ペングリップ

百円前後の安い文具を試すのが好きなビンボー性な私。

最近よく目にするこのペングリップ。
感触が良さげなので買ってみました。
b0013305_23274426.jpg

これ、子供文具のコーナーでの定番になっているようですが
私にはつかえねーーー!!な代物でした。

何故って漫画で使うペンは描く方向が決まっているので、
このグリップみたいに「指をあてがう位置」が決まっていると、
わざわざペン先とグリップの方向を上手く調整しなければいけないのでダメなのです。
それにペン先には微妙な力加減が加わるので、上手く合わせたとしても結局ズレると思うのです。

で、これは元来の目的通り、鉛筆やシャーペンにつけると問題ないと思うのですが、グリップ太すぎ!!
持ちにくい。気になる!

私のグリップの太さの好みも安定していないのだけど、今は鉛筆よりやや太めくらいがいい。
そこで最初に出たタイプのペングリップをずつと探しているんだけども、これが全然見つからない!
世界堂でもなかった!
今は流行りのグニグニグリップしかないのか!と困っていたところ、地元のシャッター通りの文具店で発見しました!
まるで初恋の人に会ったかの気持ちです。(柔ちゃん風に言えば)
b0013305_23363573.jpg

しかも全然売れてないし。(つд`)

早速2袋買ってダイソーの0.9ミリのシャープペンに取り付けました。
もちろんペン軸に装着していたお古とも交換しました。

しっくりくる太さで安心安心。
ネームを切るときはこの組み合わせが一番なのだ。
嗚呼よかった〜〜〜〜。

あとは無事ネームを完成させることだけね。
(ってちっとも安心じゃないじゃないか!勝負はこれからだ・・・・_| ̄|○)
by mieru1 | 2007-04-17 23:42 | 漫画を描くこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/6746584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 絵を描く人と描かない人のギャップ 三角ショート >>