「偉い人」っていうのは・・・?

先日の『「手塚治虫」の伝記漫画 描いてます』でコメントをもらったことについて、ちょいと書き足してみたいと思います。

伝記(あるいは偉人伝)=「こういうことをした偉い人」というのが一番わかりやすい言い方かなと思いましたが、けっこう伝記物で表現するのが難しいのが
「あまり本人を悪く描かない事」というのがあります。

もちろん短いページ数で、様々なところまで描き切れないのですが、
人間だもの、短所も長所もあります。
しかし意外と子供向けの伝記を読むと明らかにそういう「欠点」を除いていることがあります。

思い返せば私も子供時代、伝記を読んで
「こんな悪い心のない完璧な人っているのかな〜〜。」と
偉人に対して近寄りがたいものを感じたことがありました。
多分子供に夢を壊すようなことをしてはいけない、という教育的配慮からくることでしょうが、やっぱり偉人の欠点を知ってこそ面白味があると思うのです。

とかく「短所」「欠点」は悪いものと受け止められがちですが、
私はこの「短所」があるからこそ、その裏面として「長所」があるのだと思うのです。

ーーー家の長男は小さい頃しょっちゅう泣かされて短気な私が「少しはやり返せ!」と言ってもやり返せない子でした。
でもよく考えてみると、すごく気の優しい子なんです。
やり返せなくて当たり前のことだったんです。
で、それは「優しい」ことと「「泣き虫」は合わせ鏡のようにセットなんだと気付いたわけです。

「光あるところに影がある」(「サスケ」のオープニングの台詞ですな)

「陰陽」

などという言葉が頭に浮かびました。
光(長所)だけの人間はいない。
光と影があってこそ人間なんだ、とその時実感できたのです。
(だからむやみと自分の短所を否定しなくていいと思います)

ですので、自分としてはなるべくそういう人間描写をしていきたいと思っています。
その方が深みが出て面白いはずなんです。
で、伝記など(漫画などの物語りも含みます)の場合、どうやってその人が壁を撃ち破っていくか、というところが見せ場にもなるし、その人の性格ならでは、というポイントになるのです。


そして強調しておきたいのが
「結果を出せた人だけが偉い」んじゃない、ということです。

伝記になるような人は結果として歴史的な偉業だったり、その後の人間の暮らしに影響を与えるような結果を残した人でしょうが、そうでなければ偉くないのでしょうか?

(今回のオリンピックで良い結果は出せなかったけれど、
私はスピードスケートの清水宏保選手はド偉い選手だと思います。
あんなに自分に厳しくなれる人って凄い・・・)


「現状に甘えず(言い訳をしないで)努力している人」
「報われなくても頑張る人」
「常に他人を思いやれる人」等々、いくらでもいると思います。
そして今、そういう人達が報われている世の中か、というと首をかしげたくなることも多々あります。

私は以前、青年誌に応募した作品で「ナンバー2」という
万年2番の短距離選手の漫画を描きましたが、これなんかはそういった
「1番しか価値はない」「2番以下は負け組」みたいな世評に対するアンチテーゼとして主人公を描きました。
(しかも主人公は不細工でライバルはイケ面。私にとって「イケ面=悪」な図式がある)
そこにはもちろん自分の姿もダブっています。

