「それゆけ!徹之進」漫画本発売のお知らせ

いよいよ7月1日、徹之進の漫画単行本が発売されます!

「それゆけ!徹之進」第1巻 (ウィーヴ発行)
まんが:富士山みえる 
特別付録:DVD(テレビアニメ3話収録)
1280円(プラス税)
b0013305_20405910.jpg


自分の名前でついに単行本が!
こればっかりは諦めていたのですが、人生何があるかわかりません。
漫画家を止めなくて良かった!


内容は朝日小学生新聞の掲載分6話と
書き下ろし読み切り30ページ(例の6時間でネームを切った漫画)が載っています。
漫画にうるさい息子が「面白いんじゃない。」と太鼓判を押してくれました!
朝小の編集部にも「単行本は出ないんですか?」と問い合わせがあったそうです。
ありがたいことです・・・・。
もしかするとたった1名だけの問い合わせかもしれませんが。

もともとこの漫画、アニメのDVDボックスのオマケとして付ける、と言われていたので「また皆に読んでもらえない仕事だ・・・。」と思っていたので、
書店売りになってくれて本当に嬉しいです。
なんとありがたいことか・・・。
予定としては毎月発行だそうです。(売れ行き次第ということです)

とにかく小さな子供からお年寄りまで楽しめるものを目指して描いています。

この漫画のイメージとして自分が思うのは「駄菓子」かな。
子供が気軽に楽しめて、ホッとできて、また「食べたいな〜。」と思ってくれるような。
それでもって懐かしい感じの漫画だと思います。
読んだ後、ニコニコしていて欲しいな。

この本、画期的というか、付録にアニメ3話分のDVDが付いています!
珍しいでしょ。
これ一冊で漫画とアニメが楽しめちゃう、とってもお得な買い物ですので
是非是非みなさん、買ってくださいね〜〜〜。
by mieru1 | 2006-06-30 20:41 | 仕事 | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/5152003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 漫画に関する総合情報サイ.. at 2006-07-04 13:46
タイトル : 漫画に関する総合情報サイトを作成しています。
漫画に関する総合情報サイトです!テーマは/漫画館/作品/本/出版/速/メイン/喫茶/無料/です。... more
Tracked from べーくん旅日記 at 2006-07-21 04:19
タイトル : おねがいマイメロディ くるくるシャッフル! 第15話
 リズム君の成長をほんの少しだけ描きつつ 今まで真面目だった大臣の新たなキャラ作...... more
Commented by ともぞう at 2006-07-06 11:40 x
購入させていただきました。amazonで1日で届きました。
とっても、面白かったです。早く2巻を!
Commented by mieru1 at 2006-07-10 23:40
>ともぞうさん
初めまして。レス遅くなってすみませんでした。
毎日締め切り地獄でブログを見る暇もないんです・・・。

昨日2巻の書き下ろし分を入稿したところです。
2巻の書き下ろしはルミちゃんたち女の子がメインのお話ですので楽しみにしていてくださいね。

>>とっても、面白かったです。早く2巻を!
うわぁ、嬉しい感想ありがとう!
仕事漬けで落ち込みがちですが、こういった声を聞くとヤル気が出てきます!
明日も頑張ろうっと!
Commented by おおいわ at 2006-09-27 15:58 x
ようやく書店で発見、買えました。
(ダンナが買って来てくれました。)

なんかけっこうオナラネタが(w)
犬のオナラは強烈ですよね。あれで漫画からニオイが出て来たら最強なのだが、と思いました。
いや、嫌だが。

ぶん太が出てくるところもかわいくて、もう頭なでたりおなかなでたりしたいな〜〜と狂って読んでおりました。
…うちの犬なでて我慢します。

さぁ次はマイメロ見つけなくては。
Commented by mieru1 at 2006-09-28 21:42
>おおいわさま

お買い上げありがとうございました〜〜〜。(つд`)
そちらもお仕事、佳境ですよね。
徹之進のほうもそろそろネタ切れで夫婦でふうふう言って毎週なんとか乗り越えてます。
(稿料も安くて涙ものです)

仕事の合間を見つけて今日ぶん太をやっと洗いました。
やっぱり仕事場の悪臭はやつの体臭でした。
ぴゅんさんとこのワン子もやっと暑い夏を終えて安心の季節になりましたね。

マイメロは比較的書店に置いてある率が高いようですが・・・
あの時は超多望で私が下書きした以外は旦那が仕事してます。
ですのであの作品は「大橋よしひこ」の作品といったほうが正しいです。
<< 少し楽になりそうです 生きてます 壊れかけてます >>