先日のオタク感について

今日、「それがしオタクにあらず」を書き足してみました。

あれから悶々と考えてきたことをまとめてみました。
あんな事を書いた気持ちの経緯はそれ以後のブログに書いていたので省きましたが、冷静に考えてみると自分の中の決めつけはどうして生まれたのか、またそれはオタクに限らずいろいろな所でも見かける光景ではないか、と思い直すに至りました。

一応これで重い記事は今回で終わりにしたいな〜〜〜。と思っています。

ああ、それとですね。
そうさ、私はオタクと呼ばれても仕方ないんだよ〜〜〜〜!
端から見ればオタクもマニアも区別つかないよ〜〜〜!
そんなことを気にするのは自分がオタクに思われても仕方ないと思っているからなんだよ〜〜〜!!


まぁいいや。何と思われても。私は私。オタクでもマニアでもなく「私」なんだから。
でもちょっと気になっちゃうんだな・・・・

(さっ、これから全然進んでいない下書き、がんばらなくちゃ!)
by mieru1 | 2005-06-20 20:42 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/2973591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nikuoyaji at 2005-06-21 00:52
私は競馬ヲタクです。間違いなくそうです。
決して馬券「オヤジ」ではありません。
ええ、絶対に・・・
Commented by mieru1 at 2005-06-22 00:21
>nikuoyajiさん
「競馬ヲタク」に「競馬オヤジ」ですか・・・
門外漢にはその差異がわかりませんが、きっと端から見るとそんなものなのかもしれませんね・・・
しかし「オタク」と「ヲタク」ではまたニュアンスが違って面白いですね。
後者のほうが自虐的に聞こえます。(笑)
<< 困った体質・汗っかき 小さな幸せ >>