父の遺骸を引き取りに行くシーンは圧巻。身につまされる・・・
剣術の試合に藩内の権力争い。目の前に広がる自然描写。
それらが簡潔な文章で運ばれ、ぐいぐいと物語に引き込まれます。

それにしてもこれでやっと「ちゃぐりん」のネームにとりかかれる・・・・
藤沢周平は読み切る前に必ず新しい本を買っておくので
常にストックがあります・・・
読み始めると止まらないので買わなきゃいいのにと思うのだけど
気持ちは早く次の一冊が読みたい!ですからねぇ・・・

ーーーそ、それにしてもここにある本は
手塚治虫以外はチョンマゲ関係ばっかりじゃないか!
と偶然の一致に驚いたりしてます。

>>その後の父の容態
何とか生命の危機からは脱出した様子。
しかしまだまだ元気はなく、あんなに食べるのが好きな人が
ご飯は6割方しか食べません。
テレビを見る気力も歩く気力もないけれど、10日間は点滴のみの
水耕栽培状態だったので、ご飯を口から食べ始めてからの回復力には目を見張る物が
あります。

人間、サプリメントだけでなんか絶対に生きていけないと思いました。
by mieru1 | 2007-12-15 01:19 | 近況報告 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/7823900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yosi at 2007-12-18 03:03 x
この本の中で1冊だけ私も持っていました。
「手塚治虫原画の秘密」です。
まだ読んでいません。
正月にでもゆっくりコタツで読もうと思っています。
Commented by mieru1 at 2007-12-18 23:19
>yosiさん
おっ!持っていましたか。
私は先日本屋さんで偶然見つけて買ったんですが、去年出たばかりなんですよね。
私もまだキチンと読んでいないんですが、こんなに沢山原稿の切り張りをしているとは思いませんでした。

原稿を出す度にぼろぼろ剥がれてしまいそうです。
もちろん修復作業は手塚プロでしょうが・・・・

最後のほうにある、25年間、6回も書き直ししているページが取り上げられていますが、こんなに何度も自分の作品に手を入れている漫画家なんていないんじゃないかと思います。

そこに手塚先生の作品に対する愛着心、執着心、完全主義が見てとれてただただ頭が下がります・・・・っていうか怖いくらいです。
私は入稿するまでなら手直しするほうですが、印刷されちゃうとあまりの恥ずかしさに真直ぐ見れなくて・・・・修正したい気持ちにすらなりません。
むしろ本棚に突っ込んで見ない。(笑)  ダメですね。
Commented by yosi at 2007-12-19 23:07 x
ライト兄弟の件補足を書きました。
<< 体調不良 嘉納杯とそれぞれの復活 >>