終わりません

仕事をやってもやっても次があり、終わった感がありません。
11月いっぱいまで締め切り地獄です。

先週は一週間のうちに保健漫画のネーム、ちゃぐりんの漫画制作、古典漫画の下書き提出とあり
充実しすぎて予定通りに終わるのかハラハラしました。
ちゃぐりんに関しては下書きから仕上げまで三日間で終わらせるという強行軍で、それこそ三日間机に張り付いて仕事してました。(涙)

丁度その頃、ゴルゴ13のさいとうたかを先生が仕事のし過ぎで手の手術を受けた、という記事を読んだので
「いくらワタシが辛いと思っても、さいとう先生みたいな沢山の仕事をこなして来た人や週刊連載をずっと続けている漫画家さんに比べたら大したことないんだよな〜〜〜。まぁ、こっちは貧乏だからアシスタント使わないで全て自分でやるから疲れる、というのはあるけど・・・」などと考えながら仕事してました。
ホント週刊連載を続けている漫画家の消耗度は高いと思いますよ。(歳を取るにつれ)
人気も気にしなきゃいけないし過酷ですよね。
まぁ一人でやっているワタシも消耗してますけど。
時々旦那に色塗りをやってもらったりすると「人の手を借りるってこんなに楽なんだ!」と感激することがあります。


消耗で思い出したけど、忙しくなると決まってどこか知らない土地へ行ってる夢を見るんですが
最近は何故か子供達がチビこかった頃の夢を立て続けに見るんです。
そんなことがあって、段々自分は「次男が大学進学をして卒業したら、それで死ぬのかもしれない・・・。」なんて考えてしまうようになりました。(大袈裟)

そう、まるで鮭のお母さん。(あ、鮭は雄も死ぬのか)
なんか子育ての責任が終わったらホッとしてそのままお空へ行ってしまうイメージが・・・・
イヤ、この場合川を流れて行くイメージか。
とにかく次男を卒業させるまでは仕事を受けなくては!(もちろんいただけるのなら、ですが)
毎日時間に追われてインプットする時間もないので別にいつ死んでも構わないやーーー、なんて達観してきました。
だって死ぬまで働き続けなきゃいけない自由業者だし、優雅な隠居生活なんてありえないし、その方が幸せかなー、なんて思ったり。
まっ、長生きの家系なので無駄に長生きしそうなところが恐ろしいのですが。


ただ問題点が一つ。
それは次男が来年大学に合格できるか否かだ!!
なんかあの子を見てると不安になってくるのよ〜〜〜〜。
部屋を覗くとネットしてるか寝てるかだし。
部屋には漫画本が沢山散らかってるし。
いつになったら本気を出してくれるのでしょうか?(涙)
いつまでも浪人生でいるんじゃないでしょうねぇ!!お母さん、そこまでつき合ってあげられないよ!
さっさと卒業してくれ!なんなら飛び級してくれても構わないんだぞ!!(まだ受験もしてないのにそう願わずにはいられません。それくらい消耗してるのよ。とにかく早く!早く独り立ちして!!)


まぁ、とにかく一日一日を大切に過ごすだけですよ。仕事ばっかりでウンザリする日もありますが。(笑)
でも何だかんだと言いつつ漫画の仕事を辞めたいと思わないのは、この仕事が好きなのと面白味があるから続けられるんですよね。


↑こんな悲観的なことを書いて病んでいるように見えますが、本人、いたって元気です。
ああ、くだらないお話が聞きたい!!
バカバカしい漫画が見たい!!(大笑いしたい)
アホな会話を楽しみたい!
つまり煮詰まっているんです。
by mieru1 | 2011-10-30 01:11 | 仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/16557928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Joe Jacksonライブアルバム 間に合わせる! >>