その時は丁度SMAPの「世界でたった一つの花」が流行っていたので
今一つ私の真意が伝わらなかったようですが・・・・・くそっ。

つまり、「結果よりも人間としていかに善く生きるか」という生き方が
私の思う「偉い人」なのかもしれません。

(うわ〜〜〜、何か偉そうなことばかり書いてしまった・・・
そういう私は欠点だらけのいい加減な人間なのであった。
だから自分にできないことを出来ちゃう人は皆「偉い」「すごい」と感じちゃうのです。 ちゃんちゃん。)
by mieru1 | 2006-02-26 18:06 | 雑記 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/4200445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from サイコの虎 at 2006-03-21 15:09
タイトル : 「世界の賢人~その卓越した頭脳の生涯~」
いわゆる偉人伝、伝記ですね。 なかなか人選が興味深いです。 アインシュタイン・野口英世・ルイ14世・エジソン・ビルゲイツ。 精神医学的にも、 天才の精神病理はかねてから関心が寄せられており、 ”病跡学”という立派な名前もあります。 俗に、”天才は、狂気と紙一重”などといわれたりしますが、 天才もその頭の働きが度外れなものだと、 狂気としての扱いを受けかねません。 このなかで私は、ビルゲイツに関心をもちました・・・... more
Commented by n0n3n at 2006-02-26 21:39
コメントありがとうございました。でも、みえるさんも「怒濤の更新」してますよ^^。よく文章が間違いなく出てきますね。さすがですーーー!ココを読むと「全ての人に伝記があるのです」と言いたくなりました(爆)偉い人って、人間みんな偉い人なんですよね^^。反対に人間みんな偉い人じゃないのかも^^。みえるさん「結果よりも人間としていかに善く生きるか」という生き方って「善く」って基準がむずかしいですよね。ごめん、又ヘンな事を書いているような気がしてきました(苦笑)アホです!腰痛がひどいんです、すみません、腰痛のせいにしてトットト失礼します。ごめん。やっぱり消した方がいいかなあ...
Commented by SAY at 2006-02-26 23:07 x
うんうん、なるほど。
僕もね、伝記を読むたびに本当に不思議でした。
テストの結果で怒られるかもしれないから、隠したりとか、お魚の食べ方が以上に汚かったとか、反抗期に『てめーこのくそばば!』だとか言わなかったのかなとか(笑)
僕なんかは、あんまり素晴らしいことばかり書かれちゃうと、それで幻滅。
なんだ俺と同じじゃん、でもこんなことができるんだねって位の方が希望が持てるってなものですよ。
ひねくれ者だったんでしょうけどね、俺は(笑)
Commented by SAY at 2006-02-26 23:07 x
オリンピックは、本当に結果こそ出なかったけれど、ベテランが頑張ってるのがうれしかった。
清水選手俺も凄いなあと思います。
彼は、多くも語らないし、けっして愛嬌のある方でもない。
でもそれがゆえに、大物の風格がある。
そしてそれだけの努力をしてる。
今回は、新人とおなじみのベテランが揃ったオリンピックで、顕著に新人さん、あのベテランを見よ!ってくらいに違いが出た気がしますよね。
『オリンピックを楽しむ!』これは、新人さんがみんな口にしていたけれど、これが世代の差なんでしょうか。
ちょいと軽軽しくも思えて、その点ではがっかりでした。
でもね、みんな良く頑張りましたよ!
メダルの数こそ無いけれど、世界の舞台に立つこと、本当に大変だものね。
ベテラン達が30代を超えて、次はどうかなと言うとき、元気な新人も出てきて、良い感じなのかな?
沢山努力して、大きな選手になって欲しいなあと思います。
あれ?オリンピックの記事だっけ?
ごめんしてね!!
Commented by mieru1 at 2006-02-27 22:19
>のんちゃん
腰痛、大変そうですね・・・
主婦の仕事は体力がいるから尚更辛いよね。

「一所懸命生きている人は美しい」が、私の考える「善い」生き方なのかな・・・。

>怒濤の更新
は、今週は仕事が一本だから、今まで静かに?していた分、出ちゃうんでしょうね。
一人が好きだけど、やっぱり人との関わり合いが好きなんです。
Commented by mieru1 at 2006-02-27 22:30
>SAYさん
いらっしゃ〜〜い。
清水選手は近寄りがたい人ですが、尊敬できる偉人です。(笑)
この「近寄りがたい」っていうのがまた、いいんですよね〜〜〜。
何か人間の限界を超えた人っていうのは神がかっていますよね。言う事も。

今回のトリノオリンピックは深夜にやっているのもあって、あまり気持ちが参加できませんでした。
若手で期待されていた人達(一部チヤホヤされすぎていたね)は、世界の実力差にショックを受けていたようですが、彼等が本物になれるのかは、これからですね。

伝記ーーーそうそう、欠点だらけの人の方が親近感がわきますよね。
手塚治虫も梶原一騎もコンプレックスの塊みたいな人達ですよ。
でもそれが逆に「人に認めてもらいたい」原動力になるんだと思います。
失敗も大切で、そこで前に進めないから「どうやって先に行こう」と考える、ステップアップする時なんですよね。
今の子供達は、というか日本人ってやたら「失敗」を恐れるからそこのところも、もっとポジティブに考えればいいのに・・・と思います。
Commented by n0n3n at 2006-02-28 19:35
みえるさん、ありがとうございます。腰痛はどこかへ飛んでいったみたい。昨日から全然痛まないのです。不思議です。みえるさんは腰は大丈夫そうですね^^。でも、ずっと座ってお仕事をされているのですよね。なにか秘訣でもあるのですか?魚がお好きとか...
Commented by mieru1 at 2006-03-01 22:01
>のんちゃん
本格的な腰痛にはなっていないけど、どうも座骨神経痛予備軍みたい・・・
よくある「ドーナツ型」のクッションっていいのカナ・・・?

へっ?腰痛に魚がいいの?
金魚飼ってるけどそれとは関係なさそうだしね・・・
逆に水換えの時に持ち運びするバケツのほうが腰には悪そうだもん。
Commented by n0n3n at 2006-03-01 23:36
「ドーナツ型」のクッションは別の用途では...たぶん。座って当たる小所が痛くないように空いているんだと思っていました。違うかなあ...あ!アレはクッションじゃなくて座布団だった...失礼どもども・・・
<< お気に入り 新ひみつシリーズ「食べ物のひみ... >>